CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« KAMONASU | Main | チャイルドライン京都»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
第25回新春恒例「初笑いおやこ狂言会」開催のお知らせ [2012年11月26日(Mon)]

来年のことですが…鬼も笑う!こどももおとなも笑う!
平成25年1月13日(日)、ほんものの能舞台「金剛能楽堂(烏丸通り中立売上ル)」におきまして
京都子どもセンター 新春恒例「初笑いおやこ狂言会」が開催されます。

なんと、25回目!!
「狂言の魅力を子どもたちとともに」という思いを大切にして、
たくさんの方に楽しんでいただき、支えられて四半世紀も続いてきた「初笑いおやこ狂言会」。

HPでもご紹介していますが、おやこで楽しむための様々な工夫が凝らされています。
 ・子どもや初心者でも楽しめる演目
 ・参加しやすい料金設定
 ・内容がよくわかるパンフレットの無料配布
 ・開演前のわかりやすい解説

今回のみどころは…
続きを読む・・・
Posted by 竹内 香織 at 07:21 | おやこ狂言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
親子で楽しむ狂言ワークショップ ご報告 [2012年11月18日(Sun)]

P1010598.JPG

11月3日(土・祝)午後2時〜4時 
梨木神社 (上京区寺町通広小路上ル)能舞台付き和室
講師:茂山童司さん

境内のカツラが、そろそろ色づき始めた梨木神社で、毎年恒例の「親子で楽しむ狂言ワークショップ」がおこなわれました。
続きを読む・・・
Posted by 竹内 香織 at 14:08 | おやこ狂言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
親子で楽しむ「狂言ワークショップ」を開催します! [2012年10月30日(Tue)]

室町時代から親しまれてきた伝統芸能「狂言」。
たくさんの子どもたちに狂言を知っていただくために、
狂言の世界を身近に感じられる体験講座です。
狂言の動作の基本(すりあし)から、実際に狂言にでてくる
様々な動きへのチャレンジまで・・・
太郎冠者になった気分を楽しんでみましょう!
講師は大蔵流狂言師・茂山童司さんです。

日 時:2012年11月3日(土・祝)14:00〜16:00
場 所:梨木神社 能舞付和室 (京都市上京区寺町通広小路上ル)
参加費:1,100円(保険料込)
定 員:40名(先着順)
対 象:5歳以上
持ち物:はきかえ用の足袋又は城靴下、動きやすい服装

まだ定員に余裕があります。
みなさまのご応募をお待ちしております。
Posted by 竹内 香織 at 17:09 | おやこ狂言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第24回 初笑い☆おやこ狂言会 [2011年12月09日(Fri)]

今年ももうすぐ終わり。

年明けには、恒例の「初笑い おやこ狂言会」が開催されます。


第24回の「おやこ狂言会」、午前の部はとっても贅沢な企画です!

舞台に上がって、狂言独特の発声法で大きな声を出したり、基本の動作(すり足)などを学び、体験することができます。

この晴れ舞台をご希望の方は、お申込み時に

「ワークショップ希望します!」

と言って、申し込みをしてくださいね ☆彡


平成元年に始まった「おやこ狂言会」も24回目。

生の舞台を見る鑑賞体験を大事にしていた、京都の親と子の劇場が合同で開催してから四半世紀を続けてこられた魅力は、どこにあるのでしょうか。


500年も前から継承されてきた伝統芸能である狂言には、市井の人びとの営みから生まれてきた笑いやおかしみ、哀しみなどがあふれ、洗練された演技の中に昔から変わることのない人の本質が、子どもたちの心に届くのです。

日本の文化が、難しい説明をしなくても伝わるのです。

そして、何よりも「親子」で狂言を観ること!


一緒に舞台を体験し、一緒に笑い、一緒の時間・空間を過ごす。

そして、折にふれ、一緒に思い出して会話する。

京都子どもセンターの大事にしていることが、ここにあると思います。


さあ、2012年の年明けも、「おやこ狂言会」で大いに笑って、楽しみましょう!!


