CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【写ブログ】復興を見守るマンガキャラクターたち 石巻駅前にて | Main | 子どもたちの居場所づくりが大事 若手福祉従事者ネットワークの河内さん»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
子どもたちが安心して過ごせる場所を 南相馬で支援活動の白井さん [2012年05月01日(Tue)]

20120501-1re.jpg

落成式後の親子ワークショップ

「子どもたちが安心して過ごせる場所をつくりたい、その気持ちだけでここまで来ました」。発達障害や不登校の子どもたちのケアに取り組むNPOトイボックス(大阪府)の代表理事・白井智子さんは、4月7日、福島県南相馬市にオープンした「みなみそうまラーニングセンター」の落成式で、東日本大震災から激動の1年間を振り返った。NPOスタッフの協力や同市出身の支援者との出会いを支えにした白井さんらの活動の結果、子どもたちに明るい変化が見られるという。
20120501-2re.jpg
落成式であいさつする白井智子トイボックス代表理事

白井さんは震災直後から自分たちにできることはないかと考え、日本財団やほかの3団体と協力して、被災地の子どもたちを支援する「ハタチ基金」を立ち上げ、支援活動を始めた。支援を必要としている場所はどこだろうかと調査する過程で、南相馬では東京電力福島第一原発事故の影響で多くの支援者が去り、子ども達が取り残されていることを知った。白井さんはこの時「ここでやろう」と、子どもたちの支援を誓ったという。

20120501-3re.jpg
1年を振り返る鴫原明子さん

支援の枠組みを構築する段階から南相馬市との連携体制をつくることができ、市内の子ども達の状況を把握し、最善の支援策を練った。発達障害の子ども達に適切なケアを実施するには、専門知識を持つスタッフの養成が必要だが、そうした余裕はなく、大阪のスタッフ含め全員体制で向かうしかなかった。しかも原発事故直後の現地は、多くの情報が錯綜し安全性にも不安があった。そんな中、大阪で長年にわたり白井さんとともに支援に携わってきた石本智一さんらが「ぜひ行かせてほしい」と手を挙げ、白井さんの心は奮い立った。南相馬市原町地区出身の鴫原明子さんとの出会いも大きかった。

20120501-4re.jpg
お礼の言葉を述べる子ども達

鴫原さんは原発事故後、勤めていた保育園を解雇され、東京で避難生活を送っていた。そのころ、南相馬で支援活動を始めようとしている白井さんを知った。「私がすべきことはこれかもしれない」と思った鴫原さんは南相馬に戻り、白井さんらと活動を共にする。現在、鴫原さんは南相馬の責任者として、東奔西走する日々が続いている。

20120501-5re.jpg
石本先生から「おやくそく」を聞いている子ども達

白井さんらのこれまでの活動で学童保育での見守り支援体制が構築され、発達障害児のケアを実施できるスタッフの養成やラーニングセンターの開設までたどり着いた。白井さんが嬉しいのは子どもたちに変化が見えてきたことだ。泣きじゃくり、落ち着きなく、他の子どもにいたずらを繰り返していた男の子が「みんな、約束は守ろうね」と言えるようになったという。南相馬ではいま、原発事故という暗雲を吹き飛ばすように、たくさんの小さな芽が育っている。(益崎慈子)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:12 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
コメントありがとうございます。ご案内いただいた「保育士おとうちゃんの子育て日記」も参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by: 日本財団 広報チーム  at 2012年05月07日(Mon) 09:24

保育士おとうちゃんの子育て日記、というブログがあります。子育てブログランキングか何かで1位になっていた様なので、もしかしてもうご存知かもしれませんが、何千人?もの子供たちとその親に関わってきた方の様々なメッセージやアドバイス、その内容の充実さに大変感銘を受けました。この様なものが少しでも多くの方に広まれば、子育て中のご両親、保育関係事業の従事者等、とても参考になり心強いのではないだろうかと思われました。人生の大切な出発点である乳幼児期に、自己肯定感、生きる力、優しい心、等が育まれ、存在を尊重されそれぞれの発達のプロセスをきちんと見守られる事等々は、その後の一生を左右する極めて大きな影響を持つものであり、それなくしてはそれ以降に築き上げるものの基盤、根幹の部分が欠落してしまう事となる、大変重要なものであると感じています。人に与えた喜びや幸せは長い目で見て必ず自分の元へ戻ってくるものです。(時には何倍にもなって)どうか一度目を通されてみて、価値あるものと判断されたなら、是非参考になさったり多くの方にご紹介されて下さい。未来を生きる少しでも多くの子供たちの人生が、幸多き、明るく力強く光輝くものとなります様、そして、その事を通じて、家族、地域、社会、国、世界、人類の未来が光輝くものとなります様、お祈り申し上げます。
Posted by:  at 2012年05月05日(Sat) 21:51