CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ブログ夢の扉

一般社団法人日本筋ジストロフィー協会の情報交換の場として活用させていただきます。
協会のホームページと共によろしくお願いいたします。


<< 2008年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
協会事務局
埼玉支部 訓練指導実施報告 (01/30) 協会事務局
埼玉支部 訓練指導実施報告 (01/05) 協会事務局
大阪支部 訓練指導実施報告 (12/27) 協会事務局
石川支部 訓練指導実施報告 (12/27) 協会事務局
岐阜支部 訓練指導実施報告 (12/27) 協会事務局
静岡支部 訓練指導実施報告 (12/27) 協会事務局
愛知支部 訓練指導実施報告 (12/26) 協会事務局
島根支部 訓練指導実施報告 (12/26) 協会事務局
京都支部 訓練指導実施報告 (12/22) 協会事務局
秋田支部 訓練指導実施報告 (12/22)
最新トラックバック
島根支部療育研修会 [2008年10月08日(Wed)]
島根支部療育研修会 が公開されました。

平成20年度島根支部療育研修会

1)研修会のタイトル  「水泳指導」
2)支部名        島根支部
3)報告者名 島根支部長 沖野 巌
4)実施場所 国立病院機構松江病院温水プール
5)実施日時 平成20年7月26日(土)、27日(日)
6)研修の内容

I. ハロウイック水平法の指導
 国立病院機構松江病院のプールを利用して、「平成20年度中国地区筋ジストロフィー患児と家族のための療育研修会(水泳指導)」が開催されました。今年は昨年より参加者も多く、中国各県より、3歳から15歳までの児童9名とそのご家族が参加。松江病院からは医師、看護師、理学療法士、療育指導室スタッフの各職種17名がスタッフとして参加していただき指導助言を頂きました。併せて今年は、広島西医療センターより研修のため参加された児童指導員・保育士6名も加わり、総勢60名で賑やかに始まりました。

II. 在宅ケアのこつ
 保護者を対象に「在宅ケアのこつ」と題した研修会も開かれました。成長期の子ども達に対する医療やリハビリのポイントについて、小児科医師、理学療法士、看護師から分かりやすく説明を頂くと共に個別相談にも応じて頂きました。




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
大阪支部療育研修会 [2008年10月08日(Wed)]
大阪支部療育研修会 が公開されました。

        平成20年度大阪支部療育研修会

1)研修会のタイトル
   「神経・筋疾患における呼吸リハビリテーションについて」
2)支部名 大阪支部
3)報告者名 大阪支部長 中岡稔侍
4)実施場所 独立行政法人 国立病院機構 刀根山病院
5)実施日時 平成20年7月19日(土)9:30〜12:30
6)研修の内容
   I. 講義(3階会議室)
     @ 「神経・筋疾患における呼吸リハビリテーションの必要性」
     A 「神経・筋疾患の呼吸理学療法の実際」
   II. 実技演習(1階リハビリ棟)
     @ 最大強制換気量(MIC)を得る練習
      ・ 救急蘇生パックを用いた深呼吸練習
      ・舌咽頭呼吸法の練習
     A 排痰の練習
      ・咳の練習
      ・徒手胸郭圧迫法の練習
      ・吸気介助による咳嗽練習
      ・カフマシーンを用いた練習




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
長崎県支部療育研修報告 [2008年10月01日(Wed)]
長崎県支部療育研修報告 が公開されました。

1) 研修会タイトル 「より良い療育環境を目指して」
「障害者自立支援について」
2) 支部名 日本筋ジストロフィー協会 長崎県支部
3) 報告者名 川原貴博
4) 実施場所 大村市福祉センター
5) 実施日時 平成20年9月7日 13:00〜16:00
6) 研修会の内容
「より良い療育環境を目指して」
・障害の早期発見に関係する母子保健制度について
・障害のある乳幼児者の早期対応としての療育システムについて
・障害のある乳幼児者をとりまいている福祉の動向について

「障害者自立支援について」
・障害者自立支援法の概要について
・障害者自立支援法にいう福祉サ−ビス体系について
・介護給付及び訓練等給付のサ−ビス内容について
・認定基準について
・7月からの変更点について




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
沖縄県支部療育研修報告 [2008年10月01日(Wed)]
沖縄県支部療育研修報告 が公開されました。

最近の「筋ジストロフィー症」原因・治療研究成果の進展

1) 研修会タイトル  平成20年度 療育研修会
2) 支部名      日本筋ジストロフィー協会 沖縄県支部
3) 報告者名     沖縄県支部長 高嶺正秀
4) 実施場所     那覇市松川町 沖縄都ホテル 地下1階「綾羽の間」
5) 実施日時     平成20年6月29日(日曜) 10:30〜17:30
6) 研修会の内容

  最近の「筋ジストロフィー症」原因・治療研究成果の進展等明るい光が見えるなか、本年度療育研修会の参加者は近年になく、50名を越え盛況であった。先ず午前11時から新門 登氏の「在宅筋ジス患者の現状・社会活動の取り組みにつて」の講演を行った。 自ら筋ジス病と闘い13年前に沖縄病院を退院し在宅治療に変え、治療と自立生活・社会活動参加に取り組み、現在は障害者介護支援事業所を立ち上げ、多くの在宅障害者と派遣介護士等を雇用して、在宅筋ジス患者を始め在宅障害者の生活介助支援に取り組んでいる。この事業立ち上げに至るまでの苦労等の講話であった。同氏の社会活動の影響を受け、現在これら派遣介護士の事業を数名の在宅筋ジス患者それぞれが事業所を立ち上げ営業を活動している。会員・家族に大きな感動を与えた。




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
プロフィール

日本筋ジストロフィー協会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/kinjisukyoukai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kinjisukyoukai/index2_0.xml
月別アーカイブ