CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鹿児島より「愛」をこめて〜ハタチ基金に支援の輪が広がる | Main | プリプリの健康卵を召し上がれ〜野外運動場付き鶏舎が産み出す“目玉商品”»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
休眠口座国民会議が発足 14年の基金設立を目指す [2012年03月27日(Tue)]

20120327-1.jpg
活発なパネルディスカッションが行われた

10年以上取引のない休眠口座預金の活用に向けた「休眠口座国民会議」がNPO(特定非営利活動法人)や学識経験者らの呼び掛けで発足、3月24日、東京・赤坂の日本財団ビルに200人を超す関係者が集まり記念シンポジウムを開催した。既に休眠口座預金を福祉活動や低所得層の創業支援に活用している韓国からも代表者が出席、国民会議では2014年をめどに第3者機関が運営する「休眠口座基金」の設立を目指すことになった。
20120327-2.jpg
挨拶する笹川会長

休眠口座預金は、全国銀行協会が定めた「取り扱い基準」に基づき、休眠口座移行後も預金者本人と連絡が取れないと、銀行や信用金庫の利益として計上される。金融庁によると、国内の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫を合わせた利益計上額は過去3年間、いずれも850億円前後に上っている。

20120327-3.jpg
会場には200人を超す人が詰め掛けた

シンポジウムは「休眠口座が新たなセーフティネットを創造する!」と銘打たれ、2度にわたり産経新聞の「正論」で休眠口座預金の社会的活用を訴え、国民会議設立の呼び掛け人の一人となった日本財団の笹川陽平会長が「私自身は民間レベルで活用できる新たな仕組みを作るべきと考えるが、問題点を共有するためにも幅広い議論を進めてほしい」と冒頭の挨拶をした。

この後、いち早く休眠口座基金の設立を提案したNPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表をコーディネーターに、国会でこの問題を取り上げ、政府に対する質問主意書も提出している新党日本の田中康夫衆院議員や元文部科学副大臣の鈴木寛参院議員、東海地方を中心に活動する「コミュニティー・ユース・バンクmomo」の木村真樹代表理事ら5人のパネリストが意見を交換。田中議員は「国が(休眠口座預金を)召し上げるのではなく、社会的共通資本として活用できる道を模索すべきだ」と指摘した。

20120327-4.jpg
終了後も熱心な議論が続いた

鈴木議員は“新しい公共づくり”の必要性を強調した上、「官による公共はその性格上、平等を前提にせざるを得ない。これからは民による公共で社会正義を実現する時代」「超党派で議員連盟をつくり国民会議の活動に対応していく用意もある」と語り、木村代表理事は計491人の民間人から出資された約4800万円を、銀行融資を受けにくい地元の草の根事業に融資している、などと報告した活動。

2008年から公的活用に踏み切った韓国で休眠預金を管理する「微笑金融中央財団」の゙永福(チョ・ヨンボク)理事は2007年の休眠預金管理財団の法制化について「銀行の“へそくり”になっているのは果たして正当か、といった素朴な疑問が引き金になった」と説明するとともに、現在、休眠口座預金に民間寄付などを加えた約1兆4千億ウオン(約980億円)を基金に多彩な事業を展開している現状を説明。同様に2008年から政府の政策として休眠口座を活用する英国からは「Big Society Capital」のアラステア・バランタイン広報部長が「英国では休眠口座の活用に当たり党派を超えた合意があった。休眠口座国民会議の運動が成功するよう期待する」とのビデオレターが寄せられた。

これを受け休眠口座プロボノリサーチチームの生田秀弁護士が日本版休眠口座基金のスキームとして@預金者の権利は時効にかかわらず100%保護するA預金者が休眠口座の存在を横断的に確認できる照会体制を整備するB預金者への返還資金を確保した上で、資金を団体・組織向けの無利子貸付に活用する―の3点を説明、今後さらに幅広い議論を進めることになった。(宮崎正)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:10 | 総合 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
海渡真理様

コメントありがとうございます。今後ともご指導とご協力、お願いいたします。
Posted by: 日本財団 広報チーム  at 2012年03月29日(Thu) 16:15

休眠口座国民会議の発足、おめでとうございます。
シンポジウムでは貴重なお話をたくさん聞かせていただき、休眠口座についての知識をより深めることができました。
早く、日本でもこれを取り入れ、国民誰もが幸福になれる社会を実現したいものですね。
Posted by: 海渡真理  at 2012年03月29日(Thu) 12:04