CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

北上市市民活動情報センター

まちづくりの情報スペース、市民活動情報センターへようこそ!
困ったことや欲しい情報がありましたらお気軽にご相談ください。
スタッフ一同、みなさまのアクセスを心よりお待ちしています!


日米センター公募助成プログラム [2017年11月16日(Thu)]
@提供
国際交流基金日米センター

A対象となる団体
日本または米国の非営利団体(大学、研究所、シンクタンク、NPO等)

B対象となる活動
(カテゴリーA) 知的交流分野:政策指向型事業
(カテゴリーB) 地域・草の根交流分野:対日理解促進/ネットワーク形成型事業

C応募期間
2017年12月1日(金)必着

詳しくはこちら
http://www.jpf.go.jp/cgp/grant/detail.html
2018年度 芸術文化活動助成 [2017年11月16日(Thu)]
@提供
公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

A対象となる活動
美術、音楽、舞台芸術の3部門における個人及び芸術団体の優れた意義を有する芸術活動

B助成金額
1件あたりの助成金額の上限は100万円

C応募期間
2017年12月1日(金)当日消印有効

詳しくはこちら
http://www.asahigroup-foundation.com/art/support/guides.html
2018年度“児童・少年の健全育成助成” [2017年11月16日(Thu)]
@提供
 公益財団法人日本生命財団(ニッセイ財団)

A対象となる団体
次の要件を満たしている民間の団体(法人格の有無は問わない)を対象とします。
1.申請時点で設立後1年以上の活動実績がある団体
2.常時10名以上の構成員がいる団体
ただし、「子育て支援活動」「療育支援活動」を行う団体は活動の対象となる児童・少年の延べ人数を含めます。
3.構成員の半数以上が18歳未満の児童・少年である団体
ただし、「子育て支援活動」「療育支援活動」「フリースクール活動」を行う団体には、この要件を適用しません。
4.少なくとも月1回以上を目処として定例活動を行っている団体
5.活動の一環として、地域住民との交流やボランティア活動等を実践している団体
6.助成により購入した物品を直接・継続的に活用し管理できる団体

B対象となる活動
1.自然と親しむ活動
2.異年齢・異世代交流活動
3.子育て支援活動
4.療育支援活動
5.フリースクール活動

C助成金額
1団体 30万円〜60万円

D応募期間
申請締切日は2017年11月末頃の予定ですが、具体的な期日は都道府県担当部門の 指示に従ってください。

詳しくはこちら
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/jidou/02_shinseihouhou.html
企業のための「同一労働同一賃金セミナー」 [2017年11月16日(Thu)]
現在、働き方改革の推進において「同一労働同一賃金など非正規の雇用の処遇改善」が議論されております。
 企業において非正規雇用労働者は重要な戦力であり、処遇改善への対応は大きな経営課題の一つと言えます。セミナーでは働き方改革実現会議で示された「同一賃金同一労働ガイドライン案」に関するポイントを解説していきます。
 企業にあたえる影響や企業・労働者双方のメリットをとらえ、今後企業として取り組むべき課題となる賃金制度や就業規則について考えていきます。

無題.png

1 日 時 平成29年11月27日(月) 13時30分から15時15分まで
2 場 所 北上市文化交流センター さくらホール(北上市さくら通り2-1-1)
3 講 師 小菅 久義 氏(社会保険労務士)
4 申込方法 TEL(0120-00-2873)または、FAX(019-652-8088)で申込みください。FAXはチラシに必要事項を記入し、送信してください。

お問い合わせ先
岩手県非正規雇用労働者待遇改善支援センター(厚生労働省岩手労働局委託事業)
〒020-0024 
盛岡市菜園1-3-6 農林会館4階3号室
TEL 0120-00-2873

チラシはこちら
tirashi (1).pdf

北上市HPより
芸術活動への助成 [2017年11月06日(Mon)]
@提供
公益財団法人朝日新聞文化財団

A対象となる団体
1)芸術活動・事業を主催する公益法人や非営利団体(それに準じる任意団体)、個人
2)公益法人や非営利団体が主催する芸術祭等に出演・出展するグループ、個人

B対象となる活動
a 芸術上の啓蒙普及的意義のあるもの
b 芸術家に発表の機会を広げるもの
c 地域の芸術文化向上に資するもの

C助成金額
1件あたり10万円〜100万円

D応募期間
2017年11月28日(同日中にWEB申請を完了すること)

詳しくはこちら
http://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant01.html
2018年度 防災教育チャレンジプラン [2017年11月06日(Mon)]
@提供
防災教育チャレンジプラン実行委員会

A対象となる団体
防災教育を一層充実させたいと考えている教育・社会福祉施設(保育施設・幼稚園・ 学校等)、教育委員会、NPO、民間企業、個人、地域団体(民間事業所、各種団体、行政機関)

B対象となる活動
全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポート

C助成金額
上限 30 万円

D応募期間
2017年11月24日(金)15:00までに応募企画書をホームページにアップロード

詳しくはこちら
http://www.bosai-study.net/boshu/index.html
第6期「手のひらパートナープログラム」助成 [2017年11月06日(Mon)]
@提供
田辺三菱製薬株式会社

A対象となる団体
難病患者団体、およびその支援団体

B対象となる活動
難病患者さんの療養・就学・就労等、生活の質(QOL)向上のための活動

C助成金額
1)「通常助成」:1件の助成金額の上限は100万円
2)「少額助成」:1件の助成金額の上限は30万円

D応募期間
2017年11月15日(水)消印有効

詳しくはこちら
http://www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=/csr/support/index.html
【北上市認定農業者連絡協議会主催】経営者レベルアップ研修会 [2017年11月02日(Thu)]
北上市認定農業者連絡協議会では、次のとおり研修会を開催いたしますので、是非御参加ください。

無題.png

■対象  市内で農業を営んでいる方
■とき  平成29年12月6日(水)午後1時30分〜3時30分
■ところ 江釣子地区交流センター 大ホール
■費用  無料
■申込  不要
■内容
 (1) 収入保険制度の導入について 【講師:岩手県農業共済組合中部地域センター 収穫共済課長 安部靖 氏】
   ・ 平成31年産から導入される収入保険制度について
   ・ 改正する農業補償災害制度について
 (2) スマート農業の開発と普及 【講師:株式会社みちのくクボタ ソリューション室長 照井弘之 氏】
    実践:パワーアシストスーツ、農業用ドローン
   ・ 圃場管理、作業管理のクラウドシステムについて
   ・ GPS利用の農業機械について
   ・ 農業用ドローン

チラシはこちら
http://www.city.kitakami.iwate.jp/docs/2017102700033/files/chirashi.pdf

お問い合わせ
農業振興課
電話:0197-72-8238 / 8239
E-Mail:noushin@city.kitakami.iwate.jp
アジア草の根助成 [2017年11月01日(Wed)]
@提供
認定NPO法人まちぽっと

A対象となる団体
アジア諸国で、地域の市民活動を応援する市民団体

B対象となる活動
● 専門的な知識を活用して、政策を提案していく活動
● 問題がおきた後で対処するのではなく、問題を先取りしていく活動
● 行政まかせではなく、継続する事業として市民自らがすすめる活動

C助成金額
新規1団体に対して年間50万円

D応募期間
2017年11月13日(月)18時まで

詳しくはこちら
https://citizensfund-grand.org/wp-public/wp-content/uploads/2017/10/2017_grand_youkou_asia.pdf
第4回おでかけ交通博2017inきたかみ [2017年10月27日(Fri)]
 これまでにないスピードで人口減少や高齢化が進む中、地域公共交通の利用者は減少し続け、買い物や通学、通院といった「おでかけの足」の存続が大きな課題となっています。
 このたび、こうした地域の「おでかけの足」のあり方を考えるきっかけとするべく、東北地方を中心に、地域公共交通の活性化や交通まちづくりなどに頑張って取り組んでいる約25団体の方々に集まっていただき、ポスターセッション「第4回おでかけ交通博2017inきたかみ」を開催します!

無題.png

会場:ホテルシティプラザ北上2階大宴会場
日時:平成29年11月17日(金)〜18日(土)
   午前の部10:30〜12:00
   午後の部13:00〜17:00
   18日エクスカーション
   【募集人数】出展者約25団体
         聴講者約200人(事前申込をお願いします)
参加費:無料
お申込み・お問合せ
東北運輸局交通政策部交通企画課
齋藤、住吉
TEL:022-791-7507
FAX:022-791-7539

詳しくはこちら
おでかけ交通博2017inきたかみチラシ (1).pdf
| 次へ