CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年12月 | Main | 2017年02月»
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
キッズドア関連Link
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index2_0.xml
トークライブvol.4「分断社会と子どもの貧困」を開催しました! [2017年01月31日(Tue)]

126日に、慶應義塾大学教授の井手英策氏をお迎えして、トークライブシリーズ「夢、希望について考える」の第4回を開催しました。


IMG_4745.JPG


シリーズ最終回となる今回のテーマは「分断社会と子どもの貧困」

井手先生は、子どもたちを本当に幸せにするためには、社会のシステムを変える必要があることをお話しくださいました。


IMG_4866.JPG


「子どもの教育が社会を変える」

大切なのは、子どもたちの教育の機会、権利を保障すること。誰もが堂々と教育を受けられる社会を目指すこと。

それが、結果として、所得格差の是正や経済成長、財政再建につながっていくのだと、統計データを用いながらダイナミックに語ってくださいました。


IMG_4849.JPG


「私たちの子どもだから、私たちが育む」

子育ては親の責任ではなく、社会の責任であることを皆が共有し、社会全体で子どもたちを育てていくことが大切なのだと感じさせられました。


井手先生は最後に

人がどう生まれてくるかはすべてが運であり、運だけで一生が決まってしまうような社会は絶対におかしい。変えなければならない。

私たちはこの社会を、少しでも生きる価値のあるよい社会にして、次の世代につないでいく義務がある。

と、力強いメッセージを残してくださいました。


IMG_4786.JPG


「すべての子どもが夢や希望を持てる社会」へ

2016年度のトークライブは、一年を通して夢や希望について考えてきました。

ではそれらを、"すべての"子どもが持つために、私たちには何ができるのでしょうか。

今後も皆さんと一緒に考えていきたいと思います。


トークライブシリーズ「夢、希望について考える」は今回で終了ですが、

222日にはトークライブスペシャルを開催します。

皆様のご参加をお待ちしております!


株式会社CDG様より、文房具のご寄贈をいただきました! [2017年01月31日(Tue)]
キッズドアに通う子どもたちやボランティアスタッフが使えるようにと、
株式会社CDG様(http://www.cdg.co.jp/)より、
文房具・日用品類のご寄贈をいただきました!

毎年末恒例のご寄贈、今年も沢山お送りいただき、各拠点大喜びです。

東京都内の学習会各拠点、並びに仙台の学習会にて
大切に使わせていただきます。

キッズドアの活動へのご理解とご支援を誠にありがとうございました。


文房具イメージ写真.jpg
民進党・細野議員が見学に来られました! [2017年01月26日(Thu)]


昨日1月23日、民進党・細野議員がEnglish-Driveを見学に来られ、高校生を中心とする生徒たちにエールを送って下さいました。


「自身が大学3〜4年時は自分の生活費を稼ぐ必要があったが授業料免除になり、社会のお世話になったという意識がある。皆さんも大人になったら社会にお返しをするような人になって欲しい」とおっしゃっていました。


生徒たちは細野議員に様々な要望を伝えたり、写真を撮ったりして、議員との交流を楽しんでいました。



th_170123hosono.jpg
開催まであと2週間!●2/4(土)職員募集説明会●ひとりでも多くの子どもたちが夢や希望をもてる社会の実現に向けてチャレンジしてくれる人を募集しています [2017年01月22日(Sun)]

希望者多数につき追加開催決定!

\キッズドア職員募集/

2/4(土)説明会開催!

ひとりでも多くの子どもたちが

夢や希望をもてる社会の実現に向けて

チャレンジしてくれる人を募集しています。


main - blog.jpg


2016年12月にキッズドア初となる「採用説明会」を開催したところ、

「事業内容が具体的に理解できた!」

「熱意が伝わってきてやりがいのある仕事だと魅力に感じた!」

等の声を多数いただきました。

多数のご希望をいただき、

第2回キッズドア職員採用説明会を開催いたします。

ご興味をお持ちの方、前回は予定が合わなくて来れなかったという方、

お待ちしています!


ひとりでも多くの子どもが夢・希望を持てる社会を目指すために、

あなたを必要としています。


6人に1人の子どもが貧困である。」 この問題を、あなたはどう考えますか?

現在の日本では、親の収入格差が、そのまま子どもの教育格差に直結してしまいます。

「家にお金がないから・・」と、進学をあきらめてしまう子どもたちが、たくさんいます。


キッズドアでは、「親の収入格差が子どもの教育格差であってはならない。」と考え、

ひとりでも多くの子どもたちが夢や希望を持てる社会を目指すために、チャレンジしています。

子どもが自分の未来をあきらめなくてもいい、そんな社会を、

わたしたちといっしょに、作りませんか?



●どんな人に向いている?仕事内容は?

子どもが好きで、子どもに夢を与えたい!

子どもの貧困の解決に向けてアクションを起こしたい!

社会に貢献する仕事をしたい!という思いのある方に向いています。


主なお仕事:「子どもの貧困」解決のカギとなる無料学習会の運営業務

・学習会運営

ボランティアスタッフマネージメント/児童・生徒募集、対応/保護者対応/ステークホルダー(行政・学校対応)等/学習支援事業実務全般


・各イベントの企画運営

イベント企画/広報/集客/当日運営/報告書作成


・キッズドア事務所運営のサポート

団体SNSWebサイトの更新/電話対応/各プロジェクトの資料作成


学習会や企画の運営にてキッズドアを支えて頂ける方、是非私達とともに子ども達の未来を創っていきましょう!


※キッズドアでは、「子どもの貧困やNPOの活動について学びたい」「何かアクションを起こしたい」というスタッフが、教育格差の解消や復興支援に向けて、力を合わせながら活動中です。新規プロジェクトの実行や広報・PR・事務局業務全般のサポートを通じて、ひとりでも多くの子どもが夢・希望を持てる社会を目指すことが何より大切です。


応募資格は?条件は?など、詳細はこちらをご確認ください。

https://jp.stanby.com/ats/870116057556201473/jobs/0000024



まずは説明会へお越しください!

NPO法人キッズドア 採用説明会のお知らせ


NPOでの働き方に興味のある方」

「社会課題を解決する仕事をしてみたい方」

「教育支援に興味のある方」

この機会にぜひご参加ください!


<日時>

2月4日(土)15:0017:00

<内容>

・キッズドアの活動説明

・キッズドアで働く魅力

・採用について

・社員交流会

・個別相談

〈対象〉

・キッズドアのスタッフに興味のある方

※社会人の方を対象としていますが、学生の方もご参加いただけます

・東北事業部(仙台)での採用にご興味のある方

<会場>

キッズドア四ツ谷リファインド事業部事務所

新宿区四谷2-8藤井ビル 5

TEL:03-6457-7105

<アクセス>

JR・東京メトロ四ツ谷駅、

東京メトロ四谷三丁目駅より徒歩5

<地図>

https://goo.gl/maps/wFCSkLctTHK2


<お 申 込>

こちらからお申込みください!

https://jp.stanby.com/ats/870116057556201473/jobs/0000024


ご応募、お待ちしております!


問い合わせ     

特定非営利活動法人キッズドア 担当:本吉、山本

104-0033 東京都中央区新川2-1-11 八重洲第一パークビル7

TEL: 03-5244-999010:00-18:00FAX: 03-5244-9991

MAIL: infokidsdoor.net

都立練馬高校でキャリア教育プログラムを実施しました! [2017年01月20日(Fri)]

1月18日(水)東京都立練馬高校で、

高校中途退学未然防止・進路未決定卒業者減少のための、

キャリア教育を実施いたしました!


ボランティアの学生や社会人スタッフ32名にご協力いただき、高校1年生の生徒に「高校に通う意味とは何か」を考えてもらうきっかけづくりをしました。

キッズドアでは初めての実施校でしたが、普段のご様子を知っている先生方からは「こんなに集中している姿は初めて見た」と生徒も前のめりにお話しを聞いてくださいました。
ボランティアスタッフのみなさんには「高校時代や大学時代のしくじり」をテーマに、お話してもらいました。

P1020505.JPG


高校時代の人間関係のこと、勉強のこと、部活のこと、恋愛のこと。。。
ちょっと年上のお兄さん・お姉さんの赤裸々なお話に、共感し、自分の中の微妙な心の変化を感じ取っている生徒がいました。

『印象に残ったことは、「誰の何」というより、今成功している1人1人の大学生の方々にも私たちと同じように16歳を過ごしていた過去があるということ。一人ひとり16歳の過ごし方が違くても、未来は自分でつくれる、ということを考えることができた。

『言っていることは正しかったし、ためになることを話して頂いた。ただ、それを素直に聞き入れ、どう生活に活かすかは自分次第だということを自覚しようと思う。

『「勉強はしておいた方がいい。」ということなどを言うと思っていましたが、高校生活の思い出や大学のことなどを話して頂き、楽しく学ぶことができました。「あれが好きだからあの仕事ができるだろう。」ではなく、色々な進路の考え方があると思いました。とても勉強になりました。』

高校生それぞれが、今後どのように過ごしていくのか、考えるきっかけとなったようです。

P1020517.JPG


また、参加したボランティアスタッフからも普段接することのない高校生とコミュニケーションをとっていく中で様々な気づきがあったようです。

『高校生はいろいろな意味で素直だと思いました。話がうまくて面白い人だと笑顔を見せて楽しそうでしたが、私は口下手でまごまごしてしまいいまいち楽しくなさそうな子もいました。私の悔しい部分でした。それでもしっかり目をみて、頷きながら話を聞いてくれた子もいたので嬉しかったです。ワークシートを見て、しっかり話を聞いてくれていたのだとわかりました。一緒に活動した大学生は頼もしく、とても楽しい時間を過ごせました。』

『真剣に話を聞いてくれて嬉しかった。薬学部に興味のある子が何人かいて、休み時間に個人的に話を聞きに来てくれて嬉しかった。薬学部に行きたいけど、学力が足りなくて文系を選んでしまった子がいて、文系科目で受けられる薬学部もあることを伝えたが、先生に言う勇気がないみたいで心配。是非夢を叶えて貰いたいです。

という感想があり、大学生ー高校生双方向に学びのある機会となりました。

P1020494.JPG


練馬高校の1年生のみなさん、先生方、ご参加いただいたボランティアスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!!!

━━━━━━━━━━━━━━
☆スタッフ募集のお知らせ☆
━━━━━━━━━━━━━━
キャリア教育プログラム、一緒にやりませんか?

2017年2月1日12:00-16:00
@都立田柄高校(練馬・光が丘)

<説明会>
【日時】
・2017年1月25日(水)15:00-18:00
・2017年1月28日(土)14:00-17:00
※上記のお日にち・お時間でご都合が合わない方は問合せ連絡先より、ご連絡ください。

【会場】キッズドア ラーニング・ラボ YOTSUYA
□住所: 東京都新宿区四谷2-8藤井ビル5階
□アクセス: 四ツ谷駅より徒歩5分、四谷三丁目駅より徒歩6分

【申込方法】URLよりお申込み下さい。
http://ws.formzu.net/dist/S81620022/

詳細:http://blog.canpan.info/kidsdoor/archive/1110
【企業サポーター制度】キッズドア応援クラブ、募集開始いたします! [2017年01月18日(Wed)]

キッズドアでは、子ども達への学習支援活動を応援してくださる企業・団体の皆様への新たな仕組み

『キッズドア応援クラブ(英語名:KIDS' DOOR Backers)』
を募集開始いたします。

http://backers.kidsdoor.tokyo/

年間10万円の会費で応援クラブメンバーになっていただき
キッズドアの学習支援活動をサポートしていただく
という内容です。

日本の子どもの貧困課題の解決を一緒に目指してくださる企業の皆様、
ぜひご検討ください。

皆様のご参加をお待ちしております!
『アントレ』、2017年冬号に理事長・渡辺のインタビュー記事が掲載されました。 [2017年01月18日(Wed)]

リクルート発行の雑誌『アントレ』、2017年冬号(12/27発売)に理事長・渡辺のインタビュー記事が掲載されました。





161227『アントレ 2017冬号』.jpg
無料英語学習支援プロジェクトEnglish Drive活動報告会開催 [2017年01月09日(Mon)]
キッズドアでは、2010年より低所得の子どもたちのための学習支援を行なっています。

その中で、「みんな英語が全く出来ない!」という大きな壁にぶつかりました。


「アルファベットが定着していない」

「英語を読めない。英語の教科書にはカタカナで全てふりがな。」

「基本的な英単語を覚えていない。」

「文法が全くわからない。Be動詞と一般動詞の違いもわからない。」


あまりにも出来ないために、高校受験では「英語を捨てて」他の科目に勉強を振り向け点数を取るように指導をしなければならない生徒も少なくありません。


しかし、これからのグローバル化する社会で、「英語を捨てて」良いはずがありません。

英語がこんなに出来なければ、高校に入っても大変です。せっかくいい高校に入ったのに、英語の勉強についていけず赤点続きで最終的には転校を余儀無くされる子もいました。また、大学受験の際には、文系でも理系でも英語は必須です。さらに就職の際、英語が出来れば大きな武器になります。


貧困な子どもほど、英語ができたほうがいい。英語を武器にして欲しい。

そのためには、通常の5教科の学習会の中では、全然時間が足りません。

英語だけの勉強会を行いたいとお願いし、バンクオブアメリカ・メリルリンチ様のご支援をいただいてスタートしたのが、無料英語学習支援プロジェクト English Drive です。

指導はボランティアの方を中心に、単なる受験英語ではなく、Activityを組み合わせたプログラム構成は、英語がとても苦手な生徒にも、英語を好きにする効果が出ています。

まだまだ発展中ではございますが、中には、留学に挑戦するような生徒も出てきています。


DSC_0595.JPG


この度、2015年春からスタートしたEnglish Driveの報告会を企画いたしました。


英語を貧困の連鎖から抜け出す強みにするために!ぜひその成果をご確認ください



≪English Drive活動報告会概要≫

■日時: 2017年1月28日(土)14:00-16:00



     東京都中央区日本橋一丁目4番1号日本橋一丁目三井ビルディング

     地下鉄銀座線、東西線、都営浅草線「日本橋駅」C1出口から直通

    


■プログラム:

・English Drive プロジェクトの背景(低所得の子どもの英語力の現状と課題)

・Englsh Drive のプログラム概要

・EnglishDriveを支援する理由  メリルリンチ日本証券株式会社 熊谷様

・ボランティアから見たEnglish Driveの魅力

・参加生徒からの英語による発表 など


■参加費: 無料(事前の申込が必要です)


■申込:




■お問合せ:  

NPO法人キッズドア  English Drive担当

東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階

03-5244-9990  pr@kidsdoor.net
【活動報告】学習会のクリスマス会 [2017年01月06日(Fri)]
IMG_0535.JPG


12月中旬、小中学生対象のキッズドア某拠点でクリスマス会を開催しました。
今回は、キャンドル作りや英語でBINGOなどを行いました。

ボランティアの方々には、事前準備から当日運営までご協力いただき、
皆さんの素敵な面が様々なところでクリスマス会を支えてくださっていました。

キャンドル作りでは、手で温めることで粘土のように形を変えられるロウを使い、
キャンドルの玉に好きなように飾りをつけていきました。
ボランティアの皆さんとお話ししながらどんな作品にするかを考え、
カラフルなキャンドルが出来上がりました!

IMG_8536.jpg

IMG_8544.JPG


英語でBINGOでは、数字部分をアルファベットにしてビンゴを行いました。
ボランティアの方々にジェスチャーをしていただいたり、
中学生から小学生に英単語を教えて協力する場面もありました。

今回のクリスマス会をはじめ、普段の学習会でも、
たくさんの大人・仲間とのコミュニケーションによって、
普段は見えにくいような子どもたちの得意なこと・好きなことがキャッチされ、
認められる安心感を子どもたちが少しでも多く経験してくれることを願っています。

IMG_0541.JPG
【残席わずか!】1/26(木)トークライブvol.4「分断社会と子どもの貧困」 [2017年01月06日(Fri)]
≪残席わずかです!≫
―――――――――――――――――――――――――
1月26日(木)19:00〜
トークライブvol.4「分断社会と子どもの貧困」開催!
―――――――――――――――――――――――――


【キッズドア】トークライブvol.4チラシ.jpg


2016年度キッズドアトークライブ「夢、希望について語ろう」Vol.4を開催いたします!

最終回となる今回は、今政界やメディアなど多方面から注目を集めている財政社会学者、
慶應義塾大学経済学部教授井手英策さんをお迎えします。


財政を通して日本社会や日本人の姿を鋭く分析してきた井手さんが、

子どもの貧困や教育格差、給付型奨学金制度の創設など、

子どもや若者をめぐる社会のいまについて、熱く、そして辛口に語って下さいます。


お席は先着順ですので、どうぞお早めにお申し込みください!


<開催概要>

テーマ:「分断社会と子どもの貧困

日 時:2017年1月26日(木)19:00〜21:00

場 所:全日本不動産協会東京都本部 5階研修室

定 員:50名(先着順)

参加費:一般:3,000円

    マンスリーサポーター:2,000円

    学生(学生証提示):無料

    キッズドアボランティア:無料



申込み:下記の応募フォームよりお申し込みください。




<講演者> 井手英策 氏

1972年福岡県久留米市生まれ。小田原市在住。3児の父。

東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学したのち、

日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、

2009年に慶應義塾大学へ。2013年より同大学経済学部教授を務めている。

著書に 『経済の時代の終焉』 (第15回大佛次郎論壇賞受賞)、

『分断社会を終わらせる:「誰もが受益者」という財政戦略』(共著)、

『18 歳からの格差論:日本に本当に必要なもの』など。