CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Koeki Kids Projectが、南相馬少年野球チームと交流しました [2012年08月14日(Tue)]
平成24年8月4日(土)午前、南相馬市の少年野球チームに所属する小学生15名が東北公益文科大学に来学してくれました。

「3Sキッズプログラムinさかた」(3Sは、Smile・Sports・Study)として、2泊3日で山形県庄内地域を訪れた子ども達。
本学Koeki Kids Projectメンバーが、Smile・Studyの部分を担い、公益とは何かを知ってもらう授業を行いました。

minamisouma1.jpg

授業では、始めにみんなで公益の言葉の意味を確認し、「みんなにとっての良いことは何か」を考えました。
「きゅうえんぶっしをおくること」「あいさつをすること」「勉強すること」など、子ども達は自分で考えた「みんなにとっての良いこと」を、グローブやボールの形のカードに書き出し、一人ひとり発表しました。

minamisouma2.jpg

minamisouma3.jpg

授業終了後は、大学はどんなところなのかを知ってもらうため、研究室やメディアセンター(図書館)などをみんなで見学しました。

また、とび魚だしプロジェクトメンバーが用意してくれた「とび魚だしジェラート」をみんなで味わいました。
晴れ渡って暑かったこの日、冷たいジェラートはとても喜んでもらえたようで、おかわりする子もいたようです。

minamisouma4.jpg

訪れてくれた子ども達に、私達もSmileをもらい、Studyさせてもらった1日となりました。
この交流の機会を大切にしていきたいと思います。
Posted by 地域共創センター at 15:51 | この記事のURL
Koeki Kids プロジェクトで冊子を配布しています! [2012年05月25日(Fri)]
Koeki Kids プロジェクトメンバーで作成した冊子を配布しています。
その名も 『KNOW HOW BOOK』
実際に学生たちが「公益学をはじめよう」をテーマとして小学校で実施した授業指導に基づき作成。
授業を行うための要点をわかりやすく編集し、持ち運びしやすい小さめのサイズで作成するなど工夫がされています。


kkp2011book.jpg


また、公益学教育プログラムの開発と手法の研究や授業実践について詳しく記載した、一般向けのノウハウブックも完成しています。


kkp2011report.jpg


これらの冊子の送付を希望される方は、東北公益文科大学地域共創センター(TEL:0234-41-1115、E-mailアドレス:kyoso@koeki-u.ac.jp)までご連絡ください。

メンバーが1年間、時間をかけて取り組んできた活動の成果がぎゅっと詰まった冊子になっています。
ぜひ、ご覧くださいひらめき


Posted by 地域共創センター at 16:44 | 成果物 | この記事のURL
公益の心を育む学校の役割 [2012年01月12日(Thu)]
平成23年度 公益教育セミナーの基調講演では
公益教育研究会会員で、元校長の齋藤辰典先生より
「公益の心を育む学校の役割」と題してお話いただきました。



「教育こそ公益」と語る齋藤先生。これまで赴任した学校経営の戦略の中から学校生活の中にどう公益の考え方を育んできたか、ご自信の経験を基にお話されました。
また、長い教員経験の中から見つけたご自身の信念として、
@子ども、教師、保護者、地域の方々と目標を共有すること。
A職場の同僚の中に同志を増やすこと。
B子どもに親しまれ、親に敬われ、同僚に愛され、校長に信じられよ、と紹介。
「公益の心とは、その人の生きざま、人間的価値を高めるもの」と語りかけました。
Posted by 地域共創センター at 13:48 | 2011kkpの活動から | この記事のURL
22年度 Koeki kids Project 報告書(抜粋) [2012年01月12日(Thu)]
22年度 Koeki kids Project 報告書(抜粋) が公開されました。

平成22年度 小学生のための実践授業『公益学をはじめよう』の実施と公益コミュニティサポーターの養成事業(Koeki kids Project) 報告書からの抜粋です。

※報告書の全編についてはお問い合わせください。(残部些少です)




