CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

さんの画像
きたかみ観光推進室
プロフィール
ブログ
Google

www を検索 サイト内
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
最新コメント
戸田久一
(有)黄金製麺所 (05/10) okuderazeki
6.村崎野大乗神楽保存会 (07/28) okuderazeki
6.村崎野大乗神楽保存会 (07/28) 相互リンクサイト「スタンダードリンク」
技を知る〜ワンポイントレッスンC (05/28) かな
みちのくの民謡 (05/13) noname
今日の桜です(4月21日) (05/13)

http://blog.canpan.info/kitakami-style/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kitakami-style/index2_0.xml

北上観光協会 きたかみ観光推進室 プロジェクトリーダー 菊池広人 都道府県 岩手県 詳細住所 〒024-0092 岩手県北上市新穀町一丁目3番地31号 E-mail info@kitakami-style.com
岩手県北上市のイベント情報産業観光情報工場見学情報物産情報地元の匠の皆さんなどを紹介しています。北上市内の便利なマップやイベントカレンダーも公開していますので、是非ご利用ください。

・「北上のお土産にお勧めのお菓子!一覧」
・「北上市の工場見学レポート一覧」
・「北上市の物産・工芸レポート一覧」

<北上市内の便利なマップ>
・味わいを知るマップ(お菓子づくりの匠のマップです)
・技を知る&企業イベントマップ
・北上市イベントマップ
・きたかみ景観資産マップ

<北上市内の便利なカレンダー>
・北上市のイベントカレンダー
・北上市のスポーツ関係カレンダー
会社紹介 ≪トヨタ紡織東北≫ [2010年11月25日(Thu)]
2010年9月29日(水)、 ≪工場萌えツアー 第1弾 〜トヨタ自動車を知る≫ で工場見学致しました、トヨタ紡織東北 株式会社 様 について紹介致します。

トヨタ紡織東北〜外観

【会社紹介】

トヨタ紡織グループ関連会社の一員として、2009年10月、関東シート製作所から、「トヨタ紡織東北 株式会社」 に社名変更されました。

前身は関東シート製作所で、1957年横浜市に設立されました。
関東自動車工業東富士工場(静岡県裾野市)、セントラル自動車(神奈川県相模原市)にシートなど自動車内装部品を生産供給してきました。1993年に東北初の完成車組立工場の関東自動車工業 岩手工場操業に伴い、北上工場(北上市)を設置し、2002年に本社を北上市に移転しました。

2009年12月には、トヨタ紡織グループのTB岩手(金ケ崎町)を統合しました。
これにより同社が生産していたエンジンカバーやフェンダーライナーなど外装品も生産品目に加わり、部品メーカーとしての幅が増しました。

セントラル自動車(相模原市)本社工場が移転する宮城県大衡村でセントラル向けシートを造る宮城工場を建設中です。
東北で造られる全トヨタ車の内装品の生産を担うことになります。

自社グループでシート素材の裁断、縫製、部品溶接や組み立てまで一貫生産できるのが強みです。特に縫製工程は熟練した技術が必要とされ、地元採用の従業員が高い品質を支えています。2007、2008両年には紡織グループの表彰も受けました。

トヨタ車のベルタ、オーリス、ブレイド、ラウムなどの自動車内装品製造しており、ドア内部のトリム(内張り)やシート内部の樹脂、ウレタンなどを生産しております。

プラスチック射出成形機を5台保有し、ピラー、インパネなど自動車内装の部品生産の増強を図っています。

主な取引先は、トヨタ紡織、関東自動車工業、セントラル自動車などです。
生産拠点は北上、宮城両工場のほか、セントラルの相模原の工場に納入する相模原工場と、関東自動車工業・岩手工場敷地内の金ケ崎工場です。
セントラル自動車移転に伴い、相模原工場は閉鎖されます。

【発見ポイント】

●従業員は、450名余。2交代制で製造しております。2010年の新卒者は、20名余でした。
「革新」「創意」「融和」をモットーに社員一丸となって、トヨタを支える部品メーカーとして躍進しつづけている会社です。

●相去自治会のみなさんを招いて、秋祭りを行うなどのCSR活動をしています。

●生産性向上やコスト低減を推進するため、毎月1回、改善活動の全社報告会を開いています。生産現場の改善への意識を維持しながら、成果をほかの部署にも波及させる効果を挙げているそうです。

●社名変更に伴い、工場長や班長らを親会社の工場に派遣し、トヨタ生産方式などを学んでレベルアップを図っており、トヨタグループの一員として従業員の意識などソフト面をさらに引き上げるいい機会にしたいそうです。

工場萌えツアーでの様子(プレゼンして頂いています)

●工場萌えツアーで見学させて頂いたラインは、「成形工程」 と 「接着工程」でしたが、車種ごとに組立台があり、車種毎にシートの色も様々で、オーダー順に製造されておりました。勿論のこと、 「カンバン」 によって製造指示されるので、必要最小限の在庫管理されています。

ロビーの展示コーナー

、「現地調達率は何%ですか?」 「トレーサビリティはしっかりやっているのですか?」 などと、専門的な質問も活発に飛び交っていました。

金属加工モノは近隣にない為、調達率は低くなるそうです。

日本の自動車産業を担う現場を見ることができ、とても勉強になりました。
ありがとうございました。


●工場見学についてのお問い合わせは、下記へどうぞ。

トヨタ紡織東北 株式会社

(024-0051) 岩手県北上市相去町平林15番13
TEL:0197-67-1111
FAX:0197-67-1115
http://www.tb-tohoku.co.jp/


