CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
幼児さんから、小・中・高・大学生・大人まで学べる塾「スペースわん」での出来事や
子育て中のパパさんママさんへのメッセージ、
そして、介護中のみなさんへお伝えしたいこと、などを
つらつらと書いてみます。
安心子育て、応援したい。安心介護も、応援したい。
そんな私の学びやつながりも紹介します。
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
グリーンカーテン、2階に到達! [2017年07月23日(Sun)]
5/24のブログ(http://blog.canpan.info/kikurinferin/category_11/1
に書いたグリーンカーテンのその後で〜す四つ葉

まずは、朝顔たち〜(^^)/

琉球朝顔のクリスタルピンクは、
DSCN2565.jpg

DSCN2564.jpg

1階の屋根へ到達!
DSCN2563.jpg

もう一種類の琉球朝顔クリスタルブルーとともに、
さらに這い上がってきています!
DSCN2547.jpg

クリスタルブルーは、
DSCN2422.jpg

葉っぱはよく茂ってくれているのですが、
花がまだ少ない。
でも、葉っぱが2階の窓を覆ってくれればOK!

西洋朝顔のフライングソーサーは、
DSCN2447.jpg

たくさん花が咲き、
DSCN2445.jpg

花も1階の屋根を越えました〜!
DSCN2574.jpg

ただ、西洋朝顔の後の2種類は、花があまり咲かないまま、
1階の屋根を越え、その先にネットがないので、
樋のあたりをさまよってます顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

昨年までのこぼれ種の日本朝顔。
DSCN2573.jpg

これがやっぱり一番風情があるかもにこにこ
DSCN2572.jpg

次は、ゴーヤー!

DSCN2556.jpg

今年はやっぱり土がよかったのか、
しっかり茂ってくれてます!
日本朝顔も交じってます。

教室の中から外を写すと、こんな感じ。
DSCN2568.jpg
これは下の方。

上の方は、まだちょっと・・・。
DSCN2567.jpg

実も今年はたくさんできてます!
DSCN2548.jpg

この子は、
DSCN2551.jpg

先日収穫し、
DSCN2578.jpg
豚肉、卵と炒めて、私のお腹へ〜顔1(うれしいカオ)

葉っぱが一番大きいヘチマは、
DSCN2555.jpg

1階の屋根を這い上がり、
DSCN2442.jpg

2階の南側の窓を覆い始めました!
DSCN2544.jpg

ここは、すだれも掛けているので、こんな感じ。
DSCN2545.jpg

花もたくさん咲いてます顔1(うれしいカオ)
DSCN2583.jpg

1階の窓は、思ったほどヘチマが茂ってなくて、
どちらかというと、
ゴーヤががんばって茂ってくれてます。

暖房が効かなくなっていたエアコン、
冷房は何とか効いているので
(でも温度調整がうまくいかない・・・)、
今のところ、なんとかなってます顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
Posted by 永田 at 22:20
6月&7月の「ごはんやday(ごはんやで〜)ごはん [2017年07月20日(Thu)]
6月の「ごはんやday(ごはんやで〜)」の報告がまだのまま、
7月の「ごはんやday」も終わってしまったので、
2回合わせて報告しま〜すにこにこ

先に、7/14の報告から。
メニューはこれっ!
DSCN2530.jpg

今回、デジカメの電池切れで、写真があまり撮れてません涙ぽろり
なので、カレーの写真がありません・・・あせあせ(飛び散る汗)
すみませんゴメン/お願い

食卓には、きれいなお花が飾られてますハイビスカス
DSCN2532.jpg

DSCN2539.jpg
中学生たちが活けてくれました光るハート

今回は、新しいパズルも用意しました〜顔1(うれしいカオ)
DSCN2437.jpg
「はらぺこあおむし」のパズルで〜す😀

一番人気のパズルは、これっ!
DSCN2397.jpg

一番難しく、時間のかかるパズルです。
でも、小1の子や幼児さんも、これをやりたがる(^^;;
となると、どうしてもお手伝いが必要になり、
私も一緒にやることに(^^)
(この写真は6月の時の写真です)

そのうち、もう少し年上のお姉ちゃんたちも加わり、
このパズルを囲んで、子どもたち4〜5人と一緒にやると・・・
子どもたちの熱気で・・・、暑いあせあせ(飛び散る汗)

できるだけ、
子どもたちの邪魔をしないように、
手出しし過ぎないように、関わりますにこにこ

絵本は、年配の方も手に取られたりします(^^)
DSCN2538.jpg

DSCN2536.jpg

DSCN2533.jpg

暑いのに、外でバドミントンやかけっこをする子らも熱
元気だ顔1(うれしいカオ)

こちらのFacebookもご覧下さいませ。
https://www.facebook.com/gohanyaday/posts/1319264288171343

6/16の「ごはんやday」のメニューはこれでした!
DSCN2361.jpg


DSCN2400.jpg
これに、ひじきごはんが加わります!

私、「ロスティ」というものを初めて知りました。
じゃがいも料理です。

こちらの動画にも登場しますので、ご覧下さいませ。
https://www.facebook.com/tami.hata.1/videos/pcb.863010957195395/863010660528758/?type=3&theater

子どもたちは、ごはんを待つ間やごはんを食べた後、
パズルや、
DSCN2399.jpg

かるたや、
DSCN2403.jpg

DSCN2398.jpg

外遊びに興じ、
DSCN2385.jpg

並べられた絵本を見て、
「今回は、キツネっぽいのが多いなあ」などと話したり、
DSCN2349.jpg
(他にも「しばわんこ」シリーズやわんこの本があったりして、
 たしかに「キツネ」が多いのではなく、
 「キツネっぽい」のが多い顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

積み木の新しい遊び方を編み出したりしていますにこにこ
DSCN2364.jpg

これは、
DSCN2370.jpg
小さい積み木を

DSCN2378.jpg
投げて、

DSCN2369.jpg

DSCN2366.jpg
穴に入れる遊びのようです顔1(うれしいカオ)

8月は、5日(土)で〜す(^^)/
食材の提供者さんたちをお招きしてのお祭を、
昼間に開催します。
詳細は、決まり次第、「ごはんやday」のFacebookにて!