第24回 初笑いおやこ狂言会

● 日時 ● 
  2012年1月15日(日)
  <午前の部> 11時開演 (10時30分開場)
  <午後の部> 14時30分開演 (14時開場)

● 演目 ●
  <午前の部> ・狂言の解説とミニ・ワークショップ ・附子(ぶす) ・神鳴(かみなり)
   ※ワークショップは20名まで。申し込み多数の場合は抽選になります。
   ※ワークショップの対象は、4才〜高校生(ただし、一人で舞台に上がれる方)
  <午後の部> ・狂言のお話 ・六地蔵 ・子の日(ねのひ) ・濯ぎ川(すすぎがわ)

● 出演 ●
  茂山あきら/茂山千三郎/茂山正邦/茂山宗彦/茂山逸平/茂山童司/丸石やすし/松本薫/増田浩紀/鈴木実

● 会場 ●
  金剛能楽堂 (烏丸通り中立売上ル)
   市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 6番出口より南へ徒歩5分

● 料金 ●
  こども(4才〜高校生)  1,500円(当日2,000円)
  大人  3,500円(当日4,000円)

● お申し込み方法 ●
  ・京都子どもセンターに電話 ⇒ 075-254-8114
  ・狂言会専用アドレスにメール ⇒ kyougenn@kodomo-doki.org

お申し込み、お待ちしています!!
Posted by 竹内 香織 at 14:05 | おやこ狂言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
チャリティー狂言会 [2011年04月04日(Mon)]

おやこ狂言会でお世話になっている茂山童司さんより、「チャリティー狂言会」のお知らせです。

日にち:4月12日(火)
時間:夕方5時〜9時まで
   (出入り自由です)
会場:大江能楽堂
   中京区押小路通柳馬場東入ル南側
   (地下鉄東西線「市役所前駅」下車西へ徒歩4分)
   075(231)7625

料金は、無料です
   震災支援のチャリティーにご協力ください!


若手による、狂言とトークの企画です。時間のある方、ぜひ、お出かけください。
Posted by 竹内 香織 at 23:59 | おやこ狂言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第23回おやこ狂言会 [2010年12月14日(Tue)]



◆ 第23回新春恒例「初笑いおやこ狂言会」
  〜狂言の魅力を子どもたちとともに〜

 今年度も開催します!
 狂言が初めての子どもたちにもわかりやすい、楽しい作品です。


◆今回の見どころ
 出演者数も増えてお正月にふさわしい、楽しい演目が並びました。
  午前の部には「以呂波(いろは)」に
  午後の部には「 靫猿(うつぼざる)」の猿役に
   茂山家の小さな狂言師たちが挑戦します!
 

***出演者について***
 チラシ・出演者の欄には
 茂山千之丞さんのお名前が掲載されていますが
 去る12月4日の訃報を受け、現在出演調整中です。

 おやこ狂言会を支えてくださった
 千之丞さんのご冥福をお祈り申し上げますとともに
 皆さまには出演者変更について
 ご理解をいただけますようお願い申し上げます。


■日時: 2011年1月16日(日)

 【午前の部】11時開演(10時30分開場)
 <初心者向き>
  狂言の解説・・・丸石やすし
   柿山伏(かきやまぶし)
   以呂波(いろは)
   しびり
   止動方角(しどうほうがく)

 【午後の部】2時30分開演(2時開場)
   ごあいさつ・・・茂山千之丞
   金藤佐衛門(きんどうざえもん)
   千鳥(ちどり)
   靫猿(うつぼざる)

■場所:
 金剛能楽堂(地下鉄烏丸線「今出川駅」6番出口より南へ5分)

■出演:
 
 茂山千五郎
 茂山あきら
 茂山正邦
 茂山茂
 茂山童司
 丸石やすし
 茂山莢
 茂山竜正
 茂山虎真
 島田洋海
 山下守之
 増田浩紀

■チケット料金:
 こども(4歳〜高校生):2500円(当日3000円)
 大人:3500円(当日4000円)

