CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
国際
タイ スタディツアー (09/05)
ともえ
タイ スタディツアー (09/03)
国際こども支援団体“H&H”
小学生の教育里親(サポーター)になりませんか? (07/29)
国際こども支援団体“H&H”
小学生の教育里親(サポーター)になりませんか? (07/03)
国際こども支援H&H
日本財団/CANPAN講座 (12/13)
日本財団 山田
日本財団/CANPAN講座 (12/12)
=2016年"H&H"活動報告=[2016年12月27日(Tue)]
=2016年"H&H"活動報告=

1月1日 2015カンボジアスタディツアー帰国
1月15日〜17日 宮崎大学連携 韓国大学生ホームスティ受入
1月20日〜24日 韓国中高大生受入
2月24日〜27日 オールみやざき 台湾青少年団体受入
3月16日 バングラデシュ寺小屋手作り教科書印刷
3月18日〜21日 バングラデシュよりアミン氏来宮(ミニ講演会)
4月17日 バングラデシュ寺小屋手作り教科書製本
5月17日〜31日 "H&H"パネル展(宮崎市立図書館)
7月1日〜31日 韓国青年インターンシップ受入
7月6日 台湾女子高校生帰国(1年留学生)
7月23日 台湾男子高校生帰国(1年留学生)
7月22日〜27日 韓国学生受入
7月25日〜27日 国際キャンプ(青島)
7月26日〜27日 バングラデシュNGOムシュド氏来宮(報告会)
7月21日〜8月12日 "H&H"カナダ異文化研修(2名)
8月3日〜24日 "H&H"カナダ異文化研修(1名)
8月16日〜9月6日 "H&H"カナダ教育研修(1名)
8月19日〜21日 カナダ赤十字ウィルダネス講習参加(3名)
9月9日 "H&H"カナダ研修報告会
9月16日 新留学生(1年)歓迎会(台湾男子/タイ女子)
11月25日 台湾紹介デー(台湾男子高校生)
12月7日 YUKI MATSUZAKIチャリティトーク Part1
12月8日 YUKI MATSUZAKIチャリティトーク Part2
12月10日 タイ女子高校生スピーチコンテスト参加
12月10日 ホストファミリー感謝の集い
・バングラデシュ寺小屋教科書募金 継続中
・カンボジアスラム図書館煉瓦募金 継続中
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年一年間、"H&H"を支えて下さいまして、有難うございました。
来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

国際こども支援団体"H&H"(Heart and Hand)
代表 松崎美和子
=世界が、おうちに やってくる!=[2016年12月20日(Tue)]
KOREA.png

◆新春からの国際交流 in 宮崎◆
=世界が、おうちに やってくる!=
〜2017年1月、2月に来宮する青少年のホストファミリーを募集します!〜
・1/20(金)〜 2泊(韓国中高大生 男女)
 ボランティアと交流を目的に来宮

・2/1(水)〜3/1(水)(韓国大学生 男)
 宮崎故郷プログラム(インターンシップ)
 *英語とピアノが得意な青年です。
 *一部期間の受入協力もOKです。

連絡・お問合せ:国際こども支援団体"H&H"(Heart and Hand)
mwk@chive.ocn.ne.jp 
ハリウッド俳優 チャリティ トーク[2016年12月05日(Mon)]
Scan0078.jpg

〜WIND from HOLLYWOOD to 宮崎〜

ラスト・サムライ、硫黄島からの手紙、ピンクパンサー2、パイレーツ・オブ・カリビアンなど出演、
ハリウッドで活躍中の宮崎県出身俳優 松崎悠希が、
超〜〜多忙な合間を縫って

トーク&子ども向けWSを行います☆in 宮崎☆

★ちょっぴり早いクリスマスプレゼントfrom YUKI MATSUZAKI★
☆多くの皆様のご来場をお待ちしています!☆

@チャリティ トーク
 Part1:12月7日(水)19時半〜21時(宮崎市中央公民館大研修室)
 Part2:12月8日(木)10時〜12時(夢みるく)20名様限定
APLAY with YUKI MATSUZAKI (子ども対象WS)
 12月7日(水)18時〜21時(宮崎市中央公民館大研修室

お問合せ・申込み: mwk@chive.ocn.ne.jp
カナダ赤十字 ウィルダネス&リモート・ファーストエイド講習参加[2016年08月22日(Mon)]
14079743_10153616458351627_1543428152375916506_n.jpg
logo.jpg

災害や緊急事態が発生した時に、医療を受けられる状態が到来するまでに「命をつなぐ」ための知識と技術を学ぶかカナダ赤十字ウィルダネス・ファーストエイド講習(初級)に参加しました。

講習会は、1日10時間×2日間、バンクーバー郊外の湿地帯に隣接している森の中でありました。
参加者カナダ人6名と日本人3名の9名。
講師は現役救急救命士のケィリンさん。