今後の日程は、こちらをご覧下さ〜い(^^)
DSCN2570.jpg

予約窓口は、河内長野市社会福祉協議会
電話1(プッシュホン):0721-65-0133 FAX:0721-65-0143 です。
Posted by 永田 at 21:44
生徒さんからのいただきもの〜光るハート [2017年07月05日(Wed)]
先日、生徒さんから、
こんなキレイな多面体をいただきました〜きらきら

DSCN2488.jpg
これの中に、

DSCN2493.jpg
これが入っていて、さらに、この中に、

DSCN2495.jpg
これが入っていて、そして、この中には、

DSCN2502.jpg
これが入っていました〜クラッカー

私の誕生日は6月30日。
7月に入って最初に教室に来た日に、
これを持って来てくれました〜にこにこ

かわいいわんこの絵を描いてくれてます🐕光るハート
うれしいにこにこ

妹ちゃんがこれを作ってくれ、
お姉ちゃんが音頭を取って
「ハッピーバースデー、トゥーユー八分音符」を歌ってくれましたメロディ

6/30の誕生日当日の夜は、
元生徒さんのこのコンサートに行きました〜(^^)/
19429839_887197201418078_8143383172061371298_n.jpg

以前もFacebookやブログに何度か書いた、
音大でサックスを専攻していたS君。
5歳から中3ぐらいまで
「スペースわん」で学んだ生徒さんです。
今年の春、音大を卒業し、
今は奈良県の中学校で音楽の先生をしています!
コンサートには、
その中学校の生徒さん達がたくさん来ていました!
顧問をしている吹奏楽部の部員さんたちだそうです。
コンサート終了後、
ロビーで生徒さん達に囲まれているS君を見て、
「もうすっかり先生だな〜」としみじみにこにこ
すてきな誕生日の夜になりました光るハート

生徒さんから、そして、元生徒さんから、
すてきなプレゼントをいただいた、
今年の誕生日ですリボンがけのハートプレゼント
Posted by 永田 at 22:32
新・スペースわん通信第32号「『遊び』から見える『学び』」 [2017年06月10日(Sat)]
新・スペースわん通信第32号(通算152号2017年6月9日発行)は
5/22の記事「5月の『ごはんやday(ごはんやで〜)ごはん」を、
通信用に書き直したものです。
「ごはんやday」で子どもたちとパズルをしたことから、
「遊び」と「学び」について思ったことを書いてま〜す(^^)
パズルをしている子どもたちと、
「スペースわん」でプリントをやっている生徒さんたちが
重なり、
大人の関わり方も振り返ることができました(^^)/

“新通信32号”のプレビュー.jpg

新通信32号.pdf

スマホの方は、
ホームページの「スペースわん通信バックナンバー」で、
スマホで読みやすい形で読めるようにしていますので、
そちらからどうぞ。
Posted by 永田 at 23:55
グリーンカーテン、今年も挑戦! [2017年05月24日(Wed)]
今年も、グリーンカーテンにチャレンジしています。
毎年、「もう来年はやめようわからん」と思うのですが、
ゴールデンウィークの頃になると、ムクムクと、
「今年もやろう!」という気がわき起こってしまうのはなぜ(^^;;

今年こそやめようと思っていたのですが、
「やる」必然性が出てきてしまった・・・。

エアコンの故障ですあせあせ(飛び散る汗)

「買い替えればいいんじゃないの?」

はい、その通り顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

でも、ちょっとややこしい事情が・・・。

まず、
教室にしている元応接間のエアコン以外の部屋のエアコンは、
すべて?十年前にこの家が建った頃から買い替えていませんあせあせ(飛び散る汗)
当然ながら、どれもほとんどまともに動かない・・・困り

しかも、
昔、日本橋の電気屋さんで働いていた父が選んだエアコンは、
買い替えるのが面倒くさい&お金がかかる
と思われるものなのですあせあせ(飛び散る汗)

西日の当たるダイニングキッチンのエアコンは、
床置き型(´ヘ`;)
南側の座敷のエアコンは、
和室に合わせて壁埋め込み型(´。`;;;)

一度、家電量販店に買い替えの相談をした時、
やはり、お金がかかるようなことを言われ、
それ以来、めげてますm(・・、)m

あと、2階の寝室のエアコンは一般的なものなのですが、
「寝る時だけだし・・・」と思い、
冬は、
昔、父や母の介護をしていた時、
安全再優先で買ったオイルヒーターと、
小さな電気ストーブで乗り切る。

オイルヒーターは、電気代がすごくかかるので、
タイマーで必要最小限に(^^;;

でも、夏はどうする?

寝室のエアコンだけを買い替えるというのが、
最善の方法なのでしょうが、
エアコンは、
ストーブのように、買ってきたらおしまいではなく、
工事が必要なのが面倒と思ってしまう(*´o`)=з
しかも、寝る時だけだし。

前置きが大変長くなりましたが、
そんなことを考えているうちに、
「じゃあ、
 2階までグリーンカーテンで覆ってしまおうじゃないの!」
という無謀な(!?)考えに至る顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

そこで、
今までのほったらかしグリーンカーテンでは、
葉っぱが思ったように生い茂らずスカスカなので、
何を植えればいいか、ネットで調べまくりました!

で、
昨年まではゴーヤ、普通の朝顔、風船かずらだったのですが、
今回は、ヘチマ、琉球朝顔、西洋朝顔、ゴーヤの苗を購入!
これらのラインナップで、まず、葉をたくさん生い茂らせ、
2階の窓まで覆えるようにする!
そのために、5mのグリーンカーテン用のネットも2種類購入!

しっかり葉を生い茂らせるためには、
大きめのプランターと、多めの土が必要ということで、
それらも購入!

今まで以上に、まず準備段階でお金と時間を使いました!
&気合い入ってます!
何せ、夏の暑さ加減、夜の寝苦しさの程度が、
これにかかってるんですから(^^;;
少々お金がかかろうが、
エアコンを買い替えることを考えれば安いものウインク

これらの購入した苗をメインに据え、
その間に、今までのように、
毎年採れる普通の朝顔と風船かずらの種を蒔いた鉢を置く!

そんなことを、
ゴールデンウィークから、ちまちまと始めました。

最初に購入した苗たちは、今こんな感じです(^^)
(5/21撮影)

まず、
よく茂るので、
暗くなったら困る所には植えない方がいいというヘチマ。

DSCN2166.jpg

DSCN2167.jpg

これは、普段使わない座敷の縁側の方に植えました(^^)
南側なので、真夏はガンガン陽が当たる所です。
まだちょっとひょろひょろさんですね(^^;;
摘心は、この写真を撮った前日にしました。

その隣に、ゴーヤ。
DSCN2165.jpg

これは、教室側の窓の方にも。

DSCN2164.jpg

ここには、普通の朝顔の種を蒔いたプランターも置きました。
朝顔さん、双葉が出てきてま〜すにこにこ
かわいい光るハート

ここは、東側なのですが、
すぐ裏には川が流れているし、
その向こうは山ですし、
さらに、大きな木が日陰を作ってくれているし、
教室だから、暗くなったら困るので、
適度な密度のカーテンでOK(^^)

西日が当たるダイニングキッチンの窓の所には、
西洋朝顔を3種類。

DSCN2173.jpg

DSCN2175.jpg

DSCN2176.jpg

2階の西日の当たる部屋の窓に到達してもらいたいのは、
琉球朝顔。
これは2種類。
DSCN2171.jpg

DSCN2170.jpg

種を蒔いた普通の朝顔は、
ちょこちょこ双葉が顔を出してきています四つ葉
DSCN2161.jpg

DSCN2162.jpg

このプランターには、3〜4個しか蒔いてないのに、
買った土の下に昨年の土を入れたので、
そこにこぼれ種がたくさんあったのか、
こんなにいっぱい双葉が出てきました〜顔1(うれしいカオ)

毎年のこだわり、「間引きはしない」。
今年も守る予定にこにこ

私が一番好きなのは、
もこっと土を持ち上げて顔を出したばかりの子光るハート

DSCN2172.jpg

なんともいえずかわいい目がハート

プランターに蒔いた種以外にも、
こぼれ種が、カチカチに踏み固められた土からも顔を出し、

DSCN2174.jpg

たくましいな〜といつも思うのです。

この周辺には昨年の朝顔のこぼれ種がいっぱい落ちていて、
その中には、根の出かかった種もありました!
それを土に植えると、すぐに発芽!
早く芽を出したかったんですね〜にこにこ
そういう子は、ちょっと手を差し伸べれば、
あっという間に伸びる!

一方、最初に蒔いた種のうち、
まだ芽が出ていない植木鉢も。
芽が出るまで時間のかかる子たちですね(^^)
「いつ芽が出るのかなあ」と気になりますが、
もうしばらく待ってみましょう。
その子が芽を出す条件が、
まだそろっていないのかもしれませんから、ねにこにこ

と、いつも、
子どもの成長と重ね合わせながら、
植物の成長を見守ってしまいます(^_^;ゞ

だから、やめられないのかなあ、グリーンカーテン(*⌒ー⌒*)ゞ

さて、今年はどんなふうに茂ってくれるでしょうかo(*^-^*)o八分音符
Posted by 永田 at 22:00
5月の「ごはんやday(ごはんやで〜)ごはん [2017年05月22日(Mon)]
5/19、「市町diary」で開催された
「ごはんやday(ごはんやで〜)」に参加しました〜!
4月に続き、今回も晩ご飯(^^) メニューはこれっ!
DSCN2149.jpg

DSCN2158.jpg

柏餅も何と手づくり!

またまた写真がぼやけてしまっていてすみません平謝り
デジカメ、買い替えるか、タブレット等にしてみるか、
ちょっと考え中・・・。
スマホは避けたい(画面が小さいのは、目がダメなのでわからん)。

今回、私は、夜に研修があり、
ごはんまでの時間、子どもさんの見守り&学習サポートにこにこ
夕食をしっかりいただいてから研修に向かいました〜顔1(うれしいカオ)
今回も美味しゅうございました

ごはんまでの間、
まず、
幼児さんと小学校低学年(?)の姉妹のお相手をばにこにこ
二人が選んだのは、このパズル(^^)/

DSCN1822.jpg

妹ちゃんは右側のお魚や鳥さんのパズル、
お姉ちゃんは、それよりちょっと難しい、
左側のタツノオトシゴのパズルにチャレンジ!

「ヒントがほしかったら言ってね〜」
「お手伝いしてほしかったら言ってね〜」
と伝え、まずは見守ります。
困っているようだったら、
「ヒントいる?」「お手伝いいる?」と再度聞いて、
「いる」と答えたら私の出番〜八分音符
でも、二人とも、ほとんど自力でやりました〜\(^^)/

お姉ちゃんは、
小さなタツノオトシゴ2匹をすぐに仕上げ、
大きなタツノオトシゴのお腹の部分でちょっと苦戦あせあせ(飛び散る汗)
なので、ほんのちょっとヒントをば(^^)
でも、ほとんど自分で仕上げました〜\(^^)/

その後、このパズルにチャレンジ!

