CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

まちのファンクラブさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/index2_0.xml
RSS取得
劇団 員弁川 [2013年02月18日(Mon)]
button111.gif
button11.gif
演劇を通しての世の世話人
劇団 員弁川
                           
                           (2017/ 3/ 1更新)
                           (2015/ 2/22更新)
                           (2013/11/25更新)

代表 川村 光男               (2013/2/14 代表 川村 光男 記入)
button11.gif
button111.gif
button32.gif  揺れるハート声の手紙揺れるハート

gekidaninabe20.jpg 私共劇団(員)は、文化振興・社会貢献を目指してという(格好の良い?)自負もありますが、実際には自分達の楽しみ・生きがいというものが根底にあります。

 そこで更に進めて、個人・団体を問わず、演劇つくり(公演)を希望する人には応援やサポートをし、場合によっては台本つくり・演技のアドバイス・舞台つくり・大小道具の提供等もさせていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 さらに、役者をやってみたい・裏方(舞台・衣装小道具・製作等)を担当してみたいなど、当劇団で演劇に関わりたい方は歓迎します。当劇団はファミリー的な集団で擬似家族です、きっと楽しい演劇活動が出来ること請け合いです。年齢・性別不問、稽古場は東員町内です、常時の稽古は毎週火木土・19:00〜21:00です、こちらもお気軽に問い合わせください。

 また、舞台公演とは別に地域の集会所/寺社/施設等への出前公演(バラエティーショー)も通年やっています。特技・特芸をお持ちの方は、ゲスト出演の機会を提供させていただきますので、どうぞお申し出ください。

button33.gif

gekidaninabe8.jpg 不安の多い、せちがらい世の中、つまり、人間不信・無関心・他人事等々のこの世で、せめて人々が集い、語り合い、(利害無関係の)目的の共有ができる活動をすることです。
 
 それにより、そこに生じる人と人との絆、意思の疎通そしてみんなで考えるといった一体感等を今一度思い起こし働きかけてみたい、とそんな思いで演劇に打ち込んでいます。
 
 また、演劇は生で語り、行動し、喜怒哀楽を表現するもので、演じる方も観る方もその会場が一体となってそのテーマに入り込んでいく世界つくり、という目的を持って演劇活動を行なっています。
 
 他方、息抜き、気分転換等にというとき観劇してもらって、それがその人(達)にとっての癒しにでもなれば、これもまた一つのやりがいを感じるところでもあります。

button111.gif

スキャン0016.jpggekidaninabe7.jpg
 

kirakiraradio.jpg川村 光男(劇団員弁川 代表)
2013/02/21(25'24")
「生の舞台は観客との境がなく、お客さんが入り込んでくれる」

button111.gif

button41.gif

設立年月:1999年4月
団体の正会員数:11名 
活動する主な地域:三重県北部地域
団体の所在地:三重県東員町
主な活動分野:文化関連、高齢者関連、福祉施設関連
ホームページ:
ブログ:

button6.gif

gekidaninabe3.jpg gekidaninabe4.jpg 
 
 私共の取り組んでいる演劇は大変幅広く、郷土劇、民話劇、創作劇、文芸劇、商業劇、そして大衆演劇バラエティーショー、つまり義理・人情・娯楽版の時代劇および現代劇等々であります。

 特に定期公演(毎年11月の第一日曜日)においては、東員町文化祭の協賛行事として定着しており、演目は例えば平成24年には認知症に関わるストーリー、25年には高齢者にかかる詐欺に関わるもの、また、26年には零細企業の町工場が生き残っていく中での人間模様などを上演、27年度には自殺に関わるストーリーを予定しており、今後も時宜を得た内容の現代劇を取り上げていく所存です。
 
 また、出前公演の方は、高齢化社会という時代に鑑み、今世には欠落している過っての教訓(?)人の道、義理人情等を思い起こす大衆演劇・人情時代劇をあえて取り上げ、上演して観客と思いを共感しています。
 
 地域の自治会、老人会、団体等の行事・総会・集会時のアトラクションでの公演や施設慰問でも役立ちたいと、今後も活動を続くけていく所存であります。

button5.gif

gekidaninabe10.jpg gekidaninabe2.jpg
 
 平成10年10月に“みえ県民文化祭・演劇の集い”で東員町が当番となり、郷土劇「流れの岸辺・野村増右衛門伝」を上演したとき、この公演を機に地元で劇団を結成しようと有志が結集し、翌年11年4月に「東員演劇サークル」を立ち上げ、東員町文化協会に加盟しました。
 
 その年の10月には名作「夕鶴」を初演、以降、毎年1〜2回の自主・定期公演を実施し、実績を上げ平成16年には「劇団員弁川」と命名をしました。また16年には文化協会の設立15周年、21年には20周年記念特別公演も実施、26年には当劇団創立15周年記念公演を実施しました。

 他団体とのコラボ、諸会場の設営等にも協力しており、毎年、コラボでは、邦楽コンサートで演奏と演劇のアンサンブル、子ども歌舞伎の裏方、会場設営では茶会の会場つくりにも協力しています。
 
 平成21年には、当劇団結成10周年の節目に際し、三重県文化新人賞(知事表彰)という名誉ある賞をいただきました。平成22年からはバラエティーショー(約60分)の出前公演を実施、地区の集落センター等や寺社、福祉施設などへ行事のアトラクションとして、場所・曜日を問わずして年間20数か所に出向いて公演しています。

button7.gif

【団体や組織から受けた「応援・サポート」】
 
【メンバー以外の個人から受けた「応援・サポート」】

★袴、着物など衣装や刀、火鉢、鉄瓶、農具など小道具をいただきました。

【メンバーから受けた「応援・サポート」】

button34.gif

button9.gif

【連絡先はこちらから】

東員町文化協会加盟団体紹介から



この記事のURL
http://blog.canpan.info/kirakiraboshi/archive/118
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/804869
 
コメントする
コメント