CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«伝統の和紙を蘇らせ県の特産品に〜鹿児島・井作和紙を復興する会 | Main | 日系スカラーシップの留学生70人に 2011年度卒業生の報告会»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
東日本大震災支援に全力 日本財団の2012年度事業計画 [2012年04月11日(Wed)]

20120411-1re.jpg

多くの記者が集まった定例会見場

日本財団は6日、2012年度1回目の定例記者会見を行い、新年度の事業計画、今後の東日本大震災復興支援活動、被災地とオリンピック日本代表を応援するプロジェクトについて発表した。この後、助成先の代表ら500人が参加し、東京都内のホテルで春の交流会を開いた。定例会見、交流会で笹川陽平会長は、日本財団の大震災支援活動について振り返り、「現地には多様な問題が残っており、皆様のお力を借りて支援の努力を続けたい」と語った。
20120411-2re.jpg
東日本大震災支援を語る笹川会長

記者会見で発表した事業計画によると、収支予算は、モーターボートレース売上からの受取交付金(約272億7500万円)を含む経常収益は約309億3800万円(前期比31億8200万円減)で、事業費は約297億7900万円(同31億9200万円減)。
大震災に関しては、国内外からの東日本大震災支援基金に約49億円(3月29日現在)の寄付があり、犠牲者への弔慰金・見舞金(一人につき5万円)の支給NPO・ボランティア団体への100万円助成被災小型船舶の修理事業被災地での聴覚障害者支援事業―の4つを柱とした支援活動を実施した。新年度も引き続き、支援を継続する。

20120411-3re.jpg
エールFOR日本への協力を呼び掛ける青木JOC常務理事(真ん中)

主な関連事業は次の通り。
1、原発事故に伴う放射線汚染問題に関し、4月21、22の両日福島県庁、飯舘村などで世界の放射線専門家と県庁職員、役場関係者、警察、消防、自衛隊、医師会、病院関係者らとの対話集会を開催する。
2、大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の30神社を対象に「鎮守の森復活プロジェクト」をスタートさせる。第1弾として、6月下旬に宮城県亘理郡山元町の八重垣神社で地元民や学生ら500人が参加して椎など約3500本の苗木を植樹する予定。
3、被災地支援のためドイツの自動車メーカーダイムラーAGから特殊車両50台の提供と200万ユーロの寄付があり、これを基に被災地での人材育成のため2012年4月から3年間限定で学校法人グロービス経営大学院仙台校に特別講座を開設。講座で学ぶ学生に奨学金を支給するほか、優れた新規事業(15〜20事業)を始めるための資金を助成し、新たな雇用創出を目指す「イノベーティブ基金」の創設。

20120411-4re.jpg 20120411-5re.jpg
春の交流会で活動内容を話す笹川会長/2年ぶりに開催した交流会の会場

記者発表では、日本財団と公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が進めている被災地と第30回夏季オリンピック(ロンドン)日本代表を応援する「エールFOR日本」プロジェクトについて、JOCの青木剛常務理事が協力を呼び掛けた。春の交流会でも、趣旨に賛同した参加者から多くの寄付が寄せられた。(石井克則)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:24 | 総合 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント