CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
相互笑的日記『ハングリー?』
(“ソウゴショウテキニッキ”と読みます。
相互笑的=インタースマイル=お互いにハッピー♪)


何が好き?何してる?何に向かってる?

お互いが、みんなが、笑顔に、シアワセになりますように。
ハングリー精神を忘れない私でありますように。
Main | 防府市のこと »
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
仕事してる写真です[2014年11月19日(Wed)]
20141117kuroishi.jpg
先日お邪魔した宇部市黒石ふれあいセンター。
職員の方からお写真をお送りいただきました。

自分が1人で伺った会場での写真って、なかなかないので嬉しいです。
マイクを両手で持ってる姿から、緊張感が伝わりますね(笑)。

黒石、また遊びに行ってみたいなと思います。
ありがとうございました。
連携&協働→子育て支援[2012年11月18日(Sun)]
「連携&協働で子育て支援を進めよう!=情報発信の仕組みづくり」に参加しました。

久しぶりに参加するセミナーで、途中で思考回路が止まってしまうんじゃないかと心配になりましたが、あっという間の3時間半でした。
講師の川北さんに会いに行ったのが主目的でしたが、事例発表者にも参加者にも知った方がいっぱいいらっしゃって、「濃いぃ」空間でした。

「つなぐ」ということを集中して考えることにより、まだまだ整理できてないことがたくさんあることにも気づけたし、黒川先生のお話の中にすごい衝撃を受けたことがあり、本当に参加してよかったです。

自分の子どもの将来のために、自分の身近な人のために、その子どもたちのために、視野を広く持つことを、また教わりました。

誘ってくれた律子さん、主催の於土井さんたちに感謝します。
【山口県】災害ボランティアに行こう[2010年07月20日(Tue)]
☆状況はどんどん変わりますので、情報も変わります。
 もし「行こう」と思われたら、最新情報を調べてくださいね。


山口県にお住まいのみなさん(もちろん全国にお住まいのみなさん)、
先週の大雨、大丈夫でしたか?

もし大丈夫でしたら、
山陽小野田市へ災害ボランティアとして出かけませんか?

調べてみたところ、
現在、山口県内で災害ボランティアセンターを開設している市は2つ。
山陽小野田市と美祢市です。

詳しくは↓
【山口県社会福祉協議会さんのホームページ】
http://www.yamaguchikensyakyo.jp/
【全社協 被災地支援・災害ボランティア情報のページ】
http://blog.goo.ne.jp/vc00000/

山陽小野田市では、
県内にお住まいの方の、災害ボランティアとしての活動を希望されています。
(はじめは市内限定だったようですが)

詳しくは→【山陽小野田市社会福祉協議会さんのホームページ】
http://www.shakyo-sanono.com/

美祢市では、
市内の方の、災害ボランティアとしての活動を希望されています。

詳しくは→【美祢市社会福祉協議会さんのホームページ】
http://www.enjoy.ne.jp/~minesisyakyo/

現地にかけつけられなくても、物資として『タオル』を必要としているそうです。
泥をふきとったり、家具や床をキレイにしたりするのに必要ですよね。


「災害ボランティアって、どんなもの?」
「事前に知っておくといいことってある?」
などと思われた方は、ここを読まれるといいですよ。
(ちょっとカタイ感じだけど、大事なことが書いてあります。)

【全国社会福祉協議会さんのホームページ】
災害時のボランティア活動について
http://www.shakyo.or.jp/saigai/katudou.html


明日は、7月21日。
防府市の豪雨災害が起きて1年になります。
助け合えることは、可能なかぎりしたいと思います。
まずは、情報提供でした。
最近よく思うことメモ。[2010年05月18日(Tue)]
大人になってぶつかる問題って、
すぐに「こうだ」って答えが白黒ハッキリ出たり解決したりするもの、少ないなぁ。