DSCN1812.jpg

まだ習っていないことだし、
一つ一つのピースも小さくて字も読みにくい(^^;;
なので、
「それは、この辺〜」とヒントを出したりして、
一緒にやりました〜(^^)/
小さな子どもさんにとっては、
「習っていないから」とか、「難しいから」といったことは、
やらない理由にはならず、
ただ、
「やってみたい!」「おもしろそう!」なんですよね〜にこにこ
なのに、大きくなるにつれて、
「これはまだ学校でならってない!」とか、
「これは難しいからイヤ」というふうに、
習ってないことやできそうにないことを
避けるようになる(-_-;)
これが、
「何年生になったらこれをやる」
と決められてしまうことの弊害ですね・・・。
習ってないことでも、難しいことでも、
自分で「やる!」と決めてやることは、
楽しいことであり、力になることなのに。

なんてことを、ふと思ったりしたのです。

妹ちゃんは、
最初ちょっと迷っていたのでお手伝いしたけれど、
その後は、何度も自力で仕上げていました!
同じパズルを何度も何度も(^^)
仕上げるたびに、嬉しそうな満面の笑顔顔1(うれしいカオ)
それを見て私も思わず、何度もパチパチと拍手拍手

幼児さんって、同じことを何度もくり返しますよね、
できるようになっても。
他にも、
「ごはんやday」に来るたびに、
同じパズルや積み木をやる子たちがいます。
大人は、
「もうそれ簡単だから、もっと難しいのをやってみれば?」
な〜んて思ったりもするのですが(^^;;

でもそれは、その子にとって、必要な回数、そして大事な時間。
自分で選んだことは、納得いくまでくり返すのです。
「飽きないのかなあ?」とも思いますが、
別のを選ぶまでは飽きてはいないということ。
自分で選んだのではなく、
大人に与えられたことだと、すぐ飽きてしまうのでしょうね😴

「スペースわん」の通信にも書きましたが、
https://space-1.jimdo.com/2017/04/09/%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F/
プリントでも、
クリアしても何度も納得いくまでくり返す子がいます。
それは、パズル同様、
その子にとって必要な回数であり、大事な時間なのです。
大人から見れば非効率的に見えたとしても、
子どもたちは、
そうやって確実に自分のものにしていくのですね。
でも、
「やらされる勉強」では、くり返すのは苦痛なものです失敗

遊びだって、そう。
「与えられた遊び」では、飽きてしまいますよね。

だから、自分でやりたいことを選べるように、
できるだけたくさん、
いろんなものを持って行くようにしています。
毎回、
「どのパズルを持って行こうかな〜」
「これは、いつも持って行ってるから、飽きたかも?」
と迷ったりもするのですが、
初めて来る子もいるかもしれないし、
たとえ毎回来ている子でも、
何度も同じパズルや積み木で遊ぶ場合があるので、
「定番」という感じで、
以前のブログ
http://blog.canpan.info/kikurinferin/archive/134
 http://blog.canpan.info/kikurinferin/archive/138
に写真を載せたパズルや積み木・かるた・絵本を
だいたい持って行っています。
プラス、いくつか新しいのをちょこっと混ぜて。

定番のパズル&積み木で遊ぶ子ら(^^)
DSCN2152.jpg

先ほどの姉妹、パズルをやった後は、
ちょっと狭い所に入り込んでみたり(^^)
(子どもって狭い所、好きですよね)、

DSCN2150.jpg

若いお兄さん(社協の方)とかくれんぼしたり、
身体を動かして遊んでいました〜にこにこ
これはもう私は無理顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

ごはんの用意ができる直前、
いつも定番の積み木で遊んでいた子が、
「これやるっ!」と、
一番難しいパズルを手にしました😧
4月の「ごはんやday」の報告のブログ
http://blog.canpan.info/kikurinferin/archive/142
に載せたこれっ!

DSCN2098.jpg

大人でも難しいパズルです。
「えっ! 今からこれやる?」と思ったのですが、
みんなで協力すれば何とかなるかも?と、
大人も含めて数人でやり始めました。
私も一緒にお手伝い〜にこにこ
幸い、
先ほどの姉妹のお姉ちゃんが「これやる!」と言った時、
お母さんが、
「じゃあカンニング用」と
スマホで写真を撮って下さっていたので、
それを参考にやりました〜(^^)/
大人よりも子どもたちの方がどんどんやれたりする顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

やっぱり、前述のように、
大人が「これは難しいだろう」などと判断せず、
その子が選んでチャレンジすることを大切にしたいですね〜にこにこ

そんなこんなで楽しい時間を過ごさせていただき、
美味しいごはんをいただいた後、
後ろ髪をひかれつつ、
研修に向かったのでしたにこにこ

ごはん後も遊べるように、
パズルや積み木・絵本等をすべて置いて帰ったので、
後片付けをお任せしてしまい、
お手数をおかけしました平謝り

いろいろとお世話になり、
ありがとうございました〜\(^▽^)/

ぼやけていないキレイな写真は、
こちらのブログをご覧下さいませm(_ _)m

http://ksyakyou.blog90.fc2.com/blog-entry-1045.html

また、Facebookには、
ステキに編集された動画も投稿されてま〜す!
https://www.facebook.com/tami.hata.1/videos/842921622537662/

次回は、6/16(金)、晩ご飯です。
予約受付開始は、6/2(金)9:00〜
予約窓口は、河内長野市社会福祉協議会
電話1(プッシュホン):0721-65-0133 FAX:0721-65-0143 です。
Posted by 永田 at 22:40
4月の「ごはんやday(ごはんやで〜)ごはん [2017年04月29日(Sat)]
4/21、「市町diary」で開催された
「ごはんやday(ごはんやで〜)」に参加しました〜!
今回は晩ご飯(^^) メニューはこれっ!
DSCN2079.jpg

DSCN2116.jpg

かきあげ天丼で〜す(^^)/ 
かきあげだけじゃなく、エビ天や、なすの天ぷらも光るハート
かきあげには、たけのこも入っていて、豪華〜きらきら
お味噌汁をいただいてから写真を撮るのを思い出しましたので、
ちょっと減ってますあせあせ(飛び散る汗)
おなすの天ぷらもちょっとかじってしまったので、
何とか隠しました(^^;;

大量の天ぷらを揚げるのは大変だっただろうと思います。
ありがとうございま〜す!