まずは自分自信が怪我をしないように注意する事が一番!
もし緊急時に遭遇した場合、
そこにある物、持っている物を使って低体温を防いだり、
負傷者が壊疽にならないための初期措置のやり方等・・
多くの学びがありました。

負傷者の血を見て動転せず全体を把握する事、
すぐに近寄らず周辺を見回して原因情報を収集する事、
負傷者は何名で、救助関われる人数は何人居るのか判断して、蘇生の必要な人から優先的に対処する・・などなど・・・

怪我だけではなく、
持病を持った方や高齢者の方たちが緊急時・災害時に具合が悪くなった場合、
インフラが破壊され都市機能が失われたり、ケイタイが通じない場合などに救急車が到着しなかったり、病院の機能が失われたりした場合など、自然災害の多い日本で不幸にも被害に遭った場合でも、
対処法を知ってるか否かで、専門家到着までの間(数時間〜数日)命が助かるか否か、また手足等を切断せざるか否かに繋がる・・という事を感じました。

◆カナダ赤十字ウィルダネス&リモート・ファーストエイド講習に関心のある方、参加希望の方はご連絡ください。
 国際こども支援団体"H&H"(Heart and Hand)
mwk@chive.ocn.ne.jp
バングラデシュNGOムシュド氏来宮![2016年07月27日(Wed)]
バングラデシュNGO代表のムシュド氏の来日に合わせ、宮崎まで来て頂きました。
1泊2日の短い滞在でしたが、
バングラデシュの現状を聞き、
支援者の人達と言葉を交わしたりして意見交換しました。

経済向上が謳われているバングラデシュですが、
郡部の人々の生活は旧態依然で、都市部との格差が開いているとの事です。
未だに、早期結婚や児童労働は減りません・・。

今日は4月17日に、農業高校生や保育園児達と製作した「手作り教科書」を贈呈しました。
国際こども支援団体"H&H#(Heart and Hand)では、現地での教科書印刷1,000冊を目指して、継続募金活動を行っていきます。
どうぞ、ご協力ください。

教科書1冊=ペットボトル飲料1本(150円)です。
皆様のご協力をお願いいたします。
<振込先>
◆宮崎銀行 昭和町支店 店番号110 口座番号3706
    国際こども支援団体“H&H” 代表 松崎美和子
または、
◆全国の郵便局から振込ができます!
 振込口座番号:01770-9-118568 口座名称:国際こども支援団体H&H
DSCN4524.JPG
DSCN4494.JPG
★第1回"H&H"ウィルダネスファーストエイド・スタディツアー★[2016年06月21日(Tue)]
Scan0009.jpg

=緊急時医療機能の復旧までの「命をつなぐ」スキルと知識を学びます&ライセンス取得=
◆カナダ赤十字公認ウィルダネスファーストエイド(WFA:Wilderness First Aid)国際ライセンス取得inカナダ◆

◎上記ライセンス取得に参加を希望する『高校生以上〜19歳未満』のお子様をお持ちの保護者の方へ

※カナダの規定では、ライセンス取得講習参加自体は高校生以上可能です。
しかし、
カナダでは19歳以上が成人と認められて19歳未満の青少年のカナダ入国に際していくつかの必要書類が必要です。
その手続きの煩雑さを回避するために
"H&H"では「第1回"H&H"ウィルダネスファーストエイド・スタディツアー」(現地集合型)参加資格は19歳以上に制限させて頂きました。

『高校生以上〜18歳』青少年で、
「カナダ赤十字公認ウィルダネスファーストエイド ライセンス取得講習」参加希望者は、
「"H&H"カナダ共生スタディツアー」(宮崎出発)にご参加ください。(保護者の同意書が必要です。)
"H&H"代表 松崎美和子同行の下、ライセンス取得講習に参加可能です。実費(プラス4万円)のみで参加できます。

◎「"H&H"カナダ共生スタディツアー」19歳以上参加者(含現地集合型)で「カナダ赤十字公認ウィルダネスファーストエイド ライセンス取得講習」を希望する人も、実費(プラス4万円)のみで参加できます。

わかりにくい方はお問合せください。

国際こども支援団体"H&H"(Heart and Hand)
mwk@chive,ocn.ne.jp
または 上記メッセージより
"H&H"カナダ共生スタディツアー参加者募集![2016年06月03日(Fri)]
13339718_826111054185766_3923647334239700975_n.jpg

バンクーバーは、海・山・森・街が手の届くところにあり、
自然豊かな美しい町です。
先住民の文化を大切に守り、トーテムポールやイヌクシュクが建っています。
リスが町中(まちなか)や公園をチョロチョロ走り回りカモメやカナディアンギース(がちょう)が空を飛び交います。

