CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 産後クラス卒業生企画 | Main | マドレ基金»
キタカンボニータ

Facebookページも宣伝
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/kitakanbonita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kitakanbonita/index2_0.xml
検索
検索語句
マドレ合宿2013withキタカン☆ボニータA~振り返り~よねこ・りえぞう編 [2013年10月05日(Sat)]
こんにちは。キタカン☆ボニータ発起メンバーの鈴木美穂(よねこ)です。
マドレ合宿から早や2週間!経つのですが、
あの日の興奮と、あの日発言した事から始まったプロジェクトの構想・・
いや、まだ妄想か・・に包まれながら日々過ごしています!わーい(嬉しい顔)

”振り返りまでがマドレ合宿!”を合言葉に、
私達キタカン☆ボニータメンバーも、即振り返りを行いました。
facebookのグループ内で、熱く交わされた振り返りのメッセージの数々!
それをこのブログにも連載し、どんなメンバーがどんな事を感じたのか、
マドレ合宿とはどういう場だったのか、その空気を感じて頂けたら、と思います。

まずは私、よねこ(鈴木 美穂)
yoneko.jpg
↑マドレボニータデイ2013の写真から♪
キタカン☆ボニータ発起メンバーの1人、思いついたらすぐ行動!発信大好き。
荒削りながらも、周りを巻き込む他力本願力はピカイチ(笑)

・プログラム研究「シェアリング」(フィッシュボール形式で、実際にシェアリングをやっている
姿を周りから見て、感じた事、気付いた事を言い合うプログラム研究)
に参加して、インストラクターの方々が、迷い悩みながらも一人一人真剣に
場を作っている姿を目の当たりにして、身が引き締まる思いだった。

”大人として扱われることが、参加者が心地よく感じること”
気を遣って接するというのは、大人として扱っていないということ、
というマコ先生の言葉に、はっとした。
ここに、マドレがマドレたる理由がある気がする。
sharing.jpg
↑写真は、プログラム研究の様子。マコ先生のfbより写真拝借しました!

・会員活動ディスカッションでは、自分の野望(笑)を話したことで、
それを実現させるためにどうしようかな、と考えるようになった。
やっぱり、”言葉に出す””宣言する””それを聞いてもらう”って、
行動に移す大きなきっかけになるなーと思った。
*この野望、今は妄想中ですが、形になってきたらまたこちらのブログで
お知らせできるかと!

次は発起メンバーの1人、りえぞうさん(林 理恵)
riezo.jpg
↑発起メンバーの1人。ITの技術を惜しみなく持ち寄ってくれ、その仕事の速さと
的確さ、そして静かに燃えたぎる熱さには感動の一言。私の荒削り投げかけを、いつも補足してくれてますわーい(嬉しい顔)

・今回のマドレ合宿への参加、キタカンメンバーがマドレボニータのみなさんからよい刺激を受け、また逆に刺激を与えたのではないかと思います!
特にディスカッションはまだまだ時間が足りないと感じるほど、イントラや事務局のみなさんは会員活動についてあれこれ悩み、考えていました。
会員だけでもイントラだけでも活動は活性化しない、会員の背中をイントラのみなさんが後押しすることが必要で、私達もよこちゃん(水口陽子イントラ)に後押ししてもらっているということを思い出しました

そして、キタカンで培ったノウハウだけでなく、こんな想いでやっているというのを
シェアする交流は欠かせないな、と感じました。

kaiinsharing.jpg
↑写真は、会員活動のディスカッションの場面。マコ先生のfbより写真拝借しました!


こんな感じで、メンバー紹介とマドレ合宿のそれぞれの振り返りを
綴る連載ブログ、まだまだ続きます!お楽しみにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

(文責:鈴木 美穂(よねこ))

申込み受付中!

【埼玉県さいたま市武蔵浦和 】
産前産後クラス体感講座@武蔵浦和
日時:10月20日(日) 10:00-11:30
会場:武蔵浦和コミュニティセンター「音楽室1」
参加費:2000円
お申し込み:こちらからお願いします。

【茨城県 つくば】
『産後のボディケア&フィットネス教室(4回コース)』
日程:11月5日、12、19、25(火曜)10:30-12:30
会場:つくば市イーアスつくば内のハワイアンショップ『マカナアロハ』
つくばクラスの詳細・お申込みはコチラからお願いします

【埼玉県 北本市】
『産後のボディケア&フィットネス教室(4回コース)北本出張クラス』
日程:11月29日、12月6、13、20日(金曜)10:00-12:00
会場:JR高崎線 北本駅から徒歩10分の施設(駐車場あり)
北本クラスの詳細・お申込みはコチラからお願いします


Posted by キタカンボニータ at 12:58 | マドレ合宿 | この記事のURL | コメント(0)
マドレ合宿2013withキタカン @キタカンプレゼン [2013年09月24日(Tue)]
こんにちは!
キタカン☆ボニータ発起人の鈴木美穂(よねこ)です。
三連休初日の21日、北関東のNWECで行われたマドレ合宿に、
キタカンメンバーも参加してきました!
しおりに写真入りで参加者一覧が載っていて、感動ー!
siori.jpg
そして集合写真!
gathering.jpg
なぜキタカンメンバーが!?
えー、私が売り込みました!(笑)
マコ先生がTwitterで「今度の合宿の場所、どこがいいかなー。
また会員さんと交流する時間もあるといいかも」とつぶやいていたのを見つけ、
「ぜひぜひ北関東でキタカンと!!」とぐぐっと一押ししたのですー。
自分、GJ(GoodJob)!
やはり、機会は自ら作らないとねー♪

更に、実行委員会にも図々しく加えてもらい、キタカンが持ち寄れるものを
キタカン内でも話し合い、
・キタカン☆ボニータとは?その特徴と仕組みと仕掛け
・会員活動についてのディスカッション
という時間割を加えてもらうことに。

マドレ合宿でどんな時を過ごしたのか!?
気になる方もたくさんいると思いますので、連載ブログにしていきます。
まずは、プレゼンについて。
長いですが、一挙掲載しますね。
presentation.jpg
(写真は、マコ先生のfbから拝借しました!)
*ちなみに、プレゼンの前には、マドレ恒例、踊れる体作り講座で汗をかき、
足ガクガクになってから(これは私だけか!?)のスタートです。
おかげでリラックスできましたわーい(嬉しい顔)皆、ジャージで首タオルだし(笑)

【What's KitakanBonita!?】のプレゼンでは、私設マドレコミュニティ、キタカン☆ボニータがどのように始まり、どんなメンバーがいて、何をやっているのか、
そこにある仕組みや楽しく活動を続けるための仕掛けについて話しました。
キタカン☆ボニータは、マドレボニータの正会員、賛助会員が集まって活動しているグループです。
活動内容は、体験会、出張クラスの主催、ニューズレター発行、会員や卒業生の交流の場を作る、助成金の申請、など。

マドレボニータの理念に共感しあって、何かしたいと集まった仲間たち。
”じゃあ始めよう”と活動を開始!

【持ち寄る関係性】で【主体的な活動】がすぐに始まるか、
というと、そういうわけではなく、やはり仕掛けが必要で、
その仕掛けは産後クラスのシェアリングのように、
まずは自分に向き合い、ペア(1対1、または少人数のチーム)で話す、聞く、を繰り返し、
そこからようやく全体が盛り上がってくるように感じています。
そして、なんといっても会うこと、話すこと、動くこと、その機会を増やすこと。
バランスボールエクササイズや踊れるカラダ作りをやった後で語ることで、もっとリラックスし、話が深くなる! と実感しています。

活動の蓄積をデータに残し、それを共有することだけでは不十分で、
例えば“体験会を自分の地域で主催したい!”というメンバーの想いを実現するために、
経験豊富なメンバーがペアになって一緒に動いていく、
そのサポートツールとしてデータがある。
そうすることで、データが活きてくるのだと思います。

発起メンバーだけが盛り上がって動いていくのではなく、共感して集まってくれた仲間が、
それぞれやりたい事、できる事を行動に移していく。
【ちょっとの労力でも、みんなが動くことでいろんな広がりが生まれる】
をテーマにして活動しています。

それには、メンバー1人1人が、
“どうしてこの活動に参画しているのか。キタカンの活動を自分の言葉で話すこと
、自分とキタカンの未来構想、そして一致点について”を
定期的に発信し合う機会が必要になります。
そして、それは自ずと”自分の人生をどのように過ごしていきたいのか“と向き合うことになる。

そして、この活動をしていくのに、家族の理解や協力は欠かせないもので、
皆それぞれコミュニケーションを取りながら、活動の時間を捻出しています。
もちろん、うまくいかないこともたくさんある。
でも、こんな風に自分を主語にして、同じ目的を持って活動する仲間がいること、
場があることで、お互い助けられている。
そういうのをひっくるめて、“面白い” “エンパワーメントされる”と、
コミュニティが盛り上がっているのだと思います。

こうしたコミュニティ活動を通して、
私達マドレボニータ会員にできる事はたくさんあると感じています。
マドレボニータが企画する楽しいイベントや面白い機関誌「マドレジャーナル」の受け手、読み手であるだけではなく、
“美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる”という同じ目的を持ったパートナーとして、
主体的にこの文化の担い手として参画していく事ができる。

マドレのプログラム受益者が、私達マドレ会員によって増えていく。
そんな未来構想を抱いています。

文字だけだと、固い印象ですねー。
実際のプレゼンは、発起メンバーの1人、りえぞうさんが作ってくれた
美しいプレゼン資料と共にお届けしましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

次回ブログは、参加メンバーの振り返りを!

(文責:鈴木 美穂(よねこ))


Posted by キタカンボニータ at 05:35 | マドレ合宿 | この記事のURL | コメント(0)