CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月14日

【緑児童館】こどもたちからの児童館職員求人情報

こんにちは。
緑児童館のにみーです。

現在緑児童館では、平成30年度より勤務する職員(プレーワーカー)を求人しています^^

どんなひとが職員に向いているのか、こども達の場合はどんな職員を求めているのか
この機会に直接聴いてみよう!ということで街頭アンケートならぬ館内アンケートを行いました。

1.jpg
こんなスケッチブックを片手にもって…目

こどもに加えて他の職員や児童館に来館する保護者の方にも聴いてみました。
直感で即答する人、ジョークを交えたい(笑)人、じっくり感考えてから話す人…意見もさまざまでした。

アンケート結果は以下の通りです。

≪児童館来館者に聴いた!児童館職員になる人ってどんなことが必要?≫
・健康な人
・ヤンキーみたいな人(理由を聴いたら、「根気がありそうだから」とのこと)
・運動ができるひと(「にみー(現職員)はできないが…。」と付け加えてくれました)
・やさしい人、怒らない人
・仲良くしてくれる人(「一緒に遊んだりゲームしたりしたい!」)
・何かひとつ一芸がある人
・遅刻しない人(あまりきっちりしてない方がいいという意見もありました(笑))
・子どものことを見てくれる人
・仕事ちゃんとできる人
・いじめられた時守ってくれる人
・イケメンで足速くて運動神経良くてイケメンな人、とにかくイケメンな人
・一緒に遊んでくれる人
・勉強見てくれる人
・”かわいくて高身長、やせていて…”で、一緒に遊んでくれる人(「君とは反対の人だ…」とぽそりと言われる)
・いつも仕事が忙しそうなので仕事が効率よくできる人がいいのでは!職員の人は”事務”も”一緒に遊ぶ”のも両方やっているけど両立は難しい。”事務”だけの人、”遊ぶ”だけの人に変えたらどうか?
・足が臭い人
・スポーツがある程度できる人
・何かあった時にすぐ気づく人
・後頭部にも目を持っている人とかならすぐ気づける?分身の術が使える人とか!
・児童館が大変な時に手伝ってくれる友達がたくさんいる人
・遊びの引き出しがいっぱいある人

実際に子どもたちに聴いて回ってみて、小学生でも中学生でも職員と一緒に遊びたいと話すことにすこしびっくり。一番多かった意見は「一緒に遊んでくれる人」でした。

実際の求人情報はこちらです。
緑児童館職員/プレーワーカー
87790865381215c712efd1f796d066b0.pdf


和気あいあいと働きたい、子どもに関わりたい方ぜひご応募ください!(報告:にみー)
posted by 青野 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

2017年12月11日

【プレーパーク】「なるとうプレーパーク」を開催します!

「なるとうプレーパーク」を開催します!

〜遊び場づくりは、地域づくり〜

こどもNPOは「緑区子育て支援ネットワーク連絡会」(事務局:緑区役所民生子ども課)に加盟しています。そして連絡会における「子どもが育つ地域のつながりづくり事業実行委員会」に参加し、子どもたちの「やってみたい!」を実現できる場所として、地域に「プレーパーク」の設置を目指しています。

これまで、大高南学区「サバンナプレーパーク」、鳴子学区「なるこプレーパーク」の立ち上げと運営、実施に携わっておりますが、このたび、鳴海東部学区での設置を見すえてお試し開催いたします。

緑区のなかでも徳重、鳴海東部、大清水学区周辺は近年開発が進み、居住者も増えているエリアです。そのような地域で、住民のみなさんとともに子どもの育ち、環境づくりについて考えていくことは、とても意義があると思っています。

わたしたちこどもNPOの拠点も、ちょうど鳴海東部学区内にあります。今回は、「そもそもプレーパークとはどのような活動なのか?」という周知の意味合いも含め、こどもNPO拠点の敷地を解放して、プレーパークを開催予定です。
およそ名古屋市内とは思えない自然豊かな環境で、例えば焚き火や雪遊び(運がよければ!?)、工作、その他…、普段はなかなかできないことをするのもよし、普段通りもよし。思いおもいの過ごし方をしてみませんか?

みんなでつくる、みんなの遊び場。0歳から120歳まで、どなたも遊びに来てくださいね!

