CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年11月 | Main | 2014年01月»
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
キッズドア関連Link
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index2_0.xml
【目指せ!15万円】塾に行けない中3生を受験本番まで応援し続けられるようご支援ください! [2013年12月30日(Mon)]
=====================================
【ラストスパート】塾に通えない中3生を志望校に合格させたい!
受験本番まで子どもたちに学習支援を続けられるよう、ご支援お願いいたします。
目指せ!15万円!1月19日〆切
https://readyfor.jp/projects/tadazemi
=====================================

1.JPG


キッズドアでは今年も4月から17名の中学3年生の受験勉強を[タダゼミ]で応援してきました。彼らは家庭の事情で有料の学習塾に通えないけれど、「もっと勉強をしたい!」「家族のためにも都立の高校に合格したい!」という気持ちを持った子たちばかりです。

隔週日曜日に会場へ来て、大学生ボランティアと一緒に勉強をし、[タダゼミ]がない日は出された宿題や小テストのテスト勉強を一生懸命取り組んできました。夏休みには遊びに行きたい気持ちもありながら、夏期講習に通い、人生で初めての模擬試験を受けて、自分と志望校の距離を痛感し、弱気になりそうになりながらも、大学生ボランティアに励まされ、頑張りました。

大学生ボランティアたちも「どうすれば子どもたちを都立高校に合格させられるんだろう?」「志望校を決めるにはどんな情報が必要だろう?」と日々考え、貴重な大学生活を指導や指導に教材作成に費やし、一緒に志望校を考えたり、勉強を続けられるようモチベーションを維持できるワークショップも実施しました。いつも優しいお兄さん、お姉さんの大学生ボランティアたちも時には、厳しく子どもたちに接し、子どもたちの成長に寄り添い続けました。

そして、今、受験直前。

子どもたちも大学生ボランティアたちも受験本番を前に、最後の追い込みをかけています。そのために冬期講習を年末年始に開催し、その後も今まで隔週開催だった[タダゼミ]を毎週開催し、受験のその日まで走り続けます。

現在[タダゼミ]では受験本番まで子どもたちに学習支援を続けられる資金15万円を集めています。

資金のご提供はReady for?というWebサイトから可能で、以下のURLより応援サイトへアクセスできます。

https://readyfor.jp/projects/tadazemi

子どもたちと大学生ボランティアたちが受験本番まで走り続け、来年の春を笑顔で迎えられるよう、皆様何卒ご支援ください。


【問合せ先】****************************************************
特定非営利活動法人キッズドア 担当:安池
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5 日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029/FAX:03-6862-6093
MAIL:info@kidsdoor.net
**************************************************************
子どもたちと一緒に考える被災地の復興支援 1/12(日)13:00〜 [2013年12月20日(Fri)]
==================================
東日本大震災子ども支援ネットワーク
子どもたちと一緒に考える被災地の復興支援
==================================
 

 東日本大震災後30か月がすぎた今、被災地でのおとなたちの住宅、就労、まちづくりなどが軌道にのらず、見通しの立たないおとなや地域の暮らしの中で、子どもたちにも疲れがでてきています。
 一刻も猶予のない子どもたちは何を感じ、自分の歩みをどのように続けているのでしょうか。そうした子どもたちに今後、私たちは何を支援しなければならないのでしょうか。
 私たちは、子どもの声を大切にし、被災地域の復興に子どもの声を反映させるためのあり方を、2012年1月に実施した第1回シンポジウムではおとなたちで考えました。2013年1月に実施した第2回では、被災後いろいろな形で寄り添ってきた子どもたち(高校生)が集い、大学生と一緒に支援の在り方について語りました。それから約1年。被災地で子どもたちは東京でのおとなとの対話を後輩につないできました。また岩手と宮城の子どもたちは福島の子どもたちともつながりました。その中で、来年もまた語ろうという希望が子どもたちから出されました。
 被災地の子どもたちは、東京の同世代や大学生、おとなたちに語ることで、新しい自分を見つけていきます。第3回にあたる今年も、この子どもたちの営みを支え、子どもたちの意見を受け止めたいと思います。
 私たちおとなは、その意見を聴き、新たな段階に入っている被災地支援について、子どもたちと一緒に考え、提言をしていきたいと思います。
 ぜひ、ご参集ください。