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by 地域共創センター at 11:31 | 成果物 | この記事のURL
公益教育セミナー [2012年01月06日(Fri)]
ちょっと前の話ですが、平成23年10月1日(土)に
山形県庄内総合支庁と庄内地域の小学校の先生方が所属する「公益教育研究会」、それに東北公益文科大学 地域共創センターが主催して「公益教育セミナー」を開催しました。

本学の公益ホール中研修室を会場にした今回は、
「いのち・まなび・かかわり 〜公益の心を育む〜」と題して、基調講演と実践発表がありました。



実践発表では、我らkkpのメンバーは主軸の2年生を中心にこれまでの活動を報告。
koeki kids プロジェクト立ち上げの経緯や、現在の取り組み、課題などを発表しました。



講評では、現場の小学校の先生方から貴重な意見も聞けた学生たち。
「大学生がこのような活動をしていることを知らなかった」「実際に授業の中で、『公益』という考え方をどのように教えていったらいいか、よくわからず、迷っていた。さらに勉強していきたい」「大学生たちの『公益』についての考え方、子どもたちへの伝え方に刺激受けた」など、さまざまな意見を得ることができました。
Posted by 地域共創センター at 15:27 | 2011kkpの活動から | この記事のURL
今年度のkkpメンバー [2012年01月06日(Fri)]
23年度のkkpメンバーの主軸は、全員2年生の3人組。
今年度後半も小学校での模擬授業や、PTAの勉強会への参加などの
予定に向かってがんばります力こぶ
今年もどうぞよろしくお願いします。


Posted by 地域共創センター at 14:18 | 2011kkpの活動から | この記事のURL
公益社会演習2011(後期)シラバス [2012年01月06日(Fri)]
公益社会演習2011(後期)シラバス が公開されました。

日本財団2011助成事業である「小学生のための公益実践授業『公益学をはじめよう』の実施と公益コミュニティサポーター養成の試行」について、
2011年度は東北公益文科大学公益学部の「公益社会演習」の一つとしても展開されています。

登録資料は「公益社会演習2011(後期)」のシラバスです。



関連する成果物
公益社会演習2011(前期)」シラバス


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by 地域共創センター at 14:12 | 成果物 | この記事のURL
公益社会演習2011前期 [2012年01月06日(Fri)]
公益社会演習2011前期 が公開されました。

日本財団2011助成事業である「小学生のための公益実践授業『公益学をはじめよう』の実施と公益コミュニティサポーター養成の試行」について、
2011年度は東北公益文科大学公益学部の「公益社会演習」の一つとしても展開されています。

登録資料は「公益社会演習2011(前期)」のシラバスです。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
Posted by 地域共創センター at 12:20 | 成果物 | この記事のURL
日本財団のブログで紹介されました! [2011年11月16日(Wed)]
日本財団のブログに
本学の「公益学をはじめよう」のプロジェクト(koeki kids プロジェクト)がアップされました!!! キラキラ

学生たちが酒田市立浜田小学校で授業をした様子が掲載されています。
ぜひご覧ください。

「小学生諸君、公益学をはじめよう」〜東北公益文科大学の試み
http://blog.canpan.info/koho/archive/1603
Posted by 地域共創センター at 17:54 | 2011kkpの活動から | この記事のURL
公益社会演習での取り組み [2011年10月03日(Mon)]
2011年度、koekikidsの活動は授業「公益社会演習」の一つとしても展開しています。
この日は前期「公益社会演習」の発表会として、小学校での「公益の授業」を想定しての
模擬授業を行いました。




この日は、担当教員である國眼眞理子教授、武田真理子准教授、澤辺みさ子准教授のほか、
地域共創センター長である小地沢先生や卒業生、昨年度のプロジェクト学生、
酒田市内の小学校の先生方も参加してくださいました。



学生たちは自分たちが考える、「公益」という考え方の伝え方について、
オリジナル教材を開発し授業を展開。



大学の担当教員はもちろん、学内の学生同士で、
また、現場である小学校の先生方からも意見をいただき、具体的に指導していただきました。



学生たちは秋から始まる酒田市内の小学校での授業に備えて、さらに授業研究を進めていきます。



Posted by 地域共創センター at 16:49 | 2011kkpの活動から | この記事のURL
| 次へ