【日程】12月25日(月)10:00〜16:00 ※雨天決行
【場所】特定非営利活動法人こどもNPO 屋外会場(大清水69-1116)
【対象】どなたでもお越しください(0〜120歳!)
【参加費】0円
【持ち物】
 (必要に応じて)汚れてもいい服装・着替え、お茶、食事、焚き火で焼きたい食材など
【駐車場】スペースに限りがあるためお車でのご来場はお控えください
【主催】緑区子育て支援ネットワーク連絡会「子どもが育つ地域のつながりづくり事業実行委員会」
【お問合せ】
  事務局:緑区民生子ども課 052-625-3961(平日9:00〜17:00)
  会場:こどもNPO(事務局:伊藤)052-848-7390(月〜金 9:00〜17:00)

fullsizeoutput_114e.jpeg
posted by 青野 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーパーク

2017年12月03日

【緑児童館】プレーワーカー、もっちゃんのつぶやき

RIMG1575.JPG
先日、5ヶ月の息子が少し離れたところのおもちゃを取ろうとしたときのことです。うつ伏せになり、足を何度も動かし、尺取り虫のようにおもちゃを取りにいきます。なんとかおもちゃのところまでいったんですが、つかみそこねておもちゃが転がっていきました。すると、またずるずるとおもちゃを取りにいきます。何度も繰り返していて、あまりに大変そうだったので、とってあげようと僕はおもちゃのそばにいきました。その姿をみた息子は「とって」と訴えかけるようになって、自分で取りにいくをやめてしまったんです。たぶん、僕のとってあげようという行動が彼のやる気を削いでしまったんでしょう。
これって赤ちゃんだけじゃなくて学童期の子どもも同じだと思うんです。
大人の方が子どもより経験が豊富な分、せっかくだからと先回りしてやってあげる、教えてあげることが、実は子どもの「やってみたい」「知りたい」という気持ちをしぼめている気がします。
たとえば、親子で「卓球をやろう」と予約したのに子どもは積み木に夢中になり卓球もそっちのけ…。そんなとき親としては「せっかく来たんだから卓球をやったら?積み木は家でも出来るでしょ?」と言いたくなります。でもせっかくだからと無理に卓球させることが必ずしもその子のためとは限りません。
やってみたいことをやる行為が遊びです。だとすれば、その子にとって今の遊びは卓球ではなく積み木なんだと思います。
” better a broken bone, than a broken spirit. “
これはイギリスで野外の自由な遊び場づくりを進めてきた、アレン・ハートウッドさんのことばです。
「心が折れるより、骨が折れる方がましだ!」という意味です。
もちろん、骨も折れないに越したことはないのですが、それ以上にやってみたい気持ちや遊びを抑制されて心が折れてしまうことに比べたら、回復できる痛みではあります。
僕たち大人はついつい先回りしすぎてしまいますが、子どものやってみたい気持ちを尊重して待ってあげられる存在でありたいなあ思います。(緑児童館:渡辺)

もっちゃんこと渡辺さんは10月から中川児童館にいますのでぜひ遊びに行ってくださいね!
posted by 青野 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

2017年11月02日

【緑児童館】こども企画「ハロウィンパーティー」

こんにちは。緑児童館です。
今回は緑児童館で行った子ども企画「ハロウィンパーティー」について報告します。

10月第3週に職員企画のハロウィンで使用する飾りづくりを手伝ってくれていた小学2年生の子どもたちから「私たちもハロウィンパーティーがしたい!」と声が挙がりました。
そして、「児童館に来ている小さな子たちもパーティーに参加してほしい」という子どもたちの思いから、子ども企画としてハロウィンパーティーを企画することになりました。
(※こども企画とは…こどもの「やってみたい」を実現するための企画。企画を立ち上げたときに必要となる材料や場は児童館がサポートをします。)

まずは企画書を書いてみよう!と企画者の子どもたちの考えを自分たちで整理するところから開始。
企画に関わるメンバーは誰かな、どんなことをやってみる?、いつやる、どんな人がくる?、何が必要?、どうしてやりたい?ーーーーー
考えた結果、「はじめて企画することで楽しくなるはずだからやってみたい、ゲームをやってやった人はお菓子をもらえるというのはどうだろう?、自分たちのお友達だけじゃなくて新しいお友達もできると嬉しいから誰でも参加できるようにしたい」とだんだんと企画内容が具体化されていきました。

企画を立ち上げてからハロウィンパーティー当日までの1週間。
企画者の子どもたちはほぼ毎日のように来館し、こんなものがあったらきっとみんな楽しめるんじゃないかな!このやり方だとうまくいくか不安だなぁなんて考えを巡らせながら、招待チケットづくりやポスター描き、ゲームづくりを楽しそうに行っていました。

ハロウィン当日には仮装したお友達がたくさんあつまり大盛況!
RIMG6789.JPG
ハロウィン@.JPG


ハロウィンC.JPG
玉当てゲームやクレーンゲームをおこない楽しみました。

翌日も2日続けてハロウィンパーティーをしたい!という企画者の希望から、
2日目やるならどうする?と感想・ふりかえり会を実施。
ハロウィンA.JPG
「あんまり自分の知らない人は来てもらえなかったけど楽しかったよ」
「ひまだった」「(感想)なーい!」なんて和気あいあいとおこないました。
2日目はもっと人が来てもらえるようにポスターやゲームを増やしてみようかと計画もしました。