だけども人(私)は、すぐに答えを求めたがるなぁ。

だからよく知り、考えなくては。


100%わかるまで待ってたら取り返しがつかない状況になるから、
学びながら動かないと。


と最近よく思う。


ので、メモしとこう。
当事者じゃないあなたも。[2010年03月19日(Fri)]
http://sukoyaka.soreccha.jp/

山口県山口市に、済生会山口病院という病院があります。
私はあんまり大きな病気にかかったことがないから、院内に入ったことはない。
けど、今、ここから産婦人科が撤退しようとしているので、「すこやか育ち隊」のみなさんが中心になって、メッセージを緊急募集している。

http://sukoyaka.soreccha.jp/

ちょっと時間のある時に、このブログを開いてみてください。
なんか、すごいから。

今、「お産できるところ」がなくなっていってる。
それはニュースで見て、知ってる人はきっと多い。
でも、
「そこがどんなに大切な場所か」
一人ひとりが思っている気持ちを集めてるところ、見えるサイトって、
そんなにないと思う。

「済生会でも産めるんだよ」くらいにしか思ってなかった私も、
このブログで少し紹介してあるメッセージを読んで、
「済生会ってこんなすごくステキなところだったんだ」と驚いた。

そして、ご縁はないけど、メッセージを送る気になった。

山口県外の人からも、
むかーーし産んだ(失礼。つまり、昔、当事者だった人)からも、
今から当事者(産む人)になるだろう人からも、
つまり、最近「ママ」な訳じゃない人からも、
メッセージが届いている。

あって「当たり前」だったら、こんなにまとまって「感謝の気持ち」を目にする機会はない。ことが多いと思う。

http://sukoyaka.soreccha.jp/

ちょっと、見てみてください。
そして、当事者じゃないあなたも、メッセージを送ってみませんか?
当事者じゃない私も、書いたよ。
3歩先を見て仕事する。[2009年10月22日(Thu)]
昨夜の帰り道。
同僚と話して歩いて、車に乗って、ふと思ったこと。
「うち今、どこ見て仕事してるやろ?」


私にとってのNPOの先生は、
「半歩先のNPO、1歩先のNPO支援」
というようなことを、いつも教えてくださっていた。
地域の課題解決をするNPOは、
社会の半歩先を見て活動しなくちゃね。
それを支える立場の人は、
もう半歩先を見て動かなくちゃね、ってこと。
(でしたよね?)
3月までの私は、
それを時々、自分の役割と照らし合わせて原点を確認してた。


そして今。
協働の現場、この場所、このポジションに立って、
私は?

歩幅は違うけど、
2歩、んーーーー、
3歩くらい先を見て、動きたい。
じゃないと、今の私の存在価値がないように思う。


ん。
ま、そのくらいの意気込みでもって、
一歩一歩、進んでいくのがいいね。


ちょっと、意思表明。
20・30歳代で健康を考えよう☆[2009年08月17日(Mon)]


山口県庁の健康増進課さんでは、
「若者の健康生活実現プロジェクト」を
一緒に企画・実践する
プロジェクト委員さんを募集中!!


健康診断に行っても「まぁ、若いから大丈夫じゃけど」なんて言われて、あんまり自分の体のこと、健康のこと、考えてなかった私。
でも、ある時いきなり手術が必要になったりしたこともあったし(今はもう大丈夫)、
「若いうちから健康のこと、考えんにゃあな〜」って、思ってました。

そんな時に聞いた、このプロジェクト委員のお話。
私も関わる予定です。


山口県内にお住まいの20歳代・30歳代なあなた!
一緒に参加しませんか?
応募方法も難しくないよ(作文とか、ありません)。


県庁ホームページ↓
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/200908/013701.html
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15200/kenkou/kanpro.html

応募申込用紙(PDF)↓
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15200/kenkou/kanpro/apd1_1_2009020804172314.pdf
私と共に、濃い週末を![2008年07月11日(Fri)]
みなさん、
7/25(金)夕方〜7/27(日)お昼過ぎまで、
私と一緒に、濃い週末を過ごしませんか???


