CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

まちのファンクラブさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/index2_0.xml
RSS取得
みんな食堂「このゆびとまれ」 [2017年11月22日(Wed)]
button11.gif
食事をとおして交流できる心温まる居場所をつくる
みんな食堂「このゆびとまれ」
代表 小川 美紀            (2017/10/29代表 小川 美紀記入)
button11.gif
button111.gif
button32.gif  揺れるハート声の手紙揺れるハート

みんな食堂小川 006.jpg

 日本で暮らす子どもたちの置かれている色々な問題がニュースで報道されています。
 
 いなべ市の中で、地域のみんなが来れるきっかけづくりの場所、食事をとおして悩みを話せる場所、温かい場所があったらいいね。

 そういう思いではじめの一歩をふみ出そうと考え、みんな食堂「このゆびとまれ」を作りました。


button33.gif

kodomo 014.JPG
 
 困難を抱えている家庭の子どものための食堂だけではなく、誰でも来ていい悩みを話せる温かい場所作りをする。

 食事を提供するだけではなく、子どもが子ども同士でまた、地域のさまざまな大人たちとふれ合う事ができる交流の場を目的としています。

button41.gif

設立年月:2017年7月 
団体の正会員数:5名 
活動する主な地域:員弁
団体の所在地:三重県いなべ市
主な活動分野:子ども関連、貧困・労働関連
ホームページ:
ブログ:

button6.gif


inabekodomosyokudo.JPG PA310029.JPG

 H29年9月から毎月1回みんな食堂を始めました。(開催日は不定期です)

 今後、直接こども食堂に関わっていない行政、専門職、NPO、社協、民生児童委員、地域の自治会、企業、フードバンクなどに関心を寄せていただき、子どもが抱える課題を共にかかわりを持ち、活動に参画してもらい進めていければと考えています。

このゆびとまれ 004-2.jpg このゆびとまれ 005-2.jpg


button5.gif

 H28年12月からみんな食堂を立ち上げるにあたり、月1〜2回話し合いの場をもうけ活動してきました。

 場所を検討し、食材はメンバー宅にある材料を持ち寄る持ち寄るなどして、第1回を9月29日に実施することができました。
 当日、親子36組約80名の方が来て下さり色々な方と交流することができました。

PA310034-2.jpg PA310036-2.jpg

button7.gif

【団体や組織から受けた「応援・サポート」】

 行政児童福祉課へ私たちの活動を説明し、ご理解くださり、いなべ市市民活動センター調理室や空調代を免除していただきました。また、隣室の和室を飲食禁止のところ、許可していただきました。
                           
【メンバー以外の個人から受けた「応援・サポート」】

 玄米(お米)20kgを寄附していただきました。また、梅ジュースを寄附していただきました。

【メンバーから受けた「応援・サポート」】

 メンバー宅にある食材や備品など持ち寄ったことで経費をおさえることができました。

button34.gif

button9.gif

【連絡先はこちらから】

いなべ市市民活動センター

この記事のURL
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/archive/233
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1319465
 
コメントする
コメント