CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«カタールの基金から40億円 女川町に大型水産加工施設 | Main | 生まれた地域で働ける場所を〜大阪・池田市に新たな通所施設がオープン»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
【写ブログ】見ていて嬉しくなる言葉。石巻・亘理にて [2012年04月20日(Fri)]

今月中旬、宮城県石巻市、亘理町を訪ねました。
見ていて嬉しくなった言葉を各地で発見。思わずカメラのシャッターを切りました。

20120421-1.JPG

20120421-3.JPG


20120421-2.JPG

20120421-4.JPG

20120421-5.JPG

撮影日:2012年4月14日・15日 
撮影場所:1〜4枚目は石巻市内、5枚目は亘理町

===
私が石巻市を初めて訪ねたのは、東日本大震災から1か月半以上が経過した昨年の4月30日。
日本財団学生ボランティアセンター(通称:Gakuvo)が派遣する学生ボランティア隊に同行しました。バスが石巻市内の沿岸部を走り始めると、騒がしい車内は一転。静まり返りました。目の前に広がる惨状をじっと見つめ、手に持つ軍手を握りしめる学生たちの姿が印象に残っています。(宇田川貴康)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 15:30 | 写ブログ | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント