CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

まちのファンクラブさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/index2_0.xml
RSS取得
特定非営利活動法人haleohana [2016年11月12日(Sat)]
button111.gif
button11.gif
動物たちに帰るべき家を

特定非営利活動法人haleohana
代表 西澤美由紀           (2016/11/9代表 西澤美由紀記入)
button11.gif
button111.gif
button32.gif  揺れるハート声の手紙揺れるハート

 
haleohananisizawa.jpg
 この子が高齢だから、病気だから…引越さなければいけなくなったけど連れて行けないから…噛むから、吠えるから…子供が産まれてお世話がしきれないから…こんな勝手な理由、都合で保健所に持ち込まれる犬や猫は後を絶ちません。
 
 通常飼い主からの持ち込みの犬猫は即処分です。処分の方法は安楽死。決してこの字のように安らかに楽にして死す。という意味ではありません。多くの場合二酸化炭素による窒息死です。10〜15分かけて苦しみもがいて死にます。
 せっかく産まれてきたのに信頼してた人に裏切られ、こんな命の理(いのちのことわり)に合わないことはありません。
 
 私達は人間に翻弄され、何の罪もないのに殺されなければならない命を救うべく、また、目の前にある小さな命を救うだけでは埒があかないことから原因の元を見直すことが必要であると感じ、団体を立ち上げました。
 どうか皆様のご意見、お力、お貸し頂けませんでしょうか。

button33.gif
 
20161112neko3.jpg
 人と動物が共に幸せに暮らせる社会づくり。これこそが私達の真の目的であり願いです。
 日本はきれいで治安も良く、海外の方からもとても人気のある国で生活水準の高い国です。西洋と日本では動物感や考え方は違いますが日本人が動物の命を同質のものと捉えてきたことを忘れていると感じずにはいられません。
 
 動物だって同じ血の通った生き物です。痛みも苦しみも悲しみも感じるのです。
 人間の私利私欲の為のムダに犠牲にしてはならない。
 今一度原点にかえって考え直すべきではないかと訴えかけていくことです。

button41.gif

設立年月:2016年7月 
団体の正会員数:10名 
活動する主な地域:三重県北部地域
団体の所在地:三重県東員町
主な活動分野:環境関連、まちづくり関連
ホームページ:
ブログ:

button6.gif


image2.jpeg image3.jpeg

 近隣他県の殺処分ゼロの取り組みをされているセンターやボランティアの活動の見学に行きました。
 行政がボランティアの人手を集う働きで、保健所に収容されている犬猫達のお世話やお散歩、譲渡会を行うことにより、処分(殺処分)を免れている現状を理解し、双方、行政とセンター、ボランティアが機能し役割を担うことで仕組みが出来上がっていると感じました、それらを参考に三重県内でも取り組んでいこうと準備中です。

 保健所から引き出した犬猫達を一時的に預かる為の場所、人手、お金が絶対に必要になります、そのためには自主財源確保のためにトリミングやホテルのサービス提供、おやつや手作り食、雑貨の販売を考えています。
 
 また、私達の活動の主旨や犬猫の殺処分の現状や犬や猫を迎えることがどう言ったことか知って頂くためネットで発信やチラシ・ポスターなどを製作したいと考えています。
 
 さらに、子供たちに小さいうちから動物を慈しむ心を育んでいく為に紙芝居等での語りかけをしたいと思います。

image1.jpeg


button5.gif


button7.gif

【団体や組織から受けた「応援・サポート」】

 団体立ち当初、東員町市民活動支援センターさんにはお世話になりました。
 いろいろな情報の案内や助成金の提案やPRの場の提供や他の団体の方の出会いと交流を与えていただきました。 
                             
【メンバー以外の個人から受けた「応援・サポート」】


【メンバーから受けた「応援・サポート」】

 
button34.gif

button9.gif

【連絡先はこちらから】

とういん市民活動支援センター

この記事のURL
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/archive/229
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1228510
 
コメントする
コメント