今回も大盛況〜顔1(うれしいカオ)
DSCN2107.jpg

DSCN2115.jpg

DSCN2111.jpg

DSCN2108.jpg

デジカメの調子が悪く、ぼやけていてすみません平謝り
でも、顔隠しの役目になってるかも顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

私は、いつものように、
絵本・パズル・積み木・かるたを持参にこにこ
DSCN2089.jpg

DSCN2090.jpg

DSCN2092.jpg

DSCN2093.jpg

DSCN2083.jpg

DSCN2084.jpg

今回、新しいパズルを持って行きました(^^)/
DSCN2098.jpg

10年以上まえ、片付けるために完成させようとしたのですが、
時間がかかるのであきらめほったらかしていたパズルです(^^;;
それを、
子どもたちは協力し合ってどんどん完成させていきます😮
DSCN2119.jpg

DSCN2102.jpg

一人で頑張る子も!
DSCN2097.jpg

かるたも人気!
DSCN2100.jpg

私も、恒例の「しばわんこかるた」を一緒にやりました〜(^^)/
その様子は、こちらのブログをご覧下さ〜い!
(最後の写真の、
 マスクをしてめがね(老眼鏡あせあせ(飛び散る汗))を持っているのが私)
http://ksyakyou.blog90.fc2.com/blog-date-20170421.html
私のデジカメの調子が悪いので、
こちらできれいな写真も見ることができま〜す!

今回は夕飯なので、
子どもたちは宿題を持ってきています。
DSCN2103.jpg

宿題をやる子、積み木をやる子、パズルをやる子(^^)
ごはんができるまでの過ごし方もさまざまにこにこ
DSCN2096.jpg

今回は、質問に備え、辞書や参考書を持って行きました!
でも出番なし(^^;;
DSCN2082.jpg

いろんな年齢の子どもたち、
いろんな年齢の大人たち、
学校も、環境も、立場も違う、いろんな人たちが集い、
一緒にごはんを食べ、
おしゃべりしたり遊んだりにこにこ
私も、初対面の子どもさんやおかあさんと一緒に、
かるたで遊び、パズルのお手伝いをし、
ほんわかした時間を過ごしました〜顔1(うれしいカオ)

ごはんを作って下さったみなさん、
ありがとうございました〜m(*^▽^*)m

5月は18日(金)の15時30分開場。
予約の受付は5月2日から!
お楽しみに〜!
Posted by 永田 at 11:00
インタビューゲーム第6回のご報告!〜大人の『らくだ』体験、コミュニケーション編〜 [2017年04月11日(Tue)]
3/19に、インタビューゲームの講座の第6回をやりました〜! 
今回は、私を含めて5人。
私以外4人でしたので、二人ずつペアになっていただいて、
私は、時間を計る&写真を撮る係(^^)
なのに、デジカメの調子が悪く、
撮った写真、どれもピントが合ってない(・ヘ・、)。。
でも、写真が全くないのもさびしいので、
2枚だけのせますね(^^;;

DSCN1870.jpg

DSCN1878.jpg

今回の参加者のみなさんの参加動機は、
「『聴く』力をつけたい」
「新たな自分を知りたい」
「今の自分の状況を、再確認してみよう」
「自分のことを知ってもらう為にわかりやすく話すことと、
 人の話をじっくり聴いて確認するやりとりを練習したい」
といった内容。
それぞれ自分なりのテーマをお持ちです。

私は、前回の昨年11/6の講座で
「大人の『らくだ』体験、コミュニケーション編」
という言葉を初めて使いました。
それについては、前回の講座の報告に書きましたので、
こちらをご覧下さい。
http://blog.canpan.info/kikurinferin/archive/127

で、今回も引き続き、このブログに書いたような理由から、
こういう場を定期的にやり続けたいと思っているのです。

今回は、偶然、参加者の方々全員が、
以前同じ講座の場におられた方々なので、
みなさん顔見知り同士でした。
その中で、
インタビューゲームではペアを組んだことのない相手と
組んでもらいました。

そのことで、新たな発見があったようです。
ある参加者の方は、講座後、
次のような感想を送って下さいました。

何か月かぶりのインタビューゲームでした。
実は自分の中で多少
インタビューゲームがマンネリ化してきているな
というように思ってきていました。
また自分は同じようなことを
インタビュアーに対して繰り返してしまうだろう、
そしてそんな自分に
何か斬新な意見を相手の人が与えてくれるのだろうか…
そんなことはなかなかないだろう…などと、
実は始まる前まで自分の気持ちは
あまり乗り気なものではなかったのです。

出かける前にもごたごたがあり、更に車が込み、
気分がすっかり萎えた状況で臨んだ
インタビューゲームでした。
相手の方は今まで何度か面識はあるものの、
なんとなく話すきっかけをつかめなかった方でした。
けれど私は以前から
自分と違う何かを持った方だという思いがあり、
なんというか「この人を知りたい」思いが
わくわくと湧いて出てきて
「聞き出してやろう」という気持ちになったのです。
そんな状況で始めたインタビューゲームは
今までとまったく違ったものになりました。
今までが悪いとかいうのではなく、
相手から出てくるさまざまな思いを
私がまるでうまく受け止められず、まとめられなかったのです。
今までなら序論、本論、結論のように
なんとなくうまい形にまとめて
形式上は一応形あるものに仕上げるというのが
私のインタビューゲームだったのですが、それができない。
その人の問題点をただただ書き出しただけ…
インタビューされても自分の状況が陳腐なものに思えてしまい、
なんというかタイミングを狂わされたように
なんだかうまく思いを伝えられない…
うーん、うーんという形で
40分があっという間にすぎてしまいました。
実は初めての経験でした。
感想を話し合うときにその方が
「もし一緒のクラスになっても
絶対友達にはなっていないタイプ」
と言われたのがとても面白く、
「ああ、そうか。これもインタビューゲームの醍醐味なのだ」
としみじみ感じたのです。
たとえば仕事においても
なかなか職場の方とじっくり話し合えることなどありません。
恐らくはほぼ第一印象で
「この人はいける」「この人はなんとなく合わない」
というように無意識の線引きを自分のなかでしてしまい、
「合わない」人とはどこか距離をおいて接しているのです。
多分その思いは相手にも伝わっていて、
お互いなんとなく遠ざかって関わらないようにして仕事をする。
なかなかバリアーをとっぱらう機会はありません。
そうして自分の中に眠っている
「今の自分とは違う自分」に自分が気づくこともないままに
人はなんとなく日々を過ごしていく…
そういう日々の中では
なんというか、「自分の生まれ変わり」はないのです。
傷つくこともない分、向上もない、そう思います。
もちろん、それでいいという人はいいのでしょうが、
多分私はそれが嫌なのでしょう。
なにかおかしいと考えている。
娘に指摘され、職場で指摘され、
今の自分と変わりたいと思う自分がいる、
日々成長したい、何か面白いと感じる日々を送りたい、
狭い世界の中で、誰かの悪口を言って自己弁護して
なんとか今の自分に満足して過ごしていこうとするような自分は
嫌だ嫌だと思っている、
そういう人にとってインタビューゲームというのは
重要なのだなあと感じさせられました。
自分と合う人たちと日々を送ることは安心だし
安定した自分を保つことができます。
けれどそれでは「その世界」の中でしか生きていけない。
眠っている自分に気づくこともありません。
せっかく生きているのなら
「思いがけない自分」を自分の中に発見したい。
その「思いがけない」自分は
「異質な他者」の中にしか存在しない。
そう思うのです。
発想の転換は「異質な他者」の中にこそあるように思う。
それを知ることこそが
コミュニケーションの醍醐味なのでしょう。
その醍醐味をインタビューゲームは自然な形で味わえる…
それに気づかされたインタビューゲームでした。
ありがとうございました。

この感想を読ませていただいて、
まさにこの講座が、
「大人の『らくだ』体験、コミュニケーション編」になったなあ
と思いました。
というのも、
「らくだ」のプリントでは、
ミスなくクリアすることよりも、
ミスを大事にし、
間違えることでできるようになっていくと考え、
「ミスは宝物!」、
そして、
クリアしないプリントこそ「宝物プリント」と考えます。
それと同様、「インタビューゲーム」も、
うまくいくことよりも、
うまくできなかったことからこそ、
学べるのだと思うのです。

別の方も、次のような感想を書いておられました。


「インタビューゲームは、「ゲーム」というけれど、
勝ち負けがあるわけでもなく、
正しいとかまちがっている、があるわけでもない。
それでも、今まで2回参加してみて、
何となく、相手の話したいことを聞き出すことができて、
それをサラッとでもまとめて書けたら、
「あー、うまくいった」
とほっと安心している感があった。
そう感じていた私に、
永田さんの
「『聞いた側』でも『聞かれた側』でも満足したことは無い」
という言葉は、驚きだった。
正直だなあ、と思った。
ほっと安心というのは、
学校のテストみたいに、限られた時間の中で、
ここまでできたら合格という感覚だったんだと思った。
それでも、すごく限定的ではあるけれど、
あの時間の中で、伝えること、受けとめることができた、
という経験を重ねることは、
コミュニケーションをとるうえで、自信になると思う。
ただ、インタビューゲームは、
1対1で、
お互いの話をしっかり聞こう、伝えようとしている場で、
普段の生活の中のコミュニケーションでは、
そうでないことのほうが多い。
その時に、
自分のコミュニケーションのくせを知っていることは、
いいことだと思う。

この方は、
この後にご自分のコミュニケーションのくせについて、
具体的に書いておられました。

私が、インタビューゲームで「満足したことは無い」
と言ったのは、
かれこれ22年、「らくだ」の指導者をやってきたから
出た言葉かもしれません。
前述のように、
クリアしないプリントこそ「宝物プリント」と考え、
「どこをどう間違えたのか」につい意識が向くのです。
「ミスは宝物!」ですから(^^)
だから、インタビューゲームでも、
「うまくいった」ことよりも、
「どこがどうズレたのか」
「違和感のあるのはどこなのか」
というところに意識が向くのだと思います。
そこにこそ、「学びのタネ」がありそうで。
「満足してしまったら終わり。やる意味ない」
みたいな感じかな。

インタビューゲームに限らず、
日常のコミュニケーションは、
自分とは違う人とのやりとりです。
「ズレ」があって当たり前なのに、
ついつい、
「自分基準」で受け取ったり解釈したりしています。
それで「わかったつもり」になったりしている(^^;;
日常ではそのことをあまり意識していないけれど、
インタビューゲームでは、ルールなどの制限によって、
それがより鮮明に浮かび上がる気がします。
その「ズレ」を意識することで、
日常のコミュニケーションを振り返ることが
できるように思います。

また、誰でもやはり、
「うまくできる自分」でありたいと思うのですが、
そこに意識が行き過ぎると、
「結果」にとらわれ過ぎて、
「プロセス」で学ぶことができにくくなるのでは?
と思っています。

