CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自由な姿勢で聴けるオーケストラ〜特等席を設けた福祉コンサート | Main | 被災地支援などを共同宣言 第4回B&G全国サミット»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
正しい知識で差別はなくなる〜ペルー・ハンセン病の現状を視察 [2012年02月15日(Wed)]


患者や家族らを励ます笹川会長

世界保健機関(WHO)ハンセン病制圧特別大使を務める日本財団の笹川陽平会長が1月28日、南米ペルーのウカリヤ州プカルパ市にあるアマゾニコ・デ・ヤリナコチャ病院を訪問した。同国のハンセン病の状況を視察するためで、治療にあたる医師をはじめ約20人の患者や回復者、その家族らに、現在直面する問題点や課題などを訊ね、「自信と誇りを持って生きてほしい」と激励した。
チェ・ゲバラも訪れたヤリナコチャ病院

ヤリナコチャ病院は、首都のリマから飛行機で1時間のアマゾン地帯にある。アルゼンチン出身でキューバ革命などを指導したことで有名なチェ・ゲバラが若かりし頃(1952年頃)、オートバイで南米縦断した時に訪れた病院でもあるが、当時ゲバラと会った病院関係者は今はほとんどいないとか。病院のロペス医師による「ペルーのハンセン病の現状」は、登録患者数が2011年初頭の時点で32人。ウカリヤ州と北部のロレート州に集中しているが、年間3万人の新規患者を抱える隣国ブラジルに比べると、患者数は極めて少ない。


ハンセン病の現状を聞く

それでも問題点はある。ロペス医師は「的確に診断できる専門医が少ない」「予算が結核やデング熱に優先的に使われている」の2点をあげた。今後は医師・看護師等の専門家の訓練強化に力を入れていくことと、そのために保健省から予算を増やすための働きかけを行うという。偏見や差別の有無については「病気に対する無知から患者に対する差別も時折見られる。しかし、病院から正しい情報を伝えると解消されている」と、改善への手ごたえを語った。笹川会長は「隣国のブラジルに比べて大幅に患者数が少ないのは、皆さんの努力の成果。保健省のサポートを受けながら更なる努力を続け、撲滅(患者数0人)を目指してほしい」と激励した。

集まってくれた人々と

集会所に移動すると、約20人のハンセン病患者や回復者とその家族らが遠方から集まり、笹川会長の到着を待っていた。ハンセン病の後遺症で目が見えない老婆は、孫に付き添われていた。足に障害が残り車いすに乗る女性のそばには夫と娘の姿があった。残る後遺症。それでも南米特有なのか、会場の雰囲気は明るい。笹川会長は「家族のみなさんと一緒で何よりです。ハンセン病は今や治る病気。お医者さんの指導を受けて最後まで薬を飲んでほしい。そして自信と誇りをもって生きてほしい」とあいさつ、会場から大きな拍手が起こった。(富永夏子)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:00 | 国際 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
宮田様

貴重なアドバイスをいただき、ありがとうございました。
菊池恵楓園に開所された保育園の現状について、よくわかりました。保育園存続のためのご努力、頭が下がる思いです。
日本財団内で、共有させていただきたいと思います。
ありがとうございました。




Posted by: 日本財団広報→宮田様  at 2012年03月15日(Thu) 11:11

[世界保健機関(WHO)ハンセン病制圧特別大使を務める日本財団の笹川陽平会長が1月28日、南米ペルーのウカリヤ州プカルパ市にあるアマゾニコ・デ・ヤリナコチャ病院を訪問した。]
との記事を読んで、思うことがある。私は日本のハンセン病療養施設で最大の「菊池恵楓園の将来を考える会」の会員でもあり、ボランティアガイドもしているが、入所は高齢化して大変である。ようやく保育園ができたものの、無認可であるため、経営は大変である。日本で最初の療養所内にできた保育園であるが、維持するのに必死である。今年2月に開園し、予想を超える14名が入園しているが、定員の36名には届いていない、この間、国・熊本県・合志市の援助は全くなしである。孤立無援の保育園を何とか守りたいと思っている。日本財団も日本のハンセン病療養所に大いに援助していることは知っているが、この日本で最初のハンセン病療養所にできた保育園を援助してもらいたいと切に願うものである。
Posted by: 宮田新一  at 2012年02月16日(Thu) 21:47