CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
HPと活動別ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

静かな一日… (04/26) とだ
「この人にインタビュー」第1回 (04/06) はちくぼまりこ
きょうの0−3 (01/20) ファービー
きょうの0−3 (01/17) お茶会のあるじ
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/17) 村石太マン 愛知県発
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/16) はちくぼまりこ
カプラの日 (11/05) はちくぼまりこ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) さいとうまゆママ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) うめちゃん
のびのび@ら〜にんぐ「ニガテじゃないっ!」 (10/30)
きょうの0−3 [2011年03月30日(Wed)]

太陽今日は、みんなであそぼう「感覚あそび」の日でした。



おにぎりお昼のお弁当があんまり可愛いので写させてもらいました。


笑顔いろんな物にさわってみたよ!










葛下・岡山
Posted by こどものひろば at 15:58 | 0-3日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
[自由帳] 巨大とび出す絵本 [2011年03月27日(Sun)]

今日はこども生活支援センターで巨大とび出す絵本作りをしました笑顔



最初にスタッフが作り方を説明し、子どもたちにどんなのを作りたいか考えてもらいましたびっくり

考えられた子どもから、好きなポーズで写真を撮りました音符


もちろんスタッフも子どもの要望の応えて様々なポーズで写真をとりましたカメラ


写真や色画用紙、折り紙、ペン等を使って、8つ切りの紙に貼ったり、塗ったりしました笑い
ストーリを考えて作る子やプレゼントに作る子など様々でしたびっくり
どの子どもも真剣な表情で作っていました音符




最後に自分の作った絵本を発表して、終わりました笑い音符



次は4月17日に[のぞこう!両手いっぱい七色の夢 万華鏡作り]をしますびっくり


世界に1つだけの自分の万華鏡を作ってみませんか?


日時:4月17日
    午前の部 10時〜12時
    午後の部 14時〜16時
募集人数:各10名程度
対象年齢:小学1年生〜中学3年生
参加費:1000円
場所:NPO法人山科醍醐こどものひろば




お申し込みはNPO法人山科醍醐こどものひろばまで笑顔
TEL 075-591-0877
E-mail kodohiro@gmail.com
(お申し込みはTEL・E-mailで!)


募集しめ切りは4月9日17時まで。



自由帳 藤田


Posted by こどものひろば at 18:24 | 活動レポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
創作劇ワークショップ [2011年03月26日(Sat)]

こんにちは。ひがっちです笑顔
今日は、山科醍醐こどものひろば創作劇のワークショップの見学に参加してきました!!
久しぶりに会うメンバーもいたら、初めて会うメンバーもいて、新鮮な感じでワークショップを見させてもらいましたドキドキ小
最初は体操からスタート↓




次に体を動かしたワーク↓飛び跳ねてるよ〜





今日は第1回のワークショップです。あと4回のワークショップでどんなことをするのかな?
すごく楽しみです笑い

山科醍醐こどものひろば創作劇ワークショップ編はまだまだ参加者募集中です☆
興味のある方はお気軽にお問い合わせ・お申し込みください(^−^)/
Posted by こどものひろば at 17:40 | 活動レポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
きょうの0−3 [2011年03月25日(Fri)]

笑顔今日は、午前中、今中先生の食育相談の日でした。いちご日頃のママ達の悩みや迷ってることなど、お聞き頂いて、ママ達は、笑顔になられ元気になられてました。


子ども達もママ達も、あそびやおしゃべりが楽しそうでした。チューリップ


ハート東京に行かれるKさんが今日で最後なので、皆さんに、よろしく。とのことでした。


車新しいお友達も来てくれました。



葛下





Posted by こどものひろば at 15:06 | 0-3日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日の0−3 [2011年03月24日(Thu)]

カメラひろばお茶会は、げんきスポット(2階)でしています。記念写真を撮りました。


ハートガトーショコラケーキと紅茶をいただきました。おいしいと好評でした。


笑顔お母さん方が、ほっこりしている間、子どもたちは、おもちゃであそびました。


赤ちゃんあかちゃんたちもほっこりしたのかスヤスヤ眠っちゃいました、!


音符最後のグループの方たちでした。ご参加ありがとうごがいました。




岡山




Posted by こどものひろば at 14:01 | 0-3日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新たに震災で避難してきた子どもも受け入れます! [2011年03月24日(Thu)]

定例の報告を前に緊急報告です。
「こども生活支援センター」で行っている
【子どもの貧困対策事業】では、
従来の生活困窮・養育困難家庭に加えて
今回の大地震で被災した
子どもたちを支援する活動をはじめました。

と言っても被災地の子どもたちを支援するのではなく
被災して京都(滋賀)に避難してきた子どもたちを
「トワイライトステイ」で受け入れます。
とりあえず今のマンパワーで対応できる
4名の枠をこの被災して避難してきた子どもの
ために空けておくことにします。

詳しくは、のびのびブログの
震災から避難してきた子どもも受け入れます!
を参照してください。

この受け入れについては昨日の京都新聞受け入れ情報
にも紹介されています。
さらに今日の13時からKBS京都ラジオの番組で
幸重理事長が取材を受けます。
そして来週はテレビの取材が入っているということで
かなりの期待と注目を浴びているようです。

ただ問題は受け入れをしても
子どもたちの食費、入浴料などの生活費用と
会場であるこども生活支援センターの維持費、
マンツーマンでサポートする学生さんの交通費など
活動にかかる経費を全て寄付でまかなっているので
子どもたちを受け入れるにしても寄付が
全く足りていません。
4名の子どもを3ヶ月利用してもらうためには約20万円が
必要になってきます。
ということでこの記事を読んだみなさん
それぞれの気持ちで結構ですので、寄付をお願いします。

子どもたちが活動する「こども生活支援センター」での受付と
安心と信頼の京都地域創造基金「事業指定寄付を使って
寄付してもらっても結構です。

みなさんの支援がなければこの活動を
避難してきた子どもたちに届けることも出来ません。
みなさんのご支援をお待ちしております。

(事業担当者:幸重)
自由帳2011年もの創り企画第3弾〜巨大とびだす絵本づくり〜 [2011年03月22日(Tue)]

こんにちは。自由帳のが〜ひ〜です笑い

自由帳企画第3弾巨大とびだす絵本づくり本の参加者募集〆切が明日まで延びました!!!
午前・午後ともにまだまだ参加は可能なので、ぜひぜひ参加してね〜(^−^)
以下詳細↓

自由帳2011年もの創り企画第3弾〜巨大とびだす絵本づくり〜

日時:3月27日(日)
    午前の部:9:00〜12:00
    午後の部:13:00〜16:00
定員:各10名程度
対象:年長さん〜中学3年生
参加費:500円
場所:山科醍醐こどものひろば こども生活支援センター
   (愛生会病院裏)
応募締切:3月23日17:00まで
申し込みお問い合わせは 山科醍醐こどものひろば まで
(電話・E-mai・FAX でお申し込み下さい)

申し込みチラシPDF(詳細はこちら)


じぶんが絵本から飛び出すよ!!!みんなでつくってみよう星

(が〜ひ〜)
Posted by こどものひろば at 17:19 | 活動レポート | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
18.13年度の事業計画案(第4回理事会報告) [2011年03月21日(Mon)]

去年の今頃のブログを見ると
当然、今回と同じ内容で理事会報告が掲載されていました。
あれから1年。計画して出来たこと、修正したこと
出来なかったことがありましたが、やはり理事会で
決めたことに従って動いていた1年間だったと
しみじみ感じます。