【詳細】

■日時:2014年1月12日(日) 13:00〜17:00(受付12:30〜)

■場所:東洋大学 白山校舎2号館16階 白山スカイホール
    東京都文京区白山5-28-20[地図]
    都営地下鉄三田線白山駅A3出口より徒歩5分/東京メトロ南北線本駒込駅1番出口より徒歩5分

■内容
   司会進行:荒牧重人(東日本大震災子ども支援ネットワーク運営委員 山梨学院大学教授)
        
        森田明美(東日本大震災子ども支援ネットワーク事務局長 東洋大学教授)

1.基調報告:東日本大震災における子ども支援の取り組みのこれまでとこれから:森田明美

2.被災地の子どもたちの報告と大学生・支援者との意見交換(3グループに分かれて意見交換)
  意見表明する被災地の子どもたち
   中学生(福島県いわき市)、高校生(岩手県山田町、宮城県登米市、宮城県三陸町)
   計13名(予定)、東洋大学社会学部学生
  ファシリテーター:林大介(東洋大学)、浜田進二(子どもの権利条約総合研究所)谷川由起子(NPOこども福祉研究所)

3.全体討議:3つのグループの報告を受けながら参加者と一緒に考えます

4.参加団体からのメッセージ
 *終了後、軽食をとりながら会費制の交流会を予定しています。(E-mailで、事前に申込みください)

■主催:東日本大震災子ども支援ネットワーク
■後援:東洋大学社会学部・東洋大学福祉社会開発研究センター
■協力:生活協同組合コープみらい、日興アセットマネジメント、NPOキッズドア、NPOこども福祉研究所

■問い合わせ先
 東洋大学白山校舎 森田明美研究室
 TEL・FAX 03−3945−7481  E-mail :info@shinsai-kodomoshien.net

20140112チラシ.pdf
震災で広がる格差是正に挑む フードバンクセミナー@仙台 1/26(日)13:00〜 [2013年12月17日(Tue)]
======================================
仙台で開催!
震災で広がる格差是正に挑む フードバンクセミナー
〜フードバンクで中学生の受験を応援しよう〜
======================================


震災から2年10か月。
被災地では復興の遅れから生活環境が悪化、生活保護は増加を続け、格差社会が広がっています。特に困窮子育て家庭では、生活費の不足により、子どもの栄養不足の心配があり、食に関する家庭環境が十分とは言えません。
本セミナーでは、被災地でフードバンク食品を活用した生活支援活動を実施している団体
の取り組みをご紹介しながら、フードバンク事業の可能性を見つめます。また被災などの影響で困難をかかえる中学3年生へむけた、受験前の栄養改善キャンペーンも開催します。

【詳細】
■日時:2014年1月26日(日)13:30〜16:30(受付13:00〜)

■内容
第1部 13:30〜14:00
「震災から2年10か月、子どもの様子とキッズドアの活動」
特定非営利活動法人キッズドア 事務局長 片貝英行

第2部 14:00〜14:30
「食品ロスからフードバンクへ―重要性と効果―
 企業とNPO フードバンクによる連携」
特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN 理事・事務局長 高橋陽佑


第3部 14:40〜15:40
セッション:被災地で広がる子どもの貧困 〜食料支援と学習支援の現場をとおして〜
 ・特定非営利活動法人キッズドア 事務局長 片貝 英行
 ・特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN 事務局長 高橋 陽佑
 ・特定非営利活動法人POSSE仙台支部 吉田遼
 ・セカンドハーベスト・ジャパン 石巻プロジェクト 芝田雄司

 [質疑応答]15:40〜16:00

第4部 16:00〜16:30 ※任意参加
 ・交流会

■場所:仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール(6階)
宮城県仙台市青葉区一番町4−1−3[地図]
地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ
市営バス「商工会議所前」徒歩3分

■対象者:企業、団体、個人、フードバンクに関心のある方

■参加費:無料

■定員:30名

■申込:
PC:http://ws.formzu.net/fgen/S46807505/
携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S46807505/

