CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年09月 | Main | 2017年11月»
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
キッズドア関連Link
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index2_0.xml
【アクセンチュア株式会社×キッズドア】高校生向けキャリアワークショップを開催しました! [2017年10月30日(Mon)]
10月28日(土)、江戸川区内の高校生向け無料学習会『江戸川さくら予備校』に通う高校生を対象としたキャリアイベント「Career Workshop〜10年後の自分に投資しよう!〜」を実施しました。


この企画は2016年からアクセンチュア株式会社とNPO法人キッズドアの協働企画として実施しており、今回が7回目の開催となります。(江戸川区での開催は初めて)

IMG_1852.JPG


「将来、どんな仕事や生活をしていたい?」「進学のこと、どんなふうに考えている?」

仕事をするってどんな事なのか、高校卒業後の進路選択ってどう未来に関係するのか、社会人の体験談を聞いた後、自分自身のやりたいことや進路をボランティアのお兄さん、お姉さんと一緒に考えるワークショップです。

IMG_1854.JPG


今回は高校生1人と、アクセンチュア社員ボランティアとキッズドアボランティアがグループでワークショップに取り組み、大変盛り上がりました。


IMG_1865.JPG

日頃の悩みや、将来への疑問・不安などを沢山話してくれた高校生たち、それを受け止めて一緒に考えたり、調べたり、情報を教えてくれたボランティアのみなさん。

大人の人に話を聞いてもらって、ワークシートに書いていくことで、これまでぼんやりしていた自分の希望が分かってきた、という生徒や、沢山褒めてもらって嬉しかった!という生徒も。

IMG_1856.JPG


今回は高校生13名、アクセンチュア社員ボランティア11名、キッズドアボランティア並びにスタッフ17名で実施いたしました。

アクセンチュア株式会社の皆様、高校生たちに素晴らしい機会をありがとうございました。


冷蔵庫のご寄贈をいただきました! [2017年10月28日(Sat)]
キッズドア応援クラブのメンバー企業様で、日頃よりご支援をいただいております
株式会社銀座屋様より、
若者の学びなおしを応援する無料学習支援「リファインド」へ冷蔵庫のご寄贈をいただきました!

これまで使用していた冷蔵庫はとっても小さく・・・既にキャパオーバーでしたが、
これで沢山入れられるようになりました。

高校卒業資格取得を目指して通っている生徒たちへのご支援、誠にありがとうございます!
大切に使わせていただきます。

reizouko.jpg

株式会社銀座屋様のお取り組み
http://www.ginzaya.co.jp/contributions/

「リファインド」FBページはこちら
https://ja-jp.facebook.com/kidsdoor.refind/

「キッズドア応援クラブ」はこちら
http://backers.kidsdoor.tokyo/
10月26日(木)セミナー報告:子どものたちの未来づくりにむけて、今できること [2017年10月27日(Fri)]
10月26日(木)夜、キッズドアが日頃からご支援いただいているエヌエヌ生命保険株式会社主催の子どもの貧困に関するセミナーが開催され、理事長渡辺が登壇いたしました。

_L9A5125.JPG

沖縄のゲストから、日頃なかなかお聞きできない沖縄の子どもを取り巻く現状もお聞きできました。
沖縄県子ども未来政策課長の喜舎場様のプレゼンによると、沖縄県の子どもの貧困率はなんと29.9%(全国は13.9%)、ひとり親世帯の貧困率は58.9%(全国は50.8%)。他にも子どもの不登校がどの世代も全国トップ3位に入るという、貧困だけではなく幅広い支援が必要な背景が分かりました。

逆に、だからこその県をあげての取り組みもあり、工夫もあり。侍学園スクオーラ・今人沖縄校の蟇目校長からは「貧困の子どもたち、と区切る支援ではなく、『子どもたちを孤立させない』関わり方」を徹底した、課題を包含した支援の実践をお話しされました。

_L9A5374.JPG

パネルディスカッションのモデレーターを務めたBuzzFeed Japan創刊編集長古田大輔さんからは、会場からの質問に答える形で「子どもの貧困率は見方によって数値的には多少改善されたように見えているが、もう一方で現在の新卒世代の若者の経済状況の悪化があり、これを今、何とかしないと10年後、20年後、彼らの子どもたち世代により深刻な問題となる」ともご指摘され、より真剣に、より幅広い視点で課題に取り組むことの必要性が問われていることを実感する会となりました。

_L9A5389.JPG

古田さんの素晴らしいファシリテーションに会場からの質問や意見が止まらず、パネルディスカッション終了後の懇親会も大変盛り上がりました。
貴重な機会をいただきありがとうございました。

============
キッズドアが取り組む無料の学習支援を応援してくださる
マンスリーサポーター募集中
http://www.kidsdoor.net/supporter/
============
『キッズドア応援クラブ』懇親会を行いました! [2017年10月26日(Thu)]
10月25日夜、企業様にキッズドアの無料学習会を継続サポートしていただく仕組み
『キッズドア応援クラブ』の懇親会を行いました!

IMG_1829.JPG

==
キッズドア応援クラブとは?
http://backers.kidsdoor.tokyo/
==

あいにくの雨の中でしたが、会員企業の皆様にお集りいただき、
日本の子どもの貧困を取り巻く現状や、日頃のキッズドアの学習会の様子、
困窮家庭・子ども・ひとり親を企業人としてどうサポートできるかなど、
話題が尽きることなく、熱く語り合う時間となりました。

ご参加いただきました
株式会社HBGC様 
株式会社エコ・マイニング様
株式会社シルキー・アクト様
株式会社ベーシックシステム様
株式会社ライブズ様
貴重なご意見や熱いメッセージ、ありがとうございました!

今年からスタートした『キッズドア応援クラブ』は、
おかげ様で着々とお申込みが増えております。
会員は随時募集中です。
ご関心ある企業様はぜひお問い合わせください。
http://backers.kidsdoor.tokyo/
FRANCE24:The mixed legacy of 'Abenomics' in Japan [2017年10月22日(Sun)]
選挙に関連して、アベノミクスに関して FRANCE24に取材いただきました。
キッズドアの無料学習会の様子と、ちょこっとたけ私も写ってます。
こちらからご覧いただけます。
「格差」が世界中の課題になる中、日本の姿は世界からどう映るのでしょうか?

http://www.france24.com/en/20171020-focus-japan-abenomics-abe-elections-part-time-employment-social-inequalities-middle-class

映像にも出てくるキッズドアの活動は、寄付で賄われています。月々1000円からマンスリーサポーターを募集しております。
Kids’ Door, introduced on this video, operated by donation. We are asking monthly supporter donate from a thousand JPY.

http://www.kidsdoor.net/supporter/

#アベノミクス #選挙 #FRANCE24

スクリーンショット 2017-10-22 10.53.07.png

スクリーンショット 2017-10-22 10.51.34.png


【メディア掲載】本日10月18日の読売新聞に取り上げていただきました [2017年10月19日(Thu)]

本日10月18日の読売新聞に衆院選の教育費政策にからめて、キッズドアも取材をいただきました。ぜひご覧ください。


File 2017-10-19 10 42 49.jpeg


File 2017-10-19 10 43 28.jpeg





キッズドアの無料学習塾は、皆様の寄付で運営されています。
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆彡
毎月1000円から、貧困の子どもたちを応援しませんか?
★マンスリーサポーター大募集中★
http://www.kidsdoor.net/supporter/

【参加無料】11/14(火)キッズドア・教育支援シンポジウム〜すべての子どもに英語の力を〜 [2017年10月17日(Tue)]

キッズドア・教育支援シンポジウム

〜すべての子どもに英語の力を〜

学校外英語教育の格差を埋める無料英語学習会の実践レポート

 ノア君.jpg

近年のグローバル化によって、世界共通語としての英語の重要性は増々高くなっています。大学入試においても2020年には現在の「読む」「聞く」に特化した試験から、「話す」「書く」を加えた4技能が必要とされる試験に変わります。21世紀を生きる子どもたちにとって、社会で活躍するためには、高い英語力が必要です。しかし、残念ながら学校での英語教育のみでは十分な英語力を身につけることは難しく、高校受験・大学受験のために塾や予備校で英語を習い、また英会話スクールなどに通う現実があります。

学校外で英語を学ぶ環境にアクセスできる経済力や、そもそも塾などがない地方と都市の地域間格差を解消していかなければなりません。

キッズドアでは、「社会で求められる英語力をいかにすべての子どもに届けていくのか」という課題に、多くの企業の皆様のご支援を受け取り組んで参りました。

今回のシンポジウムでは、基調講演に、ビザ・ワールドワイド・ジパン株式会社代表取締役の安渕聖司様にお越しいただき、英語教育の重要性についてお話しいただきます。さらにキッズドアが2015年より展開している無料英語教育プログラム English Driveについてご報告いたします。English Drive は、低所得家庭の中高生を対象にした無料英語教室ですが、留学を果たす生徒も出るなど着実に成果を上げています。貴重な機会ですので、ぜひ皆様のご参加を心よりお待ちしております。


【日時】1114日(火)18:3020:00(終了後 会場内にて交流タイム)

【場所】グロービス経営大学院 ホール(1階)

    東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル(麴町駅 徒歩1分)

【参加費】無料

【プログラム】

 基調講演:英語で広がる子どもの未来
      ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 代表取締役 安渕聖司

 レポート:日本の子どもたちの貧困と教育格差について

  NPO法人キッズドア理事長・渡辺由美子

 レポート:無料英語学習会「English Drive」の取り組みと成果

      当日は生徒のスピーチや、英語指導の社会人ボランティアからのコメント
      なども予定しております。

    

【申込】下記URLよりお申込みください

    (PC) https://ws.formzu.net/fgen/S21770469/

    (携帯)  https://ws.formzu.net/mfgen/S21770469/


【主催】特定非営利活動法人キッズドア 

【問合せ】特定非営利活動法人キッズドア 担当 本吉、八木澤

    (TEL03-5244-9990

            MAILpr@kidsdoor.net

  

シンポ表面3送信用.jpg


シンポ_裏面_送信用.jpg


【メディア掲載】本日10月17日の日経新聞に取り上げていただきました [2017年10月17日(Tue)]


本日10月17日の日経新聞 社会面の衆院選の子育て政策にからめて、キッズドアも取材をいただきました。
学生ボランティアさんのコメントが非常に良いので、ぜひご覧ください。



22489833_1761571310554929_1236037523931115290_n.jpg



キッズドアの無料学習塾は、皆様の寄付で運営されています。
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆彡
毎月1000円から、貧困の子どもたちを応援しませんか?
★マンスリーサポーター大募集中★



10/26(木)無料セミナー子どものたちの未来づくりにむけて、今できること〜子どもの貧困から考える社会形成のあり方について〜 [2017年10月10日(Tue)]

=================

10/26(木)開催無料セミナー


子どものたちの未来づくりにむけて、今できること

〜子どもの貧困から考える社会形成のあり方について〜


=================

参加申し込みはこちらから

http://peatix.com/event/311377

=================


エヌエヌ生命保険株式会社様主催のこちらのセミナーに

キッズドア理事長渡辺も登壇させていただきます。

ぜひ振るってお越しくださいませ!


=================

内閣府の平成26年版子ども・若者白書によると、経済的な理由により就学困難と認められ就学援助を受けている小学生・中学生は、平成24年には全国で約155万人といわれています。この数がどれほど深刻な現実をあらわしているのか、また、その実態が良く分からないと思われる方は多いのではないでしょうか。


なかなかそうした現実に、私たち大人が気付づく事ができない社会のなかで、子どもたちが置かれている環境に左右されることなく、未来への道を歩めるために、企業も個人も、まだまだ多くの貢献が必要とされています。



そのため、まずは現状への理解を深めていただくことが大切と考えています。今回のイベントでは、第1部で見識者の皆さまをお招きして現状について学び、また第2部では登壇者の皆さまと共に、子どものたちの未来に向けて、私たち一人ひとりがどのように関わっていけるかについて、ご参加いただける皆様と一緒に考えていきたいと思います。


本テーマにご興味のある方、また、子どもの貧困や教育格差に対して自分にできることはないか模索したいとお考えの方はぜひご参加ください。どなたでも無料で参加いただけます。



概要:


日時:1026日(木)18002000(受付:17:00開始)


会場:

 

エヌエヌ生命保険株式会社

102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1

ニューオータニガーデンコート27階 (受付:当ビル1階にて1700開始)


アクセス: http://www.newotani.co.jp/tokyo/access/

  赤坂見附駅(東京メトロ丸の内線・銀座線)出口D(紀尾井町口)から徒歩3

  永田町駅(東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線)出口7番口から徒歩3分

  麹町駅(東京メトロ有楽町線)出口2番口から徒歩6分


  四ツ谷駅(JR中央線・総武線、東京メトロ南北線)出口麹町口・赤坂口から徒歩8



参加費: 無料


定員: 100


プログラム:

 

第1部】 日本の子どもたちの現状を見識者と共に学ぶ

NPO法人キッズドア理事長 渡辺由美子氏

「国内の子どもの貧困化と、社会がサポートできること」


沖縄県子ども生活福祉部子ども未来政策課長 喜舎場健太氏

認定NPO法人侍学園スクオーラ・今人沖縄校校長 蟇目崇氏

「沖縄の子どもたちの状況」


2】 パネルディスカッション/子どもたちの未来づくりにむけて、今できること〜子どもの貧困から考える社会形成のあり方について〜」を共に考える

モデレーター:BuzzFeed Japan創刊編集長 古田大輔氏


3登壇者との質疑応答および懇親会 (軽食のご用意あり)


 

登壇者プロフィール:

 

NPO法人キッズドア 理事長 渡辺由美子様

渡辺.png

千葉大学工学部出身。大手百貨店、出版社を経て、フリーランスのマーケティングプランナーとして活躍。2000年から2001年にかけて、家族でイギリスに移住し、「社会全体で子どもを育てる」ことを体験する。準備期間を経て、2007年任意団体キッズドアを立ち上げる。2009年内閣府の認証を受け、特定非営利活動法人キッズドアを設立。日本の全ての子どもが夢と希望を持てる社会を目指し、活動を広げている。


沖縄県 子ども生活福祉部子ども未来政策課 喜舎場健太様

喜舎場様.png

沖縄県出身。平成2年に沖縄県入庁し、企業庁総務や観光企画課、知事秘書などを経て平成28年4月より子ども生活福祉部青少年・子ども家庭課、子ども未来政策に関する取り組みに従事。


認定NPO法人侍学園スクオーラ・今人沖縄校校長 蟇目崇様

蟇目様.png

岩手県出身。東北福祉大学総合福祉学部社会福祉学科卒。

宮古市社会福祉協議の会主任相談員、地域若者サポートステーションなはの総括コーディネーターとして活躍。現在は、認定NPO法人侍学園スクオーラ・今人 沖縄校 校長を務めながら、沖縄県こども若者総合相談プラザSORAEの相談支援、沖縄県こどもの貧困緊急対策支援事業県南部支援コーディネーターとして携わっている。


【モデレーター】


BuzzFeed Japan (バズフィード・ジャパン)創刊編集長 古田大輔様

古田様.jpg

1977年生まれ、福岡県出身。2001年早稲田大学政治経済学部卒、2002年朝日新聞社入社。京都総局、豊岡支局、社会部、アジア総局(バンコク)、シンガポール支局長、デジタル版の編集などを経て、20151016日にBuzzFeed Japanによる新メディアの創刊編集長に就任。


=================

参加申し込みはこちらから

http://peatix.com/event/311377


=================

月刊私塾界にキッズドアオリジナル英語テキストが紹介されました [2017年10月08日(Sun)]

月刊私塾界(全国私塾情報センター発行)のサイトで、キッズドアが制作した「英語スタートブック」「英語チェックテスト」が紹介されました!

<以下、記事より一部引用>
(開発に携わった)山本氏は、アルファベットや単語が満足に書けない子が、「読み」ができないことに注目。同教材では、アルファベットや単語の読みも覚えられるようにした。音がわかると、子供たちも覚えやすいようだ。
 また、テキストを制作するにあたっては、圧迫感を与えないよう文字を大きくしたほか、漢字が読めない子も多いためルビを振るなど工夫した。さらに、『英語スタートブック』とは別に『英語が本当に苦手なあなたのための 英語チェックテスト』も開発。覚えたことをすぐテストすることで、達成感を味わえるようにした。
http://www.shijyukukai.jp/2017/09/14188

※「英語スタートブック」「英語チェックテスト」の詳細については、以下をご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/kidsdoorenglish


| 次へ