CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2006年10月 | Main | 2006年12月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
ALS国際シンポ開催〜アジアで初めて〜 [2006年11月30日(Thu)]

 11月26日から7日間の日程で、筋萎縮性側索硬化症(ALS:Amyotrophic Lateral Sclerosis)国際シンポジウムが横浜で開催されている。このシンポジウムは、今回で17回目。アジア地域では初の開催となる。

 29日には、「日本ALS協会」の設立20周年事業としてALS患者のコミュニケーション障害を克服するためのワークショップが、患者・家族や医師、研究者など約420人の参加で開催された。日本財団はこのワークショップに助成している。

 国内のALS患者は推定約7千人。ALSは筋肉が萎縮していく進行性の難病で原因や治療法もいまだ確立されていない。ALSの症状が進むと言語機能に障害を起こし、意思の伝達が不自由になる患者もいる。ワークショップでは、“話したい”という患者の願いに応え“対話”を可能にするための医師などの研究や支援機器が紹介された。

 星城大学の畠山卓朗教授は「良い機器だけでコミュニケーションが生まれるのではなく、患者の伝えたい気持ちとその気持ちを汲み取ろうとする努力がコミュニケーションを成り立たせる」と、患者と介護者の信頼関係の重要さを強調した。

 またワークショップでは、ALSと闘いながら社会との接点を求め、強く生き抜いた患者の闘病生活を紹介した。病状の進行と闘いながらALSを知ってもらうために80回を超える講演を行った元教師や足で書いた「書」の個展を開催した患者の生き方が紹介されると、会場は感動の雰囲気に包まれた。


29日開催のワークショップ(パシフィコ横浜)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 19:04 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
「生きるあかし 鈴木時治 油彩展」開催 [2006年11月22日(Wed)]

ハンセン病回復者で画家としても知られる故鈴木時治氏の遺作を集めた「生きるあかし 鈴木時治 油彩展」が11月22日から東京都墨田区の「ギャラリーアビアント」で始まった。「遺作展実行委員会」が日本財団の助成を受け企画、27日からは中央区の「アート・紀元」でも開催される。

鈴木氏は、15歳の時に父親とともに国立ハンセン病療養所栗生楽泉園(群馬県)に入所。厳しい環境の中で父親の栄養失調死、二度にわたる自殺未遂も経験したが、30歳すぎにユダヤ人女性画家の言葉に触発され、2003年、77歳で死去するまで絵を描き続けた。

作品は正規の美術教育を受けていない人が自発的に生み出す「アール・ブリュット」(生の芸術)に分類され、型にはまらない自由な画風が高く評価された。初の応募作が二科展に入選したほか、群馬県展への入選も計22回に上っている。

今年10月初め、日本財団関係者がインド・タミルナドゥ州のハンセン病コロニーに併設された芸術学校を訪問した際、同様の境遇にあるハンセン病回復者たちに鈴木氏の画集が贈られ、回復者たちは「絵を描くことで希望が湧き、生きがいになる」と感想を語った。

遺作展の会場は次の通り。両会場とも12月4日まで。
▼ ギャラリーアビアント:墨田区吾妻橋1-23-30-101(電話03-3621-0278)
▼ アート・紀元:中央区京橋2-8-5 トキワビル2 (同03-5850-1870)



鈴木時治作「少女たち」
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 16:15 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(1)
平成18年度社会貢献者表彰 [2006年11月20日(Mon)]

〜各分野で顕著な功績を挙げられた方々に感謝の気持ちを込めて〜

 11月20日(月)、社会貢献支援財団は「平成18年度社会貢献者」表彰式典を東京全日空ホテルで開催した。同財団では、社会貢献事業がより一層広がっていくように、さまざまな分野で顕著な功績を挙げた方々を表彰している。

 式典では、常陸宮殿下・同妃殿下のご臨席のもと、計29の個人・団体を表彰。受賞者には、副賞として日本財団賞(100万円)が授与された。今回の受賞者には、国内で活動している人々のほか、フィリピンのクリオン島で活躍しているハンセン病専門医アルトゥロ・クナナン氏ほか、南アフリカ共和国でエイズ患者の心のケアと看護に15年にわたって取り組んできた根本昭雄神父など、外国人や外国で活躍している日本人も含まれている。

