CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

【緊急情報支援】Brasil Net〜(特活)多文化共生センター大阪〜

今般の経済状況の悪化に伴い、生活に困窮するブラジル人を対象にポルトガル語での無料情報提供携帯サイト「Brasil Net」を開設しました。サイトの情報や日々の活動の様子をお伝えします。


<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

さんの画像
多文化大阪
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/kinkyushien/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kinkyushien/index2_0.xml
投稿メッセージ集 [2009年05月21日(Thu)]
こんにちは。多文化共生センター大阪の山本です。

Brasil Netに投稿されたメッセージをとりまとめました。
前回集約以降の2月19日〜3月末、4月1日〜4月末までです。
様々な意見が届きます。
どれも、ありのままの現状だと思います。
互いに支えが必要です。

共にこの危機を乗り越えようという彼等へのメッセージがありましたら、メール(osaka@tabunka.jp)か、このブログにコメントをお願いします。



日本で暮らしたい。日本が好きだから [2009年05月12日(Tue)]
4月29日投稿メッセージ

私は岐阜県に住んでいます。

ここではたくさんの人がブラジルに帰国しています。それでもまだ多くの失業者がおり、中には非常に深刻な状況下にいる人もいます。

彼らは住まいや仕事を必要としており、多くの人が知人や親戚の家に身を寄せて、ブラジルに帰ろうとはしていません。

日本に残って働き続けたいと思っても、実際には仕事がなく、住むところもありません。これまでは会社側が賃貸アパートを契約してくれていました。そのため引っ越さなければなりませんが、日本人でないと賃貸契約は難しいです。ましては、失業中のブラジル人となればなおさらのことです。

私もブラジルに帰るつもりはありません。今回メールを送ろうと思ったのは、一般の日本人の方にもぜひ知っていただきたいことがあるからです。他にもたくさんのブラジル人のように、私もそうですが、日本に来たのは、単にお金を稼いで、ブラジルに帰って“いい生活”をするためではありません。

私の生活は、ここ、日本にあるんです。私は日本のことを愛しています。うまく言葉にできないほど愛しています。日本から離れての生活は、想像することすらできません。

私には今仕事があります。同じ工場で働き続けて7年になります。1995年以来、同じ町に住み続けています。期日通りに税金を払い保険にも加入しています。つまり私は、市民として認めてもらうために、日本のルールを遵守しています。

私はとても心配です。この世界経済危機のさなか、日本政府は、ブラジル人は国に帰るべき存在だとみなしており、門戸を閉じるためには、手段を選ばないといった印象があります。

これまで(事件や事故など)たくさんの大変なことに、ブラジル人が関わったことがあることも承知しています。しかし同じように、日本の経済成長の大部分においても、“私たちは関わっている”ことも、知っています。一部の負の部分だけでブラジル人全体を償わせるようなことは、してほしくありません。

たくさんの友人が失業中です。紹介される仕事のほとんどが、日本人のみを対象にしているか、高い水準の日本語の会話能力を求められます

もちろんコミュニケーション能力は重要だと思いますが、過剰なところがあると思います。実際のところ、工場の現場で日本語を話したり、日本語を聞く機会はまれです。たいていの場合はラインの仕事で、手順さえ覚えれば、言葉を発することはほとんどありません。

ありがとうございました。
皆さまに神のご加護がありますように


****************************************************************


(29 april)
Sou de Gifu-ken
Aqui, muitos estao voltando ao Brasil, mesmo assim ainda tem muitos
desempregados e alguns em situacao critica...

Eles precisam de moradia e emprego, muitos estao vivendo de favor na casa
de conhecidos e parentes, e nao pretendem ir embora...
querem continuar vivendo aqui e trabalhando, mas pela falta de emprego, estao sem ter onde  morar, pois o apartamento era alugado pelo empregador antes e para alugar outro apartamento estao encontrando dificuldades, sem emprego e pior ainda...

Resolvi participar enviando meu email, por que nao tenho a intencao de
voltar ao Brasil e gostaria que os japoneses em geral soubessem, que muitos
como eu, nao vieram ao Japao apenas para ganhar dinheiro e "viver" no
Brasil...

Minha VIDA e aqui... eu tenho um amor por essa terra que nem sei como
explicar, e e dificil pra mim me imaginar longe daqui.
Eu estou empregada, trabalho na mesma fabrica ha quase 7 anos, e moro na
mesma cidade desde 1995, pago meus impostos em dia, tenho Hoken, enfim...
sigo todas as regras, e respeito para que me respeitem.
Fico preocupada com toda essa situacao envolvendo a crise economica mundial, pois vejo que para o governo os brasileiros devem ir embora, estao fazendo qualquer coisa para fechar as portas.

Sei que muita coisa ruim envolvendo os brasileiros aconteceu, mas sei tambem que grande parte do crescimento do Japao tem a "nossa influencia", e que nao deve pagar pelos erros de todos.
Muitos amigos estao desempregados, e na maioria das ofertas de emprego, eles querem apenas japoneses e exigem um alto nivel de conversacao...