技を知るマップはこちら!
会社紹介 ≪岩手河西≫ [2010年11月24日(Wed)]
2010年9月29日(水)、 ≪工場萌えツアー 第1弾 〜トヨタ自動車を知る≫ で工場見学致しました、岩手河西株式会社 様 について紹介致します。

岩手河西外観

ロビー

【会社紹介】

岩手河西は、河西工業株式会社の子会社の一つです。
トヨタ自動車(株)グループの車両生産会社である 『関東自動車工業株式会社』 の岩手工場増産に伴なう自動車用内装部品の製造・販売をおこなうため、2006年10月設立致しました。

トヨタ車のみならず、カーインテリアの様々な部分で革新的なモジュールを供給しています。
内装トリム製品や防音関連製品を製造しております。

直接触れることの多いドアトリムやコンソールボックス、ヘッドライニングなど、万が一の場合に衝撃を緩和し、なおかつ破片などが乗員を傷つけない配慮はもとより、高い外観品質とデザインで快適な移動空間を演出します。

また、直接目に触れることが少ないダッシュインシュレーターなどの防音部品においても防音性能の評価実験を繰り返し、より高い静粛性の実現に取り組んでいます。

【発見ポイント】

●従業員は、80名余。(女性 20名)

●河西工業グループは、北米、アセアン、中国向けに広く展開しています。

●トヨタ自動車の社内には設計、開発部門チームが常駐しており、厳しい競争の中、進化し続けるデザインに対応した製品設計に一生懸命取り組んでおります。

3次元CADの教育を受けた者を10名本社採用し、岩手河西には7名勤務しております。

●内装品は、重量を軽くすることでしか、燃費向上に貢献できず、厳しい認定やコスト削減に取り組んいるそうです。

現在の製品と以前の製品を手にとって、重量を比較させて頂きましたが、明らかに軽量化されていて吃驚しました!

●工場内で目を引いたのは、KPM成形マシン! かなり大きな製品を成形できるのが特長で、近隣の類似製品を製造する工場の中でも一番大きいマシンだそうです。

1台数億するマシンは、河西グループ全体で40台有しているそうです。移り変わりが激しい部品供給を減価償却するのは、大変だと感じました。

●≪全てのものを、小さく、少なく、軽く、短くし、さらに美しさを極限まで追求しましょう!≫ をモットーにしており、「1円の節約、1円の利益」 「1秒の短縮、1円の利益」 の標語が、とても心に響いてきました。

●工場萌えツアーの参加者からは、「こんなにたくさんの部品(20,000〜25,000点)から自動車が成り立っている事を知った。それを思えば、自動車が安いと感じてしまう」 と、企業努力を理解して頂いた労いの言葉が掛けられていました。


工場萌えツアーの様子

【主な工法】

●KPM工法
芯材である熱せられた樹脂を型内に送り込み、表皮材と一緒に低圧プレス加工することで、張り合わせを行うことなく美しいドアトリムが作り出されます。

●同時成形
芯材と表皮材を同時に加熱し、同時に成形加工し、サイクル(成形にかかる時間)の短縮を図ります。

●木目込み工法
ドアトリムにクロス材を張り合わせることにより、美しい装飾を実現します。

●INJ成形
型に溶けた樹脂を流し込み、硬化させる成形法です。

●パウダースラッシュ工法
熱せられた型の中に塩ビの粉を注ぎ込み、回転させることにより、本皮の様な風合いを持った表皮を成形することが出来ます。

●真空成形
熱せられた表皮材を型内で真空の力を利用して成形することにより、シャープなラインを持った製品を造り出します。

●圧空アシスト工法
加熱された表皮を真空成形すると同時に、吸音材裏面に冷却エアーをかけ、フィット性の高い高性能なダッシュインシュレータを作り出します。

日本の自動車産業を支える現場を知ることができました。
ありがとうございました。


●工場見学についてのお問い合わせは、下記へどうぞ。


岩手河西 株式会社

(024-0051) 岩手県北上市相去町山根梨の木43-130
TEL:0197-71-2570
FAX:0197-67-6131
http://www.kasai.co.jp/index.html


技を知るマップはこちら!
ワンポイントレッスン 11 [2010年11月24日(Wed)]
ワンポイントレッスン 11 〜ニット、ウールに関するレッスン〜



メリヤスとは? (Wikipedia より抜粋)

メリヤス(莫大小・目利安、ポルトガル語 meias・スペイン語 medias)とは、縦横方向ともに伸縮性のある布、またはメリヤス編みのことです。

元の意味は靴下。現代日本の服飾業界やファッション用語としてはニット(knit)と同義で扱われ、ニット製品全般を指します。

日本では昭和30年代頃までは機械織りによる薄地の編物全般をメリヤスと呼称し肌着・靴下等の伸縮性を求める衣類全般、または伸縮する生地を指しました。

1954年(昭和29年)にミシンメーカー大手のブラザー工業株式会社が編機分野と家庭電器分野に進出したことで、機械織りが可能な家庭用編み機が日本全国の家庭でブームとなり、編み物が衣料用生地の主要な位置を占めるようになりました。

縮絨(しゅくじゅう)とは?(コボラリンチェHP、Wikipedia より抜粋)

編み上がった編み生地を専用機で洗濯・乾燥するのが縮絨です。
高級ニットの風合いや上質の光沢を出し、肌触りやしなやかさを左右するデリケートで技術を要する工程です。

毛織物の仕上げの工程で、組織を緻密(ちみつ)にし、また毛端を絡ませてフェルト状にします。
石鹸(せっけん)溶液やアルカリ性溶液で湿らせ、圧力や摩擦を加えて収縮させます。


リンキングとは?(コボラリンチェHP より抜粋)

リンキングは端目のかがり縫いの方法のひとつで、編地にアラメ(ルーズコース)を作ることにより、そのアラメのループを一列に並んだポイント針に刺し、二つの編み立てされたパーツをチェーンステッチでつなぎ合わせる縫製


ウールとは?(ウールマークカンパニーHP、Wikipedia より抜粋)

ウール (wool)または羅紗(らしゃ)は、羊の毛(羊毛)またはそれを織った布のことをいい、動物繊維の一種です。

日本では毛織物と呼ばれます。これを人工的に模した合成繊維がアクリル繊維です。
一般的には羊毛を指しますが、広義ではアンゴラ・アルパカ・ラクダの毛も含まれます。

羊の種類は、メリノ種が代表的ですが、世界中で羊は飼育され、ウールが生産されています。中でもオーストラリアは世界羊毛生産の24%を占める世界最大の牧羊国です。羊毛の貿易では世界の45%がオーストラリアの羊毛です。


ウールマークとは?(ウールマークカンパニーHP、Wikipedia より抜粋)

ウール製品の品質基準をクリアしたことを示す品質保証マークとして、ウールマークがあります。
当初1964年9月に20ヶ国で始まったが、現在は140ヶ国で使用され、世界中の子供からお年寄りまで幅広く知られています。

ウールマークとは【AWI】 (オーストラリアン・ウール・イノベーション) が定めた厳しい品質基準をクリアした製品につけることが許されるものです。
マークをつけるための基準は以下のようなものです。

1. ヒツジの新毛を使った純毛製品であること。
再生繊維には許されない。新毛99.7%以上が基準である(毛100%だからと言ってマークが付けられるわけではない)。

2. 強度や染色堅牢度の基準をクリアしていること。

3. 装飾用としての、他繊維の混入率は5%以内であること。

4. ウールマークライセンスをもつメーカーの製品であること。
ライセンスを取得するための審査(縫製の審査など)をクリアしないと、ライセンスは受けられない。

繊維以外にもウールマーク認定商品があり、ウール・おしゃれ着・ドライマークの中性洗剤や、液体酸素系漂白剤、衣類用柔軟剤、衣類用防虫剤にも表示されています。
中でも白元の「パラゾール」、「ミセスロイド」は防虫剤として世界初の認定を受ける快挙を成し遂げています。


≪獣毛について≫ (ウールマークカンパニーHP、Wikipedia より抜粋

モヘヤ(Mohair)
アンゴラ山羊(Angora Goat)の毛。
滑らかで白く美しい光沢を持った繊維。トルコが原産。

カシミヤ(Cashmere)

カシミヤ山羊

カシミヤ山羊(Cashmere Goat)の毛。
名前は、インドの北部高山地帯のカシミール(Kashmir)地方の古い呼び名に由来します。毛質は細く、柔軟で独特のぬめりがあります。
保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされます。

肌触りの良さと希少性から高級素材として人気が高いが、識別方法の難しさから羊毛などを混ぜる偽装が後を絶たず、「流通量は生産量の4倍」と言われています。

しかし2009年9月、岩手県立大学の倉林徹教授らの研究チームが、テラヘルツ波を照射し、振動波を確認してカシミヤの純度を数分で識別する技術を開発しました。
実用化により偽物排除に一役買うことが期待されています。

キャメル(Camel)
ラクダにはアラビア、アフリカに棲息する「こぶ」が一つの単峰種と、イラクの東部、ロシア南部、中国北西部を含む中央アジアの砂漠地帯の二つ「こぶ」の双峰種の2種類があります。
前者は毛が短く太いので、ほとんど利用されません。
毛布などに使用されているのは後者のものです。

このラクダには太さ15〜24ミクロン、長さ25〜125mmの非常に細く、柔らかい弾力性を持ったラクダ色主体の毛と、太さ15〜120ミクロン、長さ125〜300mm位の褐黒色の剛毛が体表に混生しています。

ラクダの毛は毎年、晩春に抜け替わるので、その時に落ちたものを拾い集めて、剛 (Hair)を分離し、細い毛(Wool)だけを使用します。剪毛はしません。

アルパカ(Alpaca)

アルパカ

ラクダ類のラマ属に属する動物の毛。
南米ペルーの中部から南部、およびボリビアなどに分布し、海抜3,650m以上の高地に棲息しています。
ウールとヘアーの両方の特性を持っています。
手触りは滑らか、弾力と絹様の光沢を持ち、繊度が揃っています。
若い間は23ミクロン位であるが、年齢とともにだんだん太くなり、27〜28ミクロン位になります。
毛の色は、こげ茶、灰色、淡茶、白、黒、混色などいろいろあります。

ラマ(Llama)
ラクダ類、ラマ属に属する動物の毛。
同属にはアルパカ(Alpaca)、ビキューナ(Vicuna)などがいますが、いずれも南米太平洋側の3,600m以上の高地に棲息しています。 この中で、ラマは一番大型の動物で、毛は30ミクロンより細いものから、50ミクロン以上の太いものまでが混生しています。

ビキューナ(Vicuna)

ビキューナ

ラクダ類、ラマ属の一種で、南米西部のエクアドルからアルゼンチンへかけてのアンデス山脈の6,000〜7,500mの高地に棲息しています。
背丈80センチ前後、体重35〜45kg位で、ラマ属で最も小さい動物です。
体表に10〜14ミクロン、長さ20〜50mmの毛が密生しています。
非常に臆病な動物であるため家畜化ができず、絶滅寸前。
したがって、保護政策が取られており、狩猟および取引が禁止されています。

グァナコ(Guanaco)

グァナコ

ラクダ属、ラクダ科の一種。
ペルーが原産地。
アルゼンチンに野生の状態で棲息しています。
毛の長さは250mmにも達し、粗剛なものと、18〜24ミクロンのワタ毛が混生しています。
毛の色は、背が赤茶色、腹部が白色。紡毛原料、毛布の原料として用いられています。

アンゴラ(Angra)

アンゴラウサギ

モヘア(アンゴラ山羊)のように長く白い毛が育つことから「アンゴラ・ラビット」と名づけられた兎です。
フランスを中心にチェコ、ドイツ、中国、日本などで飼育されています。
その毛は手触りがやわらかく、軽く、パステルカラーの発色が良く、ニットに向いています。
会社紹介 ≪コボラリンチェ≫ [2010年11月24日(Wed)]
来る 2010年12月8日(水)、工場萌えツアー 第3弾 で工場見学を致します、株式会社 コボラリンチェ 様について紹介致します。

コボラリンチェ全景

【会社紹介】

先ずは皆さん、社名が面白いと思いませんか?
印象的な社名なので、どんな会社なのか興味を持ってしまいました。

この社名の由来は岩手県で唯一のニットメーカーであることから、岩手県出身の童話作家である宮澤賢治の『注文の多い料理店』という物語に登場する料理店の名前『山猫軒』からインスピレーションを得てイタリア語で“山猫の棲家”という意味の『Covo la Lince/コボラリンチェ』と命名したそうです。

あえてイタリア語で命名したのは「世界に通用する技術で作り上げる岩手発のニットを」という夢を託しニット技術の最高峰のイタリアに敬意を表しているからです。

前身は丸三ニット。こちらの社名がお馴染みの方もいらっしゃるかと思います。経営が愛知県の近藤株式会社に変わり、平成14年4月設立。平成17年3月に株式会社コボラリンチェに改称しました。


【発見ポイント】

●猫好きは思わず微笑んでしまうパンフレットを頂きました。

トレードマークのキャラクターはセーターとマフラーを身に付け、手に編み棒を持った山猫です。
この山猫は社名のコボラリンチェが“山猫の棲家”なので、そこに棲んでいるお洒落な山猫をイメージしてデザインされたそうです。

そして宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』から『山猫軒』の文字と、ニットなどのメリヤスを意味する当て字の“莫大小”という文字を入れられています。"

●山猫の称される従業員は35名余。
ほとんどが女性で、パターン作成や編み機で編む作業、パーツを縫い合わて仕上げる作業をしておりました。男性は7名で、染め加工などをしておりました。ここ2〜3年の新卒者採用は2〜4人で、一人前(仕上げ加工ができるまで)に育てるのに、3年はかかるそうです。勤続年数は、長い方で30年勤めているそうです。

グランデーションの間隔を決める作業をしています。
 
●デザインは専属の有名デザイナーがおり、ちょうど訪問した際は、横でサンプル品の打合せをしておりました。世界に向けて発信している現場と同じ空間にいることができ、こちらも少しだけキャリアウーマンになったような気分が味わえました。

●熟練の職人が行う後加工染色やカシミアなどの高級素材の加工技術を得意としております。手触りが≪ふんわり、やわらか≫の白いカシミヤをグランデーションに染め加工した品を見せて頂く事ができました。

染色機

キレイなグランデーションですね!

●随時、即売会も行っております。高級品のカシミヤのストールなども、定価の半額以下で購入することもできます。是非、ご覧になって下さい。


≪コボラリンチェのここがすごい!≫

毛皮のように長い毛足を持たせる特殊なカシミアのファー加工などは、以前は特殊な編機でしか作ることが出来ませんでしたが、それを職人の熟練技術によって従来の編機で製品化することを実現しました。

毛足の長短はもちろん、染色する過程においても技術職人の経験と勘によって、微妙な風合いや色具合などについての細かな要求に応えることも可能です。

≪ニットができるまで≫

1.設計、型紙作成 → 2.編立 → 3. 縮絨(しゅくじゅう)、染色 → 4. 縫製、リンキング → 5. 仕上げ、検品  の5段階を経て、ニットが出来上がります。

また、ニットの製法には、「成型」と「カット」があります。

「成型」は身ごろや袖を寸法どおりに編み立てし、リンキング縫製によって縫い合わせる方法です。

「カット」は、編地を四角い布状に編み立てし、型紙をあててカットし、ミシンで縫製していく方法です。

初めて見ました!丸いミシン機!

●カシミヤの「ファー加工」 の製品は、イタリアにある最高級ニットブランドの老舗 「トレンド・レ・コパン」 の2005年秋冬ミラノコレクションにも採用され、世界的にも高い評価を受けています。「鳥居ユキ」(ユキトリヰ)ブランドにも採用されています。

興味がある方は、工場萌えツアー 第3弾に参加してみてはいかがですか? お待ちしております!

文中の専門用語については、ワンポイントレッスンを見て下さいね。


●お問い合わせはこちらまで

株式会社 コボラリンチェ

(024-0332) 岩手県北上市和賀町竪川目1-200
TEL:0197-72-3111
FAX:0197-72-3939
http://www.covo-la-lince.co.jp/


技を知るマップはこちら!
技を知る〜ワンポイントレッスン 10 [2010年11月19日(Fri)]
ワンポイントレッスン 10 〜品質管理に関するレッスン〜


財団法人 日本品質保証機構 (Japan Quality Assurance Organization) HPより抜粋


●ISO 9001とは?

ISO 9001は、製品やサービスの品質保証を通じて組織の顧客や市場のニーズに応えるために活用できる品質マネジメントシステムの国際規格です。

品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001は、品質保証を通じて顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現していくものです。

組織の価値は、業績、競争力、社会的信用、認知度などによって測られますが、品質マネジメントシステムは、製品やサービスの品質向上によって顧客や市場のニーズに応え顧客満足度を高めることに寄与し、組織の価値向上をもたらすことから、製造業だけでなく情報やサービス産業でも、組織規模の大小に関わりなく広く普及しています。

さらに最近では、コンプライアンスやコーポレートガバナンスの要素のひとつである業務効率の改善や組織体制の強化にもISO 9001は活用されています。


●ISO 14001 とは?

ISO 14001は、サステナビリティの考えをもとに社会のニーズに応え、環境と経営の両立をめざす環境マネジメントシステムの国際規格です。

環境マネジメントシステムの国際規格ISO 14001は、環境リスクの低減および環境への貢献と、経営との両立をめざすマネジメントシステムです。

事業活動を取り巻く環境リスクはますます多様になり、中堅・中小組織においても環境リスクの低減努力や環境への貢献活動の重要度が増しています。

環境マネジメントシステムを積極的に取り入れ、環境と経営の両立をめざす取り組みは、持続可能な発展を求める組織の価値を高めるものとして幅広いステークホルダー(利害関係者)から高く評価されます。

また、多くの組織の環境報告書や社会的責任(CSR)レポートにおいては、組織の環境管理活動としてISO 14001のマネジメントシステムの効果が認められ、その認証取得は電気・電子産業からさまざまな産業分野に拡大・普及しています。


●QS-9000 (Wikipedia より抜粋)

QS-9000とは、米国のビッグスリー(ダイムラー・クライスラー、フォード・モーター、ゼネラルモーターズ)が制定した、自動車産業における品質システム要求事項の規格です。

その内容は、ISO9001:1994に、自動車産業向けの特有要求事項を加えたものです。

元となった規格ISO 9001:1994は改定され、ISO9001:2000が発行されているが、それにあわせて、ISO/TS16949:2002が発行された。 QS-9000は、2006年12月14日まで有効であるが、2006年12月15日以降は失効となります。

ダイムラー・クライスラー、ゼネラルモーターズは、QS-9000の第三者による認証取得を、取引条件としています。


●ISO/TS106949 とは?

ISO/TS 16949は自動車部品のグローバル調達基準を満たす自動車業界向けの品質マネジメントシステム規格です。

安全性の追求とともに環境対策やIT化の進展の中で、世界の有力自動車メーカーの調達部品の品質に対する要求レベルは高度になり、調達・納入の方法もますます多岐にわたったものになっています。

ISO/TS 16949は規格が定める要求事項はもちろん、組織の品質マネジメントシステムが各メーカーの顧客固有要求事項、規制事項などを満たしているかを評価するための自動車業界向けの品質マネジメントシステム規格で、世界の多くの自動車メーカーの要求事項に応え得るものです。

審査は第二者監査に近い位置づけのため、ISO/TS 16949の認証の取得は顧客への製品供給の維持につながります。また、グローバルなサプライチェーンに新規参入する際にも、高度な品質マネジメントシステムの構築の証明となり、新たなビジネスチャンスの獲得が期待できます。


●OHSAS18001 とは?

OHSAS 18001は責任ある組織が労働安全衛生に対する自らの姿勢を従業員と社会に示すうえで有効なマネジメントシステム規格です。

近年、労働安全衛生に対する管理を法律以上の基準に強化する組織が増加しています。自主的に労働安全衛生に取り組む姿勢は、従業員と社会からの信頼を高め、そして組織の価値向上へとつながります。

労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS 18001は、従業員やその利害関係者の業務上の労働安全と衛生に関するリスクを適切に分析・管理し、労働安全衛生マネジメントシステムを継続的に改善することで、労働災害発生の可能性やそれに伴う経営リスクを低減するための国際的な規格です。

OHSAS 18001の仕組みを導入することは、労働災害リスクの低減による、従業員の満足度やモチベーションの向上、良好な職場環境づくりを可能にし、健全な組織経営の実現と組織の社会的信頼の獲得につながります。
技を知る〜ワンポイントレッスン 9 [2010年11月19日(Fri)]
技を知る〜ワンポイントレッスン 9 〜半導体に関するレッスン〜


■パワートランジスタとは? (IT用語辞典、Wikipedia より抜粋)

トランジスタ (transistor) は増幅、またはスイッチ動作をする半導体素子で、近代の電子工学における主力素子である。transfer(伝達)とresistor(抵抗)を組み合わせた造語である。

増幅機能を持った半導体素子。1947年にアメリカのベル研究所で開発された。真空管に代わる電子素子として様々な機器に組み込まれている。

シリコンの板の上にトランジスタや抵抗などの素子をいくつも配置し、全体として一つの機能を持たせたものを集積回路(IC)という。
近年ではトランジスタの小型化が急速に進み、ICの集積度は指数関数的に上昇している。


■LSIとは? (IT用語辞典、Wikipedia より抜粋)

LSI (Large Scale Integration) が1970年代中盤に開発される。LSIはコンピュータのメインメモリや電卓の部品として大量生産されるようになった。

1970年代にそれまでの初期のICから飛躍的に集積度が高まった技術や製品を区別するために生まれた呼称だが、現在では「IC」という語と同じく単に半導体集積回路一般を指す言葉として使われている。

時代が下り、集積度が10万を超えるものをVLSI、1000万を超えるものをULSIと呼んで区別した時代もあったが、21世紀に入ってからはこうした区別もほとんど使われなくなった。


■ウエーハとは? (IT用語辞典、Wikipedia より抜粋)

ウエーハ (wafer ウェイファ)は、半導体素子製造の材料である。高度に組成を管理した単結晶シリコンのような素材で作られた円柱状のインゴットを、薄くスライスした円盤状の板である。ウェーハ、ウエハー、ウエハなどさまざまに呼ばれる。

