CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「わがまち基金」スタート NPO、社会起業家やソーシャルビジネスを支援 | Main | 海と人をつなぐ拠点に〜大分・別府湾に「渚の交番」準備室»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
初めて白い花が咲いた 障害者たちが働く新潟のオリーブ畑 [2013年06月24日(Mon)]

20130624-1re.jpg

初めて花が咲いたオリーブ畑に立つ橋元さん父子

オリーブ栽培で障害者の自立支援を―。こんな目的で、新潟市のNPOひなたの杜は20009年から市内の耕作放棄地を利用して、実が食用油の原料になるオリーブの栽培を続けている。その一部の木で最近、小さな白い花が咲いた。新潟の厳しい冬を越したオリーブが初めて開花したことで、ひなたの杜の橋元雄二さん(相談役)、大礎さん(代表理事)父子は、新潟でもオリーブは栽培可能と自信を深めている。
20130624-2re.jpg
これがオリーブの花

ひなたの杜は新潟市内で障害者のグループホーム・ケアホーム(ひなたの家)と地域活動支援センター(オリーブ)を運営しているが、雄二さんは障害者の労賃が低いことの打開策としてオリーブ栽培を思いついた。農業大学校に通って研究を重ねた雄二さんは2009年に飯豊連峰を望む新潟市郊外の耕作放棄地(北区)を借り受け、息子の大礎さんの協力で障害者とともに埼玉から取り寄せた4年木のオリーブ200本を植え、さらにこの後九州でオリーブ栽培の普及活動をしている九州オリーブ普及協会からイタリア・トスカーナ産など100本の寄贈も受け、現在は約1万3200平米(約4000坪)の土地にオリーブの若木(4年木)750本前後が育っている。日本財団も2012年ひなたの杜のオリーブ栽培による障害者の自立支援活動を支援した。

20130624-3re.jpg 20130624-4re.jpg
畑の真ん中には資材置き場がある/オリーブ栽培への夢を語る2人

栽培を始めて4年。すべてが順調だったわけではない。最初にすり鉢状の底の部分のような低地に植えた埼玉産のオリーブは新潟の冬を越せずに、枯れてしまう木が出てきた。そのため不燃布を使いオリーブを包み込む作業が10月から1カ月かけてやり、雪が積もり、埋もれてしまった木のために雪払いの作業も欠かせない。こんな中、雄二さんは昨年7月、脳梗塞で倒れ、リハビリを続けながらオリーブ栽培に打ち込んでいる。

20130624-5re.jpg
畑の後方には飯豊連峰が見える

2人によると、最初に植えた国産のオリーブよりトスカーナ産の方が樹勢も強く、成長が早いという。「接ぎ木のやり方が国内産と違い、収量を考えるのならイタリア産の方が見込める」と雄二さんは語る。オリーブ畑は上(トスカーナ産が中心)と下(埼玉産)の2枚から成っており、下の畑にはポンプもあり、障害者たちは夏になるとこの水をバケツに汲んで上の畑まで運んで水やりをするのだという。「オリーブは10年、20年と長いスパンで見ないといけないことは分かっているが、これまで花芽がつかなかったので、花が咲いたことしはやったという感じです」と、大礎さん。ことし秋には、このオリーブ畑を特別支援学校に通う子どもたちの見学会を計画しており、そのころには緑黄色の実もつけるはずだ。(石井克則)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:15 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
日本財団広報チーム→藤岡様

お世話になっております。
コメントをいただき、誠にありがとうございます。
温暖小雨の気候を好むというオリーブ、新潟県で開花したというのは大変感動的ですね。
藤岡様の農園でもオリーブ栽培が成功することを願っております。
Posted by: 日本財団 広報チーム  at 2013年07月01日(Mon) 11:09

こんにちは、はじめまして!私は九州福岡県でオリーブ栽培をしているfujiokaです。新潟で活躍されている橋元さん一家の記事を拝見し、本当に感動いたします。私たちも8月には「障がい者就労支援オリーブネット」を立ち上げるべく準備を進めています。私たちの農園でも早く白い花が咲くように願うとともに、NPO法人ひなたの杜のますますのご繁栄を祈っています。fujioka
Posted by: 藤岡一雄  at 2013年06月30日(Sun) 11:58