CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1月30日にブラジルで発表 7回目のグローバル・アピール | Main | ミャンマーの人材育成支援 14年の議長国就任に向け»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
2012年 新年のご挨拶 [2012年01月05日(Thu)]


地球温暖化を忘れさせるような寒さの中、新しい年を迎えました。米ロ韓仏などの大統領選を控え、引き続きの激動を予感させる年です。日本財団は50歳を迎えました。

50年前−1962年にタイムスリップすると、日本は東京オリンピックを2年後に控えて北陸トンネルの開通、大学生の青田買い…と高度経済成長期の真っただ中にありました。世間は堀江謙一青年の太平洋ヨット単独横断に沸き、王貞治選手が初披露した1本足打法に酔い、マリリンモンローの怪死にびっくり。「いつでも夢を」や「コーヒールンバ」、植木等の“無責任ソング”が町にあふれていました。

『時』は、人それぞれの感じ方で長くも、短くもなります。半世紀を振り返って、とりわけ昨年3月11日以降の時間の流れが、緩やかに感じられてなりません。そんな中、復興に向けて槌音は年を超えて、絶えまなく聞こえてきます。宮城県多賀城市のピザ店を津波で失い、日本財団の支援で再建に奔走する社会福祉法人「臥牛三敬会」(宮城県角田市)の加藤高康さん(42)も、槌音を響かすひとり。

1993年のドラフト1位、推定1億6千万円の契約金でロッテに入団した元プロ野球投手。イチロー選手と5度対戦しノー・ヒットに抑え、打率4割を阻止した男として名を馳せました。体を壊し、その後ボストン・レッドソックスの2軍生活を経て1997年に現役引退。福祉の世界に飛び込みました。「皆様からいただいたご縁を大切にして、希望の1年にしたい」。新しい年にかける彼のメッセージです。

50年―論語に言う「知命」(ちめい)の年です。三十にして立ち、四十にして惑わず…というアレ。五十にして「天命を知る」のだそうです。天命とは、辞書によれば「天から人間に与えられた、一生かけてやり遂げなければならない命令」とあります。100人少々の財団職員ですが、一人ひとりが「50年」の重みを背負って、知恵と汗をしぼりたいと思っています。今年もよろしくお願いします。(平尾隆夫)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:02 | 総合 | この記事のURL | コメント(5)
コメントする
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by: ビジネスマナーの挨拶  at 2012年03月18日(Sun) 11:20

コメントありがとうございました。

新年に相応しい写真だと思い、掲載しました。昨年末、四国行きの機内からあまりにも美しい富士山に出会えたので、撮影しました。

富永夏子(広報チーム フォトグラファー)
Posted by: 日本財団広報→小林様  at 2012年01月10日(Tue) 16:04

素晴らしい富士山の景色です。
頂上が雲上に出ているように
東北も震災雲から顔を出せるように
復興に頑張ります。
応援よろしくお願いします。
さくらんぼ保育園より
Posted by: 小林 仁一  at 2012年01月09日(Mon) 09:49

松浦様
コメントありがとうございます。今後ともご協力、よろしくお願いいたします。
Posted by: 日本財団広報→松浦様  at 2012年01月05日(Thu) 17:01

50周年おめでとうございます。そして、海の安全のための研究やPR活動に対して支援いただきありがとうございました。
Posted by: 松浦  at 2012年01月05日(Thu) 11:22