CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«活動資金をいただきました | Main | 芒種庵大同窓会に参加しました。»
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
180_100.jpg 「助けあいジャパン いまできること」
あれから12年 [2016年10月22日(Sat)]
23日の打ち合わせ。


中越地震の碑のまえで献花する中学生

白菊 あの日を思い 中越地震あす12年、小千谷に献花台
新潟日報より

中越地震の発生から23日で12年となるのを前に、小千谷市のおぢや震災ミュージアム「そなえ館」は21日、同館が入る市民学習センター楽集館(同市上ノ山4)に、犠牲者を悼む献花台を設置した。防災学習のため訪れた中学生らが花を供え、古里を襲った災害に思いをはせた。

 献花台は中越地震の記録を伝える石碑前に例年設けており、ことしは24日まで設置。そなえ館などが450本の白菊を用意し、来館者に献花してもらう。

 21日は、そなえ館を見学した片貝中学校の1年生41人が白菊を手向けた。男子生徒(12)は「中越地震の記憶はないが、転んでけがをした傷跡が額に残っている。大きな被害があったことを語り継ぎたい」と話した。

 楽集館では23日午後5時半から追悼式典を行う。午後6時ごろには犠牲者らを追悼するため、花火「白菊」を打ち上げる予定。
タグ:中越地震
コメントする
コメント