「らくだ」のプリントで言うと、
「クリアしたい」「先に進みたい」気持ちが強いから、
丸つけで自分のミスを見落としたり、
ミスに気づいても◯にしてしまったり、
ストップウォッチで計った時間をごまかしたくなったり、
といったことでしょうか。

「人の話をきちんと受け止められる自分でありたい」
「人に自分の思いをうまく伝えられる自分でありたい」
といった気持ちがあって当然だと思うのですが、
そのためには、
「自分がどう人の話を受け止められていないのか」
「自分が思いをうまく伝えられていないのは、
 どういう点がまずいのか」
といったところに目を向ける必要があります。
それ以前に、
「人の話をきちんと受け止められなくて当然」
「自分の思いをうまく伝えられなくて当然」
と考えて、
「ならば、どうしたらいい?」
と考えることも必要だと思うのです。
そうすると、
コミュニケーションというのは、
相手があって初めて成り立つことですから、
相手の言ったことを確認したり、
自分の言ったことが伝わっているかを確認したり、と、
相手とのやりとりが丁寧になるはずなのです。

そんなことを全く考えずに、
人の話をすぐ否定したり、
自分の思いを一方的に話したりする人が、
世間には結構多いような気がしますあせあせ(飛び散る汗)

また、この感想の書き出しは、
次のようなものでした。


「インタビューゲーム」を、人に説明するのは難しい。
ルールは説明できるけど、
「それが何の役にたつの?」「なぜ行くの?」
という質問に対して、
相手に納得してもらえないことが多い。
コミュニケーションの「役にたつ」とか
「ためになる」とか、と、ちょっとちがうようにも思うし、
かと言って、
「役にたたない」「ためにならない」
と思っているわけではない。
今回、2回目のインタビューゲームに参加して、
思ったこと・気づいたことを心にとどめておいて、
次に誰かにインタビューゲームの説明をする時に
話してみようと思います。

そうなんですよね〜。
「インタビューゲーム」を人に伝えるのは難しいです(^^;;
だから、まずは体験していただきたいなあと。
あるいは、
体験した方の感想を読んでいただきたいなあと思います。

他の方の感想もご紹介しますね(一部省略)。


このところ心配事が重なり少々疲れ気味でした。
そんな中でも今回、
小さな喜びを拾っている自分を表現できれば…
そして元気になろう!
という思いで参加しました。

ところが、ペアを組んだお相手の方の問いかけに、
考えていたこととは裏腹に、
常に横たわるネガティブな部分を
喋り出しているではありませんか!(笑)
お相手の方が上手く
内面を引き出して下さったのだと思います。

あとから振り返ると、
予定外であっても、それもありのままの正直な自分の姿。
その瞬間、話したくなったことを
安全な範囲で話せていたんだなあと自分を肯定しています。

時間制限があり相手に成り変わって文章にするというのは、
やはり大きなプレッシャーで
私には相当な集中力が要ります。
今回も自分の特徴に気づかされています。

インタビューゲームって不思議だなあと感じました。

4時間があっという間に過ぎていきました。

また、別の方は、

今回も新たな自分
「日々充実。でも不満も有りました。」を
知ることができて嬉しいです。
それはあの後しみじみ
今年度は充実していたんだなーと感じだしたから。
インタビューに答えることで思わず口から出ていた言葉を
書いてまとめて頂いたからこそ気づけたことと思います。

質問され、それに答えながら気づくこと、
答えたことを相手にまとめてもらったことで気づくこと、
話されたことをまとめる中で気づくこと、
気づいたことを参加者同士共有し、話す中で気づくことetc. 

インタビューゲームは、ゲームをやって終わりではなく、
やった後に、感じたこと気づいたことなどを、
参加者全員で話す中で、
「えっ! そうだったの?」と気づくことが結構あります。

「うまくやれたかどうか」ではなく、
「うまくいかなかった」と感じたことや、
「えーっ!?」と思った意外なことから、
いろんな気づきに出会えるのだと思います。

そんな「インタビューゲーム」を体験してみたい、という方、
ご連絡いただければ、
今後の日程を決める際に、ご都合のよい日をお聞きした上で、
日程調整をしま〜す!

長くなりましたが、最後に、
先日Facebookでシェアした投稿を紹介します。
「らくだ」のプリントをされている大人の方の投稿です。
私がシェアしたFacebookの投稿がこちら。
https://www.facebook.com/hitomi.nagata.395/posts/786986188143355?pnref=story

その方のブログがこちらです。
http://taroshio.hatenablog.com/entry/2017/03/31/180917

合わせてお読み下さ〜い!
Posted by 永田 at 22:56
新・スペースわん通信第31号「苦手なことができるようになった!」 [2017年04月10日(Mon)]
新・スペースわん通信第31号(通算151号2017年4月9日発行)は
苦手なことができるようになった生徒さんの
具体的変化についてです。
入会した頃は、足し算と引き算を間違えたり、
初めてやることや慣れていないことが
苦手だったりしたのですが、
それができるようになった経緯を、
実際に生徒さんがやったプリントや記録表の写真も載せつつ、
書いてま〜す!

新通信31号.jpg

ただ、残念ながら、紙面の都合上、
写真はプリント2枚と記録表1枚しか載せられませんでした。
しかも、数字が判別しにくいので、
今回は、「教室の風景」のカテゴリに、
生徒さんの変化を、通信の原稿より詳しく、
また、
実際のプリントや記録表の写真を通信より多く載せた記事を
書きました。
記事のタイトルは、
「苦手なことができるようになった!」です。
手渡しや郵送で通信を受け取って下さっている方も、
白黒で見にくいと思いますので、
こちらをご覧下さいませm(_ _)m

http://blog.canpan.info/kikurinferin/archive/140

PDFはこちら!

