CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
住宅の被害認定調査の体験 [2016年05月28日(Sat)]
中越大震災ネットワークおぢやが08年より行っている自治体職員による中越地震で損壊したままの家屋で被害調査の体験をした。住宅の外側の一次調査や実習で外壁の写真撮影をしていた。

DSC_1991

DSC_1992
熊本地震の被災地に派遣される職員もいるかもしれない。

熊本地震被災地では土嚢袋の劣化が進んでいる。ブルーシートを支えるために土嚢袋を使用するのだが耐候性土嚢(耐久性のあるUV土嚢袋)ではないためにやぶれたりしていた。

東日本大震災後、土嚢が劣化して袋が破れる問題があちこちで発生しました。
この問題を引き起こした最大の要因は、土嚢の設置基準や品質基準が明確でなかったことです。
これを受け、震災後は平成18年に設置された「災害復旧事業等における『耐候性大型土のう』設置ガイドライン」への関心が高まっています。

●設置期間が2か月程度を越える長期工事
●複数回転用することで経済的となる工事

耐候性土嚢の仕組み。新ガイドライン対応で、紫外線劣化に負けない!より

【風組】では現地に活動物資として耐候性土嚢を送っています。
活動に賛同してくださる方にお願いがあります。物資でなら耐候性土嚢を届けてください。

熊本地震で、未曾有の被害がでていまだに復旧もままならない状況が続いております。多くの方が被災されご不自由な生活をしいられています。現地で活動してきて今後も息の長い支援をしていきます。つきましては皆様から活動資金をお願いしたいと思っております。現地で必要なものを購入したり活動に必要なものをお送りしたいと考えております。多くの皆様のご協力よろしくお願いいたします。

郵便口座
SVTS風組
00560-3-59169

銀行からの振込み
SVTS風組
ゆうちょ銀行
店番128
普通
口座番号2851523
小千谷のラーメン屋 手打ち麺処 暁天さんが活動に協賛していただきました [2016年05月26日(Thu)]
小千谷のラーメン屋さん、手打ち麺処 暁天さんが風組の活動に協賛していただき活動資金を集めてくださっています。

DSC_1972

手打ち麺処 暁天さんの情報 新潟ラーメン.com clickより
国道17号線沿い、ベイシアの斜め向かいにあるお店です。小千谷の人気店手打らーめん勝龍の姉妹店です。

DSC_1974(1)


先日の熊本地震で、未曾有の被害がでていまだに復旧もままならない状況が続いております。多くの方が被災されご不自由な生活をしいられています。現地で活動してきて今後も息の長い支援をしていきます。つきましては皆様から活動資金をお願いしたいと思っております。現地で必要なものを購入したり活動に必要なものをお送りしたいと考えております。多くの皆様のご協力よろしくお願いいたします。

郵便口座
SVTS風組
00560-3-59169

銀行からの振込み
SVTS風組
ゆうちょ銀行
店番128
普通
口座番号2851523
熊本地震救援活動 [2016年05月26日(Thu)]
DSC_1768.jpg
熊本地震の活動で何件か行ったピアノの搬出作業
倒れたピアノを起こすのも大変、足元の悪い中での運び出しも大変。

家人には思い出のある大切な宝物です。
風組は「思い出」を大切に考えます。
熊本地震たすきプロジェクトに参加してきました。 [2016年05月25日(Wed)]
熊本地震たすきプロジェクトにスタッフとして同行してきました。
小千谷楽集館に分灯したご縁でお誘いいただきました。
image

詳細はこちらから click
神戸北ロータリークラブの会長さんや阪神淡路大震災のご遺族の方の当時の話を伺ったりすることができました。

何度かいっていますがご遺族にとっって区切りはないんだと実感しました。10年.20年たとうと記憶はあの日のままなんだと。
熊本での活動は被災者交流やよさこい、義援金を届けることなど多彩にわたっていてすべてに一緒にいることはできませんでしたがまたチャンスがあれば同行したいと思いました。
小千谷市長に熊本の報告をしてきました [2016年05月24日(Tue)]
小千谷市長が熊本地震直後にいった益城町へ市長からお預かりしたメッセージをもって益城町町長にお会いしてきました。
小千谷市社会福祉協議会さんから預かった冊子3冊のほか十二平の冊子も一緒に。

DSCF0036

昨日市長に報告に伺い写真を何点か手渡すと、市長が行ったころより穏やかな顔つきになっているとおっしゃってました。
今後の支援についてもいくつか話してきました。息の長い支援ができたらいいなと思いました。
[2016年05月21日(Sat)]
20160521063456.jpg

DSC_1938.jpg

DSC_1935.jpg


今日もテントの中で目が覚めた

散歩しながら思った事がある
静かな朝日の中にあるのは、地震で傾いた家と瓦礫の山
車中泊の車とテントだけ
被災した人も長期滞在のボランティアの人も、これが当たり前になってしまったように思えた。

テレビもあまり見ていないから、東京都知事の話題もどうでもいいって感じです。

ここに集まるみんなで協力して、今日より明日が良くなるように、1日でも早く地震前の生活に戻れるように、
そんな1日が始まった

朝一は
ラヂオ体操から。
お墓の修復 [2016年05月20日(Fri)]
DSC_1869.jpg


DSC_1871.jpg


風組メンバーの小林さんからの要請でコバちゃんの知人のお墓を修復。
トラクター救出 [2016年05月20日(Fri)]
DSC_1856.jpg

DSC_1846.jpg

DSC_1854.jpg
トラクター救出作業 [2016年05月20日(Fri)]
DSC_1845.jpg

DSC_1844.jpg

DSC_1843.jpg


今日の朝一は倒壊した納屋からのトラクター救出。
熊本地震1 [2016年05月20日(Fri)]
DSC_1735.jpg

DSC_1737.jpg

DSC_1747.jpg


熊本地震の被災地益城町へ
| 次へ