CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« チャリティサロン | Main | メディア掲載»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
HPと活動別ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

静かな一日… (04/26) とだ
「この人にインタビュー」第1回 (04/06) はちくぼまりこ
きょうの0−3 (01/20) ファービー
きょうの0−3 (01/17) お茶会のあるじ
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/17) 村石太マン 愛知県発
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/16) はちくぼまりこ
カプラの日 (11/05) はちくぼまりこ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) さいとうまゆママ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) うめちゃん
のびのび@ら〜にんぐ「ニガテじゃないっ!」 (10/30)
よりそって〜子育て相談室の窓から【第5回】 [2012年02月06日(Mon)]

事務局 たなかですヒヨコ

山科醍醐こどものひろばは、「コッペパン」という機関誌を発行しています。山科醍醐こどものひろばの前身である「山科醍醐 親と子の劇場」が発足した1980年に創刊し、30年以上続いているものです。

この「コッペパン」には、内容の濃い記事がたくさんあるので、時々ブログでご紹介しています。
今回もコラム「よりそって」より、記事をひとつ転載しますドキドキ大

よ り そ っ て【第5回】 〜 子 育 て 相 談 室 の 窓 か ら 〜
 【鈴鹿短期大学助教,臨床心理士:渋谷郁子】
 <コッペパン 2011年6月掲載分>


4月から三重県の鈴鹿短期大学というところで働いている。
保育士や幼稚園教諭になりたい人たちを教える仕事である。
鈴鹿に通勤するため,京都で働く夫と中程の距離をとって,滋賀県は甲賀市に引っ越した。新しい職場に新しい住処と,取り巻く環境は大きく変わったが,なんとか持ちこたえて,2ヶ月が過ぎようとしている。

 さて,短大のセンセーになった今,一番の悩みは授業中の私語である。
自分の学生時代を振り返っても,授業中のおしゃべり,身に覚えがないとはいえない。しかし前に立って話す立場になってみると,私語がいかにセンセーの意欲を削ぐものかがわかる。

受講者が100名近くいる講義では, 4時限目ということもあって疲れがピークに達しているのか,一向にワイワイガヤガヤがおさまらない。「(手を振りながら)はい,授業はじめますよ。」…効果なし。「そろそろおしゃべりやめてくださいね(ニッコリ)。」…効果なし。何も言わず
待つ作戦も,おしゃべりに夢中で教師が待っていることにすら気付かない学生が多く,有効策ではなかった。かくして,授業を開始するまでに,相当なエネルギーを消耗することになってしまう。

 何か打開策はないか考えていたところ,同業者から聞いた話を思い出した。

「○○さん,ちょっと声大きいよ。」と大講義で言ったところ,学生はピタリと話をやめ,驚きの表情を浮かべたというのである。「学生はセンセーの名前を知っていても,センセーは知らない。
授業は,大勢の匿名学生に向かって,センセーが一方的に話すもの。という考えがあったのだろう。「授業中は透明人間」,こうした意識が私語を生み出しているのかもしれない。
まずは学生一人ひとりの顔をしっかり見て,その気持ちに「寄り添って」みたいと思う。しばらくは,短大生との付き合い方を模索する日々になりそうだ。




子育てに関するコラム、これからもお届けいたします。お楽しみにリボン

よりそって〜子育て相談室の窓から〜第4回 [2012年01月13日(Fri)]

事務局 たなかですヒヨコ

山科醍醐こどものひろばは、「コッペパン」という機関誌を発行しています。山科醍醐こどものひろばの前身である「山科醍醐 親と子の劇場」が発足した1980年に創刊し、30年以上続いているものです。

この「コッペパン」には、内容の濃い記事がたくさんあるので、時々ブログでご紹介しています<今年も、コラム「よりそって」より、記事をひとつ転載しますドキドキ大

よ り そ っ て【第4回】 〜 子 育 て 相 談 室 の 窓 か ら 〜
 【元保育士:古谷 能富子(ふるたにのぶこ)】
 <コッペパン 2011年3月掲載分>

 今、ブレイク中の「尾木ママ」。先日スマスマにも出演されていてちょっとびっくりしました。尾木さんの本業は教育評論家。子どもたちや青少年の問題では必ずTVや新聞にコメントされています。いつも弱い立場の人、困っている人の方に寄り添う意見を述べてくださるので、悲しい事件や、やり場のない問題の時も画面に尾木さんが映ってお話されると、それだけで私は少しほっと出来るように感じます。

 30年ぐらい前に一度だけ尾木さんのお話を直接聞いたことがあります。その時からすでに「お姉キャラ」だったような・・・。ちょうど登校拒否が話題になり始めたころだったと思います。尾木さんは中学校の先生をやめて教育問題の研究に専念され全国の実情を調査して、小中学校がどんな状態になっているのかを話されました。

一番印象に残っているのは、「仕事をしている大人には年休があるのに、なぜ子どもにはないのですか?子どもだって今日は休みたいなぁと思う日もあるんですよ。今の学校は大人が思っているほど子どもにとって居心地の良い場所ではありません。」というお話でした。自分の頭の中がクルッと180度回転するような思いがしたのを覚えています。

子どもは毎日学校に行くのが当たり前、親なら行かせるのが義務。そんな感覚が染みついていたけれど、しんどい時に無理を重ねて抜き差しならない状態に追い込むより、「子どもだって休んでいいんだよ」と言って受け止められる余裕があればずっと大人も子どもも生きやすくなるんだ!と、教えてもらいました。
 我が家でも娘が、たま〜に朝グズグズ布団から出て来ない時、まず本当に体調が悪いのか様子を見て熱や痛いところなど確認した上で通院の必要がないとわかっても、わざと大げさに心配して見せ、「お母さんが電話してあげるから今日は学校休めば・・。」と言うようにしています。これでたいていは「やっぱり行こうかな」と娘の方が気持ちを切り替えて出かけていきます。身支度して出ていく娘に「しんどかったら無理しないで保健室に行って休ませてもらいや。」と声をかけます。不思議ですが休んでも良いと思うと「頑張ってみようかな?」と思うようです。これって大人も同じなんですよね。 

子育てに関するコラム、これからもお届けいたします。お楽しみにリボン

よりそって〜子育て相談室の窓から〜第3回 [2012年01月05日(Thu)]

事務局 田中ですヒヨコ

山科醍醐こどものひろばは、「コッペパン」という機関誌を発行しています。山科醍醐こどものひろばの前身である「山科醍醐 親と子の劇場」が発足した1980年に創刊し、30年以上続いているものです。

この「コッペパン」には、内容の濃い記事がたくさんあるので、時々ブログでご紹介しています<今年も、コラム「よりそって」より、記事をひとつ転載しますドキドキ大


よ り そ っ て  【第3回】 〜 子 育 て 相 談 室 の 窓 か ら 〜
 【スクールカウンセラー:渋谷郁子】
 <コッペパン 2010年10月掲載分>

「じゃあ,これが最終回ってことな。」すっきりした表情で自分の教室に戻っていく。廊下を歩く後ろ姿を見ていると,最初に会った頃の自信のなさはすっかり消え失せ,なかなか堂々としていた。この日,2年間続けたカウンセリングが終了した。

「サヨナラだけが人生だ」といったのは,誰だったか。この次,彼と偶然出会ってもきっと,気付かないふりか,ちょっと照れくさそうに頭を下げて通り過ぎるにちがいない。必要とされなくなるのは,その人が無事な証拠。私たちは,誰かの人生にちょこっと登場して,ほんのいっときお付き合いし,また別れていく。いつまでも「あの人がいてくれたおかげ」などと言われるよりも,元気になって記憶も薄れて、何かの折に「そういや、あんな人いたっけ」と思い出してもらえるぐらいが望ましい。あくまで裏方で,通りすがりだ。だからこそ,できることや言えることがあると思う。全面的に誰かの人生に参加するわけではない距離感が,私は結構気に入っている。

 さて,仕事の上では見送り役になることが多い私だが,プライベートでは,なかなか提出できない宿題を抱えて,12年間もぐずぐずしている。12年前といえば,ただの子どもだった。ただの子どもが,ただの年増になった。ほとんど信じがたい年月である。そろそろ宿題を仕上げて,次の場所に進まなければ,と思っている。サヨナラはさびしいし,長くいるほど居心地は良くなる。けれども私がしたように,私の後ろ姿を見てくれるだろう人たちがいる。私も昔より,少しは堂々と歩けるだろうか。なんとはなしに背中にじんわり温かいものを感じながら。こうしてサヨナラする側になってみると,見送ってくれる人のありがたみをつくづく感じる。

 数年前に家を出た時は,まだ全然わかっていなかった。勢いのままに飛び出して,まるで犬が後足で砂をかけるようだった。背中に感じる温もりなんか,うっとうしいとさえ思った。ごめん,お母さん。あのとき,見送ってくれた母がいたから今,一応おとなの顔をしていられる。
 見送ったり見送られたり,そんなことを繰り返して,今日を生きていく。サヨナラは人生の原動力だ。


子育てに関するコラム、これからもお届けします。お楽しみに…ヒヨコ
よりそって〜子育て相談室の窓から〜第2回 [2011年12月09日(Fri)]

事務局 はちくぼですカエル

山科醍醐こどものひろばは、「コッペパン」という機関誌を発行しています。山科醍醐こどものひろばの前身である「山科醍醐 親と子の劇場」が発足した1980年に創刊し、30年以上続いているものです。

この「コッペパン」には、内容の濃い記事がたくさんあるので、時々ブログでご紹介していますクローバー
先週に続き、コラム「よりそって」より、記事をひとつ転載しますドキドキ大


よ り そ っ て  【第2回】 〜 子 育 て 相 談 室 の 窓 か ら 〜
 【古谷能冨子(ふるたにのぶこ)】(元保育士)
 <コッペパン 2010年9月掲載分>

目指すは ちょっと間抜けなお母さん!

「昔々、まだ結婚もしていない頃、保育士の研修会で当時大阪教育大学教授をされていた秋葉秀則さんのお話を聞いた。秋葉先生のお話は漫談の様に楽しく、大学教授とは思えない実践的な内容で、難しい話の苦手な保育士にも人気があった。
その講演の中で「理想のお母さん像」について、なんでも出来るしっかり者のお母さんよりも、ちょっとおおざっぱだったりどこか抜けていて、子どもの話にも「あら〜」「へ〜」「ふ〜ん」「そ〜」なんて暢気に受け答えして、少々の事は「アハハハ・・・。」っと笑っているぐらいの方が良いと力説されていた。
他の内容はすっかり忘れてしまったけれど、「それなら私にも出来そうだな〜。」とほっとしたその時の気持ちとともに、このお話だけは妙にしっかり覚えている。

初めて子どもを持ち、しっかり子育てしなくてはと思うと、「良い親にならなくちゃ!」と必死になる。でも、なかなか思うように行かない・・・。煮詰まりそうになると秋葉さんのことを思い出した。
肩の力を抜いて、「大丈夫、大丈夫。目指すは、間抜けなお母さんだった。」と、こちらの変な力みが消えると子どももそのうち落ち着いてきたりする。

そんなわけで、「頑張らない。」と「そのうち出来るようになるさ。」「ま、いいか。」を合言葉に、できるだけお気楽・ご陽気な子育てを心がけて、その時々のわが子の成長を楽しむようにしてきた。おかげで娘はのんびりおっとり、超マイペースな子に育った。特に反抗期などもなく高校生になった今も学校の様子など結構話してくれる。
ただ今になって、恐ろしいのは娘がなんでも「ま、いいか。」で済ましてしまうことだ。「オイオイ、よくないだろう〜。」と突っ込みたくなるが・・・。「三つ子の魂百まで」とはこのことか。世の中は「ま、いいか。」で済まないぞ。いつか母を恨む日が来るかもしれない。」

子育てに関するコラム、来週もまたお届けいたしま〜すリボン

(事務局 はちくぼまりこ)
よりそって〜子育て相談室の窓から〜 [2011年11月29日(Tue)]

事務局 はちくぼですカエル

山科醍醐こどものひろばは、「コッペパン」という機関誌を発行しています。山科醍醐こどものひろばの前身である「山科醍醐 親と子の劇場」が発足した1980年に創刊し、30年以上続いているものです。

この「コッペパン」には、内容の濃い記事がたくさんあるので、これから時々ブログでもご紹介していこうと思いますクローバー
今日は、昨年から掲載のコラム「よりそって」より、記事をひとつ転載ですドキドキ大


よ り そ っ て  【第1回】 〜 子 育 て 相 談 室 の 窓 か ら 〜
 【渋谷郁子】(臨床心理士・スクールカウンセラー)
 <コッペパン 2010年6月掲載分>

「 ゴールデン・ウィークのある日,福井県にある恩師の家にお邪魔し,山菜とりに出かけた。恩師は現役を退いて数年たつが,足腰が達者でずんずん里山に分け入っていく。そんな彼女を必死で追いかけながら,私も目をこらしてワラビを探した。

つれられるがまま,数か所ある「ワラビ・ポイント」をめぐったが,どこに行ってもイノシシよけの錆びた鉄格子が地面にささっていた。聞けばここ数年,土地開発や天候不順で,食べ物が不足したイノシシが,ワラビや農作物を掘って食べるようになり,根こそぎ掘られたワラビは年々,その数を減らしているそうだ。あたたかい日ざしに包まれた,一見のどかなこの山で,人間とイノシシの攻防がくり広げられているのだった。

ちょうどそのとき,イノシシがワラビを食い荒らした現場を発見。イノシシが走り下りたと思われる崖には,黒々とした足あとが残されており,鼻息荒くワラビに突進するイノシシの姿が目に浮かぶようだった。その勢いにたじろぎ,「おのれイノシシ!春の楽しみを台無しにするとは」と思ってみれど,もともとイノシシの食べ物を奪ったのが人間だとすれば,口をつぐむほかはない。
「すべての物事は循環しているね。」と恩師は淡々と言い,私たちは山を後にしたのだった。

 帰りの電車で「すべての物事は循環している」ことに思いをめぐらした。私は,子育て支援の場や小中学校などに出向き,お母さんや子ども,学校の先生などの話を聞き,問題解決の糸口をさぐることをなりわいとしている。

メディアでも報じられているように,今の子育てや教育の現場は多くの課題を背負っていて,出口の見えない重苦しさを感じることもしばしばである。それでも,人と人との関係の中で,日々の生活が営まれていくとき,悪者さがしをしても仕方ないと,イノシシが教えてくれたような気がした。

親を,子どもを,先生を,誰かを断罪することで終わらせるのではなく,彼らが作り出す「人の輪」に寄りそって,そこに働きかけるのが私の仕事だと,確認できた。そして,何より印象的だった,イノシシのあのふかぶかとした足あと,あのしたたかな生命力,きっと誰の中にもあるその力に敬意を表したい,生きようともがく姿を受け止めたい,お土産のワラビとゼンマイをリュックにしまいながら,そんなふうに思った。」


コラム「よりそって」より、来週も記事をご紹介しますリボンお楽しみに…キラキラ

(事務局 はちくぼまりこ)