CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

鑑賞例会 スケジュール一覧 案内・イベント告知 鑑賞例会レポート 体験活動 スケジュール一覧 案内・イベント告知 体験活動レポート
kifu_sideber.jpg
カレンダー.jpg カレンダーはこちらから
子どもステーション山口とは 会員サービス 入会するには 保育スタッフ派遣 よくある質問 イエローレシート 事務局はこちら
最新記事
メニュー
MCF.jpg
akaihane.jpg
melci.jpg
リンドヴルムマーク.jpg
最新コメント
検索
http://blog.canpan.info/kodomo_s_y/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kodomo_s_y/index2_0.xml
このサイトは認定NPO法人こどもステーション山口(旧・山口おやこ劇場)の公式ブログです


●生の舞台・いろいろな遊び・いろいろな人…出会いの中で子どもたちの心がいっぱい動くことを願って活動しています。
★被災により山口に避難しておられるみなさんへ 子どもたちに舞台芸術に出会う機会を無料で提供します。どうぞ遠慮なく事務局までお申し出ください。

kingyo_o.jpg arabian.jpg YA102_1.jpg 2018lief.jpg

★丁合作業ボランテイア募集! 5月17日(月) 9:00〜 やまぐち県民活動支援センターにて
(総会資料 印刷後のホッチキス留めなどの簡単な作業です)

nikki.jpg always new ! 事務局日記、ほぼ毎日更新しています!
高学年コース鑑賞例会「にんじん」 [2017年11月15日(Wed)]

佐々木梅治 芝居一人語り
 に ん じ ん
ジュール・ルナール原作 〜心を閉ざした家族の愛と再生の物語〜

3月25日(日) 18:30開演 19:00開場
山口市民会館 小ホール
ninjin_omote3.jpg
料金:全席自由・未就学児入場不可 
   前売 一般2,500円 25歳以下2000円 当日は各500円UP
   any会員2200円(1会員4枚まで。当日は割引の対象外)
   こどもステーション山口会員 会員券配布 
チケット発売日:1月13日(土)10:00~
チケット予約: 山口市文化振興財団チケットインフォメーション (山口情報芸術センター内) 
       http://www.ycfcp.or.jp/ TEL083-920-6111
プレイガイド:山口市民会館・山口情報芸術センター・CS赤れんが・山口井筒屋・文榮堂山口大学前店・こどもステーション山口 事務局 
託児サービス:子ども一人につき500円。 2人目から300円。
       3/16(金)までに要・申し込み

大人は迷う。子どもはとまどう。
親とは−、子とは−、家族とは−。
心を閉ざした家族の愛と再生のものがたり。
木立グレー.jpg

にんじん―。髪の毛が赤くてそばかすだらけの男の子は
みんなからそう呼ばれている。
あだなをつけたのはお母さんだ。
にんじんは母のいじわるにも負けずに成長してゆく。

120年以上も前に書かれた不朽の名作に、
佐々木梅治の一人語りが
いま、息を吹き込むー。

【佐々木梅治 プロフィール】
1945年 北海道置戸町生まれ。
1963年 立命館大学卒業。
1973年 劇団民藝入団。古典劇から現代劇まで幅広い役を演じている。宇野重吉一座の九州公演中、宇野の代役で「三年寝太郎」を務める。「夜明け前」「子午線の祀り」「山神様のおくりもの」など、外部出演も多数。特に2003年から取り組んでいる井上ひさし作「父と暮らせば」の一人語りは、昨年までで193ステージを数えている。その他声優としても「チャングムの誓い」(トックおじさん)、「コールドケース」(ボス)、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「イ・サン」「アグリーベティ」にレギュラー出演するなど、役柄によって多彩な声を聞かせている。

umeji.jpg
人間が人間ときちんと生きていく”この単純なことを東日本と熊本大震災が改めて教えてくれた気がします。
心閉ざしている家族が、その絆を取り戻そうとする「にんじん」の物語は、きっとみなさんの心の栄養となることでしょう。 (佐々木梅治)
Posted by こどもST.スタッフ at 11:30 | 舞台鑑賞案内 | この記事のURL | コメント(0)
低学年・高学年コース合同鑑賞例会「マリンバコンサート」 [2017年11月01日(Wed)]

