CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人形作りワークショップ 〜スポンンジでこんなに楽しい人形が! | Main | あっちこっちdeアート2017»
鑑賞例会 スケジュール一覧 案内・イベント告知 鑑賞例会レポート 体験活動 スケジュール一覧 案内・イベント告知 体験活動レポート
kifu_sideber.jpg
カレンダー.jpg カレンダーはこちらから
子どもステーション山口とは 会員サービス 入会するには 保育スタッフ派遣 よくある質問 イエローレシート 事務局はこちら
最新記事
メニュー
MCF.jpg
akaihane.jpg
melci.jpg
リンドヴルムマーク.jpg
最新コメント
検索
http://blog.canpan.info/kodomo_s_y/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kodomo_s_y/index2_0.xml
8月のLove&Peace2017「ある精肉店のはなし」上映会 [2017年06月17日(Sat)]

8月のLove&Peace2017
ある精肉店のはなし
〜いのちを食べて いのちは生きる〜
監督:纐纈あや監督 プロデューサー:本橋成一 製作:やしほ映画社、ポレポレタイムス社

*釜山国際映画祭 ワイドアングル部門正式出品作品 
*山形国際ドキュメンタリー映画祭 日本プログラム部門正式出品作品
*平成26年度文化庁映画賞 文化記録映画大賞受賞 
*第5回辻静雄食文化賞 受賞
*第87回キネマ旬報文化映画ベストテンの第2位

牛の飼育から屠畜解体まで、
いのちが輝いている、
前代未聞の優しいドキュメンタリー。 
…鎌田慧(ルポライター)


2016年8月26日(土) @14:00 A19:00 
ニューメディアプラザ山口 

seinikuten_web.jpg※高学年コース鑑賞例会を兼ねています。
 ■ 料 金:全席自由   
 一般1800円 小学生〜18歳1000円 
  ※当日はいずれも200円UP  
 こどもステーション山口会員 無料
 ■ チケット発売:6月26日(月)〜
 ■ プレイガイド:山口市民会館・山口情報芸術センター・CS赤れんが・山口井筒屋・サンパークあじす ・ こどもステーション山口事務局
 ■ 託児サービス:子ども1人につき500円 こどもst山口会員 無料。
 8/21(月)までに事務局まで要・申込み



 ←クリックするとチラシの表・裏がご覧になれます

大阪貝塚市での屠畜見学会。seiniku_sanpo.jpg
牛のいのちと全身全霊で向き合う
ある精肉店との出会いから、この映画は始まった。
家族4人の息の合った手わざで牛が捌かれていく。
牛と人の体温が混ざり合う屠場は、熱気に満ちていた。

店に持ち帰られた枝肉は、
丁寧に切り分けられ、店頭に並ぶ。
皮は丹念になめされ、
立派なだんじり太鼓へと姿を変えていく。

家では、家族4世代が食卓に集い、いつもにぎやかだ。
家業を継ぎ7代目となる兄弟の心にあるのは
被差別部落ゆえのいわれなき差別を受けてきた父の姿。
差別のない社会にしたいと、地域の仲間とともに部落解放運動に参加するなかで
いつしか自分たちの意識も変化し、地域や家族も変わっていった。seiniku_taiko.jpg
2012年3月。
代々使用してきた屠畜場が、102年の歴史に幕を下ろした。
最後の屠畜を終え、北出精肉店も新たな日々を重ねていく。

いのちを食べて人は生きる。
「生」の本質を見続けてきた家族の記録
Posted by こどもST.スタッフ at 11:54 | 舞台鑑賞案内 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント