CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月08日

モニタリング調査2019 その6 ちょうど白露


@全景.jpg

さて、9月モニタリング調査です。(調査は9月7日実施)。
暦の上では白露(はくろ)。
ほほ日手帳2019の付録ページより「二十四節季のこと」を引用します。
―昼間の残暑はまだ厳しいですが、夏から秋へのこ交代期。
昔の人は、草木に降りた露は白濁したように見えたことを、
秋の目印にしたそうです。−

今回のモニタリング調査はその通りでした。
6:30、手元の温度計で20℃、ピーカンの八島湿原を見て調査スタートです。


P9070792.JPG

マツムシソウ。
光の当たり方次第で、これほど表情を変える花はありません。
今朝は、さわやかすぎる、白に近い紫。
日差しが強い。

P9070803.JPG

残暑厳しいなかですが、エゾリンドウを見つけました。
ザゼンソウで始まりリンドウで終わる花のリレーもアンカーが登場。


ヤナギラン.jpg

盛夏に赤い花をつけたヤナギランは種を散布。
風に乗り何処へ。

アサギマダラ.jpg

サラシナショウマに吸蜜するアサギマダラ。
羽は長旅ゆえ、傷んでいます。
霧ヶ峰で力を蓄え、秋の南下するのでしょう。
頑張れ。

6時〜7時頃に露をつけた花を多く見ました。
暦通りでした。
手元の温度計の最高温度は30℃。
晩夏と初秋をみたモニタリング調査でした。

(不肖)







posted by 不肖 at 18:46 | TrackBack(0) | 活動レポート
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック