CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年12月 | Main | 2010年02月»
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
180_100.jpg 「助けあいジャパン いまできること」
ハイチ地震の募金活動 [2010年01月26日(Tue)]
防災サポートおぢやは「ハイチ大地震救援募金活動」を以下の日に実施します。

日時:
平成22年1月30日(土)午後2時より6時
場所:
東栄   かねこ餅菓子店付近
本町   山吉書店付近
三仏生  ベイシア小千谷店
片貝  Aコープ片貝店

趣旨に賛同し募金いただける方は上記会場の募金もしくはNPOの口座にお振込みお願いいたします。
積雪 [2010年01月19日(Tue)]
小千谷市の積雪状況

新潟県の降雪予測

すごい雪になってます。
「神戸の経験」こう生かせ  [2010年01月16日(Sat)]
「神戸の経験」こう生かせ ひと味違う災害支援とは

NHKクローズアップ現代(2010年1月14日放送)

あの体験が世界中でいきている神戸発 災害ボランティア

阪神淡路大震災以来、日本で培われてきた災害ボランティアの活動が、今、世界各地の災害現場で被災者支援にいかされ、注目を集めている。その代表的存在は、神戸のNGO「CODE海外災害援助市民センター」。インド洋大津波や四川大地震など44の地域で、政府の援助が十分に行き届かない災害弱者の支援を行っている。各地の現場で彼らが何より重視するのは「被災者の声」と「支援の継続性」。背景には神戸以来の苦い体験がある。災害直後はボランティアが大挙して押し寄せるものの、マスコミの関心が薄れると、被災者は取り残されてきた。そこでCODEなどの団体は、被災者の声に徹底的に耳を傾け、何が本当に必要なのかを探り、支援していく手法を磨き上げ、世界各地で高い評価を得るまでになったのだ。中国・四川省の被災地で続けられている支援活動をリポートし、世界をリードする神戸発災害ボランティアの最前線に迫る。

中国四川地震での吉椿氏
中国四川地震

IMGP5182

IMGP5251

ほか中国四川写真はこちらから(撮影HS神戸吉村氏)
今日の塩谷 [2010年01月08日(Fri)]
雪景色の小千谷

除雪作業の後に久しぶりに塩谷に行って来ました

雪がいっぱいでした。
謹賀新年 [2010年01月03日(Sun)]
今日という日が災いのない昨日からの続きで、そして明日へと続きますように・・

今年もよろしくお願い申し上げます。