新通信31号.pdf

「スマホで読みたい」「PDFじゃない方がいい」という方は、
ホームページの「スペースわん通信バックナンバー」で、
スマホで読みやすい形で読めるようにしていますので、
こちらからどうぞ。
https://space-1.jimdo.com/2017/04/09/%E8%8B%A6%E6%89%8B%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F/

今回の、プリントや記録表の写真は、
こちらが一番見やすいかもしれません。
Posted by 永田 at 21:00
苦手なことができるようになった! [2017年04月09日(Sun)]
「新・スペースわん通信」第30号で、
ミスがたくさん出た引き算のプリントを何十回もくり返し、
毎日2枚ずつ確実にやっていて、
ミスがどんどん減っていっている生徒さんをご紹介しました。
一旦クリアしても、日によってミスや時間が増えたりするので、
安定するまでくり返しているKくん、
この春中2になる通信生です。
今回は、そのKくんの具体的な変化を見てみます。
入会した当時は、このように、

DSCN1924.jpg

「12+1=12」「42+1=48」
といったミスや、

DSCN2020.jpg

「13+1=12」「83+1=82」「93+1=92」
といったミスが、ちょこちょこありました。
こんなふうに足し算を引き算してしまったり、
また別のプリントでは、
それまでずっと足し算ばかりのプリントをやっていたので、
引き算ばかりのプリントに進んだら、

DSCN1942.jpg
(写真が見にくくてすみません<(_ _ ;)> 拡大すると、ちょっとマシに(^^;;)

こんなふうに、引き算を足し算してしまって、
98問中ミスが57個出たことも(^^;;
それが先日、
足し算引き算のまとめのプリント(82問。目安時間15分)を
なんと5分台ミス0でクリアしました〜(^▽^)/

DSCN2030.jpg

足し算引き算が一枚のプリントに混ざって入っていて、
しかも、
それまでのプリントになかった
3つ足す足し算が初めて出てくるプリントです。
足し算と引き算を間違えやすかったKくん、
しかも、初めてのことは苦手。
なので、このプリントは苦手な内容のはずなのですが、
見事クリア! 
しかも、目安時間の3分の1の時間で!
Kくんのこの変化は、どこからくるのでしょう?

通信第30号に書きましたように、
「基礎の積み上げ方」や力をつけるペースは
人それぞれです。
Kくんの場合、
毎日プリントを2枚確実にやっていることと、
1度クリアしたからといって先に進もうとはせず、
時間もミスも安定するまで
同じプリントをくり返すことができるのが、
彼の「強み」!
大晦日も元旦も、
ふだんと変わらずプリントを2枚ずつやっているKくん。
宿泊行事の時やテスト期間などで
やれなかったこともありますが、
それ以外毎日2枚ずつやり続けるのはすごい!!
それがわかるのがこの記録表です。

DSCN2035.jpg

これは今年3月の記録表。
1ヶ月が一目でわかるようになっていて、
左の1から31までの数字が日付です。
31日間毎日2枚ずつやれてますね(^ ^)V
日付の上に◯や×が書かれているのは、
最初に、
声かけなしでやれたら◯、
声をかけてもらったら×をつける約束をしたから。
まだ、声かけなしでやれる日は少ないのですが、
本人納得の上での約束で、
その結果、
声をかけてもらってであっても毎日やれていて、
それで苦手なことができるようになったわけです。
先ほどの、
5分台でクリアした足し算引き算のまとめのプリントも、
最初は、ミスが40個ありました。

DSCN2022.jpg

時間は5分台なのですが、
苦手な3つ足す足し算は最初から避けてやらなかったのです。
やりたくなかったんですね(^^;;
引き算も、間違いが結構ありました。

DSCN2025.jpg

それが、毎日2枚ずつ、
クリアしてもくり返したり、
少し前に戻ったりしながら、やり続けると、
こう変わりました!

DSCN2028.jpg

3つ足す足し算も全部できています!
引き算も!

ここに至るまで、
一旦クリアしても自分が納得するまで、
同じプリントを20枚30枚、
特に苦手なものは40枚くり返してきました。

DSCN1779.jpg

これは、今年1月の記録表の一部。
一番上に書かれたプリントがこれ。

DSCN1789.jpg

1/1のプリントです。
先ほど書きましたように、
元旦もいつも通り2枚やっていて、
1枚目でミスが32個、2枚目でミスが26個出ていますね。
それが、1/4には、こうなります!

DSCN1795.jpg

目安時間10分のプリントが、9分10秒ミス2個でできてます!

「らくだ」のプリントは1枚の問題数が100問近く、
あるいは100問以上あります。
一般的なドリルや他のプリント教材は、
もっと問題数が少ないことが多いので、
同じプリントをくり返すと、
答えを覚えてしまって、やる意味がなくなりますが、
「らくだ」のプリントは問題数が多く、
同じプリントをくり返すことで答えをそのまま覚える
というのは考えにくい。
だから、苦手なことをくり返し練習でき、
確実に身につけることができるのです。
Kくんは今まで、
苦手なところに戻ったり、必要なだけくり返したり、
といったことをする機会がなかったのかもしれません。
確実に身につけないまま、
「やり方はわかってる」「よく間違うけど、一応できる」
という状態で先に進んでしまうと、
計算が複雑になるにつれ、
算数や数学が苦手になってしまうのは自明のこと。
これは、Kくんだけのことではなく、
当てはまる子どもさんは案外多いのではないでしょうか。
でも、そのために、
「自分にはできない」とか「苦手だからやらない」
と思ってしまってはもったいない!
「苦手なことができるようになった」という自信を、
一人でも多くの子どもさんに持ってもらいたい!
プリントが送られてくるたびに、
Kくんの頑張りと変化に驚いています(^^)/
「Kくん、すごいね!」と言った時の、
「うんっ!(´▽`)」といううれしそうな
声を電話で聞くのが楽しみな私です(^^)
Posted by 永田 at 21:50
| 次へ
ブックマーク
検索
検索語句
プロフィール

永田さんの画像