CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年01月 | Main | 2013年03月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
ミャンマーの辺境地域に200校目の小学校が開校 子供たちによりよい教育と地域開発のために [2013年02月28日(Thu)]


動画:ミャンマー辺境地域に200校目の小学校が開校(3分47秒)

ミャンマーのNGOセダナー(Seatanar)日本財団の支援を得て、シャン州で進める学校建設事業が、ピンダヤ群にあるインゲー小学校(生徒数87人)の完成で計200校となった。2月9日同小で完成記念式典が行われ、ミャンマー少数民族福祉向上大使でもある日本財団の笹川陽平会長やシャン州のサッ・アウン・ミャッ州知事、沼田幹夫ミャンマー特命全権大使らが出席。笹川会長が「この学校は教育に対する熱意を持つ村人が建てたもの。いつかこの学校からシャン州の指導者が出てくることを願う」とあいさつした。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:14 | 国際 | この記事のURL | コメント(2)
名古屋フィルと共演し、入場料収入を子育て団体などに〜名古屋・椙山小の寄付教育 [2013年02月27日(Wed)]

20130227-1re.jpg

大きなステージで行われた名フィルと椙山小の共演

椙山女学園大学附属小学校(名古屋市千種区)のブルーの制服姿が、名古屋フィルハーモニー交響楽団の黒の正装に溶け合った。舞台は名古屋の中心部にある日本特殊陶業市民会館フォレストホール。2月23日、4年生から6年生の約170人が、オーケストラが演奏するサウンド・オブ・ミュージックのメドレーを合唱し、リコーダーで合奏した。ともに初めての体験。それは、児童が直接『寄付活動』に触れ、その意義や仕組みを学んでもらう寄付教育の“第一楽章”でもあった。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:00 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(0)
先輩が後輩たちにエール送る 自立生活のための講習会 [2013年02月26日(Tue)]

20130226-1re.jpg

大阪のホテルで開かれたマナー講習会

保護者と離れ、児童養護施設で暮らしている子どもたちが社会に出て一人で生活を始めるに当たって必要な礼儀作法、マナーなどを教える社会福祉法人大阪児童福祉事業協会の「ソーシャル・スキル・トレーニング」の2012年度の第10−12回と閉講式が16日、大阪市内のホテルで行われ、大阪府と和歌山県の計107人が受講をした。講習会は2001年度からスタートしており、この日は以前にこの講習会を受講し、社会人として自立を果たした4人の先輩が後輩たちに体験談を語った。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:08 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
礼儀を覚え積極的に 伊丹の修武館の幼児剣道教室 [2013年02月25日(Mon)]

20130225-1re.jpg

激しい稽古をする少年たち

ビルに囲まれた街中の一角から、子どもたちの激しい気合いが聞こえてきた。兵庫県伊丹市の日本三大私設道場の一つといわれる「修武館」(約325平米)の剣道の稽古風景だ。酒造メーカー・小西酒造が運営にかかわり、1786年(天明6)開設以来、227年の伝統を持つ道場では、本年度から小中高、大人に交じって幼稚園児が木刀を持って剣道の稽古に励んでいる。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 08:54 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(0)
小児がんと家族の夢の病院完成 神戸ポートアイランドの医療地区 [2013年02月22日(Fri)]

20130222-1re.jpg

完成した夢の病院

小児がんと闘っていても子どもは子どもらしく、家族は家族らしく当たり前の日常を送ることを目標とする日本初の小児がん専門治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」が神戸市中央区のポートアイランド内の医療関連施設が集まる一角に完成した。3月末に竣工式が行われ、4月から外来を中心に運用がスタートする。共同住宅は隣接する場所で医療関連施設の工事が始まるため利用開始の時期が遅れる見通しという。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:15 | 寄付 | この記事のURL | コメント(0)
パラリンアート賛助企業を募集 障害者アーティストの自立に向け [2013年02月21日(Thu)]

20130221-1re.jpg

作品はカレンダーやハガキ、封筒などに多彩に活用される

障害者アーティストの経済的な自立を目指すパラリンアート活動が注目される中、一般社団法人「障がい者自立推進機構」(松永昭弘代表理事)と日本財団が会員としてアートを支援する企業を募集している。障害のあるアーティストが製作した絵画を特殊技術で複製して会員となった企業に貸し出し、会費の一部を報酬として作者に支払うことで障害者の自立を図るユニークな試み。CSR(企業の社会的責任)の促進にもつながり、関係者は「将来、会員数を1万社まで増やしたい」と意欲を見せている。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:05 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
政府代表に笹川日本財団会長 ミャンマーの民族和解に向け [2013年02月20日(Wed)]

20130220-1.jpg

外務省で記者会見する笹川会長

政府は19日の閣議で、ミャンマーの民主化支援に向け新たに政府代表を置くことに決め、日本財団の笹川陽平会長を任命した。常任で任期の定めはなく、菅義偉官房長官は会見で、わが国はミャンマーへの最大の援助国とした上で「ミャンマー政府と少数民族の和解の進展が見込まれる中、笹川会長を政府代表に任命することで、和解プロセス進展のための働き掛けを行っていく」と述べた。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:15 | 国際 | この記事のURL | コメント(0)
子育ての悩みや喜びを共有 愛知の絆親子交流会 [2013年02月19日(Tue)]

20130219-1.jpg

講演をする元プロボクサー坂本博之さん

里親や養親が、子育ての悩みと喜びを話し合う愛知県の「絆親子交流会」がこの3月で発足して22年となる。子育てに関する講演会や家族同士が一泊して交流するレクリエーション、思春期の子どもを持つ親の勉強会などを通じて、血のつながりを越えた親子関係を築くことを目的に活動を続けており、会員数も100人を上回り、地域の枠を超えて広がりを見せている。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:20 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(0)
社会に巣立った後も“相談・憩いの場”を〜京都のファミリーホームの訴え [2013年02月18日(Mon)]

20130218-1re.jpg

北川をさみさんと奥さんの温子さん

故障していた風呂場が直り、近くのアパートまでお風呂を借りにいかなくても済むようになった。窓のサッシが二重になり、コタツも入って“家族団らん”の場所もできた。「みんな日本財団様のご支援のおかげです」と、4人の里子を預かるファミリーホーム「ゆんたくホーム」(京都市西京区)の事業主・北川をさみさん(62)。ホッとした笑顔を見せたものの、その後で「でも、まだやらなければならない事も多くて…」と表情を引きしめた。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:07 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
音楽財団主催のラストコンサート 6月解散の東京クヮルテット [2013年02月15日(Fri)]

20130215-1re.jpg

東京クヮルテット

世界屈指の弦楽四重奏団として知られる「東京クヮルテット」のコンサートが2月8日、東京都・築地の浜離宮朝日ホールで開かれた。6月に44年にわたる輝かしい活躍に幕を下ろすことになっており、名器「パガニーニ・クヮルテット」を貸与している日本音楽財団主催のコンサートとしては、この日が最後。メンバーの一人・池田菊衛さん(第2バイオリン)は「これだけ素晴らしい楽器をずっと弾き続けることは滅多にない幸せ」と音楽財団に感謝を述べた。

※写真は横山進一、三好英輔両氏提供
 
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:09 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