ハロウィンパーティー2日目は企画者よりもちょっと大きいお兄さんお姉さんも参加。
参加した人が新しいブースをつくったり、他のあそびをしながらも来た年下の子に遊び方の案内をしたりする場面が見られました。
ハロウィンB.JPG

企画を立ち上げてからの1週間、楽しそうにやりたいときにやりたいことをしていましたが、当日はめんどくさくなったり他の事がやりたくなったりするときもしばしばありました。大人からしたら、不完全だったりパーティーとして成り立っているのか!?と思ってしまうようなことなのかもしれませんが、言われてやるのではなく自分で考えてやりたいことをやってみたときの子どもたちの目の輝きはとても素晴らしかったです。
自分でやってみて失敗したとしても、それは子どもにとってはなんてことのない、通過点なのだなと思いました。

やりたいことをやってみた1週間。企画した子どもたちは「自分たちでやるんだ」と何度も言葉にしていました。自分たちでやるからと、とても楽しく考えていました。

緑児童館はこれからも「子ども企画」を応援します!(報告:二宮)
posted by 青野 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

2017年10月30日

【お知らせ】新規職員募集!

こんにちは、こどもNPO事務局です。

こどもNPOでは、児童館職員(主任)を追加募集いたします。

子どもたちに寄り添いながら、主体性を大切にした活動ができるようサポートしてください。
何事にも一生懸命取り組み、向上心があり、子ども好きで体力がある方、ご応募お待ちしております。
求人条件等詳細はこどもNPOウェブサイトをご覧ください。
http://www.kodomo-npo.or.jp/news/%E3%80%90%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%91%E6%96%B0%E8%A6%8F%E8%81%B7%E5%93%A1%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%80%80%E8%BF%BD%E5%8A%A0/

なお、以下職員も現在募集中ですので、ご興味のある方はこちらもご覧ください。
@児童館職員(プレーワーカー)
A学習支援・居場所づくり事業職員
B子育てコンシェルジュ
http://www.kodomo-npo.or.jp/news/%E3%80%90%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%91%E6%96%B0%E8%A6%8F%E8%81%B7%E5%93%A1%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

ご応募、お待ちしております。
posted by 青野 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局

2017年09月29日

【ご協力のお願い】〜中高生のグループ Teens’Café へご寄付のお願い〜「子どもの権利条約フォーラム2017in信州」に参加したい!

こんにちは、こどもNPO事務局です。
Teens’Cafeでは、寄付のご協力をお願いしております。
ぜひ、みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

      子どもたちの活動を応援してください!
   〜中高生のグループ Teens’Café へご寄付のお願い〜
  「子どもの権利条約フォーラム2017in信州」に参加したい!

★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★+。。。+★

「全国の仲間たちと学び合いたい!」
「差別やいじめってまだまだあると思う。何とかしたいなぁ。」

Teens’Café では、中高生が中心となって人権に関する活動を行っています。
これまで、他団体と協働でフォーラムを開催したり、様々な会議やイベント等の機会を通して提言活動も行ってきました。
今回は、人権について学び、全国の同じような活動をしている子どもたちと交流を持つため、12月2〜3日に開催される「子どもの権利条約フォーラム2017 in 信州」に参加します。
寄付金は子どもたちの交通費・宿泊費等に使わせていただきます。

【ご寄付の方法】
@直接事務所へお持ちいただく。(下記の住所へお願いします。)
A以下の口座へお振込みいただく。
  郵便振替口座 00860−2−188302
  名義     特定非営利活動法人こどもNPO
  ★通信欄に「社会参画活動」と明記ください。

【例えば・・・】
2,000円⇒1人分の宿泊費になります!
6,000円⇒1人分の交通費(片道)になります!

みなさまのご協力をお待ちしております!!

【主催】
特定非営利活動法人こどもNPO Teens’Café(担当:加古)
[住所] 〒458-0818 名古屋市緑区鳴海町字大清水69-1116
[TEL/FAX] 052-848-7390 ※受付対応時間 平日9:00〜17:00
[HP] http://www.kodomo-npo.or.jp

【こどもNPOとは?】
こどもNPOは、子どもの生きる権利・育つ権利・守られる権利・参加する権利を基盤とし、子どもが社会参画する場や機会をつくり、子どもとおとなが共に持続可能な社会を実現することを目的としています。子どもの社会参画を推進する自主事業をはじめ、名古屋市の児童館の指定管理や子ども・子育て支援センターの業務受託等も行っています。

子どもの権利条約フォーラム寄付募集チラシ.png
posted by 青野 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Teens Café

2017年09月27日

【Teens’Cafe】環境デーなごや2017に出展してきました!

