CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

北上市市民活動情報センター

まちづくりの情報スペース、市民活動情報センターへようこそ!
困ったことや欲しい情報がありましたらお気軽にご相談ください。
スタッフ一同、みなさまのアクセスを心よりお待ちしています!


第12回かめのり賞 [2018年07月26日(Thu)]
@提供
公益財団法人かめのり財団

A対象となる団体
NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること
日本とアジア・オセアニアの懸け橋となる活動を目的としていること
過去、かめのり賞の顕彰を受けていないこと

B対象となる活動
日本とアジア・オセアニア(*)の若い世代を中心とした相互理解・相互交流の促進や人材育成に草の根で貢献し、今後の活動が期待される個人または団体を顕彰します。

C助成金額
【かめのり大賞】
「草の根部門」「人材育成部門」の部門毎に正賞として記念の楯および副賞として100万円の活動奨励金を贈呈
【かめのりさきがけ賞】
正賞の記念の楯および副賞として100万円の活動奨励金を贈呈

D応募期間
2018年9月21日(金) 必着

詳しくはこちら
http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html
平成31年度 「花博自然環境助成」事業 [2018年07月26日(Thu)]
@提供
公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会

A対象となる団体
公益・一般財団法人、公益・一般社団法人
特定非営利活動法人(NPO)
人格なき社団のうち非収益団体であって代表者の定めがあるもの。
(研究グループ、実行委員会、活動クラブ、友の会、ボランティア団体など。)

B対象となる活動
国際花と緑の博覧会の「自然と人間との共生」という理念の継承発展または普及啓発に資する事業であって、生命の象徴としての「花と緑」に関連する広汎な分野おいて、科学技術または文化の発展または交流に寄与するもを対象としています。

C助成金額
助成金額及び助成率は、事業区分に応じて次のとおりです。
・調査研究
一件当たり100万円以内で、2分の1以内
・活動・行催事
一件当たり50万円以内で、2分の1以内
・復興活動支援
一件当たり50万円以内で、5分の4以内

D応募期間
2018年8月1日(水)〜2018年9月14日(金)(当日消印有効)

詳しくはこちら
http://www.expo-cosmos.or.jp/main/zyosei/log/31/invitation.html
子育て支援活動の表彰 [2018年07月26日(Thu)]
@提供
住友生命保険相互会社

A対象となる団体
より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、成果を上げている個人・団体

B対象となる活動
・子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
・活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
・活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
・日本国内で活動している個人・団体であること。
・受賞時に、団体名・連絡先、代表者等の氏名(本名)、活動の写真、活動内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。マスコミなどからの取材にご協力いただける方。

C助成金額
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰盾、副賞100万円 ※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰盾、副賞50万円 ※10組程度

D応募期間
2018年9月7日(金)必着

詳しくはこちら
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/child/bosyu.html
女性研究者への支援 [2018年07月26日(Thu)]
@提供
住友生命保険相互会社

A対象となる団体
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者

B対象となる活動
・人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
・原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
・原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
・2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
・現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
・支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
・受賞時に、氏名(本名)やご家族との写真、研究内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。また、マスコミなどからの取材にご協力いただける方。

C助成金額
◎スミセイ女性研究者奨励賞 10名程度
助成金として1年間に100万円(上限)を2年間まで支給します。助成期間は2019年4月から2021年3月までの2年間の予定です。

D応募期間
2018年9月7日(金)必着

詳しくはこちら
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/women/bosyu.html
平成30年度公益財団法人1more Baby 応援団公募助成 [2018年07月26日(Thu)]
@提供
公益財団法人1 more Baby応援団

A対象となる団体
4名以上のメンバーが活動する非営利団体・グループであること。(法人格の有無は問いません。)

B対象となる活動
・妊娠・出産に関する調査・研究
・妊娠・出産に関する正しい知識の醸成に寄与する活動
・キャリアと妊娠・出産・子育ての両立の実現を支援する活動
上記の事例に限定せず、広く理想の数だけ子どもを産み育てられる社会の実現に寄与する活動を対象とします。

C助成金額
総額200万円、一団体あたりの上限額40万円です。原則として単年度助成です。

D応募期間
2018年8月24日 当日消印有効

詳しくはこちら
http://www.1morebaby.jp/josei.html

元気シニア応援団体に対する助成活動 [2018年07月13日(Fri)]
@提供
一般社団法人生命保険協会

A対象となる団体
高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動を行っている民間非営利の団体、ボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO法人)等で、所定の要件(「申請時点で1年以上の活動実績を有し継続して運営している」等)を満たす団体

B対象となる活動
構成員だけでなく、地域の高齢者を対象とした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動(従来からの継続活動でも新規活動でも構いません)

C助成金額
1団体当り上限額12万円(助成総額最大500万円)

D応募期間
2018年8月17日(金)<当日消印有効>

詳しくはこちら
http://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/guideline/
公益財団法人日野自動車グリーンファンド平成30年度助成事業 [2018年07月13日(Fri)]
@提供
公益財団法人日野自動車グリーンファンド

A対象となる団体
Bに係わる活動・研究を行う団体・グループ等

B対象となる活動
1) 自然環境保全に資する樹木や草花の植栽の実施
2) 自然環境保全活動の実施
3) 自然環境保全に資する調査や研究の実施
4) 自然環境保全に資する教育や諸啓発活動の実施

C助成金額
活動にかかる費用最大30万円

D応募期間
2018年7月31日(当日消印有効)

詳しくはこちら
https://www.hino.co.jp/csr/greenfund/promotion.html#promotion_02
「ユースアクション東北」助成金プログラム [2018年07月13日(Fri)]
@提供
公益財団法人東日本大震災復興支援財団

A対象となる団体
次の3つの全てに当てはまる方
2人以上のチームであること
メンバー全員が原則として高校生を中心とする若者(中学生、高専生、専門学生、大学生)であること
岩手県・宮城県・福島県に居住していること

B対象となる活動
東北の若者が自分たちの力で実施する、被災地域の復興や地域の活性化に繋がる活動をサポートする

C助成金額
活動にかかる費用最大30万円

D応募期間
毎月末日(2019年3月31日まで) 

詳しくはこちら
http://minnade-ganbaro.jp/katsudou/project/youthaction/summary_01.html
国際交流基金地球市民賞 [2018年07月13日(Fri)]
@提供
独立行政法人国際交流基金

A対象となる団体
公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。

B対象となる活動
文化芸術による地域づくりの推進」「多様な文化の共生の推進」「市民連携・国際相互理解の推進」の3分野

C助成金額
正賞(賞状)と副賞(1件200万円)

D応募期間
2018年7月31日(火曜日)
※郵送の場合は当日消印有効

詳しくはこちら
http://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/index.html
2018年度 福祉諸科学事業「ジェロントロジー研究助成」 [2018年07月13日(Fri)]
@提供
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団

A対象となる団体
大学、研究所などの教育機関、研究機関等において研究活動に従事している者で、直属長の推薦を受けた研究者、研究グループ
大学院に在籍している者で、直属長の推薦を受けた研究者、研究グループ
老人福祉施設、老人保健施設、病院等の現場関係者で、直属長の推薦を受けた者、研究グループ

B対象となる活動
ジェロントロジーに関する社会科学・人文科学分野における独創的・先進的な研究

C助成金額
1 研究につき50万円を上限

D応募期間
2018年7月31日(火)

詳しくはこちら
http://www.sjnkwf.org/jyosei/gerontology.html
| 次へ