ではさっそく第4回理事会にて
次年度のことについて話し合われたことを
ここに報告したいと思います。

◎新年度の軸となる方針
このまま何の工夫もなく参加費に頼る事業形態では、
この社会情勢の中で新年度は各事業で
ますます参加者を集めることも厳しく、
「すべての子ども」を対象にしたミッションにもそぐわない。
現在、参加費を払って活動に来る参加者層
(「こどものひろば」の活動に子どもを参加させてきた家庭)は
「子育てを考える意識が高く
経済的にも余裕がある家庭の子ども」であったことを
改めて意識し、新年度から参加したくても
出来なかった子どもや地域の人への
門戸を広げるために以下の事業方針をうちだす。

●ビジネス(社会起業)型事業を立ち上げ
 子どもや地域へビジネス的な事業を展開して
 その収益をこどものひろばの活動に
 還元するための仕組みをつくる

 ○具体的な提案
  1.「コミュニティカフェ」を商店会内にたちあげる
  2.こども生活支援センターの昼の空きスペースを
    商店会や作業所などの販売スペースにする
  3.げんきスポット2Fで「特別支援や
    生活保護世帯のための学習支援サービス」をはじめる
  4.こどものひろばのフィールドを活用し
    地域版の『子ども若者白書』を発行する

●寄付や支援者を募ることで参加費を無料や補助し
 今まで参加できなかった子どもに活動を届ける
 ※年間100万円近い寄付を集めた
 「子どもの貧困対策事業」をひとつのモデルにする。
 ○具体的な提案
  1.「事業指定寄付」を活用して全ての事業で
    寄付や支援者を集めることに努める
   (ひろばの事業全体で300万円の寄付を集める)
  2.福祉医療機構(WAM)の
    社会福祉振興助成事業(700万円)に応募する
  3.事業が支援者をつくる社会発信(実践報告)や
    ネットワーク・アウトリーチ型活動を行う

というように活動の内容は変わらないものの
組織として社会情勢を見越して大きな舵をきっていくことが
理事会として決まりました。

ちょうどこの方針が決まった直後に起こった
東北地方太平洋沖地震
被災した子どもたちがこの山科醍醐地域にも
たくさん移住してくることが予想されます。
ますます参加できない子どもや家庭にこそ
活動を届ける会(活動)に変わっていくことが
社会的にも求められています。
新年度の方針が決まったところで
残り3ヶ月活動レベルでどう工夫していくか問われています。

それからこのようなことも決まりました。

◎参加チケットの廃止
会員の中身が利用者から担い手に変わっていく中で
現在、事業での利用はほとんどないため
「参加チケット」はその役目を終える時期がきたと
判断し、次年度から廃止が決まりました。

◎公的な融資を受けること
ビジネス型事業をたちあげる運転資金として
多額のお金が必要になる。
事業立ち上げには公的な補助金を使う予定であるが
後払いになるため、どうしても運転資金が不足するので
今後も見据えて約半年という短期間
公的な融資を受けることになりました。

今回の報告について何かご意見ご質問があれば
理事まで気軽にお願いします。

(ゆっきー@幸重)
今日の0−3 [2011年03月19日(Sat)]

今日は、ぽかぽか春の陽気太陽朝から4組の親子さんがお見えになりました。カプラの時間を楽しみに、早くから来てくれた姉妹。
でも、出してからはママが必死になってお城を完成されました拍手






午後からは6組の親子さんが来られました。
お父さんと一緒に遊びました笑顔とっても楽しそう音符





午後からのカプラもママがはまっています笑い

                                           





4月のカプラの日は、16日(土)です。また遊びに来てね!!


                                             (笠原・浜崎)

Posted by こどものひろば at 14:36 | 0-3日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今日の0-3 [2011年03月18日(Fri)]

トントントントンひげじいさん〜今日は手遊び・うたの日でした。音符



太陽うたにあわせて・・・「いないいないばぁ」


ウサギウサギさんが、あんよをコチョコチョコチョ!



ハート23日(水)は、ひろばお茶会です。今回は、定員20名とさせていただきます。
ガトーショコラケーキと紅茶です。当日は、予約の方を優先させていただきます。
みなさまのおこしをおまちしております。

岡山

Posted by こどものひろば at 13:23 | 0-3日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