CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«京都府立医科大学附属病院 5階の小児医療センターが会場! | Main | ホッとアート 新しいパンフレットが出来ました!»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ホッとアートに、うれしい感想を頂きました。 [2013年12月03日(Tue)]

掲載させて頂いています、このホッとアートと言う事業、
当然のことですが、みる子どもたちから入場料を頂くものではないので、
採算のあうものでは、ありません。

個人的に寄付を頂いたり、
今年の「初笑いおやこ狂言会」では、アピールさせて頂き、寄付を集めました。
また、会社を通じて、社員さんの寄付を頂けると言うお話も、届いております。
それでも、なかなかなので、みなさん、どうぞよろしくお願い致します。

私達、元気な時は、
病院のことや、病院で過ごす子どもがいること、
自宅と総合支援学校の教室をスクールバスで往復するだけの子どものこと
色んな病気を持つ子どもたちのことを考えることが、殆どありません。
でも、実際に、この京都でも、多くの子どもたちが、病気と闘い、
病気と隣り合わせで、日々を過ごしていることが、
この活動をするようになって、私達にも見えて来ました。

そんな子どもたちに、
1年に1回でも、心からの笑顔を届けたいと、この活動をしています。
ナマの舞台を見るということが、どんな大きなことなのか、なかなか分かりにくいですが、
子ども達の姿を想像して頂けるメッセージがあります。

・とても楽しかったです。
 子どもたち声をあげて笑っているのを見て、
 ここが病院だということを一時忘れることができました。ありがとうございました。

病気が重くて病室から出られない子どもが、個室に回って来てくれたマジシャンと交流後、
保護者から頂いた感想です。

・お部屋から出られなかったので、公演内容はわかりませんが
 お部屋に わざわざ来て頂けたのはとっても有難く、
 その日1日ピクリとも笑わなかった、子どもがすごく笑ってくれて元気になってくれたので、
 すごくうれしかったです。
 母も楽しめてすごくよかったです。

こんな感想を頂くと、もっともっと届けたいと思います。
これからも皆様のご寄附を頂き、進めて行きたいと思いますので、
どうぞ、よろしくお願い致します。

IMG_3479.JPG
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/914104

コメントする
コメント