9月16日(土)に行われました「環境デーなごや2017」にTeens’Cafeと事務局にて出展してきました!

昨年もTeens’Cafeメンバーは参加し、今年も参加して自分たちの言葉で活動を紹介することや活動に必要な寄付を集めよう!ということで、参加することとなりました。
当日は、Teens’Cafeやこどもの活動紹介の他に、子どもの権利条約を知ってもらおう!と、簡単なクイズやワークショップも行いました。
21845672_2116379685256112_308028244_o.jpg

当日は生憎の天気、、、
21848961_2116380495256031_1346468023_n.jpg

ですが、通りかかる人やブースに立ち寄るに向けて積極的に自分たちの言葉で活動の紹介!
21868149_2116379655256115_598768607_o.jpg

雨の中で行われたイベントということで中々通りかかる人が少なかったですが、その中でもブースを覗いてくれる方には丁寧にお話をしていました。
21908213_2116380108589403_1721548156_o.jpg

今年の出展でも、活動紹介からたくさんのご寄付をいただくことができました。
いただきました寄付は、Teens’Cafeにて子どもたちの活動に使わせていただきます。
ありがとうございました!
DSC_1082.jpg
posted by 青野 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Teens Café

【お知らせ】新規職員募集!

こんにちは、こどもNPO事務局です。

こどもNPOでは、
@児童館職員
A学習支援・居場所づくり事業職員
B子育てコンシェルジュ
の3つの職種で職員を募集しております。

子どもたちに寄り添いながら、主体性を大切にした活動ができるようサポートしてください。
何事にも一生懸命取り組み、向上心があり、子ども好きで体力がある方、ご応募お待ちしております。
求人条件等詳細はこちらをご覧ください。

ご応募、お待ちしております!
posted by 青野 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局

2017年09月21日

【中川児童館】なかがわ探検隊の報告です★

なかがわ探検隊の報告です★

地域で働く様々な大人に会いに行って、
「仕事」、「役割」についてインタビューしました。それをもとに、『自分の役割』について考え、
『みんなが役割を担える世界』を創造しました!

1、いろいろなおとなに会いに行こう!

@洋菓子屋フィレンツェへ!工場見学や店舗を通じて、
お菓子屋さんの舞台裏をのぞき、社長へのインタビューでは、
役割について知ることができました。
DSCF1060.JPG

Aエコパルなごや(名古屋市環境学習センター)へ!
森の働きや生き物の食物連鎖の役割を学習。
職員さんは環境保護の推進という役割を担っている人たちでした。

DSCF1290.JPG

Bジャパンアフリカトラスト北瀬さん&アフリカの留学生7名と
マンカラ(アフリカの遊び)や「Englishで豆腐づくり」で交流。
文化交流で世界を繋いている役割について知りました。

DSCF6056.JPG

2、自分の「役割」について考えよう
「自分の役割」を考える自分発見のワークショップを実施!
一人ひとりオリジナルの名刺を作成し、
それを使って自己紹介や名刺交換の体験もしました。

3、世界をつくろう!
どんな世界にしたいかイメージして世界地図を作成。
「ヲタ芸の世界」「全てが無料のリサイクルの世界」など独創的な世界が誕生!

なかがわRPGまつりにつづく・・・・
2017年9月23日、24日に開催!
ぜひお越しください!
posted by 青野 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館

2017年08月31日

【Teens’Cafe】ユース会議を行いました〜!

8月27日にTeens’ Caféユース会議を行いました。
今回は、サマーセミナーの振り返りと今後の活動内容についての話し合いを行いました。

7月にあったサマーセミナーの振り返りでは、
「高校生以外を対象としたことが初めてで緊張していた!」
「もっと話したいのに時間が足りない〜」
といった感想が出されました。

その他にも、
「自分がワークショップを主催する側になることは初めてだったけれど、どのようにしたら参加者が話しやすくなるか試行錯誤しながらやっていた」
といった発言もありました。
今後につなげていくために何をしたら良いのかを含め、当日を思い出しながら振り返りを行いました。

今後の活動としては、
9月16日に栄で行われる「環境デーなごや」でのブース出展、
12月2〜3日に信州にて行われる「子どもの権利条約フォーラム」
への参加を予定しています。
次回10月のミーティングでは、子どもの権利について学び、フォーラム参加に向けた準備をしていく予定です。
現在もメンバーを募集しておりますので、興味のある方はぜひお問合せくださいね♪

今後の活動もお楽しみに!
posted by 青野 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Teens Café