■お申込み:
kyougenn*kodomo-doki.orgまで
    (*を@に変更して下さい)
タイトルを「おやこ狂言会申込」として、
氏名・郵便番号・住所・連絡先電話番号またはFAX番号と
チケットの種別「午前or午後」「子どもorおとな」および枚数を明記してください。

後日郵送にてチケットと郵便振替用紙をお届けします。
ご記入いただいた個人情報は事務局が管理し、当事業の実施のみに使用します。
Posted by 竹内 香織 at 17:17 | おやこ狂言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第22回新春恒例「初笑いおやこ狂言会」〜狂言の魅力を子どもたちとともに〜 [2009年09月23日(Wed)]

場所:金剛能楽堂(地下鉄烏丸線「今出川駅」6番出口より南へ5分)
日時:2010年1月10日(日)
 午前の部:11時開演(10時30分開場)
  初心者向き
   狂言の解説・・・丸石やすし
   附子(ぶす)
   以呂波(いろは)
   墨塗(すみぬり)
 午後の部:2時30分開演(2時開場)
   ごあいさつ・・・茂山千之丞
   二人大名(ふたりだいみょう)
   しびり   
   蝸牛(かぎゅう)
出演:
 茂山千之丞
 茂山千五郎
 茂山あきら
 茂山茂
 茂山童司
 丸石やすし
 茂山莢
 増田浩紀
チケット料金:
 こども(4歳〜高校生):2500円(当日3000円)
 大人:3000円(当日3500円)
続きを読む・・・
子どものための狂言ワークショップ [2009年09月23日(Wed)]

少しでも多くの子ども達に狂言を知っていただくために、狂言の世界がもっと身近に感じられる体験講座です。大きな声を出す狂言独特の発声法にチャレンジしたり、狂言の動作の基本(すりあし)を学んだり・・・ 実際に身体を動かして、太郎冠者になった気分を楽しんでみよう!
続きを読む・・・
狂言ワークショップの報告 [2008年12月23日(Tue)]

2008年11月16日(日)   梨木神社能舞台付き和室
ワークショップ1(午前)  参加人数 25名
ワークショップ2(午後)  参加人数 21名

午前、午後ともに、まず狂言の基本動作である「すり足での歩き方・回り方」と「座り方・立ち方」を練習、次に声をだして笑いと泣きの型をしてみました。
その後、午前の部は狂言での名乗りのセリフを言ったり、いろいろな動きをしました。後半は主に動物のまね、今年は2人で組んで犬のけんかと鶏のけんかに挑戦、鶏のけんかは1月の演目「鶏聟」で出てくるものです。「釣狐」のキツネのしぐさや質問コーナーもあって、盛り沢山のプログラムでした。
続きを読む・・・
狂言ワークショップ1・2 [2008年09月21日(Sun)]

11月16日(日)梨木神社 能舞台付き和室

少しでも多くの子ども達に狂言を知っていただくために、
狂言の世界がもっとも身近に感じられる体験講座です。
講師は昨年度に引き続き、茂山童司さん。
昨年は子どもの参加が多く、狂言独特の動物の真似や、
身体の動きを中心としたプログラムで、初めて狂言にふれる
子どもたちには親しみやすく、あっという間に2時間が過ぎました。
11月16日(日)梨木神社 能舞台付き和室
1. 午前10時〜12時(受付9時45分〜)・・・初心者5才以上
2. 午後 2時〜 4時(受付1時45分〜)・・・小学生以上
 参加費 各回1人1,000円
 定員  各回20名
 受付開始 10月1日から (定員になり次第締め切り)
 申込先 京都子どもセンター FAX:075-365-1166 E-mail:infoアットマークkodomo-doki.org(アットマークを@に変更してください)
続きを読む・・・
| 次へ