・・どんな音色なんだろう? 知らないってワクワクする・・
マリンバ・カンパニー、6人の奏者が、対象年齢別に二つのステージをお届けします!

marinba.jpg marimba1.jpg marimba2.jpg
   ↑クリックするとチラシの表裏がご覧になれます。

はねるマレット うたうマリンバ
〜4才から高校生・おとなまで、マリンバの魅力をたっぷりと

日 時:2017年12月16日(土)18:30開演 18:00開場(上演時間90分)
会 場:山口県教育会館ホール

■料 金:全席自由・4歳以上有料 一般3000円  当日3500円
      こどもステーション山口会員 無料 入会のご案内はこちら!
■プレイガイド:山口県教育会館・山口市民会館・山口情報芸術センター・CS赤れんが・山口井筒屋・文榮堂大学前店・サンパークあじす・アスピラート・ こどもステーション山口事務局
■託児サービス 12/8(金)までに要・申込み。利用料:子ども1人につき500円


0才からの音楽会
~3才までのお子さんにもやさしい音色を届けます~

日 時:2017年12月17日(日)11:00開演 10:45開場(上演時間30分)
会 場:C・S赤れんが ホールU

■料 金:全席自由・1歳以上有料
     親子ペア3000円 おとな2000円 子ども1500円  当日券は各500円アップ
     こどもステーション山口会員 無料 入会のご案内はこちら!
     ※4才以上の子どもは入場不可
■プレイガイド:山口市民会館・山口情報芸術センター・CS赤れんが・山口井筒屋・文榮堂大学前店・サンパークあじす・アスピラート・ こどもステーション山口事務局

◆  ◆  ◆

マリンバ・カンパニーがマリンバ、トロンボーン、パーカッションをつかって
子どもの年齢にふさわしい、二つのコンサートをお届けします。
楽しいお話で進むコンサートは聴いて美しい! 観て楽しい!
実際よりも多い人数で弾いているような 広がりのある優しい響きを体感できます。
今だからこそ、「アコーステイック」な響きを!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

想像もしなかった音色、見たこともないパフォーマンスなど、
コンサートで感じたことが子どもたちの探究心を刺激し、
あらたなチャレンジに結びつくように願っています。

何よりも大切なこと、
それは鑑賞会のあと音楽が好きになり、笑顔で元気になること。
子どもたちだけではなく、大人の方にも楽しんでいただけます。
                 マリンバ・カンパニー 代表 村井克弘
Posted by こどもST.スタッフ at 09:35 | 舞台鑑賞案内 | この記事のURL | コメント(0)
アウトメディア推進事業 親子講座 参加者募集中! [2017年10月30日(Mon)]

(公財) 河村芳邦青少年育成財団 助成

【アウトメディア推進事業】     親子講座 参加者募集!
メディアに頼らない子育て
〜こんなコミュニケーションが子どもを育てる!〜

board_g.jpgゲームやパソコンなど、子どものメディアへの長時間の接触が問題になっています。
そのことが子どもの生活習慣や体力、学力、コミュニケーション能力などに及ぼす影響を考えると見過ごすことはできません。
大人の暮らしには今や必要不可欠となった電子機器ですが、子どもとの暮らしを考えるとさまざまな工夫が必要です。

たとえば電子ゲームではなくアナログゲーム。
親子で遊ぶボードゲームの”意外な効用”は目からウロコです。


この講座では、そんなゲームも楽しみながら、子どもと親、人と人とのコミュニケーションを育むことの大切さなどを学びます。
どうぞ、親子でお気がるにご参加ください。

2017年12月2日(土)10:00〜12:00
会場:大殿地域交流センター 講座室(2F)
講師:山本千恵子さん

募集対象:小学校低学年の子どもとその保護者 20組
     ※定員になり次第、締切ります
     ※一般成人で関心のある方の参加も受け付けます。(10人まで)
参加費:無 料
申し込み方法:住所、氏名、子どもの学齢、電話番号を明記の上、
       FAX、メール、郵送にてお申し込みください。電話も可。
託児サービス:子ども一人につき500円。11/24(金)までに要申し込み。

 [講師プロフィール]
   医師
   CAPスペシャリスト
   NPO法人子どもとメディア認定市民インストラクター
   デートDV防止講座ファシリテーター
  [現在の活動]
   2008年〜 CAPうべ代表
   2008年〜 子どもとおとなの信頼関係づくりアドバイザーズうべ代表
   2011年〜 宇部市教育委員会の委託を受け、市内小中学校でCAPプログラムを
   実施しているほか、子どもの人権が保障され子どもへの暴力のない社会を目指して
   様々な暴力防止に関する活動を行っている。


こどもステーション山口は、子どもたちが心ゆたかな子ども時代を過ごせるように、芸術や文化との出会いの場をサポートしています。また、子どもにとって仲間と思い切り遊ぶことが、成長にとってなくてはならないものと考え、メディアとの過度な接触に警鐘を鳴らしています。今回のアウトメディア推進事業は、メディアを一概に否定するものではなく、子どもたちのコミュニケーションの力がゆたかに育まれることを目指してすすめています。
Posted by こどもST.スタッフ at 09:07 | 体験活動案内 | この記事のURL | コメント(0)
高学年コース鑑賞例会 KOYOマイムライブ2 ! ~かかしになるために〜 [2017年10月01日(Sun)]

遊びごころ満載のショートストーリー、マイムってこんなに面白い!
 KOYOマイムライブ 2!
〜かかしになるために〜

10月29日(日) 19:00開演 18:30開場
ニューメディアプラザ山口 多目的シアター


料金:全席自由・未就学児入場不可 前売2,500円 当日3,000円
   こどもステーション山口会員 無料 
託児サービス:子ども1人につき500円。10/20(金)までに要予約。
プレイガイド:山口市民会館・山口情報芸術センター・CS赤れんが・山口井筒屋・文榮堂山口大学前店・サンパークあじす・アスピラート・こどもステーション山口事務局

koyo.jpg
 雨が降っていても
 風が吹いても
 かかしは一人ポツンとたっている
 畑にくる誰かを
 笑わせようとしている
 いつも一生懸命だから
 それが
 おかしかったり
 悲しかったり・・・




↑クリックするとチラシの表裏がご覧になれます。


yosioka.jpg tunahiki.jpg kml2005.jpg kakashi060203[1].jpg

山本光洋/プロフィール
大学在学中に演劇に関わり、卒業後渡米。ニューヨークのモニ=ヤキムパントマイムシアター、ポリッシュマイムスクールで3年間マイムの基礎を学ぶ。帰国後、舞踏家・ 田中泯主宰の「舞塾」で舞踏を学ぶ。1989年より、渋谷ジァンジァンや銀座小劇場など、小劇場を中心に、KOYO MIME LIVEを展開。シャープな動きと独特の視点で生み出す作品が好評を博す。

1991年よりむごん劇カンパニー「イメージCINEサーカス」にレギュラー出演。また、 大道芸人としても大道芸World Cup in 静岡、野毛大道芸フェスティバルなど、全国のイベントやフェスティバルなどで活躍。1997年イギリス・エジンバラ国際演劇祭では2週間のフリンジ公演を行い、地元マスコミで4つ星と評される。1999年より小島屋万助、本多愛也と共にパントマイムユニットTORIOを結成、全国の市民劇場や学校公演などで公演を重ねている。近年では、オペラ、ダンス、演劇との共演など活動の場を広げている。2000年よりかもねぎショット『ダブルス』シリーズに客演、2003年、ミステリヤ・ブッフ@神奈川県民ホールギャラリー、カバレットチッタVol.3@クラブチッタ川崎に出演。東京都ヘブンアーティスト登録者。
Posted by こどもST.スタッフ at 16:59 | 舞台鑑賞案内 | この記事のURL | コメント(0)
 YA!vol.101 リニューアルしました! [2017年09月30日(Sat)]

広報紙YA! 101号、リニューアルしました!

YA101hyosi.jpg YA!がカラー版になって3年が経ちました。
「子どもたちの活き活きした様子は大きな写真で見たいね」ということで
 表紙は写真を大きくし、紙面をリニューアルしました。

1-2ページは「自然の中で遊んでますか?」
 自然の中には、ワクワクも感動もいっぱい。
 今号の表紙は、吉敷ブロック会でのデイキャンプの様子です。
 子どもたちは、丸々一日川からあがってこない程、川遊びに夢中。
 自然遊びは、昔も今も子どもたちを夢中にさせるようです。

3ページ「子どもたちの体験と活躍がすてき!」
 7月に各地域でみんなでみた「あっちこっちdeアート」など様々な活動の様子を集めました。
 子どもたちはどんなことを思ったのかな?