 表彰式に続き行われた祝賀会の席上で、日本財団笹川陽平会長は受賞者の長年にわたる労苦をねぎらい、「美しい心をもって、そして行動なさる受賞者の皆様方の驥尾(きび)に付して、私たちも努力をしていこうではありませんか」と述べた。



表彰されるクナナン氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 18:29 | 総合 | この記事のURL | コメント(0)
蘭州大学の奨学基金問題が解決! [2006年11月16日(Thu)]

 日本財団が中国・蘭州大学に設置した「ヤングリーダー奨学基金(SYLFF)」が投資運用の失敗で回収不能になっていた問題は16日までに、基金全額100万ドルが入金され、解決した。

 中国の王毅・駐日特命全権大使から「全額、元に戻すことが確認された」との連絡文書があり、15日には蘭州大学からも入金確認の連絡があった。

 SYLFFは1987年にスタート。早稲田、慶応をはじめ内外45カ国69大学にそれぞれ100万米ドルの基金を設置、各大学が独自に基金を運用し、学生に奨学金として提供している。蘭州大学には1992年に設置されたが、契約に違反した投資運用の結果、運用先が倒産し回収不能に陥り、日本財団が中国政府に原状回復を要請していた。

 SYLFFはこれまでに全世界で約9千人が奨学金を受け、各国のヤングリーダーとして活躍している。中にはパレスチナ和平や旧ユーゴスラビアの民主化に貢献した人物も。来年1月にはデンマークで20周年記念式典が開催される予定で、基金校や奨学生のネットワークの強化など図られる見通しだ。


奨学基金設置校の一つ「ネルー大学」(インド)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 18:55 | 国際 | この記事のURL | コメント(0)
初のCANPANブログ大賞発表! [2006年11月15日(Wed)]

 公益活動の活性化を目指し公益コミュニティサイト「CANPAN」を運営する日本財団は11月15日、このサイトから発信されるブログについて初の「CANPANブログ大賞2006」を発表した。

 選考の基準は「家族に読ませたい」「自分も書きたくなる」「応援したくなる」の3点。大賞には、小児ガンの専門施設設立を目指す取り組みを中心に情報発信しているNPO法人「チャイルド・ケモ・ハウス」のブログが選ばれた。

 団体ブログ賞は鹿児島県・南大隈町立大泊小学校のブログ「佐多岬ウォータージュニア」、個人ブログ賞はエコアパート・プロジェクトチーム(東京都足立区)の「畑がついてるエコアパートをつくろう」が受賞。

表彰式に出席した大泊小の山下聖和教頭は「子ども達の育つ過程や環境に関する情報を発信している。まずは私たちのブログを見てほしい」と、教育問題解決への熱意を語った。

 2005年9月にスタートしたCANPANブログには現在、約1000の団体や個人が参加している。久米信行・選考委員長は「営利や儲けに関するニュースではなく、温かな笑顔が配信されている。子どもにも、親にも救いになる、ちょっと良い話を読むことができる」と全体を評価。あいさつに立った日本財団の笹川陽平会長も「現代は人と人とつながりが何よりも大切。CANPANブログを通じてその輪を広げたい」と語った。


受賞者と選考委員
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 18:00 | 総合 | この記事のURL | コメント(2)
“宗谷”初の南極観測「出航式」を再現! [2006年11月10日(Fri)]

 11月8日(水)、船の科学館「宗谷」の船上で、50年前に初の南極観測に出航した歴史的な出航式を再現する式典が開催された。

 当時、晴海埠頭には数千人の人々が集まり、歓呼の声を上げ、上空には取材のヘリコプターが旋回、港内の船はみな汽笛を発し、宗谷の壮途を祝したと記録されている。

 式典の案内役の一人であり、第1次から第5次観測隊に編成されていた三田安則さんは、「(南極観測から)帰れるかどうか危惧を持っていた。皆、遺書を書いていた」と当時の不安な心境を振り返った。

 南極観測船は、初代「宗谷」、2代目「ふじ」と続き、3代目の「しらせ」は来年度の航海を最後に引退を予定している。「しらせ」の後継船をめぐっては、予算確保が難航し南極観測に空白が生じると言われている。

 初の南極観測は、閣議決定から僅か1年余りで実施された。三田さんは日本の底力に期待し、「将来、平和で国境のない南極で観測してほしい」と式典に参加した子ども達に夢を繋いだ。


式典には約450名が参列
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 12:52 | 海と船 | この記事のURL | コメント(0)
障害者野球を世界に〜初の国際大会開催〜 [2006年11月07日(Tue)]

「第一回世界身体障害者野球日本大会」が11月4,5両日、神戸市のスカイマークスタジアムで開催された。日本身体障害者野球連盟の主催(日本財団など助成)で、次回大会は2009年に米国で開催の予定。障害者のスポーツ普及を目指す大会は国際化に向けて第一歩を踏み出したことになる。

障害者野球はパラリンピックの種目にもなく、関係者の間で国際大会の開催が検討されていた。
初の国際大会となる今回は日本、アメリカ、韓国、台湾の4チームが参加。総当りで試合を行い、日本が3戦全勝で優勝した。

ルールも障害者に合わせて改定され、盗塁、バントは禁止。走れない打者には代走がたてられる。選手の中には義足や片手、片腕のない障害者も。かつて甲子園を目指した高校球児で、その後、事故で右腕を失った日本チームの内野手は、捕球したボールを浮かせている間に素早くグローブを落とし投球。片手のないアメリカチームの投手は、グローブを脇に挟んだまま投球し、捕球の際にはグローブを持ち変えた。

素早く機敏な動作に観客も目を見張り、スタンドには神戸西高校野球部が応援に駆け付け、声を張り上げて双方のチームを応援。感激した米国選手が飛び入り参加し、一緒になって大はしゃぎする一幕も。選手の懸命なプレーを通じて交流の輪が広がった。

韓国チームで見ると、今回は半数以上をバドミントン選手が占める急造チーム。関係者は、次回米国大会に向け参加国を拡大するともに、野球に親しむ障害者を増やし、障害者野球の国際化と裾野の拡大を目指したいとしている。


 グローブをグランドに落としてすばやく球を持ち変える
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 15:58 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(0)
初のCSR総合情報サイト、スタート [2006年11月01日(Wed)]

 内外で関心が高まる企業の社会的責任(CSR)の向上と拡大に向け日本財団が開設を進めていた双方向のCSR総合情報サイト「CANPAN CSRプラス」が11月1日からスタートした。

 CSRプラスは、個々の企業のCSRの取り組みをランク付けするのではなく、情報公開を目指す企業とこれを求める市民・公益団体の「共通の広場」として双方の橋渡しをするのが狙いで、国内では初の試み

 スタートしたサイトの画面には、48項目に上る独自の基準で数値化した東証1部上場企業約1700社の個別情報と全社、業種別の平均値を数字とグラフで紹介。各企業の取り組みの現状と程度が数字で分かるよう工夫されている。

 スタート画面で見る限り、環境問題に対する取り組みが全体的に高い数字となっている半面、人権や個人情報保護などは低い傾向が出ているが、事務局では「あくまで公開された情報を基にしており、個人情報保護などで低い数字が出たのは公開していない企業が多いのが原因」と見ている。

 年1回、全体を更新するほか前年分も画面上に保存され、各企業の取り組みの変化が比較対照できるほか、各企業は随時、自社の最新情報を入力し内容を更新できる。ユーザー登録の有無にかかわらず誰もが自由に閲覧し、意見を書き込むことも可能。さらに専用のID、パスワードを用意することで、東証1部に上場していない企業にも参加の道が開かれている。

 当初、サイトの立ち上げに戸惑いを見せる企業が目立ったが、その後は画面の更新方法など前向きの問い合わせ増えており、企業、市民団体双方の参加でサイトの内容が一層、拡大・充実すると期待されている。

東証一部上場企業1,747社(2006年6月1日現在)のうち
399社のCSR情報の公開度を独自の評価基準で点数化。



※ 本データは、2006年10月27日現在のものです。
  CANPAN CSR プラスでは、各社の自主登録により日々データが更新されますので、
  実際の画面上で確認できる数値とは異なる場合があります。

「CANPAN CSR プラス」はこちら(http://canpan.info/csr/)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 16:17 | 総合 | この記事のURL | コメント(1)