CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月11日

続・庄内川天然アユ友釣り大会

<前回に続き、友釣り大会の報告です。>
今年は、2組の親子での参加がありました。どちらも小学・低学年のお子さんでしたので、友釣り体験は難しいと判断。代わりにガサガサによる魚捕り、アユの掴み取りを体験してもらいました。掴み取りでは、オトリ用の鮎が10尾以上余っていたので、一人でたくさんのアユを捕まえて、楽しんでくれていました。
086.JPG

閉会式は、雨が強く降ってきたので、予定を早めて実施。
結果発表では、お伝えしたとおり、全員釣果ゼロでしたので、優勝者はなし。
その代り、用意していた優勝賞品をジャンケン大会の勝者に贈呈しました。
今年の賞品は、当会の活動にご寄付をいただいたアサヒビール名古屋工場さんへの感謝の気持ちを込めて、同工場の看板賞品『アサヒスパードライ』のギフトセットを選びました。同工場は、庄内川沿いにあり、ちょうどアユの産卵場となる中流域に立地しています。工場の前の川で、晩秋になるとアユが群をなして、産卵している。そんな川の中の様子を想像できたら、職場への愛着も湧いてくるのではないでしょうか。一度、アサヒビールさんに庄内川の天然アユの話をしてみようかと思っています。清流で育った天然アユの塩焼き×ビール。良い相性だと思いませんか?アユが沢山釣れて、美味しく食べられる、そんな庄内川に早くしていきたいものです。
092.JPG

094.JPG

偶然にも、大会の横断幕とアサヒビールギフトセットの箱の色がどちらもブルーでマッチしていました。
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 13:35| 成果物

第8回庄内川天然アユ友釣り大会

9月9日に天然アユ友釣り大会を開催しました。
今回は、開会式から不安定な天候で、雨が降ったり止んだり。
競技を開始してからも天候は回復せず、強雨と増水のため中断することになってしまいました。
069.JPG

下の写真は、強雨と増水のため、釣りを途中で諦めた参加者。
078.JPG

なお、釣果は残念ながら全員ゼロ。
天候が悪化したからではなく、アユが少ないことに根本的な原因があります。
まだまだです。
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 00:05| 成果物

2018年07月19日

庄内川 天然アユ復活史-その2-

「天然アユ復活史」と題して、庄内川のあゆみを紹介していくつもりであるが、まずは、いつ頃までアユが生息し、いつ頃から川が汚れ、アユが住めない川になってしまったか?
この疑問を解決するため、当会の資料「矢田・庄内川をきれいにする会〜川の汚れは、心の汚れ〜」(昭和54年3月)を読み返してみた。
すると、昭和30年頃までは、矢田川も庄内川も清流であったようだ。
資料の冒頭で、丹羽会長(初代)は「きれいな流れにアユが住み、数多いロマンが生れ、そして四季を通じて楽しい思い出を私は矢田川・庄内川と共に生きてまいりましたと申しますのも昭和30年頃まででした。」と語っている。「数多いロマンが生れ」を今の庄内川に照らし合わせると、まだまだ当時の清流の状態には回復しているとは思えない。
さらに、資料を読み続けると、宮田会長(現)が「つり人」1977年7月号に「矢田川・庄内川にアユがよみがえった!」と題して投稿している。それから40年、果たしてどれだけ復活したかのか?次の投稿以降で追っていく。
2.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 20:04| 活動報告

2018年07月18日

庄内川 天然アユ復活史-その1-

庄内川にアユが生息している!名古屋市内で、友釣りができる!
多くの人が、まだ知らない事実です。それでも最近では庄内川や矢田川で天然遡上アユを見る機会が増え、少しずつ知られるようになってきました。
まだまだ多くの問題を抱えている庄内川で、ここまで天然アユが増えてきた背景には、長い、長い歴史があります。半世紀の間に、庄内川がどのように変わってきたのか、天然アユを通してお伝えしていきたいと思います。
何回かにわたってお伝えしますので、お楽しみに。
無題.jpg

上の写真は、昭和51年に天然アユをはじめて確認したときの写真です。
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 23:08| 活動報告

2018年07月11日

岐阜県側まで遡上した天然アユ

庄内川から岐阜県側の土岐川まで天然アユが遡上していることが科学的な見地から明らかになっています。もし、土岐川・庄内川の天然アユにご興味があるかたは、以下の論文をご覧ください。

日本魚類学会誌 65巻1号 2018年4月25日発行 p71〜
「岐阜県庄内川水系土岐川における天然遡上アユの確認」
http://www.fish-isj.jp/publication/journal6501.html
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 08:22| 成果物

2018年07月10日

今年の天然アユの遡上状況

土岐川・庄内川に遡上する天然アユを観察し続けている方がいらっしゃます。毎年、ブログに遡上状況を載せてくれていますので、ぜひご覧ください。

http://tosan-toho.jugem.jp/?cid=13
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 10:12| お知らせ

2018年07月04日

今年も「庄内川天然アユ友釣り大会」を開催します。

昨年、7年目の大会にして初めて釣れた庄内川の友釣り大会!まったく釣れずに開催し続けた伝説的な釣り大会に、あなたも参加しませんか?庄内川が公害によって汚染された川から、天然アユで満ち溢れる清流へと移り変わる姿を毎年見つめる釣り大会です。そんな「夢見る大会」に興味がある方、参加を希望される方は、以下のHPにあるチラシをご覧ください。
https://www.yadashounai.org/
チラシ画像.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 13:51| お知らせ

2017年09月13日

ついに釣れました!

今年で7年目となる「庄内川天然アユ友釣り大会」(9/10)で、初めてアユが釣れました。当会が毎年継続してきた天然アユの遡上調査や、その結果をもとに行政等に魚道の設置や改修を働きかけてきた成果がようやく出ました。1尾も釣れない大会が過去6回も続き、参加者から不満の声が出るのではと不安でしたが、大会の趣旨に賛同いただいた参加者の皆さんに感謝いたします。
「友釣りができる庄内川」を証明することができ、庄内川にとって記念すべき1日となりました。まだまだ遡上魚の移動阻害や水質の問題など、改善すべきことが多数ありますが、まずは「友釣りで」釣れたことを喜びたいと思います。
なお、これまでの取組みの成果を後世に伝えるため、今回釣れた天然アユは剥製にして展示する予定です。完成は12月以降になりますので、それまで楽しみにお待ちください。

CBCニュースで大会の様子が放送されましたので、下記の動画をご覧ください。
■清流の魚アユが戻る?春日井の庄内川で6匹 (CBCニュース)
http://hicbc.com/news/detail.asp?id=00044AE5
ブログ大会.jpg

ブログ(アユ).jpg

(サツキマス)
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 11:20| 活動報告

2017年08月09日

庄内川河口二枚貝調査

毎年恒例の庄内川河口二枚貝調査を7/23(日)に実施しました。今年も名城大学附属高校生自然科学部から16名の生徒さんに参加していただき、ヤマトシジミの生息状況やハマグリの生息の有無等を調べました。調査の結果、今年は例年よりも採捕されたヤマトシジミの数が極端に少なく、干潟の底質は砂質分が減少し、シルト・泥の割合が増えていました。原因は特定できていませんが、庄内川中下流域での河道掘削工事の影響の可能性が高いと考えています。また、昨年度に作成した「食味を指標とした水質調査マニュアル(シジミ編)」をもとに捕れたシジミを味噌汁にして、食味(水質)を調べました。その結果、「とても食べられない」と評価する人が減少し、今年は初めて0%となりました。調査を続けて6年目になりましたが、その間に水質がわずかながらも改善されたといえそうです。また、新たな取組みとして、参加者の方々に『菅笠』を着けてもらい、河川景観の形成・保全効果や庄内川スタイルの確立を目指したPR効果についても調べました。まだまだ社会実験の段階ですが、写真のとおり菅笠を身に付けるだけで、人が川の風景に溶け込んでいるように見えませんか。(サツキマス)
二枚貝調査.jpg
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 15:20| 成果物

2017年05月09日

完成!食味調査マニュアル(シジミ編)

このたび、「食味を指標とした水質調査マニュアル(シジミ編)」を製作しました。これは、当会が庄内川河口で2012年から継続している二枚貝調査の際に行っているシジミの食味調査をマニュアル化したものです。食味調査とは、「おいしい」か「おいしくない」かを人の味覚によって判断するものです。通常、水質は高額で専門的な分析機器を利用して調査しますが、この方法は人の味覚(食味)を利用して調査するものです。食味調査を水質の調査に応用してマニュアル化したのは、日本、いや世界で初めての試みといえます。
庄内川の水質は、既存の水質環境基準を満たしていても、魚や貝がおいしく食べられない状態が続いています。このことは、既存の環境基準では、私たちの生活環境(水産利用)の保全が十分に満たされていないということです。このマニュアルをきっかけに、食味を指標とした新たな環境基準を設置につながり、結果として魚や貝がおいしく食べられる川が全国に拡がることを期待します。
※食味調査マニュアルにご興味がある方は、当会までご連絡ください。(サツキマス)
IMGP6699.JPG
posted by 矢田・庄内川をきれいにする会 at 14:21| 活動報告