E importante saber se comunicar, claro, mas acho que eles estao exagerando, e muitas vezes no trabalho vc nem sequer vai precisar falar ou mesmo ouvir
nada, ja que a maioria dos empregos aqui e linha de producao, vc tem que
aprender o servico e fazer, sem conversa....
Obrigada pela atencao...

Deus abencoe voces...

ブラジル人も日本人も一緒に困難を乗り越えるときです [2009年04月17日(Fri)]
Tue, 14 Apr

Bom dia!

Moro em Hamamatsu ja ha dois anos, mas no Japão fazem 20 anos que estou aqui.nunca vi uma crise como essa.

Ainda estou trabalhando mas há muita gente sem trabalho.

Hoje de manhã quando estava ha espera do ônibus onde também havia japoneses há espera, passou um brasileiro cara de gaijin mesmo, na bicicleta gritando japoneses f.d.p. vai se f.!!

Eu achei aquilo muito feio. Já pensou se eles entendessem que chato.

Eu gosto daqui amo esse país sem esquecer o Brasil claro né. Mas jamais aceito que un estrangeiro fale mal daqui.

Pensem bem antes, porque estamos aqui,de onde vem o dinheiro para termos tudo no Brasil.

Claro com nosso esforço diário, mas se o país não abrissem a porta para nos alias não descendentes o que faria no Brasil? Catar papelão para viver.

A crise não é só aqui ela é mundial não xinguem japoneses, eles não tem culpa.

Um dia novamente você.vaiprecisar do favor deles.
Se não estão satisfeitos porque não vão embora?

Que fiquem somente aqueles que gostem daqui não só pelo okane mas sim pelo que o país tem de bom e o que nos ensinam.

==============================
4月14日

おはようございます。
浜松に住んで2年になります。日本に20年いますが、このような危機はかつて経験したことがありません。

私はまだ仕事を続けることができていますが、たくさんの人が失業しています。
今朝、バスを待っていたときのことです。バス停には、日本人も何人かいました。そこに西洋系の容貌のブラジル人が、自転車で現れ、通りがかりしなにポルトガル語で、大声で罵声を浴びせて行きました。

私はそういうことを、とても醜いことだと思います。もし、仮に、日本人がその意味を理解したら、とてもいやな思いをすると思います。

私はこの国を愛しています、もちろんブラジルのことも忘れずに。だから誰か外国人が、ここの悪く言うことは我慢なりません。

日本に来ている皆さんはよく考えてください。なぜ私たちは日本にいるのでしょうか。また、ブラジルで何でも好きなものを買えるお金はどこからきているのか。

もちろん、それは、私たちは、日々の努力の結果でもあります。しかし、もしこの国が、門戸を開いてくれなかったら、ブラジルでゴミを漁って生ていかなくてはならなかったかもしれません。
危機は、日本だけではなく、世界的なものです。日本人のせいではないので、罵倒することはやめてください。
また、あなたが再び、日本人を頼る日がくるかもしれません。
もし不満なら、なぜ帰国しないのでしょうか?

日本に残る資格があるのは、「オカネ」だけが必要な人たちではなく、この国からたくさん良いことを学ぼうと思っている人たちだけです。

会社のことを考えています。でもわからないことが多いのです。 [2009年04月17日(Fri)]
10/ABRIL

Venho por meio desta a pedir um esclarecimento.
Por causa da crise, a firma onde trabalho comunicou a todos sobre cortes de custos e que todos cooperacem para o futuro da empresa, ate ai tudo bem. Cortaram as empreiteiras, precionaram alguns funcionarios para que pedissem as contas, tiraram todas as extras de varios setores!!!

Concordo com algumas partes, discordo em varios partes, nao sei se estou certo! Todos nos nao fazemos horas extras, diminuiram nossa jornada de trabalho, apenas o escritorio tem horas extras, 3 horas todos os dias segunda a sexta. Reclamamos, mas nao teve fruto algum, nao falam diretamente, e os que nao estao satisfeito que pecam as contas.

A firma mudou completamente por causa de uma pessoa, vivemos sobre pressao, parece que trabalhamos para a yakuza, combinam uma coisa na semana seguinte mudam de ideia, fazem o que bem entender, parecemos bobos nas maos do pessoal do escritorio, mudam de assunto quando apertamos o escritorio, dizem: Fale com o kaichou!!!

Qual procedimento que devemos tomar? Sou unico brasileiro que trabalha direto para firma, tenho 13 anos de casa ao todo, nao queria jogar fora, por causa de um que mal fez um ano de casa, estamos com as maos atadas, concordo com os cortes de custo, porque somente o escritorio pode trabalhar de segunda a sexta? Porque somente eles podem fazer 3 horas todos os dias?

No nosso setor revezamos tudo, se tiver que fazer coisas a mais colocam mais um funcionario, porque somente o escritorio nao tem nada disso? Minha mulher trabalhou no escritorio, ela mesmo disse nao a necessidade de fazer horas extras, principalmente no escritorio, quando o dono vai embora alguns ficam passeando pela firma, reclamamos porque estava demais, principalmente o jeito de se comunicar com o pessoal, fazendo muitos de bobos.

Peco ajuda nao somente por mim mas sim por todos do setor que esta cooperando para que o futuro da firma nao seje abalado pela crise, estamos pensando na firma, somente isso, agradeco pela compreensao, aguardo resposta se possivel!!!!

==============================
4月10日

このメールを通じて、あきらかにしたいことがあります。

この経済危機によって、私の勤める会社は従業員全員に対して、会社の将来のためコスト削減に協力するように通知しました。そこまではいいのです。会社は派遣会社との契約を解約し、従業員の何人かは自分から辞めるようなプレッシャーをかけられ、様々な部署で全ての残業が禁止されています。

同意できるところもあるのですがそうでないことがいろいろあります。私が正しいかどうかはわからないのですが。

私たちはみんな残業がありません。仕事時間は減りました。だけど本社(事務所)の人は月曜から金曜まで毎日3時間の残業があります。

私達は会社に抗議しましたが、特に成果もなかったし、直接はっきりした説明も受けられず、「それで納得しない人は辞めて結構ですよ」という様な対応でした。会社はある人のせいで完全に変わってしまいました。プレッシャーの中にいて、やくざのために働いているみたいです。あることを打ち合わせても翌週には考えが変わります。本社にいるその人の手の中で踊らされているようなものです。本社に詰め寄ると彼らは話題を変えるのです。そして会長と話しなさいと言うのです。

私たちがとるべき方法はどんなものがありますか。

私はこの会社で社員として働く唯一のブラジル人で、この会社に勤めて13年になります。ですからこの仕事を離れたくありません。

まだこの職場にきて1年にもならないその人のために、私達は皆手を縛られているかのような状態です。

経費削減は賛成です。でもどうして本社の人だけ月曜から金曜まで働けるのですか?どうして彼らだけ毎日3時間残業ができるのですか?

私たちの部署では、時間内に業務が終わらないような場合は人員配置をするなどして対応してるのに、なぜ本社だけ何もしないのでしょう。

私の妻は本社で働いていました。
彼女本人が残業をする必要はないと言っていました。

特に本社には残業は必要ありません。社長が帰れば、会社内をうろうろしているだけの人もて、もうこれ以上見ていられないので、特に私達に対して無視したり、はっきりした説明をしないなど、多くの人をバカにしたような態度に対して抗議しました。私のためだけではなく、会社の将来がこの危機に倒れないようにと協力している部署みんなのために助けを求めます。

私たちはこの会社のことを考えています。それだけです。
ご理解に感謝します。できれば返事を待っています。


私は日本人には見えません [2009年03月03日(Tue)]
こんにちは。多文化大阪の山本です。

今週から、メールの翻訳をお手伝いしてくださる方が増えました。心強い限りです。

さて、先週、ブラジルネットに届けられたメールをご紹介します。
今の日本で、現実に起こっていることです。

私たち日本人の真価が問われているのではないでしょうか。このようなことで良いのでしょうか。
「なぜ?こんなことになっているの?」と一人でも考えてほしいと思います。

「私は3世ですが、瞳が大きいため、外見的にはあまり日本人に見えません。そのためなのか、私には面接の機会も与えられませんでした。」

「私は18年間、日本に住んでいますし、たくさんの優しい日本人と出会い、良き友人もたくさんいますが、いつもそういうわけにはいかないということがわかりました。」



===========
全文
===========
私は今失業中の身で、学齢期の子供が二人おり、夫は、明日をもって失業することになります。外国人を雇っていた派遣会社などで職を求めていますが採用枠が足りません。
私はハローワークに毎日行っているため、職員は私の名前を覚えてしまったほどです。

昨日は、老人ホームでのヘルパーの仕事がほぼ決まるところまでいきました。
けれども、ハローワークの職員と、老人ホームの人事担当者の電話の中で、私の外見のことが話題になっていることに気づきました。

私は3世ですが、瞳が大きいため、外見的にはあまり日本人に見えません。そのためなのか、私には面接の機会も与えられませんでした。

ハローワークの職員は、その老人ホームでは、すでにインドネシア人が介護職員として働いているのだから、私も同じように働くことができるだろうと言っていましたが、結局ダメになりました。

その後考えれば考えるほど、自分がブラジル人だから、こんな差別を受けているのではないか、と思うようになりました。

もし流暢な日本語の読み書きを求められたなら、私は、努力して勉強することはできます。
けれども、私の体の中には、祖父母の日本人の血が流れていますが、外見のことを言われてしまうと、私には努力のしようもありません。

私は18年間、日本に住んでいますし、たくさんの優しい日本人と出会い、良き友人もたくさんいますが、いつもそういうわけにはいかないということがわかりました。


私が今、直面しているこの問題は、ほかのブラジル人の身にも起こりうることで、このことについて発表できる機会をいただけて感謝しております。

===========