ICチップの製造に使われる半導体でできた薄い基板。
シリコン製のものが多く、これを特に「シリコンウェハ」と呼ぶ。

ウェハは、原料の物質を「インゴット」と呼ばれる直径120mmから200mm程度の円柱状に結晶成長させ、0.5mmから1.5mm程度に薄くスライスして作製した円盤で、直径5インチ(125mm)、8インチ(200mm)、12インチ(300mm)のものがよく使われる。

ICチップはウェハ上に回路パターンを焼き付けて製造される。
通常、1枚のウェハには同じチップの回路パターンが碁盤の目状にいくつも並べられ、露光やエッチングなどの処理が行なわれる。最後に長方形に切り出されたものがICチップとなる。
インゴットは太さ数mm、長さ20cm程度の種結晶と呼ばれる中心部から徐々に溶融された原料をもとに結晶を成長させ、ウェハの直径と同じ太さで長さ数10cmから1m程度の柱状の単結晶として得られる。

原料にはシリコン(Si)、ゲルマニウム(Ge)、ガリウムヒ素(GaAs)などが用いられるが、最も広く用いられているのはシリコンで、純度99.999999999%(イレブンナイン)という超高純度の多結晶シリコンを精製、使用している。

半導体技術の進歩に伴って大きな直径のウェハの作成が可能となり、現在主流の直径200mmのウェハから今後は徐々に直径300mmのウェハに移行するとされている


■製造工程 (Wikipedia より抜粋)

半導体製造は、ウエハ上に回路を形成する前工程と、そこで作られたウエハをダイに切断し、パッケージに搭載した後に最終検査を行う後工程に大きく二分される。

尚、これらの工程は一般に複数の工程専門企業がそれぞれの工場で順次行っていくものである。1社ですべての工程を行うケースはほぼなく、あったとしても非常に稀である。

一般的には、設計・ウエハ製造・表面処理・回路形成・ダイシング・基材製造・ボンディングの各工程に専業企業が存在し、デザイン・ウエハ切り出し・アンダーフィリング・検査が前記から分かれて専業化している場合、加えて各工程で使用される材料・加工にも専業メーカーが存在する。

一つの集積回路パッケージが出来上がるまでに関わるメーカーの数は少なくとも5、多いときには30社とも言われる。


■ウエハ製造 (Wikipedia より抜粋)

集積回路の母材となるウエハの原材料は、半導体の性質を持つ物質である。一般的な集積回路ではそのほとんどがシリコンであるが、高周波回路では超高速スイッチングが可能なヒ化ガリウム、低電圧で高速な回路を作りやすいゲルマニウムも利用される。

集積回路の歩留まりとコストは、ウエハの原材料である単結晶インゴットの純度の高さと結晶欠陥の数、そして直径に大きく左右される。

2007年末現在のウエハの直径は300mmに達する。インゴットのサイズを引き上げるには、従来の技術だけでは欠陥を低くする事が難しく多くのメーカーが揃って壁に突き当たった時期があった。

シリコン単結晶引き上げ装置のるつぼを超伝導磁石で囲みこみ、溶融したシリコンの対流を強力な磁場で止めることで欠陥の少ない単結晶が製造可能になった。


■前(まえ)工程とは? (Wikipedia より抜粋)

前工程は、設計者によって作られた回路のレイアウトに従ってウエハ上に集積回路を作り込む工程である。 光学技術、精密加工技術、真空技術、統計工学、プラズマ工学、無人化技術、微細繊維工学、高分子化学、コンピュータ・プログラミング、環境工学など多岐にわたる技術によって構成される。


■後(あと)工程とは? (Wikipedia より抜粋)

前工程で良品としてマーキングされた回路をウエハから切り出し、シートに貼り付けてパッケージに搭載する。端子との配線や樹脂で封止し、最終製品の形になる。その後、初期不良をあぶり出すバーンイン試験や製品の機能を確認するファイナルテストを経て出荷される。


■ダイシングとは? (Wikipedia より抜粋)

ダイシング(英:Dicing または Die cutting)とは、集積回路などが形成されたシリコン製ウェハーを切削し、チップ化する技術である。

ダイシング工程では、前工程で製造されたウエハをチップの形に切り離す。ダイシングには、薄い砥石を用いて切断する方法と、レーザーを用いる方法が主流である。


■ワイヤ・ボンディングとは? (Wikipedia より抜粋)

チップ上の接続端子であるボンディングパッドとパッケージ端子を細い金属の線で接続する方法。
加工の容易さと電気抵抗の低さから、材質には金やアルミニウムがよく用いられる。
会社紹介 ≪岩手東芝エレクトロニクス≫ [2010年11月19日(Fri)]
2010年11月10日の≪工場萌えツアー 第2弾 〜マクロ⇔ミクロを知る≫ で工場見学致しました、岩手東芝エレクトロニクス株式会社 様 について紹介致します。

【会社紹介】

岩手東芝エレクトロニクスは、東芝グループ 542社、社員 204,000人 の中の一つの会社です。



環境変化の激しい半導体市場において、東芝の半導体は(*)世界第3位、国内においては第1位のシェアを誇っています(2009年)。
東芝全体の売上高は、6兆3,816億円。 北上市の年間予算 340億円の188倍(2009年度実績)に上ります。

※液晶テレビ 『REGZA』 の売上好調は、福山雅治さんによる効果が絶大です・・・と、以前、市民大学(2010年6月3日)で高須社長が講演されていたのを思い出しました。

≪東芝での位置づけ≫

鞄月ナ社内カンパニー >>> セミコンダクター社 >>> システムLSI事業部>>> 岩手東芝 となります。

岩手東芝は、東芝セミコンダクター社グループの中では、最北に位置しております。

≪何を作っているの?≫

半導体を作っています。
半導体は、携帯電話、テレビ、パソコン、ゲーム、自動車など私たちの身の回りのいろいろな製品に組み込まれていますが、普段はなかなか目にすることはありません。

手前に見える大きい円形がウエーハ拡大写真です。

主な生産品目は、イメージセンサー(画像製品)が多くを占め、マイクロコンピューター、LCDドライバー、ASIC、パワーMOSを生産しています。(更に応用製品へと枝分かれしていきます)



≪沿革≫

1973年、北上市にパワートランジスタの組立工場として操業を開始。
1984年、LSI一貫生産開始
現在は、多彩な製品群で東芝半導体事業を支える生産技術発信基地として東芝グループの一躍を担っています。

≪環境への取り組み≫

東芝セミコンダクター社グループ環境方針に基づき、奥羽、北上の両山系と北上川の豊かな自然に恵まれたこの地で、半導体製品の生産拠点として岩手県が表明した 「いわて環境王国宣言」 の方針実現に貢献することを目指しています。

また、環境への取り組みを経営の最重要課題、CSR活動(企業の社会的責任)の一つと位置づけて積極的に行い、調達、製造、サービス、廃棄等の事業プロセスにおいて環境配慮型の活動を実践し、環境にやさしい半導体製品の提供を通じて社会にお貢献することを目指しています。


≪主な認証取得≫
●ISO 9001
●ISO 14001    (東芝セミコンダクター社グループ統括認証取得)
●ISO/TS106949 (車載用マイクロプロセッサ)
●OHSAS18001  (東芝統合認証)


【発見ポイント】

●従業員は1,800人余。 北上市の工業人口13,000人のうち、14%を占めています。 平均年齢は38歳で、マシンの定期メンテナンス(GW,盆、正月)以外は、24時間体制で稼働しているそうです。

●敷地面積は、約300,000m2 で、東京ドーム 6.4個分です!

●スローガンは、【スピードとフレキシビリティ、そして実行の岩手東芝】

●製品の特徴として、多品種(約2,000種類)、外囲器が多彩(いろいろな形のモノ120種類)、1日の生産数が約270万個 という事が挙げられます。

●北上みちのく芸能まつりへの協賛、献血、清掃活動、中高生見学、インターンシップ、職場体験の受入れ、地産地消など、CSR活動にも力をいれているそうです。
 
●2010年10月2日、第2回 「東芝150万本の森づくり」 植林活動を、北上市和賀町にて200名の参加者と共に実施しています。2013年までに9000本を植林予定だそうです。

●2010年10月31日、自然案内人の佐々木 洋さんを隊長に、「森の科学探検隊」 を北上市稲瀬町にて実施、二子小学校の児童と保護者40名が参加しました。

●2010年11月13日〜14日、いわて環境王国展2010に出展。環境負荷低減の活動事例や東芝150万本の森づくり植林体験会の様子を紹介しました。

●廃棄物の3Rの取組みが認められ、2009年10月16日に千葉市で開催された3R活動推進フォーラム主催の3R推進全国大会において、≪循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰≫を受賞致しました。東芝グループでは、初の受賞となります。
"
※3Rとは? 廃棄物の発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用 (リサイクル)

(*)参考
2009年の世界半導体市場シェアランキングは、
1位、Intel (米国)
2位、Samsung (三星、韓国)
3位、TOSHIBA

以下、TI(Texas Instruments)、STM、8位に RENESAS(ルネサス) と続きます。

工場萌えツアーで見学させて頂いた103棟はクリーンルームで、部屋の中が写真現像室と同じ環境になっている(感光剤が塗布されている為)ことを知りました。

製造マシンは、1台億単位の高価なモノが何台も並び、参加者からは、「製造中に地震が来たらどうなるんですか?」 「耐震構造はどうなっているんですか?」 「製造中の製品はどうなるんですか?」 など、地震を心配する質問が飛び交っていました。



環境への取り組みも見学させて頂きました。
2007年には、工場のボイラー燃料として、これまで使用していたA重油をクリーンエネルギーとして着目されているLNG(液化天然ガス)に転換し、この燃料の転換により、燃料起因のCO2排出量を約30%削減することができたそうです。

LNGとは、Liquid Natural Gas の略です。


文中の専門用語は、ワンポイントレッスン 9 を見て下さいね。


●工場見学についてのお問い合わせは、下記へどうぞ。

岩手東芝エレクトロニクス 株式会社

(024-8510) 岩手県北上市北工業団地6番6号
TEL:0197-71-3003 (総務部直通)
FAX:0197-71-3200
http://www.toshiba-iwashiba.co.jp/index_j.htm

技を知るマップはこちら!
(有)黄金製麺所 [2010年11月06日(Sat)]
こんにちは!

本日は北上市諏訪町にある(有)黄金製麺所の社長小野寺文男さんにお話を伺ってきました。



こちらは昭和25年「更科製麺所」として創業し、昭和39年この地に移転した時に「黄金製麺所」と社名変更しました。

社長自ら何でもこなし、現在15名の従業員と共に美味しい麺を作っています。

また、岩手県学校給食会の工場に指定されており北上市内の小中学校にうどん・ソフト麺・中華ソバなどを卸しており、その他にも北部・南部・中部工業団地の企業や市内の老人ホーム、幼稚園などにも卸しています。

無理を言って工場の中を見せて頂きました。


ちょうど日本そばを作っているところで、小麦粉などの材料を撹拌し、ポロポロとまとまってきたら生地を薄く伸ばし細くカットします。最後はソバの太さが均等になっているかを確認します。

ほかにもたくさんの麺を作っています。

 
更木の桑茶や二子の芋を使った麺も大人気です★





みんなお馴染の物ばかりですね!

