CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
naonao
明日から君は何をする? (11/22)
naonao
理事会 (10/25)
アンダンテ21事務局スタッフN
タンポポ調査A (04/07)
映画「こどもこそミライ」上映のご案内 [2015年11月16日(Mon)]
kodomokosomiraichirashi.jpg子どもが主役の保育の世界。

横浜の保育園「リンゴの木」
山梨の「森のようちえんピッコロ」
大阪の「保育所 聖愛園」

それぞれの子どもたちの日々を追った長編ドキュメンタリー映画です。
子どもたちの持つ力とその成長に圧倒されます。
また、子どもたちとかかわるおとなの愛と信頼に裏打ちされた「ことば」と「態度」にうなりました。
ぜひご覧ください。

日時  2015年11月28日(土)
     第1回  10:00〜11:30  映画のみ
     第2回  13:30〜15:30  映画とワークショップ

会場  松江市市民活動センター504・505
     2015プリエールフェスティバル参加

参加費  600円

お申し込み先  NPO法人しまね子どもセンター
        Tel 0854-82-5111
E-mail kodomo@iwami.or.jp
ご住所、お名前、電話番号、午前か午後かご希望をお聞かせ下さい。
         チケットをお送りいたします。
Posted by ホオノキ at 11:34
佐々木正美先生の講演会 [2011年04月18日(Mon)]
地域で子どもの居場所をやっている人、公民館で子どもの活動をやっている人など、子どもにかかわる活動をしている人たちから漏れてくる声。

今の子どもたちはこのままで大丈夫?
親や行政や社会の意識を変えなければ、子どもは自立して行けないのでは?


子どもの自立を阻む親の過干渉
子育ての外注化
子どもの育ちより、親の負担減に目を向けている子育て支援の施策


そういった現象に危機感を覚え
子どもの育ちに本当に必要なものについてお話していただくよう、
佐々木正美先生にお願いした。

佐々木先生も長年の臨床経験で親の過干渉の子どもに与える悪影響を案じておられ、
発達障害に関する話ではなく、「今回は一般の子育てについて話をします。」とのこと。

まずは、子育て支援者の方々に講演を聞いていただきたい。
そして、子育てに不安を感じておられるお母さんたちに、大切なことを話していただきたいと切に願っている。


佐々木正美講演会

松江会場  5月21日13:00〜15:00
        いきいきプラザ島根403研修室

浜田会場 5月22日10:00〜12:00
        いわみ〜る体育室

いずれも参加費1000円 託児有

お申し込みはしまね子どもセンターへ
お名前・ご住所・電話番号をお知らせください
託児希望の場合は、お子様の名前、年齢、性別も



島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 18:28
安来どんって? [2010年09月08日(Wed)]
永野むつみ講演会」の最終日。
今日は安来市。

子ども未来課のスタッフの方がたくさん、永野さんのお話を聴いてくださいました。
島根県少子化対策推進室の室長と担当の方も安来まで来てくださいました。
行政の方に永野さんのお話を聴いていただけるのはうれしいことです。

預かり保育は、18人の子どもたちを8人の保育士さんで見ていただきましたが、たいへんでしたねぇ!赤ちゃん


永野さんのメッセージが、参加者のお母さんの心に届いたのでしょうか。
アンケートの満足度は100%以上がほとんど。
子どもに優しい顔を向けるお母さんが増えるといいなリボン


<参加者の感想>
チューリップ何度も涙が出そうになりました。子どもの持って生まれた性格をどう引き出すか、すてきな表情を引き出せるよう子育てしたいと思いました。

チューリップ子育てを実体験を通して話をしてもらうことがなかったので、話を聴いて参考になったし、安心できました。自分で体験して気付きを得ることを教えてもらい、ありがたかったです。

チューリップ子育てについてたくさんのヒントを頂きました。上のこの子育てについて、ちょっとつまづいた時だったので、とても心に響くいい講演会でした。


講演後、永野さんと"安来どん(丼)を食べました。
竹串には”こいのぼり”ならぬ”どじょうのぼり”が・・・



島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 19:56
今日は雲南 [2010年09月07日(Tue)]
子どものいい顔発見プログラム」の「永野むつみ講演会
今日は雲南市。
5ヶ所ある子育て支援センターの全てからスタッフが集まり、子育て支援に対する雲南市の熱意を感じる。


子どもたちがどんなにすばらしい存在か
子どもが育つのに、今何が一番大切か

現代社会が子どもたちから奪ったもの
子育ての価値観


永野さんのお話は、私自身何度も聴いているのに、いつも新しい視点を投げかけてくださる。
背負った「文化の棚」の大きさを再認識する。


参加者の満足度はおおむね100%。200%が3にんも!

<参加者の感想>
クローバーとても楽しい時間でした!その時一番大事なことが分かる自分でありたい!
"気配"を子どもが感じているというのはホントに納得。

クローバー毎日の子育てに悩んでいることがあったのですが、これも親になれたからだと今日の講演を聞いて思いました。

クローバー今日の講演会を聞いて、すごく自分にあてはまる事がたくさんありました。11月に第2子が生まれる予定で、上の子が母を育てるという話がすごく心に残りました。


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 20:49
満足度100% [2010年09月06日(Mon)]
子どものいい顔発見プログラム」の「永野むつみ講演会」が今日から始まりました。

今日は大田会場。

参加者は多くはありませんでしたが、参加者アンケートの満足度は全員100%拍手



参加された方の親子関係に変化が現れ、子どもたちが幸せに成長できるといいなあ赤ちゃん

<参加者の感想より>
* 今まで 考えたことのないことばかりでした。
  「子育ての大変さ」というのは、肉体的なことより、全てを子どもからたくされていることなんだ。「今一番大切なことは何か」という視点で考えるということ・・・ というのが、はっとしました。

* これからの長い子育てに、何が大切かを考える機会をもらえてよかったです。

* 絵本やテレビを一緒に見ても、私が先に感想など言ってしまうので、気をつけようと思いました。
  「グリとグラ」のお話は泣けてきました。


明日は雲南市木次町、斐伊交流センターです。
どんなお母さんたちと出会えるかなリボン


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 21:31
リンク集

赤ちゃんの名前 ハピネム

http://blog.canpan.info/kodomoshimane/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kodomoshimane/index2_0.xml