自然・先住民文化・多民族・多文化・ノーマライゼイションなど
カナダの人々の生活に触れ「共生」について学び「自分自身について」「それぞれの生活スタイルで生活している人たち生き方に対するリスペクト」「生きる権利」等について考える3週間を提供します。

◆期間:2016年8月3日〜8月24日
◆訪問滞在地:カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー周辺
◆宿泊:ホームスティ(1日3食提供)
◆参加資格:一人で参加可能年齢:12歳以上〜大人
  ※12歳未満の方は保護者同伴の場合のみ参加できます。
  ※12歳〜18歳単独参加場合は保護者の同意書が必要です。
◆参加費:385,000円(航空・宿泊・食事・プログラム・施設入場料・引率費)
◆引率:松崎美和子("H&H"代表)
◆宮崎空港発着
◆申込・問合せ先:mwk@chive.ocn.ne.jp
◆諸費:$450(カナダドル)
     <内訳>
    ホストファミリーリクルート$200
    空港迎え⇒ホストファミリー(移送)$100
    緊急対応$100
    空港送り(帰り)$50
◆その他:航空燃油税(実費)
※パスポート取得、ETA取得等は含まれていません。
※日本出発前にETA手続きが必要です。
※海外保険は各自お入りください。
※国際こども支援団体"H&H"会員登録が必要です。

◎プログラム現地参加ご希望の方は下記お問合せください。
・現地参加費:24万円(宿泊・食事・プログラム・施設入場料等)
(航空券はご自分でお手配ください。)
・諸費:$450(カナダドル)
    <内訳>ホストファミリーリクルート$200
        空港迎え⇒ホストファミリー(移送)$100
        緊急対応$100
        空港送り(帰り)$50
※パスポート取得、ETA取得、航空券代等は含まれていません。
※日本出発前にETA手続きが必要です。
※海外保険は各自お入りください。
※国際こども支援団体"H&H"会員登録が必要です。
・申込・問合せ先:mwk@chive.ocn.ne.jp
"H&H"手作り教科書作製[2016年05月01日(Sun)]
Scan0001.jpg

国際こども支援団体"H&H"(Heart and Hand)では「心」で思った事、感じた事を「手」を携えたり「手」を貸したり「手」助けしたり、「手」作りしたりして、「関わる」「関心を持つ」事を大切に活動しています。

昨年夏、バングラデシュ北部のNGOの方から「NGO運営のノンフォーマル教育校(寺小屋)で使用する教科書がない」という相談を受けました。

早速「バングラデシュ教科書プロジェクト」として1,000冊目標に募金を始めましたが、募金はなかなか集まりません。(現地で印刷すれば1冊150円程度でできます。)

そこで、募金と並行して「手作り教科書50冊運動」を始めました。ページ印刷ボランティアを募り、会員、友人、保育園保護者等名乗り出てくださった方々にお願いして、教科書164頁のページをバラバラにしてそれぞれ両面印刷して頂きました。印刷代はそれぞれの方の負担です。

そして、4月17日(日)印刷された全ページを持ち寄って、ページを順番に重ねて手作り「教科書」を作製しました。「かみや保育園」の園児が描いた絵を表紙にしました。

当日は、農業高校生、大学生、留学生、園児保護者等、ボランティアさん達が20名ほど集まってくださり、お陰で2時間程度で素敵な教科書ができあがりました。

今月21日(土)東京でバングラデシュの婦女子の人権フォーラムが開催されます。それに参加するためにNGO代表が来日予定ですので「手作り教科書」を手渡す予定です。
"H&H"15周年記念日[2016年04月14日(Thu)]
Scan0005.jpg

2001年4月14日、国際こども支援団体“H&H”(Heart and Hand)は、バングラデシュの貧しい子ども達への教育支援活動をスタートしました。あれから15年経ち、バングラデシュの社会は劇的変化を遂げています。豊かな人たちは増えましたが、今度は格差が貧困層の生活を圧迫しています。
"H&H"15周年記念講演会:Dr.アミン氏「バングラデシュの現状」[2016年03月20日(Sun)]
DSCN9403.JPG

バングラデシュ農業大学教授Dr.アミン氏より
バングラデシュの人々の生活、職業、宗教、学校制度、社会、政治等、
多方面からデータを元にしたお話を伺う事ができました。
獣医師や教職につかれた方が参加していましたので専門的な質問も飛び交いました。将来途上国で活動したいという志をもった看護大学生も一生懸命質問していました。
非常に有意義でした。

バングラデシュは今年独立45年の若い国です。
近年はビジネス等で発展を続けていますが、郡部は発展から取り残され非常に貧しい状況のままです。
皆様のご協力をお願いいたします。

国際こども支援団体“H&H”(Heart and Hand)
mwk@chive.ocn.ne.jp
| 次へ
プロフィール

国際こども支援H&Hさんの画像
国際こども支援H&H
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/kokusaikodomo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kokusaikodomo/index2_0.xml