これらはイオン・ジャスコ・マックスバリュー・ジョイス・ビックハウス・アクセス・さくら野百貨店
鬼の夢などに置いてありますので是非ご賞味下さいね!

<(有)黄金製麺所>

連絡先:岩手県北上市諏訪町1−1−39

 TEL :0197−63−2509

 FAX :0197−63−6847


技を知る〜ワンポイントレッスン 8 [2010年11月06日(Sat)]
技を知る〜ワンポイントレッスン 8 〜コンクリートに関するレッスン〜

太陽 プレストレスト・コンクリート とは?(Wikipedia より抜粋)

プレストレスト・コンクリート (prestressed concrete) は、あらかじめ応力を加えたコンクリート材である。しばしば、PC(ピーシー)と略される。

pre- は以前の、あらかじめ、・・・の全部にあるという意味を指し、
prestressed は、コンクリートが補強鉄線(ピアノ線)入りのという形容詞である。

●特徴
コンクリートには圧縮力に強く引張力に弱いという特性がある。
プレストレスト・コンクリートでは、PC鋼材を使って、荷重が作用する前にコンクリート部材に圧縮力がかかった状態(プレストレス)とし、荷重を受けた時にコンクリートに引張応力が発生しないようにする、もしくは引張応力を制御するものである。
鉄筋コンクリートに比べ、引張応力によるひび割れを防ぐことができるが、コストも上がる。

通常、プレストレストコンクリートを PC(ピーシー)、鉄筋コンクリートを RC(アールシー)と呼ぶ。
ただし、建築分野では,プレキャストコンクリートのことを PC と呼び、プレストレストコンクリートのことを PS と呼ぶこともある。特に区別する場合には、プレキャストコンクリートは PCa と表記される。橋梁などの梁部材では支間を大きく取ることができることから、大規模構造物に適している。

■PRCについて
●PRCの特徴
PC はプレストレスにより、ひび割れを発生させない構造であるが、コストが一般に高い。
また、ひび割れを許容しないためには大きな力を与える必要があり、これが構造物全体に影響を与えることがある。そこで、ひび割れの発生を前提とした鉄筋コンクリートに、補助的にプレストレスを与え、ひび割れの発生を許容しながらも有害でない範囲に制御するものを PRC (Prestressed Reinforced Concrete) と呼ぶ。
性状を比較すると以下の通りである。

RC
ひび割れを許容するコンクリート

PRC
ひび割れの発生を一定幅に抑制するコンクリート

PC
ひび割れの発生を許容しないコンクリート

ただし PRC では、長期荷重に対してはひび割れを認めず、一時的な大きな荷重に対してひび割れを認める設計法が大半である。
したがって鉄道橋のように、自重(長期荷重)と列車荷重(一時荷重)の差が大きいものが適している。
近年の鉄道橋は大半が PRC 構造を採用している。

また、高速道路においても、過去に造られた中小規模の RC 床版橋に多数のひび割れが発生したことから、これに代わり PRC 道路橋の採用が増加している。

会社紹介 ≪ピー・エス・コンクリート≫ [2010年11月04日(Thu)]
先日 2010/10/28、ピー・エス・コンクリート 株式会社 北上工場 様 を訪問し、

鈴木工場長様、総務 斉藤 様に工場を案内して頂きました。

【会社紹介】 ビル

昭和33年10月に、岩手県並びに北上市の企業誘致第1号として創業致しました。
現在、日本工業規格認証取得工場として 「よい製品をより安く作る」 ことをモットーに製品を製造、施工しております。

ピーエス三菱のグループ会社として、プレストレストコンクリート(PC)技術の研鑚に務め、安全・高品質で安価な製品を提供し、社会の永続発展に貢献しております。

【発見ポイント】

●従業員は、PS社員が13名、下請け業者が50名余。

●厳しい品質管理と一貫した生産管理体制により、大幅な短期工程を実現しています。

●工場は第1工場〜第3工場まであり、工場敷地は37,693m2(東京ドームは46,755m2)、数台の橋形クレーンや天井クレーンの高さや大きさやに圧倒されます。




●≪土木部門≫
JIS(日本工業規格)に規定された橋けたは、道路橋用プレキャスト部材の定番製品で、鉄道橋や桟橋、防災施設などに幅広く使用されています。その他、PC床板は道路に敷設されるなど、優れた耐久性を実現しております。

耐久性を試す、当スタッフ 〜ドカジャン、長靴姿がサマになってます(笑)

●≪建築部門≫ 集合住宅や文化施設、学校施設などで、梁、床部材として使用されております。訪問した際は、東北大学へ納品される床部材が並べられており、圧巻でした。

●北上市の身近な施工といえば、市民プールなどです。

●環境面では、近隣住民へ騒音に関して配慮しているそうです。


説明して下さった、鈴木工場長。この製品は塩害対策のため塗装を厚くしているそうです。

Q. 会社での待遇やメリットは??

資格取得の補助などです。一級建築士、一級土木施工管理技士、コンクリート主任技士、その他コンクリートに関する資格です。

Q. 今まで地域イベントに参加されたことはありますか?

芸能まつりの花火大会に協賛しております。 (ありがとうございます!)


兎にも角にも、工場の大きさ、高さ、製品の大きさに圧巻!でした。

来る、2010/11/10、工場萌えツアー第2弾 ミクロ⇔マクロを知る で体感することができます!
どうぞ、お楽しみに!

工場見学についてのお問い合わせは、下記へどうぞ。


ピー・エス・コンクリート 株式会社

〒024-0004 岩手県北上市村崎野14地割426
TEL:0197-66-2021
FAX:0197-66-4180
http://www.psc.co.jp/

技を知るマップはこちら!
| 次へ