↑クリックすると全ページを読むことができます。

公共施設には順次配置していきますので、一般の方もぜひ手にとってご覧ください。
Posted by こどもST.スタッフ at 15:46 | 広報紙YA! | この記事のURL | コメント(0)
「ケロポンズ わくわくコンサート」座席指定について [2017年09月22日(Fri)]

低学年コース鑑賞例会 3/3(土) 16:00〜18:00 山口市民会館 大ホール
「ケロポンズ わくわくコンサート」 入場方法について

★この鑑賞例会は、全席指定席です。当日までに座席指定の予約をしてください。
★会員さんには[指定席引換券]をお渡ししています。
 必ず座席指定をして、指定席券でご入場ください。
 指定席券がお手元に届いたら、引換券は不要になりますので廃棄してください。
●のりいれ参加希望の方も、指定座席指定が必要です。のりいれ券は通常どおり1300円です。
●託児サービスを利用される場合、2/23(金)までにお申し込みください。

座席指定について
●山口市文化振興財団と共催事業のため、会員用の指定席が限られています。ご了承ください。
●お知り合いの会員の座席も、一緒に予約できます。お名前・座席数を確認し、ご予約ください。
●のりいれでの参加の方、家族招待券を利用して参加される方も指定券が必要です。
●会員でない方を同伴される場合は、会員の座席を予約するとき、事務局で一般券を購入または、ご予約いただくと、隣り合わせの席をおとりすることができます。
一般前売券は3,500円です。会員の家族の方はその1割引になります。

 座席指定の予約方法
●なるべく電話または来局での予約をお願いします。電話の場合、お配りしている座席表をお手元にご用意いただくと、スムーズに対応できます。座席表白枠の列・座席番号を、ご指定ください。
●FAX、メールでも予約を受け付けますが、ご希望に添えない場合があります。ご了承ください。
 
 座席指定の受付け開始 
12/20 (水) 10:00〜
●受付開始直後の電話予約は、大変混雑すると思いますが、根気強くおかけ直しください。
以後、土・日・祝日(年末年始12/25〜1/8)を除く10:00〜17:00の間、受付けています。

 チケットのお渡し
●チケットのご用意が出来次第、随時お渡し、または郵送いたします。当日までにチケットが受け取れなかった方は、「当日受付」にて、お渡しいたします。[指定席引換券]をお持ちください。

◎座席指定用の客席図はこちら(1/29更新)
※客席図の白い席が空いている席です。随時、空席状況を更新します。
Posted by こどもST.スタッフ at 10:35 | 会員さんへのお知らせ | この記事のURL | コメント(0)
「ある精肉店のはなし」晴れやかにいのちについて想いを馳せた… [2017年08月29日(Tue)]

8月26日(土)、「8月のLove&Peace」を兼ねて行った「ある精肉店のはなし」上映会。
ニューメディアプラザ山口にて14時と19時、2回の上映でした。

IMG_3639.JPG IMG_3649.JPG

登場する北出家では牛を飼育から屠畜解体、精肉して販売までを手掛け、
その皮はだんじり太鼓へと姿を変えて、牛の命を余すことなく活かしてきました。
また、7代続いた北出家では被差別部落としての歴史も永く重く引き継がれてきていました。
けれどもそんな負の時代の流れに引きずられることなく、
地域や家族を変えてきた、変わってきた、そんな前向きな北出一家は
どんな時にも仲良く、明るく賑やか。
屠畜場の閉鎖に伴って、最後の屠畜をされた後も
一家のみんなが生きる自信にあふれてすがすがしい表情をされていたのが印象的でした。

IMG_3621.JPG IMG_3635.JPG









衝撃的なシーンもありましたが、最後まで見終えた時に、
「いのちを食べていのちは生かされ、いのちは生きる」という、
大切なことに気づくことができました。

  「はじめは、気持ち悪いとか わるいイメージだったけど、
   見ていくうちに、なぜそういうシーンを見せたのか分かりました」
   …という、10代の男子の感想がありました。

