CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
naonao
明日から君は何をする? (11/22)
naonao
理事会 (10/25)
アンダンテ21事務局スタッフN
タンポポ調査A (04/07)
おそとは たのしいね! [2015年03月27日(Fri)]
DSCF1870 (2).JPG昨日は川本町で、今日は邑南町での「おそとであそぼっ!」
今週初めは寒の戻りで寒かったので、お天気が心配でしたが、快晴、風もなく温かな日和でした。
どちらも参加者は0歳児が多く、お砂場デビューのお子さんも!
川本では草の上を這いまわったり、裸足で草の上に座って草をちぎって口に入れるハプニングも。
邑南では、保育園の砂場で、裸足で砂まみれになって遊びました。ここでもお母さんが止めるのも間に合わず砂を口に入れるハプニングが!
でも、みんな目がきらきらして、やる気まんまん。遊びってこうでなくっちゃ!DSCF1851 (2).JPG
Posted by ホオノキ at 19:05
「おそとであそぼっ!」年度末でも遊んじゃおう! [2015年03月17日(Tue)]
おそとであそぼっ!_チラシ邑南.pdf三寒四温をくりかえし、なんとなく春めいてきたこの季節。世の中の「年度末」というあわただしさは乳幼児には無関係。というわけで、早春のひと時をやさしい春風や鳥の声とともにすごします。
3月26日(木)10:00〜11:30 島根県邑智郡川本町のふれあい公園笹遊里
3月27日(金)10:00〜11:30 島根県邑智郡邑南町 石見子育て支援センター
参加費無料 雨天の場合は、屋内で遊びます。

近年進んだ脳の研究でわかってきたこと。わからないことはまだまだたくさんあるけれど、どうやら赤ちゃんの脳は自然からの刺激をたくさん必要としているらしい。いきものとして、この環境で生きていくために必要な体の仕組みや神経回路をつくるために。

どうぞご参加ください。お待ちしています。

今年度は、5月のうしおっ子ランドから始まって11回の「おそとであそぼっ!」6つの市町にでかけました。次年度もたくさんの子どもたちと出会いたいと思います。
Posted by ホオノキ at 13:06
乳幼児と外遊び [2014年05月14日(Wed)]
今年度の「おそとであそぼっ!」第1弾20140509risize.jpg
5月9日(金)雲南市大東町海潮幼稚園内のうしおっ子ランド。
草ぼうぼうの小さな畑の一角を子育て支援センターの先生がスコップで掘り返し、土が柔らかくなった。
子どもたちは思い思いのシャベルやスコップを手に土掘りを始める。
ダンプに土を山盛りにする子、型押しに挑戦する子、ついにバケツの水を土にかけ、水が流れるのに反応して土を掘ったりドロドロで遊んだり。一方でジョーロで水撒きに夢中の子。

「子どもたちの脳は、遊びに夢中になっているときに活性化する」昨秋、脳の研究者の講演で聴いたこと。
「自分でおもちゃを選び、遊びたいように遊ぶことは自立の第1歩」これも、いつか児童精神科医の講演で聴いたこと。


そんなことはお構いなしに、すぐそばでお昼寝をしている0歳児。気持よさそう・・・
20140509ohirunerisize.jpg
Posted by ホオノキ at 10:22
自然の中で! [2011年07月20日(Wed)]
7月12日に飯南町にある島根県民の森での「おそとであそぼっ!」

当日参加も含め、13組の親子が集まった。
主任児童委員の方も3人来てくださった。

キャンプ場の一角の芝生に陣取り、すぐ近くを流れる川遊びがメインとなった。

冷たい水を感じて足を縮める赤ちゃん。

お母さんと手をつないで、おそるおそる川に入っていく子。
おもちゃを持ち込んで水遊びをする子。

沢ガニやカジカのおたまじゃくしを捕まえようとする子。

それぞれがそれぞれのやりたいことを見つけて遊ぶ。
カジカの声、アカショウビンの声が聞こえる。
川の水は痛いくらい冷たく、流れも速い。
自然の中での遊びは広く、奥も深い。

大人の役割は安全に気を配ること。


お母さんたちに書いていただいたアンケートの中に3枚だけあった記述。

「スタッフの方がもっとリーダーシップをとって遊ばせて・・」
「子どもの月齢に合った遊びを準備してほしい」

子どもはほぉっておいたら遊ぶんだってことを知らないのかなあ。
子どもを芝生の上に座らせてあげるだけで、その子の月齢に合った遊びを自分で始めるのになあ。
もしかしたら、子どもの遊びってこういうものという固定観念がある?

遊んであげる。
遊ばせてもらう。

どっちも「子ども」自身にとってどうなのよ・・・。
必要なのは周りの大人の”温かい目”なんだけどな。


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 15:44
チャリティーイベント [2011年04月02日(Sat)]
車で走っていると、レンギョウ、サンシュユ、カラシナの菜の花・・・黄色い花が風景を彩り始めた。

今日、松江市の末次公園で、「ガンバレ東北!」チャリティーイベントが開催された。
主催は、しまね子育ち子育て支援ネットワークつながるネ!ット

お弁当や豚汁、有機野菜にフリマ、遊びコーナーと盛りだくさん。

ヤカーリング(やかんのカーリング)
ステージでは歌やパフォーマンスが披露された。


しまね子どもセンターは「おそとで あそぼっ!」コーナーを開いた。

                   ダンプが山の上!