以前、「夜に会議やってるよ」って記事を書いたことがあったけど・・・

7月25日(金)〜27日(日)まで、
『青年活動推進コーディネーター養成事業・地域別研修inやまぐち』という研修が、
西日本地域として山口市で開催されます。
日本青年団協議会の主催。

西日本地域研修の対象地域は、主に中国・四国・九州エリア。
私もNPO支援関係ということで、
準備のための実行委員会に参加させていただいてます。

青年団体活動、地域活動、ボランティア、NPOなどの活動に携わる方や、
行政の方(特に青年教育や社会教育に携わる方)を対象として、
現在、参加者大募集中です。

初日の市内視察は、
会場のパルトピアやまぐち(防長青年館)近くの湯田温泉エリアで
まちづくりに取り組んでおられるみなさんと、
楽しく役立つ視察になるよう準備中!

2日目の実践報告は、山口県内でNPO活動を頑張っている方や、
中国・四国・九州エリアで青年団として活動していらっしゃる方たちの
報告を、それぞれに準備していただいています。

ワークショップでは、3つのテーマにわかれ、
参加者のみなさんと一緒に考え、学びあえるように
プログラムを練っているところです。
ちなみに、私の関わってるワークショップのテーマは
『組織とリーダーについて考えよう』。
難しそう?いやいや、そんなことありませんよ〜ぅ。

みなさんも参加されませんか?
3日間、フル参加できなくても大丈夫です。
きっと、新しい発見と、楽しい仲間が見つかりますよ!

なんかね、
中国・四国・九州以外の遠くから参加予定の人もおってらしい。
楽しみでしょ?
夜の交流会とか、
湯田温泉にくりだしちゃおう!な
勝手なオプションとか。
ね?

詳しくは、こちらをご覧くださいね♪
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/cgi-bin/bosyu.cgi?s=20080710124436
山口の元気と地域情報[2008年06月23日(Mon)]


今日はお休みの日。

さっきまで、
山口県立大学で行われたパネル討論会
「山口の元気と地域情報」に行ってました。

昨年度、
県立大学と印刷会社のマルニが主催で
共同研究された「山口市における地域情報入手媒体に関する調査と分析」の
結果をふまえながらの意見交換。

コーディネーターの吉本先生やパネリストの方のお話に、
知らなかった基本的な情報がいっぱいありました。
と同時に、
パネリストの学生さんや、会場の学生さんの
何気ない一言などにハッとすることもあって、
とっても面白かったです。

市民活動、仕事、個人といろんな面で、
情報を受け取る側にも発信する側にもなるので、
私にとってはヒントがいっぱいでした。

忘れないうちにメモしとこうっと。


※写真は、配られた報告書。読み込むと面白そう☆

関連記事はこちら→山口経済新聞http://yamaguchi.keizai.biz/headline/387/
ボルヴィック+ユニセフのCM[2008年06月20日(Fri)]
今日、初めて
ボルヴィックのCMを見ました。
「1L→10L」てCM。
見ました?

私たちが水を1L買うと、
アフリカに清潔で安全な水が10L生まれるという
1L for 10L プログラム。
ボルヴィックが、売り上げの一部で
ユニセフの活動を支援しているそうです。

わかりやすい!
こういうわかりやすさ、大事だと思います。
ボルヴィックのCSR。

http://www.volvic.co.jp/cmlibrary/1for10.html
| 次へ
プロフィール

ヨシオカ@山口さんの画像
ヨシオカ@山口
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/komatsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/komatsu/index2_0.xml
最新コメント
Nakamura
キャンユーセレブレイト? (11/20) さと原人
ストークバム練習会 (05/05) ヨシオカ@山口
ちょるる縫い縫い。 (12/15) saimoto
ちょるる縫い縫い。 (12/13) ハルヤマ
「ちょっせぇ〜〜!」って何語?ドコ方言? (10/05) まりお
黄色いレシートキャンペーンに (09/14) saimoto
黄色いレシートキャンペーンに (09/12) センターまりお
無事、帰宅しました。 (07/22) ぽてっ
イタリア、食べてきまっす (06/09) saimoto
ガシラ、万願寺とうがらし。 (05/05)