CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«メイドさん&プロレスラーが募金活動〜東京・アキバで「お願いしま〜す」 | Main | 正しい知識で怖がり過ぎないように〜福島原発事故で緊急シンポジウム»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
弔慰金・見舞金の支給開始 初日は3ヶ所で660人分 [2011年04月05日(Tue)]


石巻市役所の支給会場

東日本大震災で家族が死亡したり行方不明となった被災者の支援に向けて日本財団は4月4日から宮城県石巻市と女川町で各5万円の弔慰金や見舞金の支給を開始、初日は434人の遺族や親族に計644人分が贈られた。警察庁によると同日現在、大震災の被災者は死者12087人、行方不明15552人に上っており、日本財団では地元市町村やボートレースを施行する自治体の協力を得ながら、態勢が整った地域から早急に支給したいとしている。
がれきの多くはまだ手つかず

弔慰金や見舞金は原則として一親等の遺族、親族代表者に贈られ、4月4日は石巻市役所と避難先の一つとなっている同市立湊小学校、さらに女川町の災害策本部が設けられている女川第2小学校で行われた。人口約16万人の石巻市の死者・行方不明者は4日現在5157人、同約1万人の女川町が1199人。石巻市では地元のラジオ石巻が前日、数回にわたり支給開始を放送したほかメール登録のある市民にもその旨、案内されたが、混乱に備え、それ以上の事前広報を見送る措置も取られた。

汚泥が乾きホコリに

石巻市役所では2階「市民の部屋」に設けられた支給会場に午前10時過ぎから被災者が訪れ、亡くなった人や行方不明者の氏名と本人との続柄などを所定の用紙に記入、市から提供された死者・行方不明者名簿と照合の上、日本財団の笹川陽平会長、石巻市の亀山紘市長、さらにボートレース施行自治体の一つである愛知県蒲郡市の金原久雄市長が「頑張ってください」などと激励して弔慰金や見舞金の入った封筒を手渡した。

女川 大津波が車をビル屋上まで運んだ

また亀山市長は「被災者は長い避難生活を強いられており、こうした支援は有り難い」と地元自治体の長として感謝の言葉も述べた。77歳の母が行方不明という52歳の女性は「家は流され土台だけになった。母が土砂の中に埋まっているのか、それとも海に流されたのかも分からない」と涙を流した。また湊小の会場で妻(68)と長女(37)、孫(14)の3人分の見舞金を受け取ったタクシー運転手は(70)は「会社に車を置きに行っている間に地震と津波に襲われ、一度に3人を亡くした。家のローンも払い終わり新しい生活をスタートしようとした矢先だった」と肩を落とした。

女川災害対策本部の会場

一方、女川町では18メートル前後の大津波で町全体は壊滅した。高台にある女川第2小学校の対策本部では日本財団の尾形武寿理事長と安住宣孝町長が訪れた102人に147人分の弔慰金と見舞金を贈った。このうち35歳の男性は「67歳の父がいったん高台まで避難したが、母を連れ戻しに戻り津波にのまれた」と言葉を詰まらせた。また安住町長は「街全体を1から作り直さなければならない。そのためにも1日も早く復興に向けた青写真を示してほしい」と政府に注文を付けた。

弔慰金・見舞金の支給は3会場とも6日まで行い、以後、地元市町村などの協力を得ながら準備が整った地域から順次、支給を開始する予定。日本財団では作業終了の目安を6月前後に置いているが、死者・行方不明者が出ている自治体は全体で100近い市町村に上っており、1日も早い支援につながるよう詰めの作業を急ぐ。(了)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 15:45 | 総合 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
激励のお言葉ありがとうございます。
皆さまのご協力を賜りながら、可能な限りいち早い対応を行っていけるよう努めてまいります。
Posted by: 日本財団広報→小林様  at 2011年04月11日(Mon) 10:07

日本財団のいち早い対応には、感動です! 動きが取れない縦割り社会のご都合主義を、映すメデイァも評論家、見ている我々も同じですが、それでも言いたい!!  相手は人ですよと・・・
Posted by: 小林市子  at 2011年04月07日(Thu) 17:08