CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
naonao
明日から君は何をする? (11/22)
naonao
理事会 (10/25)
アンダンテ21事務局スタッフN
タンポポ調査A (04/07)
自然の中で! [2011年07月20日(Wed)]
7月12日に飯南町にある島根県民の森での「おそとであそぼっ!」

当日参加も含め、13組の親子が集まった。
主任児童委員の方も3人来てくださった。

キャンプ場の一角の芝生に陣取り、すぐ近くを流れる川遊びがメインとなった。

冷たい水を感じて足を縮める赤ちゃん。

お母さんと手をつないで、おそるおそる川に入っていく子。
おもちゃを持ち込んで水遊びをする子。

沢ガニやカジカのおたまじゃくしを捕まえようとする子。

それぞれがそれぞれのやりたいことを見つけて遊ぶ。
カジカの声、アカショウビンの声が聞こえる。
川の水は痛いくらい冷たく、流れも速い。
自然の中での遊びは広く、奥も深い。

大人の役割は安全に気を配ること。


お母さんたちに書いていただいたアンケートの中に3枚だけあった記述。

「スタッフの方がもっとリーダーシップをとって遊ばせて・・」
「子どもの月齢に合った遊びを準備してほしい」

子どもはほぉっておいたら遊ぶんだってことを知らないのかなあ。
子どもを芝生の上に座らせてあげるだけで、その子の月齢に合った遊びを自分で始めるのになあ。
もしかしたら、子どもの遊びってこういうものという固定観念がある?

遊んであげる。
遊ばせてもらう。

どっちも「子ども」自身にとってどうなのよ・・・。
必要なのは周りの大人の”温かい目”なんだけどな。


島根県大田市大田町大田ハ286
特定非営利活動法人しまね子どもセンター
Tel/Fax 0854-82-5111 E-mail kodomo@iwami.or.jp
Posted by ホオノキ at 15:44
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kodomoshimane/archive/91
コメントする
コメント
リンク集

赤ちゃんの名前 ハピネム

http://blog.canpan.info/kodomoshimane/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kodomoshimane/index2_0.xml