◆受験前の栄養改善キャンペーン開催
キッズドアでは、被災などの影響で困難をかかえるご家庭に対して、無料の学習塾[タダゼミ]を通して学習支援を行ってきました。その中で、中学3年生のお子様がいるご家庭に向けて、ふうどばんく東北AGAINと連携し高校合格の3月までフードバンク食品による家計応援事業を行っています。
受験シーズン到来に向けて、受験前の栄養改善キャンペーンとして、フードバンクへのご協力を募ります。
・配布地域:宮城県仙台市
・配布期間:2014年1月〜2014年3月 各月1回
・対象家庭:[タダゼミ]に参加する中学3年生のご家庭60世帯
(生活保護家庭10%、ひとり親家庭80%、その他10%)
※詳細はセミナーにて。
セミナーに参加されない方も、キャンペーンにご協力いただける場合はお問い合わせください。

■主催:特定非営利活動法人キッズドア
■共催:特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN
■ゲスト:特定非営利活動法人POSSE 、セカンドハーベスト・ジャパン
■独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

■お問い合わせ先
特定非営利活動法人キッズドア 担当:渡辺、松本
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029、FAX:03-6862-6093 MAIL:info@kidsdoor.net

フードバンクセミナー仙台チラシ.pdf
【ボランティア募集】被災地の教育支援グローバル・ストリームの英語教材作成ボランティア募集! [2013年12月11日(Wed)]
※本日予定していた 被災地の教育支援グローバル・ストリームの英語教材作成ボランティア募集!は、事情により延期となりました。延期の日程は後日ご連絡いたします。




みなさん、こんにちは。

現在、キッズドアでは「グローバル・ストリーム」という東北の教育支援活動を行っています。
今回は、活動の核となる英語学習教材の開発へのご協力をお願いしたいと考えています。

被災地や避難先で生活している子ども達は、「地元の復興の力になりたい」という思いを持っています。キッズドアの活動の中でも、たくさんの子が東北の将来を担う人材になりたいという思いを私たちに語ってくれました。

そんな彼らが大人になる頃には、国際化がさらに進んだ世界になります。すでに日本でも「国際化に対応できる人材の育成」が叫ばれています。

その一方で、東北ではこれまで海外に触れる機会が少なかったことから、子ども達の英語や海外への意識は他県と比べて低いと言えます。

そうした子ども達の英語力・発信力を伸ばし、「世界」という文脈の中で将来像を創り上げるためのサポートをしているのが、グローバル・ストリームです。
参考: http://www.global-stream.jp/


被災地の教育支援に携わりたい方、英語教育に興味・関心のある方、英語が得意な方はぜひご応募ください。塾講師経験のある方や、海外経験のある方も大歓迎です。

私たちと一緒に、東北の子ども達の未来づくりに関わってみませんか?
皆様のご応募を心よりお待ちしております。


<ボランティア概要>
■対象 ・大学生、大学院生、社会人の方
・12月中に作業時間を長期間確保できる方(主にパソコンでの作業となるので、日時・場所の指定はありません)
・Skype での通信が可能な方
・Excel での基本作業が可能な方

■募集期間 12月〜1月上旬

■応募資格 英語が得意な方、講師経験などがある方優遇

■作業内容 英単語問題・例文の作成、オンライン学習ソフトへの登録
*作業内容の研修有り

■交通費  学生のみ交通費実費支給(上限 1日 1,000円)
(作業は、研修日を除きご自宅でしていただけます)

■研修日 12月18日(水)午後7時〜8時
場所:京橋プラザ区民館( http://goo.gl/maps/yQBCp
*上記の研修日に参加できない場合、他の日程で調整をさせていただきます。

■お申込み
http://ws.formzu.net/fgen/S57527899/(PC、スマートフォンから)
http://ws.formzu.net/mfgen/S57527899/(携帯電話から)

■お問合せ先:
特定非営利活動法人キッズドア 担当:熊谷一亮
○電話:03-6231-1029  ○Fax:03-6862-6093
○メール:info@kidsdoor.net
毎日のワンクリックでキッズドアを応援できます! [2013年12月10日(Tue)]
============================
毎日クリックで応援できるgooddo
キッズドアのページがリニューアル!
http://bit.ly/1eLmlsk
============================


1.JPG


キッズドアが参加しているgooddo(グッドゥ)。
12/9(月)にサイトがリニューアルし、いいね!や毎日クリックでの応援に加え、
キッズドアの情報を見て頂きやすくなりました!

■ご支援の方法は簡単!
1,まずは、gooddo(グッドゥ)のキッズドアページへ
http://bit.ly/1eLmlsk
2.「応援する!」ボタンを押すと、10〜1,000ptまでランダムにポイントが加算されます
3.また、サポーター企業の「いいね!」を押すことで100ptが加算されます
(サポーター企業の「いいね!」を押すと、同時に10円の支援にもなります)
4.貯まった応援ポイントの達したゴールに応じて「キッズドア」に支援金が届けられます!

<支援金額は?>
各ゴールの設定はゴール1(3,000pt)達成で300円、 ゴール2(5,000pt)達成で500円、ゴール3(10,0 00pt)達成で1,000円、ゴール4(20,000pt)達成で2,000円、ゴール5(30,000pt)達成で3,000円と なります。
※毎週、ポイントが多く貯まった順に10団体までは、支援金額が2倍になり、6,000円が届けられます。

他にもgooddo内ではキッズドアの情報を見て頂くことができるようになりました。
是非、のぞいてみてください。

ご支援頂いたお金は、日本の経済的に恵まれない子どもたちや被災地の子どもたちへの支援のために活用させて頂きます。

▼キッズドアとは?
日本国内の貧困層の子どもや被災地の子どもの支援活動をしています。
無料学習会やイベントを通して、子どもの教育格差や貧困の連鎖の解消を目指しています。
http://www.kidsdoor.net/

▼gooddo(グッドゥ)とは?
自分の応援したい社会貢献団体を、誰でも、今すぐ、簡単に応援することができるソーシャルグ ッドプラットフォームです。

ぜひ「クリック」「いいね!」でご協力をお願いいたします!
http://bit.ly/1eLmlsk
12/2読売新聞に「受験前の栄養改善キャンペーン」が掲載されました! [2013年12月04日(Wed)]
【キッズドアメディア掲載情報】

2013年12月2日読売新聞朝刊に
「被災地の高校受験 食料品で支援を」として、
キッズドアの仙台での無料学習会[タダゼミ]やフードバンク事業、
「受験前の栄養改善キャンペーン」について掲載していただきました。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/childcare/cnews/20131204-OYT8T00770.htm?from=os4

フードバンク掲載写真.jpg


おかげさまで、たくさんのお問い合わせをいただいております。
ご協力いただき、誠にありがとうございます。

引き続きキャンペーンを実施していきますので、よろしくお願い申し上げます。


◆受験前の栄養改善キャンペーン詳細

NPO法人キッズドアでは、2013年度、被災地の中学3年生のお子様がいる 困窮家庭に向けて、
高校合格の3月までフードバンク事業を行っています。
受験シーズン到来に向けて、受験前の栄養改善キャンペーンとして、
フードバンクへのご協力を募ります。

みなさまご支援ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

・配布地域:宮城県仙台市
・配布期間:2013年12月〜2014年2月 各月1回
・対象家庭:就学援助を受けている家庭60世帯
 (生活保護家庭16%、ひとり親家庭64%)

・ご提供していただきたいもの:
常温で保存が可能な食品
・ご提供をお断りしているもの:
 冷蔵・冷凍品、納品後1週間程度で期限が切れる食品
・ロット数:最小ロットなし。最大ロット15パレットまで。
・包装:指定無し

・送付先(発送者送料負担)
 〒982−0003 宮城県仙台市太白区郡山5−6−2
特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN
 070-6494-7044

・その他
10トン車/入庫可(要バック入庫)フォークリフト/なし(手積みおろし)
教育資金準備に関するメルマガご紹介 [2013年12月03日(Tue)]
教育資金準備のためのセミナー仙台開催時に講師をしてくださった
ファイナンシャル・プランナーの新美昌也先生のメールマガジンが創刊されましたので、ご紹介させていただきます。

◆大学・専門学校への進学マネー講座(無料メルマガ)
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0001622462.html

◆民間介護保険120%活用法(無料メルマガ)
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0001621004.html

生活保護世帯から高所得者世帯まで、
本当に知りたい進学費用や工面の方法についての情報をお届けしていただけます。

高校の先生や保護者はもちろん、
教育関係者、ボランティアのみなさまにもお役立てるかと思います。

ご興味あれば、ぜひ読者登録をしてみてください。