CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年04月15日

出展情報

毎年恒例、下諏訪町の「〜ぶらりしもすわ〜三角八丁其の拾」に出展参加いたします。

当日は町営御田町駐車場(10:00〜15:00)にて、雑木クラフト第一弾「箸キット」をみたまちおかみさん会のご協力で実演・キット販売いたします。



この箸キットで使用している木は、霧ヶ峰の草原景観を守るために伐採された木です。

樹齢は30〜40年が多く見られます。
それは、霧ヶ峰で行なわれていた採草が行なわれなくなったころとだいたい一致します。
樹種はいろいろ。
アカマツ、ダケカンバ、ズミ、エゾノコリンゴ、マユミが多く見受けられます。

実は伐採された多くの木は、利用方法がなく、また搬出路もないため、草原にそのまま残されていることがほとんどです。
その光景はすこし痛々しくもあり、どうにか利用ができないかと私たちは考えました。

彼らを「お役御免」ではなくて、霧ヶ峰の持つ歴史や人のかかわり、生き物の暮らしを伝えるメッセンジャーとして人と暮らすことができたら、それはステキなことだと思いました。

箸を作るには約3時間。
木の目を読みながらすこしずつ、削る作業はすこし根気がいります。
でも、できあがった箸は、自分サイズのオンリー・ワンな逸品です。



霧ヶ峰の木で箸作り→割り箸使わず、マイ箸で
なんてキッカケにもなれたら幸いです。

どうぞ、おいでなして♪
posted by at 16:26 | TrackBack(0) | 募集&告知
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック