CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
今日の新潟日報 [2014年08月07日(Thu)]
2014-08-07-07-15-37_deco.jpg
流石です
大規模災害に備える災害ボランティア研修会 [2014年08月04日(Mon)]
7月27日に大田原市にて平成26年度災害ボランティア研修会に行ってきました。
一般社団法人那須野が原青年会議所理事長のあいさつのあとに大船渡市社会福祉協議会伊藤さんの講演、風組関東代表の講演、最後に社会福祉法人大田原市社会福祉協議会事務局長のあいさつという流れでした。
栃木県ブロック協議会地域ネットワーク委員会委員長、たかはらさくらJC直前理事長、黒磯那須JC理事長、那須野ケ原青年会議所、社協のみなさん、ありがとうございました。

大規模災害に備える 災害ボランティア研修会 第1部

震災前に必要な取り組み
※最低限の備品整備
※職員全体の防災訓練
※顔なじみの関係
※他団体との協力姿勢
全てを災害VCで解決しようとしない

3年目の被災地状況 大船渡市
※仮設住宅に住み慣れてきた3年目
※復興住宅の建設
※迅速ながれき処理
※BRTの復旧
星1︎住み慣れてきた仮設住宅の縮小
星1︎新しいコミュニティの再構築
星1︎仕事の減少

など現地の状況をきけることができました。
以前うかがったときにBRT道路に間違ってはいる人が多いと伺ったのですが今は認知症の方がショートカットで入っちゃう方がいるそうで目が離せないようですね。仮設住宅に住み慣れたって住み慣れたらいけないような気がしちゃいます、それだけ復興がおくれてるってことですよね?
完了 [2014年07月24日(Thu)]
DSC_0303.jpgDSC_0001.jpg
お盆前に完了しました。
今日で7年、中越沖地震 [2014年07月16日(Wed)]
昨日、寺泊に行く途中に柏崎を通ってきました。
椎谷
昨日は平日だったので車も少なかったです。
椎谷
補修した椎谷の香取神社補修用の木材を運んだ階段。
P9022399

椎谷香取神社

補修前
P9022369

補修後
P9022460

きれいになってました!
椎谷 香取神社

椎谷香取神社

1人暮らしのおじさん、どうしてるかな。ケガしてたおばあちゃん元気かな。かかわりのあった方々が元気で過ごせていますように。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
山形県南陽市 [2014年07月14日(Mon)]
DSC_0489.jpg
床上げの説明をするテラセンのセンター長
山形県南陽市 [2014年07月12日(Sat)]
南陽市社会福祉協議会災害ボランティアセンター前で洗浄作業中

山形県南陽市
-Disaster Relief Training 2014 in KOMAE- [2014年06月09日(Mon)]
大規模災害に備えるための災害ボランティア講習会
【DRT2014東京狛江】
-Disaster Relief Training 2014 in KOMAE-
が2日間にわたって開催されました。参加された皆様スタッフの皆様お疲れ様でした。お久しぶりの方もいて楽しい2日間でした。
講座は初の座学ということでどうなるかな?って思ったけど無事おわってほっとしました。終わってからよいことを言うんですけどねw

DRT狛江 機材説明

DRT狛江、2日目開始

会場にいたかたに質問です。DRT狛江会場内にあったもの。一つだけ持っていくとしたら何をえらびますか?
途中経過 [2014年06月03日(Tue)]
2014-06-03-10-02-42_deco.jpg
今日も伐採作業です。
no-title [2014年06月03日(Tue)]
2014-06-03-10-04-10_deco.jpg
作業開始前
-Disaster Relief Training 2014 in KOMAE- [2014年05月22日(Thu)]
大規模災害に備えるための災害ボランティア講習会
【DRT2014東京狛江】
-Disaster Relief Training 2014 in KOMAE-

地震・水害・竜巻・雪害など日本を取り巻く自然災害は、環境破壊なども影響し年々深刻さを増し、その度に多くのボランティアが被災地に入り救援活動を行ってきました。
1995年の阪神淡路大震災に災害ボランティアが誕生し、それからほぼ毎年のように水害や地震が列島を襲い、とりわけ2011年3月に発生した東日本大震災では、M9という日本における観測史上最大の地震は大きく長い揺れと巨大津波によって東北沿岸地域を中心に壊滅的な被害をもたらしました。その救援活動にも多くのボランティアの活躍がありました。阪神淡路大震災から19年が経過し、日本に災害ボランティア文化が漸く根付いたと誰もが確信するところです。
しかし課題も多くあります。三年前の大震災では一部においては重機や動力機械の操作資格をもった専門性の高いボランティアによる救援活動が展開された地域もありますが、ボランティアによる活動の基本は未だに「人海戦術と人力作業」のみによって行われているのが現状です。活動の効率性・安全性を考えた場合、動力機械による作業の必要性も強く感じるところです。
自然災害が多発した2004年頃から、災害ボランティアセンターとしての機能充実のためのコーディネーターの養成は社会福祉協議会を中心に、多くの市民団体よっても数多く行われてきましたが、ボランティアが、実際に活動するいわゆる被災現場にて活動のアドバイスを行う「現場コーディネーター」の養成は全くといってよいほど行われていないのが現状です。
この講習会はそのような背景を受け、災害ボランティアのレベルアップを目的として、様々な観点から災害ボランティアとしての役割を考え、その精鋭化・機械化・高度化など、スキルアップを目的に実施し、加えて、次期大規模災害に対する備えとして自助・共助の時間帯による救援活動の一助となれば幸いです。

詳細はこちらで 【DRT2014東京狛江】

過去のDRT写真
DRT2012宮城山元
DRT2011宮城山元
DRT2012那須野ケ原
DRT2007
DRT2007の様子
DRT2007関連動画。






| 次へ