昨日とは打って変わった肌寒い天候だったけれど、子どもたちは遊び始めたら一心不乱。
楽しそうに遊んでいた。
 

                    おいしそうなカレー

募金は3万円を超えたかな。


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 20:29
チャレンジ [2010年10月18日(Mon)]
今日は江津市の苺山公園で「おそとで あそぼっ!」の出前をしました。

参加者は親子6組20人。
太陽秋晴れの下、10時からお昼までゆったりと遊びました。

小さな砂場で砂遊び。
それぞれが好きな道具であそびます。



池をつくって水を入れている子がいました。
あれっ水がなくなっちゃうね

下にトンネルがある小さい山。
登りたい子が、はじめは大人に手をつないでもらって登りました。
それを見た子どもたちも登りたがって、山登りブーム。
「今度は自分でのぼってごらん」
「落ちないように見ててあげるから」



ゆっくりと自分の手と足を使って登っていきます。
ついに上までたどり着きました。
「やった〜っ!」
ばんざいした子の満足げな顔。
2回目からは、見違えるスピードで自信たっぷりの足取り。
体の使い方をまたひとつ覚えたね。

お姉ちゃんと一緒にやってきた赤ちゃん。
バギーですやすや



きもちよさそう


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 20:27
おそとで あそぼっ! [2010年09月29日(Wed)]
暑さ寒さも彼岸まで・・・とはよく言ったものです。
すっかり『秋』になりました。

今日は、大田市仁摩町の仁摩健康公園で「おそとで あそぼっ!」出前をしました。
呼んでくださったのは、子育てサロンなりすなっ子広場さん。

公園は芝生が一面。砂場がありません。
だから今日は、水と泥・砂の定番のうち『水あそび』が中心になりました。


ひたすらジョウロに水を汲み、バケツに入れ、コップにいれ、またバケツに移し・・・
一心不乱!


お友だちとおもちゃを取り合って、ちょっと泣いて、芝生に転がったら
木の葉の間から空が見えたねぇ・・・
なんだかわらっちゃったね。



のどが渇いて、お腹がすいて
あっという間の1時間でしたね

<お母さんの感想>
 クローバーすきなだけ水で遊ぶことができて満足したようです。

 クローバー普段の水遊びとはまたちがって、子どももバケツからバケツに水をうつしたりすることをとてもたのしんでいました。


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
TEL/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 19:44
「おそとであそぼっ!」出前しました [2010年05月19日(Wed)]
松江市法吉公民館乳幼児学級への出前。

心配した空模様も、午前中はなんとかお日さまも顔を覗かせ・・・太陽
20組43人の親子が外遊びを楽しんだ。(0歳で月齢の小さい子は部屋の中で遊んでいた)

土の山をシャベルで掘って、ダンプカーの荷台に土を盛り、車を移動させて荷台から土を下ろすのにはまっている子自動車

ジョウロで植木に水をやっている子

ままごとのお皿に土を入れようとしている子

ひたすらくま手で地面を引っかいている子

最初にお母さんたちにお願いをした
お子さんがおもちゃを選ぶまでゆったりと見守ってくださいねと
それから、水分の補給もお願いをした。

子どもたちは、体が水分を必要とすると、目の前の水(水遊び用の)を飲んでしまうこと
ぬれた指をなめる子もいること


外遊びは、主催者と相談の上30分で切り上げたが、遊び足りない子もいて、名残おしそうだった。
あとでとったアンケートには、「外遊びにまた参加したい」にほぼ全員のお母さんが○をつけてくださった。

部屋に入って、水分補給をしながら、お母さんたちに乳幼児期に大切な環境とメディアについてお話をした。テレビ
理解してくださる方が一人でも多くなるよう、伝え方にもっと工夫をしよう。


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 18:24
お呼びがかかりました! [2010年04月16日(Fri)]
「おそとであそぼっ!」に声がかかりました。
5月に法吉公民館に出前します車

今日読んだ外遊び関係の文章に
「自律神経系の基幹部分は、おおよそ2歳くらいまでにでき上がる」という部分があった。

赤ちゃんの時から空調完備の部屋の中で過ごすことが多いことと
最近増えているという
朝の体温35度、夕方の体温37度
熱中症になりやすいなどの
体温調節が困難な子どもと関係があるのかも


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 19:35
出番を待ってます! [2010年03月30日(Tue)]
ボーネルンドのおもちゃが届きました。

今まで「おそとであそぼっ!」のおもちゃは2セット。
そのうち1セットは松江市の城西公民館に置かせていただいてます。
もう1セットを車に積んで「おそとであそぼっ!」の出前をやっていました。車

新たに加わったおもちゃたちは2セットに分けて、県西部に1セット、雲南市・飯南町・奥出雲町のどこかに1セット置かせていただいて、周りの方々に利用していただけたらと考えています。赤ちゃん

「おそとであそぼっ!」セットをうちで預かりたいとお思いの方は、まず出前を呼んでくださいね。



島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 14:25
| 次へ
リンク集

赤ちゃんの名前 ハピネム

http://blog.canpan.info/kodomoshimane/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kodomoshimane/index2_0.xml