この映画を見た方は、きっと「いただきます」「ごちそうさまでした」に、
今まで以上に気持ちがこもるのではないでしょうか。

当日券を買って観られた方も多く、注目度の高い作品だと感じました。
Posted by こどもST.スタッフ at 11:37 | イベント・鑑賞例会レポート | この記事のURL | コメント(0)
雨をふっ飛ばした子どもキャンプ、楽しかった〜!! [2017年08月07日(Mon)]

こどもキャンプ、8月9日〜11日、夏木原キャンプ場(萩市)において
中高生達リーダーを中心に、小学生17人と元気に行ってきました。

一日目、集合からあいにくの雨。
けれど、子どもたちは、雨でも、みんなと過ごせるワクワクの3日間の
始まりで元気いっぱい。

キャンプ場横の部屋にて、工作や、全体遊びで過ごしました。
工作は、キャンプファイヤーで、燃やしてしまうものですが、
それぞれ班ごとに、テーマを決め趣向を凝らしてそれぞれ熱中。

img_0.jpg

まき割り、火おこし、飯盒炊飯などなど、自然の中でする初めての体験。
img_1.jpg img_2.jpg

2日目、晴れ。
山の中は、涼しい〜.
みんなで長縄。

今回、初、リーダー達がこだわった「カレーの具材をかけた手作り神経衰弱」
ペアの具材を見つけた班に、夕飯のカレーの具材がもらえます。
「ぎゅうにく」はやっぱり一番人気!
絶対あてるぞー!とどの班も、楽しく真剣・・・・。
img_6.jpg

夜のキャンプファイヤーは、ちょっとわくわく。
img_3_m.jpg

3日目、晴れ。   
自分達で張ったテントの中で、眠れる楽しさ。
よく眠れた子もいれば、早起きした子も。

昨日やって楽しかった長縄を、3日目は全員で!
そのあと、川遊び。かにや、魚がちらほら。山の水って冷たい〜
img_4.jpg img_5_m.jpg

あっという間の3日間。大きなけがもなく、みんな元気に
楽しく過ごせました。

中高生のリーダー達、3日間、お疲れ様。
班をまとめるリーダー達の背中が日に日に大きく感じました。

このキャンプにかけつけてくれた2人の青年たちの協力も嬉しかったし、
頼もしかったです。
また、来年も元気に会いましょう。
img_7.jpg
Posted by こどもST.スタッフ at 15:24 | イベント・鑑賞例会レポート | この記事のURL | コメント(0)
あっちこっちdeアート2017 [2017年06月18日(Sun)]

あっちこっちdeアート2017・・今年は2作品を上演!
あなたがうまれるまで
ゆらとまぁばあちゃん
赤い羽根共同募金「県域」テーマ募金助成事業

二つの作品はどちらも”いのち”のすばらしさをうたいあげながら、
クスッと笑えて、じんわり心にひびく、そんなすてきなおはなし。
3才くらいから楽しめます。

あっち2017_1p_web用.jpg《チケット》
1作品 一般1000円 親子ペア1800円
   こどもステーション山口会員=無料
※3歳以上有料 当日券は200円UP
※吉敷地区にお住いの方は別料金チケットがあります。
 詳しくは吉敷地域交流センターまでお問い合わせください。
《チケット販売所》
山口市民会館・山口情報芸術センター・ CS赤れんが・山口井筒屋・文榮堂大学前店・サンパークあじす・松永ピアノ(小郡)・こどもステーション山口事務局





人形劇 あなたがうまれるまでanauma_web.jpg ひつじのカンパニー
同時上演:「きらいきらい、ちょっとスキ!」

7月15日(土) 14:30〜 吉敷地域交流センター
  16日(日) 13:30〜 ふしの会館 集会室
※開場は上記開演時間の各15分前。上演時間75分。


原作      ジェニファー・デイビス(小学館)
脚色・演出   北村直樹・つげくわえ
美術      ごうどやすこ
音楽      河合正雄(音楽劇団てんてこ)




