CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
180_100.jpg 「助けあいジャパン いまできること」
闘牛初場所 [2017年05月04日(Thu)]
男だね!北斗会
「小千谷闘牛の振興を考える」
小千谷闘牛初場所に行ってきました。
瀬古のRくんには今更みてもおもしろくないだろ〜とか言われたけど面白かった!
桑さんの師匠も次は牛持ちだなって言われたり、楽しかった〜
小千谷市小栗山 小千谷闘牛場

若棟梁の父上が飼っていた牛3頭は山古志が最後の場所になるそうです。

木山ベースその2 [2017年04月27日(Thu)]
地域のたまり場づくり地域住民が更地になった元の家の場所へ戻ってきた時に、立ち寄って”腰を”休めるところ....

2日目は宮崎の消防署の職員の方がきていました

DSCF0305

DSCF0306

周辺も更地が多くなっていて行かなければわからないままだっただろ

DSCF0310

DSCF0312

何ができるだろうか、何かあるのだろうか。考えても答えがでないままかもしれない。
忘れないでいること。地震当日だけではなく思いをはせること。
1日も早い復興を願います。
熊本各地 [2017年04月27日(Thu)]
おぢや利雪研究会の益城町雪のプレゼントに同行させてもらった時にいった益城中央小学校は学童の時間で奥にこどもの声がきこえてました。
DSCF0295

DSCF0298

熊本城はよっやく修復作業がはじまっていたようです。ブルーインパルスがくるということで駐車場はいっぱいでまわりしか見れなかったけど。

歩道も禁止区域

DSCF0367

西原村、益城町周辺をまわると道路はそのまま?とおもえるような箇所があった

DSCF0353

DSCF0352

主要道路の復旧は早くても山間地は後回しになってしまうのはどこも一緒なのか?と思わずにいられない。
西原村たんぽぽはうすオープンイベント [2017年04月26日(Wed)]
西原村のたんぽぽハウスの新しい施設オープンイベントに頼政さんが手伝っているというので見学に行ってきました。1年ぶりの再会でした。
駐車場から施設まで歩いているときに一緒に歩いていた方が議員さん?らしくGW明けに山古志に視察にくるという。早速名刺を渡してこちらに来る際には連絡をくださいうかがいますといってきた。小さな集落があるというので山間地の復興をまなぶのだという。

DSCF0347

今まであった建物の後ろががけ崩れで新しい場所でオープンだった

DSCF0349

もっと久しぶりだったのは鈴木隆太さんとの再会!
頼政さんと初めてあったのは金沢水害の時で1回生の時だったこと、ゆきかき道場で山古志にきてるから会いにいったら蕁麻疹で鈴木さんに病院に連れて行ってもらってて会えなかったことなど懐かしい話題も!昨年の10月23日の熊本地震報告会のビデオメッセージの話もできました。

施設も説明を伺いながら見ることができた。こども食堂をやったり集いの場を提供したり、災害があれば個室になるように利用する方にとって居心地の良いスペースになるようにいろんな工夫がされていた。
木山ベースにて [2017年04月25日(Tue)]
DSCF0327

ビニールハウスの農機具倉庫づくりをしていたお宅にお邪魔してきました。自宅跡地にあった石塀がどんな様子で崩れたのか、たまたま写真をもってきてるといって写真と実物で説明をしていただきました。14日の地震ごと17日の本震後の写真でした。農機具をだす、その後の片づけ、農作業ができるのがいいよ、解体は早かったから順番はよくわからないけどなって地震後のたくさんの出来事を伺うことができました。

DSCF0324

久しぶりの現場で再開した二人のショットもおさえときました
DSCF0325

地震から1年たった熊本に行ってきました。 [2017年04月24日(Mon)]
熊本県庁で開催されていた写真展最終日に間に合いました。
熊本地震・東日本大震災報告写真展 〜あの日を忘れない〜

熊本地震・東日本大震災報告写真展 〜あの日を忘れない

開催期間中は毎日復興支援コンサートがあり、どの年代の人が聞いてもわかる歌だったりしました。言葉につまるような写真もたくさんあって自分におきかえて涙する方もいました。その中でも希望を感じさせる笑顔の写真もありましたよ。復興にむけて頑張っている姿も。メッセージを書く場所があってそこには頑張ってるんだからそれ以上頑張ってとはかけません。頑張っていない人なんていないんだから、ゆるゆるでも一歩ずつ前に進んでる、止まってる人はいない。そう思えるような写真展でした。
ようやく春です [2017年04月20日(Thu)]
風組ヤード付近の桜は満開になりました

桜満開 千谷工業団地

雪は2年続いて少なかったけれど
ブログをはじめて10年たちます。 [2017年03月24日(Fri)]
07年3月25日能登半島地震がありました。
その日に現地情報を発信することが必要としてこのブログをはじめました。
当時はチーム絆と名乗ってましたがw

能登半島地震で取材をうけた当時の記事です。
朝日20070326
若棟梁もかたってます。
560286_3688303846983_331137166_n

10年たちます。復興はどうなってるんでしょうか。
3.11山元で [2017年03月17日(Fri)]
朝早い時間にわこママと皆さんで飲んでくださいと手作りの甘酒を届けてくれた方がいる。
お金と時間をつくってきてくれてありがとうといってくださった
違うんですよ、テラセンのご住職ご一家の皆さんやそういって受け入れてくださる方がいるから追悼の日に山元で過ごすことができるんです。
まだ復興途中、これからの山元を見届けられたらいいなぁ。

竹灯篭の温かい灯がきれいでした。
DSCF0283

1日も早い復旧復興(できるなら住民の意にそった形で)を願います。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。
そしてご家族のもとへ戻れることをいのります。
山元町の今 [2017年03月14日(Tue)]
二つの堤防の間に住宅再建した私たち、どうなるの? 宮城県の住民が悲鳴
かさ上げ道路の工事がこれから始まる山元町でも、18件の住宅が海側の堤防とかさ上げ道路の間に取り残された形になっている。
このニュースは10日朝のトクダネで見てた。山元町に行くまで場所はどのあたりのことなんだろ?と気になってた。時間があるからみてこようとテラセンについてご住職に伺ったらココって言われた。えええええっ
これから工事が始まる現地の様子
DSCF0247
若住職に津波きたらどうするん?ときいたら仕方ないって
DSCF0246

<沿岸部を行く・記者リレーレポート(4)宮城・石巻市〜山元町>より
「南三陸町、女川町は成功例。山元町は失敗例だ」と言い切る。復興計画に納得がいかなかった橋元さんは15年10月の町議選に初出馬し、見事トップ当選を果たした。「南三陸、女川は行政と地元住民が時間をかけて話し合った。山元町は時間短縮のためにとトップダウンで行ったから、今になって不具合が出て、足踏みし、結果的に1番遅れている」と話す。

DSCF0290
外部のものできることはない。けれど復興を見届けたいと思った。
| 次へ