CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2013年09月 | Main | 2013年11月»
<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
HPと活動別ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

静かな一日… (04/26) とだ
「この人にインタビュー」第1回 (04/06) はちくぼまりこ
きょうの0−3 (01/20) ファービー
きょうの0−3 (01/17) お茶会のあるじ
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/17) 村石太マン 愛知県発
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/16) はちくぼまりこ
カプラの日 (11/05) はちくぼまりこ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) さいとうまゆママ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) うめちゃん
のびのび@ら〜にんぐ「ニガテじゃないっ!」 (10/30)
創作劇・制作スタッフより☆ [2013年10月11日(Fri)]

事務局 はちくぼです。
先日掲載した、創作劇の制作スタッフ・小松さんのコメント。本番前日となりました本日、その続きを熱くお届けします〜るんるん

・最初、子ども達は「参加者」として、ワクワク・ルンルン・ドキドキ…本当に遠足に来たようで、ワークショップの間は半分お遊び気分で楽しんでますが(演出家も子ども達の構えのないのびのびした個性をしっかり見て台本が出来るのですが…)、稽古が始まって、少しづつ台本が上がってくると、自分が何をしなければいけないのかがだんだんわかって来て、プレ公演でお客さんの前で演技するころになると「出演者」の顔になっています。

dscf07221.jpg

そうして、自分がこの創作劇にとってかけがえのない一人だという事の自信と、周りの仲間もまたかけがえのない一人だという事。全員そろって一つのお芝居が成立するんだという自覚が、最後に「役者」となって舞台に立っている。そんな子ども達の成長に立ち会える喜びは何物にも代えがたいものです。



dscf07101.jpg

・子どもも大人も一生懸命舞台を創っています。技術的には拙いけれど、それを差し引いても余りある、パワーが創作劇の魅力です。一人一人が自分を信じ、相手を信じ、30回の稽古を積んできた自信を持って本番に臨みます。
そんなみんなに溢れんばかりの拍手を浴びてほしい!みんな胸を張って「どや顔(笑)」をしてほしい!そして、観て下さったお客様が「私も出たい!」と思ってもらいたい。「来年も観たい!」と思ってもらいたい。そのためにも一人でもたくさんの方に足を運んでもらいたいのです。


dsc_0465.jpg

・とにかく来てください!だまされたと思って来てください!きっと「誘ってくれてありがとう」と言ってもらえる自信があります。
それぞれの感性なので、一概には言えないと思うのですが、お芝居の内容もいろんな角度で感じられる深いものですし、舞台、衣装、音響、照明、全てプロの方に支えてもらって、素晴らしいものになっています。このプロの方たちも、子ども達のパワーに関わって「また今年も!」と参加して下さった方々です。



第6回 山科醍醐こどものひろば創作劇

「ビヨ〜ンド!〜エルカと仲間たち〜」


日時:10月12日(土)19時〜
   10月13日(日)13時〜

※開演の1時間前より受付開始/開場は開演の30分前です。

会場:東部文化会館ホール
http://www.kyoto-ongeibun.jp/toubu/map.php

料金:高校生以下 前売1000円(当日1200円)
   一般 前売2500円(当日3000円)

※全席自由席です。
※ひろば会員は割引があります。詳しくはお問い合わせくださいexclamation

<チケット取扱い・お問い合わせ>
電話 075−591−0877
メール kodohiro@gmail.com


(事務局 はちくぼまりこ)
| 次へ