あと9かげつ  ぼくはまだまめつぶだったあなうま.jpg
あと8かげつ  ぼくのおしりにしっぽがはえた
あと7かげつ  しんぞうのおとドッキン
あと6かげつ  ママのおなかでうちゅうゆうえい
あと5かげつ  きんにくもりもり!
あと4かげつ  おどってはねてダンスダンス!
あと3かげつ  ぼくおおはしゃぎ!
あと2かげつ  どんどんおおきくなってきた
あと1かげつ  もうすぐあえるね
あとチョット  いよいよしゅやくのでばんです
ぼく、うまれるよ!
ママのお腹の中で育っていく子どもと、親として育っていく
パパとママのミラクルストーリー。




舞台劇 ゆらとまぁばあちゃんyurama_web.jpg アフタフバーバン
〜おばあちゃんの記憶〜

7月21日(金) 18:00〜 吉敷地域交流センター 
  22日(土) 11:00〜 小郡地域交流センター
       16:00〜 平川地域交流センター
  23日(日) 10:30〜 大殿地域交流センター
      16:30〜 大内地域交流センター
※開場は上記開演時間の各15分前。上演時間60分。


作・演出  北島尚志
演出・出演 さとうりつこ・木内里美


おかしいな、まぁばあちゃんの記憶がなくなったみたい…yuratoma.jpg
ゆらはまぁばあちゃんといっしょに記憶をとりもどすたびに出ます。
たびのとちゅうで、会場のみんなとゆかいなやりとりをします。
ゆらとまあばあちゃんとみんなの知恵で
おはなしがとてもたのしく進んでいきます。

Posted by こどもST.スタッフ at 14:33 | 舞台鑑賞案内 | この記事のURL | コメント(0)
8月のLove&Peace2017「ある精肉店のはなし」上映会 [2017年06月17日(Sat)]

8月のLove&Peace2017
ある精肉店のはなし
〜いのちを食べて いのちは生きる〜
監督:纐纈あや監督 プロデューサー:本橋成一 製作:やしほ映画社、ポレポレタイムス社

*釜山国際映画祭 ワイドアングル部門正式出品作品 
*山形国際ドキュメンタリー映画祭 日本プログラム部門正式出品作品
*平成26年度文化庁映画賞 文化記録映画大賞受賞 
*第5回辻静雄食文化賞 受賞
*第87回キネマ旬報文化映画ベストテンの第2位

牛の飼育から屠畜解体まで、
いのちが輝いている、
前代未聞の優しいドキュメンタリー。 
…鎌田慧(ルポライター)


2017年8月26日(土) @14:00 A19:00 
ニューメディアプラザ山口 

seinikuten_web.jpg※高学年コース鑑賞例会を兼ねています。
 ■ 料 金:全席自由   
 一般1800円 小学生〜18歳1000円 
  ※当日はいずれも200円UP  
 こどもステーション山口会員 無料
 ■ チケット発売:6月26日(月)〜
 ■ プレイガイド:山口市民会館・山口情報芸術センター・CS赤れんが・山口井筒屋・サンパークあじす ・ こどもステーション山口事務局
 ■ 託児サービス:子ども1人につき500円 こどもst山口会員 無料。
 8/21(月)までに事務局まで要・申込み



 ←クリックするとチラシの表・裏がご覧になれます

大阪貝塚市での屠畜見学会。seiniku_sanpo.jpg
牛のいのちと全身全霊で向き合う
ある精肉店との出会いから、この映画は始まった。
家族4人の息の合った手わざで牛が捌かれていく。
牛と人の体温が混ざり合う屠場は、熱気に満ちていた。

店に持ち帰られた枝肉は、
丁寧に切り分けられ、店頭に並ぶ。
皮は丹念になめされ、
立派なだんじり太鼓へと姿を変えていく。

家では、家族4世代が食卓に集い、いつもにぎやかだ。
家業を継ぎ7代目となる兄弟の心にあるのは
被差別部落ゆえのいわれなき差別を受けてきた父の姿。
差別のない社会にしたいと、地域の仲間とともに部落解放運動に参加するなかで
いつしか自分たちの意識も変化し、地域や家族も変わっていった。seiniku_taiko.jpg
2012年3月。
代々使用してきた屠畜場が、102年の歴史に幕を下ろした。
最後の屠畜を終え、北出精肉店も新たな日々を重ねていく。

いのちを食べて人は生きる。
「生」の本質を見続けてきた家族の記録
Posted by こどもST.スタッフ at 11:54 | 舞台鑑賞案内 | この記事のURL | コメント(0)