CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
180_100.jpg 「助けあいジャパン いまできること」
もし、中越地震が今の時期だったら [2017年01月20日(Fri)]
2004年10月23日 17時56分 マグニチュード6.8(推定)震度7 
たとえ家がねじれていようと斜めになっていて、中のものを持ち出してそこに住んでいなくても、「お世話になったうちだから雪でつぶしちゃなんねー(いけない)」だから雪下ろしの心配をする。中越地震から1年を前にきいた山古志のおじいさんの話。

今回の雪の時にM6.8の地震があったら新耐震の家でも雪の重みでもたなかった家も多いだろう。
熊本地震でも瓦屋根の頭の重たい家が軒並み崩れていた。

shiodani

2008021615550000.jpg

マグニチュード6.8の地震ならいつどこで明日にでもおきてもおかしくない規模、冬だったら雪国だったらどうなっていただろう。
こまめに屋根の雪をおろすしかないのか。

富山 南砺の地滑り
雪崩発生のイタリア「地震のせいじゃない」専門家が指摘
大雪 [2017年01月18日(Wed)]
6泊7日居座った寒気で大雪になりました!
定点観測していた雪です。

97FE1EC6-BC3C-446C-88BA-072072E1343A

2017年1月18日更新された小千谷市積雪量です。詳細はこちらclick
塩谷      152センチ
小千谷消防本部 67センチ
すこし減ったかな?
本年もよろしくお願いいたします [2017年01月05日(Thu)]
昨年も残念ながら各地で災害がおきてしまいました。
が、各地で活動をご一緒した皆様に感謝します。

できるなら災害のない年になるといいですね。

はじめて見た
風組ビブス

はじめてみました、風組のビブス

今年もよろしくお願い申し上げます。

平成28年糸魚川市駅北大火 [2016年12月30日(Fri)]
12月22日におきた糸魚川市駅北大火の視察に長岡技大の木村先生、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺先生と新潟県弁護士会の小出先生の案内で現地を回ってきました。
被災者説明会のおわりのほうにもよって今後の取り組みなどもしることができた。被災者支援事業、家屋などのがれき処理、住宅の入居、経済面の支援についてなど市、県の行政面が手厚い特例措置など課題もありそうだ。

火災でのボランティアセンターは初めてのことなのでボラセンにもいく。
気になったのはこの書類
IMG_1654
重機による思い出探し
軒並みの火事だから順番にやれるならいいとは思うけど、それをやることによって解体費用が見積と変わる恐れもあるかもと懸念していたが行政と連携し地元建設組合の皆さんが重機ボラをやるということでその心配もないだろ。

保険会社がドローンを飛ばして調査していたし、相談しているかたも何人かはいたようだ。
今回の大火を「風害」として捉え、被災者生活支援法の適用が決まった。

ボラセンで気になったのはこれ
IMG_1653
何度もいっているが古着はいらない。リサイクルなどにだすなりして現金で支援したらいいのではないか?どの被災地でもみる、もうみたくない光景が糸魚川でもあった。

同行していただいた皆様ありがとうございました。
今回の活動は手打らーめん 勝龍様、手打ち麺処暁天様、CRAZY LAUREL様から頂いた資金で行いました。
除雪車が通る際の注意点 [2016年12月17日(Sat)]
克雪はみんなのマナーと協力が必要です。
小千谷市ページより click
除雪車に近寄ってはいけません
除雪車は、作業中にバックをすることが多くあります。除雪車の近くはとても
危険です。作業中は絶対に近づかず、注意して通行しましょう。また、堆雪場など雪が高く積み上がった所では遊ばないようにしましょう。
山元町へ [2016年12月01日(Thu)]
テラ茶房に参加してきました。
今回いつもの珍道中は待ち合わせの新潟駅で迷子から始まりました。

てら茶房 オープンです

怪獣は初のお泊り体験!
前回ケーキを食べれなかったけど、今回はばっちりいただきました。
徹夜でのケーキつくりお疲れ様です。

DSCF0163

福島県沖の地震の話や地震から10年後の話。某Kさんのあんこまみれの葬儀、あたしの葬儀はこれ、自動り棒をプレゼントすると約束した方の結婚式など盛りだくさんの話がありました。
また伺います。ありがとうございました!

風組山元のたくみくんの塾にもいってきました。忙しそうでしたよ

DSCF0164
今日はてら茶房 [2016年11月26日(Sat)]
 
 
----- Original Message -----
てら茶房、オープンします
普門寺へ [2016年11月23日(Wed)]
26日に山元町に行く予定です。
怪獣親子と一緒に!
またまた珍道中になりそうですが関係各位の皆様よろしくお願いしますm(__)m

テラカフェ

6月25日
10月23日灯を灯しました。 [2016年10月30日(Sun)]
中越地震の記念碑前に献花台が設けられていましいた
DSCF0153
その隣の明日に備える碑に分党した1.17希望の灯をともしました。
DSCF0152
地震を知らない年齢のこどもたちも献花していました。
語り継ぐ大切さを感じました。
おぢや震災ミュージアム「そなえ館」開館5周年記念シンポジウム [2016年10月26日(Wed)]
おぢや震災ミュージアム「そなえ館」開館5周年記念シンポジウム
「語る続けることの大切さ 今、熊本へ、中越から伝えることは」
詳細はこちら click

熊本地震支援活動の報告とパネルディスカッションに参加しました。
様々な立場から今後の支援について、できることは何か伺うこともできました。

風組の活動報告では
中越地震での経験で倒壊家屋の解体作業の流れのアドバイス
行政に対しての手続きの説明
危険個所の解体作業
倒壊した納屋から軽トラックやトラクターなどの農機具の救出、倒壊家屋からの家財搬出(仏壇やお位牌)
倒壊の恐れのある家屋のブルーシートの張り直し、危険な瓦の撤去作業
倒壊した墓の修繕作業
連携しているボランティア団体の紹介などができました。

これからできることは何か、寄り添えることは何か息の長い支援が必要になります。
| 次へ