CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«特別車両でパンや豆腐を移動販売 障害者が運転を担当 | Main | いのちへの思いつないで10年 100回目の生命のメッセージ展»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
【写ブログ】復興を願って〜岩手県で全国選抜ゲートボール大会開催〜 [2011年10月10日(Mon)]


勢ぞろいした188チーム

笹川良一杯第26回全国選抜ゲートボール大会日本ゲートボール連合主催、日本財団助成)が9月24、25の両日、岩手県花巻市の石鳥谷ふれあい運動公園で開催された。国内最大規模の大会で、予選を勝ち抜いた46都道府県の18歳から90歳までの188チーム約1100人が、野球場8面の広大なグランドで熱戦を繰り広げた。
試合前の練習に汗を流す選手ら

選手は65歳以上と65歳未満に分けられ、男女別に計4クラスで日本一を決める。毎年春に開催されているが、今年は東日本大震災のため延期。開催が危ぶまれていたが、地元関係者や全国のゲートボール会員の“開催を通じて復興支援を!”との願いで実現にこぎつけた。

あいさつする小野清子会長

24日午前、台風15号が去った好天のもとで開催された開会式には、来賓として宮舘壽喜岩手県副知事、大石満雄花巻市長らが顔を見せた。主催者を代表して小野清子日本ゲートボール連合会長が「最近は若い世代も徐々に増え、平成27年の和歌山国体から公開競技になる。皆さんからいただいた4300万円を超える寄付は、被災した会員に見舞金として支給。元気溢れるプレーで、岩手を元気に!」と挨拶した。続いて尾形武寿日本財団理事長が「故笹川良一日本財団初代会長が、国民の健康と長寿を願って、日本ゲートボール連合を設立して4半世紀。全国からこれだけ多くの老若男女の皆さんが集まった。皆さんの熱気あるプレーで被災地を支援しよう、力を結集すれば、必ずや復興できる」と激励した。

このあと2日間にわたって老若男女の元気な声が運動公園を包んだ。出場選手の中で最高齢の山本美鳥さん(90)=鹿児島県・鹿屋Bチーム=は「60歳でゲートボールを始めました。全国選抜大会は、平成元年の盛岡大会に出場して以来22年ぶり。ゲートボールのおかげで病気もしないで元気です」と話した。(佐藤英夫)
         ◇
各クラスの優勝チーム次の通り。
・シニアクラス(65歳以上男子)
大阪府代表 カーニバルBチーム
・シニアレディースクラス(65歳以上女子)
埼玉県代表 彩の国レディースチーム
・ミドルクラス(18歳以上65歳未満男子)
神奈川県代表 湘南ちがさきAチーム
・ミドルレディースクラス(18歳以上65歳未満女子):
和歌山県代表 ザ・ワカヤマ有田レディースチーム
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:00 | 写ブログ | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント