CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年02月 | Main | 2013年04月»
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
キッズドア関連Link
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index2_0.xml
「グローバルストリーム」春講習ボランティア参加者募集中! [2013年03月29日(Fri)]
==================================
ITと英語を楽しみながら学ぶ教育プロジェクト「グローバルストリーム」春講習
ボランティア参加者募集中!

@【急募】春講習英語通訳ボランティア募集4/4(木)10:45〜19:00
A2013年度ボランティア希望者対象見学会4/5(金)12:00〜13:15
==================================


キッズドアでは、被災地の中学生に対して、インターネット学習を通じた
これからの時代に書かせないパソコンスキルと英語を学ぶためのプロジェクト
『Global Stream〜東北の未来を作るグローバル基礎教育プロジェクト〜』を開催しています。

グローバルストリームとは、「グローバルな人材を東北から育成する」ことをコンセプトとし、「英語力」や「ITリテラシー」、「グローバルに対する意識」を3つの柱を軸に教育を進め、東北の子どもたちに真の希望と生きる勇気をもたらすプロジェクトです。
詳細はこちら

これまで、福島県いわき市に避難している楢葉町の中学1、2年生や東京に避難している中学1、2年生を対象に実施しました。
ノートパソコンを1人1台支給し、パソコンと英語のプログラムの講習を実施、講習後からは大学生ボランティアが子どもたちと面談したり、e-learningを行ったりしています。

今回は、グローバルストリームに参加中の生徒を対象に、春講習を実施いたします。

春講習実施にあたり、英語通訳のボランティア、2013年度新規ボランティアを募集いたします!!


@【急募】春講習英語通訳ボランティア募集

◎日時:4/4(木)11:00〜19:00 (10:45東京駅八重洲北口集合)
◎場所:バンクオブアメリカ・メリルリンチ証券 
東京都中央区日本橋1-4-1(各線東京駅より徒歩5分) [地図]

<ボランティア募集要項>
◎内容:「グローバルストリーム」春講習での英語通訳をしていただきます。
◎応募資格:英語通訳ができる方。学生・社会人は不問。


A2013年度ボランティア希望者対象見学会

グローバルストリームでは、2013年度の開催に向けて、ボランティアを募集しています。
ボランティアをしてみたい、でもどんなことをするのか、どんな子どもがいるのか知りたいという方を対象に、春講習での様子を見ていただける見学会を実施いたします。
2013年度グローバルストリームのボランティアに参加してみたい方は、ぜひお申込みください。

◎日時:4月5日(金) 12:00〜13:15 (11:50現地集合)
◎場所:バンクオブアメリカ・メリルリンチ証券 
東京都中央区日本橋1-4-1(各線東京駅より徒歩5分) [地図]
◎参加費:無料


<ボランティア募集要項>

◎指導対象:福島の中学生や東京へ避難している中学生
◎日程:2013年4月以降
◎場所:自宅等各人のパソコン・インターネットが使える環境(ボランティア開始後の居住地は不問。国内外問わずネット環境があれば可。)
◎応募資格:大学生、大学院生

生徒たちの英語学習やパソコンスキル学習をサポートしてくれる学生を募集します!!
「福島の復興の手伝いをしたい!!」「子どもの成長を支えたい!」「人のために役立ちたい!」
という想いのある方、ぜひご参加ください。
子どもたちの成長を支える取り組みを通じて、人に教えるスキル(ティーチングスキル)や、子どもたちの悩みを聞き、一緒に解決をしていくサポートをするスキル(コーチングスキル)など、自身もこのプロジェクトを通じて成長できる機会でもあります。


■参加申込:下記フォームよりお申し込みください。
PC:http://ws.formzu.net/fgen/S85196529/
携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S85196529/
皆様からのご応募、心よりお待ちしております。

■主催:特定非営利活動法人キッズドア

■お問い合わせ
特定非営利活動法人キッズドア 渡辺・安池
〒103-0016東京都中央区日本橋小網町1-5-304
TEL:03-6231-1029  FAX:03-6862-6093
MAIL:info@kidsdoor.net
児童養護施設にいる子どもたちに勉強を教えるまなボラ(学習ボランティア)登録会★ [2013年03月29日(Fri)]
=============
4月21日開催!
児童養護施設にいる
子どもたちに勉強を教える
まなボラ(学習ボランティア)登録会★
=============

◆こんな方におすすめ◆

「勉強を教えるのが好き」
「子どもと接するのは楽しい」
「塾では見られない家庭での子どもたちの学習支援を通じてスキルアップしたい」
「教員になりたいけれど、子どもへの指導経験が少ない」
「児童福祉業界に携わりたいけれど、現場が見えない」
「企業の中だけでは実感できない社会の現状を実感したい」
「子どもに勉強を教えることで社会貢献がしたい」
など、この活動でやりたい事がある方は、ぜひご参加ください!

▽お申込みは下記よりお願いします
https://pro.form-mailer.jp/fms/7acb412428284


◆指導開始までの大まかな流れ◆
1) 3keysまなボラ登録会(必須)に参加

―- まなボラ登録完了 ――

2) 登録した方を対象に、随時指導案件をご案内します
3) 応募された方の中から、面接・選抜を行い、指導者を選抜します
4) 施設と子どもと顔合わせをし、指導が開始します
※まなボラに登録した方には案件のご紹介以外に、
 まなボラ向けのイベントや勉強会などにもご招待させて頂きます。
 また指導案件がない場合もございますので、
 登録後、指導につくまで、時間がかかる事もございますがあらかじめご了承ください。

◆登録会開催概要◆
前半:3keysと、児童養護施設についての研修(約100分)
後半:ケーススタディ、同意書とアンケート記入など(約55分)
※登録を希望されない方は、前半のみの参加も可能です
※開始後30分以上遅れての参加は可能ですが、登録ができなくなりますのでご注意ください。

日時:4月21日(日) 9:30〜11:45(9:15開場)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
東京都渋谷区代々木神園町3−1

アクセス方法
(最寄駅:小田急線参宮橋駅より 徒歩7分)

参加費: 学生1000円、社会人3000円
※こちら登録費やボランティア保険費用も含みます
※途中で抜ける場合も参加費は発生致しますので予めご了承ください
※学生証がある方を学生としてみなしておりますので学生証を必ずご持参下さい。
※学生の方は高卒以上を対象としております。予めご了承ください

▽お申込みは下記よりお願いします
https://pro.form-mailer.jp/fms/7acb412428284

◆支援内容◆
@家庭教師型支援
主に高校生以上を対象に、マンツーマンで学習を指導する形です。

子どもの目標や、教科、希望曜日などに合った方を面接などを通じてマッチングし、
家庭教師(チューター)として派遣しています。
「大学に進学したい」
「高卒認定試験を取得したい」
「中学数学の遅れを取り戻したい」など、
週に1回1−2時間の指導の中で子どもたちの目標達成を応援したり、指導するのがチューターの役割です。
東京都および千葉県の12施設から随時依頼が来ています。
※まなボラとは、登録が終わったボランティアを指します。
 チューターとは、登録後、指導する案件が確定したボランティアを指します。

A教室型支援
主に小学生を対象に、遅れが大きくなる前に
国語と算数の基礎学力、放課後学習の習慣、学習への自信・意欲をはぐくむために
施設の中に補習教室をつくり、子ども1名〜3名に、1名のチューターがついて学習のフォローをする場です。
週に1回、夕食前の時間に2時間ほど補習教室を開催しています。


教室型の活動ブログは下記からご覧いただけます

教室A
http://ameblo.jp/3keys-staffblog/theme-10055593984.html

教室B
http://ameblo.jp/3keys-staffblog/theme-10053772159.html

教室C
http://ameblo.jp/3keys-staffblog/theme-10056940887.html


◆まなボラの声◆

□大学3年生(2012年3月時点)・女性・家庭教師型
 家族に経済的にも精神的にも支えられて育ってきた私は、今までそれが当たり前だと思っていましたが、
周りに家族がいないということは、その子の人生を見守る人がいないということで、
施設を出たら本当に一人です。だから、本人がこれからも関係を築いていきたいと希望してくれているし、
私は一人のお姉さんのような存在として、彼女の人生を見守っていきたいと思っています。

 何気なく応募したまなボラですが、このボランティアはやりがいがあるものであったと同時に、
子どもの人生を良くも悪くも左右できてしまう、非常に大きな責任を伴ったものであったと感じています。
大変なこともありましたが、色んなことを考えさせられました。
このような機会に巡り合えたことにとても感謝しています。


□社会人・女性・家庭教師型
 私は現在、週1回1時間程度、高校1年生の女の子と一緒に勉強しています。
学生時代6年間塾でアルバイトをしており、子供に勉強を教えることがとても好きでした。
社会人になってからも何らかの形で子供の教育に関わりたいと思い、昨年6月からこのボランティアを始めました。
児童養護施設の子供だからと言って、特に指導が難しいということはありません。

 ボランティアを始めるにあたり、児童養護施設の子供は、
家庭環境の影響で大人をあまり信用しなかったり意欲や落ち着きがなかったりということが多いと聞き、
正直最初は少し緊張して、伝えたいことがあっても、これを言うと傷つけたりやる気を阻害してしまったりするのではと
過剰に遠慮してしまうこともありました。
しかし、勉強が学校生活に関するアドバイスであれば、実際にはそのような必要はないと今は考えています。
確かに、勉強が少し遅れている部分や、そのことにより少し自信をなくしている部分はありますが、
それは成績が伸び悩んでいる一般家庭の子供も同じです。
大事だと思うことは真剣に・少しずつ・根気強く、言葉にして伝えていくように心がけています。

□大学院1年生(2012年3月時点)・女性・教室型
勉強する部屋に、ニコニコしながら入ってくる子どもをみると、
自分を慕ってくれているんだなと実感できて嬉しいし、
またこちらからも少しでも何かしてあげたいと自然に思うようになりました。

□大学1年生(2012年3月時点)・男性・教室型
4,5年先、子どもたちがどこまで成長できるのか見届けたい。そのくらい将来が楽しみです。
そこまでいかずとも、手伝えることはこれからも手伝って、子どもと関わりを持っていきたいです。

▽お申込みは下記よりお願いします
https://pro.form-mailer.jp/fms/7acb412428284
現代社会科の図説にキッズドアが載りました! [2013年03月29日(Fri)]
【キッズドア メディア掲載情報】

キッズドアが高校の現代社会科の図説(株式会社浜島書店発行/2013年2月4日印刷)に載りました。

IMG00169.jpg


経済についての資料「格差問題を考える」(p.204)に、貧困の連鎖を断ち切るために活動するNPO法人キッズドアが紹介されています。
無料の塾「タダゼミ」や売り上げの一部が寄付となる「バレンタインチョコの販売」が取り上げられています。また、タダゼミで講師として活動してくれている学生ボランティアからのお話もあります。

IMG00171.jpg


これから高校に入る方、高校生の方、高校生のお子様がいらっしゃる方、高校生向け学習会のボランティアをしている方をはじめ、みなさま、機会があればぜひ浜島書店発行の現代社会の図説に目を通してみてください。

キッズドアの活動だけではなく、日本の格差問題、貧困問題についての資料も多数載っています。
より多くのみなさまに日本の貧困に対する問題意識が拡がる機会になればと思います。
子どもの学習環境の変化と影響についての報告会@東京&仙台 [2013年03月22日(Fri)]
=========================
―東日本大震災から3年目を迎えて―
子どもの学習環境の変化と影響についての報告会
=========================


東日本大震災から3年目を迎えました。被災した子どもたちの学習環境や家庭の環境は、震災によりどのような影響を受けたのでしょうか。キッズドアでは、子どもがいる家庭状況をより深く知り、次の支援につなげるために、「東日本大震災によるお子様の学習環境の変化とその影響についてのアンケート調査」を実施いたしました。今回は、アンケート調査の結果と震災後の支援活動のご報告を致します。

【詳細】
◆東京
・日時:3月27日(水)19:00〜21:00
・場所:協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2F [地図]
東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分

JKA報告会チラシ東京kd.pdf


◆仙台
・日時:3月30日(土)13:30〜15:30
・場所:仙台市民活動サポートセンター
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町四丁目1-3 [地図]
地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ、市営バス「商工会議所前」徒歩3分

JKA報告会チラシ仙台kd.pdf


■内容:
@アンケート調査およびヒアリング調査の報告
震災後のお子様の学習環境の変化、ご家庭の状況の変化など、アンケートの結果をお伝えしていきます。
Aキッズドアの震災支援活動の報告
キッズドアでは震災直後から、東北の子どもたちや東京に避難している子どもたちへの支援を行っております。2年間の支援活動を通してのご報告です。

■参加費:無料

■参加申込:下記フォームよりお申込みください。
PC:http://ws.formzu.net/fgen/S81650591/
携帯:http://ws.formzu.net/mfgen/S81650591/

■主催:特定非営利活動法人キッズドア

■支援協力:財団法人JKA

■お問い合わせ先■ 
特定非営利活動法人キッズドア 渡辺
〒103-0016東京都中央区日本橋小網町1-5-304
TEL:03-6231-1029  FAX:03-6862-6093
MAIL:info@kidsdoor.net
目黒区での学習支援ボランティア募集!【4/7 15:30〜説明会開催】 [2013年03月21日(Thu)]

昨年度から活動を開始した目黒区での生活保護世帯向け学習支援活動。

多くの生徒たちと向き合い、ともに歩むことができました。

幸いなことに、3ヶ月前には諦めかけていた都立高校受験を

合格で締めくくってくれた生徒もいました。

〜より多くの中学生に、もっと明るい将来を見据えてほしい〜

そこで、2013年度も目黒区役所生活福祉課様と共催で活動を継続することになりました。

この取り組みに参加してくれるボランティアメンバーを募集します。

-----------------

  〜「何のために勉強するんだろう」〜

  〜「将来に対する希望が持てない」〜

決して恵まれた環境にはない子どもたちは、漠然とした不安を抱えながら生活しています。

希望が見出せないために、元気なく日々を過ごしていることもあります。

そんな子どもたちに、学習支援を通じて様々なコミュニケーションを行い、

将来に対する希望を持って、前向きに生活を送っていけるような手助けをしていきたいと考えております。

教育や経済格差等々に興味・関心のある大学生の方はぜひ下記説明会にお越しください。

塾講師のアルバイト経験がある方も大歓迎です。

ボランティアメンバーは、首都圏のあらゆる大学から集まっているので多様な大学生と知り合い、自己成長を図れる場でもあります。

このような活動を通じて、子どもたちの明るい未来づくりに関わってみませんか?

皆様からのご応募、心よりお待ちしております。

<募集要項>

■指導対象:生活保護受給世帯の中1〜3年生

■日程:
   2013年4月10日(水)より、毎週水・金曜日の17:30〜20:00
    ※うち学習会の開催は18:00〜20:00


■場所:目黒区役所庁舎内会議室
    (各線中目黒駅より徒歩5分)

■応募資格: 大学生、大学院生、社会人
       

■交通費等: 学生のみ交通費実費支給(上限 1日1,000円)


<説明会・研修会詳細>

■日程:2013年4月7日(日)

■時間:15:30〜17:30

■場所:協働ステーション中央
    (http://www.genki365.com/chuoku/cs-c/img/map_b.jpg)

■持ち物:筆記用具

■申込: 参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申込みください。
   
 パソコン:https://ws.formzu.net/fgen/S90012031/
 携帯電話:http://ws.formzu.net/mfgen/S90012031/


■問合せ先
【お問合せ】
特定非営利活動法人キッズドア 担当:夏井
◎電話:03-6231-1029 ◎FAX:03-6862-6093 
◎メール:tadazemi@kidsdoor.net
◎郵送:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5 日本橋小網町ハイツ304
中学・高校保健ニュースに連載開始!震災後の2年間とこれから [2013年03月12日(Tue)]
【キッズドア メディア掲載情報】

少年写真新聞社発行の中学・高校保健ニュースに、キッズドアの理事長 渡辺由美子の「震災後の2年間とこれから 〜子どもの未来を見据えた復興を〜」の掲載が始まりました。


キッズドアでは震災直後から被災地の支援に乗り出し、現在に至るまで続けています。
私どもの活動は多々ある支援活動のひとつにしか過ぎませんが、その中で接する子どもたちの様子を通して、今後の復興支援のへの道のりをご一緒に考えていきます。


第1回は「津波被害を受けた子どもたち」(3/8発行)をテーマに、
子どもたちが体験して津波の恐ろしさ、震災による子どもたちの学習の遅れと支援、震災2年目のキッズドアの支援活動をお伝えしています。

IMG00149 (1).jpg
「POCO21」に掲載!3年目の被災地支援 [2013年03月12日(Tue)]
【キッズドア メディア掲載情報】

「POCO21」2013年3月号(パルシステム生活協同組合連合会発行)の
特集「いまだからこそ『できることがある』3年目の被災地支援」にキッズドアが掲載されました。


震災から昨日で2年が経ちました。
新聞やテレビでは、震災の特集が多く取り上げられていますが、あの日を思い出すだけではなく、忘れてはいけないのは、今後もまだまだ復興に向けて支援が必要だということです。

これから3年目の被災地支援として、私たちができることは、どんなことでしょうか。

この特集では、復興支援をしている地元のNPOや企業などが紹介されています。
この度、キッズドアが行っている被災地での学習支援も掲載していただきましたので、ぜひみなさまご覧ください。

IMG00155.jpg

3/17[ガクボラ]報告会のチラシができました! [2013年03月10日(Sun)]
日本国内で子ども支援を行う学生ボランティア、ガクボラの年に1度の報告会です。
ボランティアに興味のある方、日本の子どもたちをHAPPYにしたいと思っていらっしゃる方、充実した学生生活を送りたいと思っていらっしゃる方、ぜひご参加ください。


[ガクボラ]報告会チラシ2.jpg

[ガクボラ]報告会チラシ2.pdf
キッズウィンドウの東日本復興こども募金活動! [2013年03月08日(Fri)]
=============================
あなたにもできる復興支援
東日本大震災の被災地の子どもたちを応援しよう!
キッズウィンドウが東日本復興こども募金活動を開催!
3/10(日) 13時〜17時@東京駅丸の内北口
=============================

震災から2年。
まだまだ復興への道のりは長いですが、仮設住宅や避難所などで不自由な暮らしの中、被災者の方々は日々頑張っています。

NPO法人キッズドアでは、2011年4月より、宮城県・福島県・東京に避難している子どもたちへの支援を続けています。子どもたちが将来の夢や進学の希望をあきらめないよう学習支援を通して共に歩んできました。

NPO法人キッズドアに所属する、私たちキッズウィンドウは、東京を中心として高校生有志のボランティアグループです。 「高校生だからこそできること」をテーマに、被災した高校生を招いてのシンポジウムや募金活動を行っています。

今回は、キッズウィンドウが有楽町駅前で街頭募金活動を開催します。
被災地の子どものために、みなさま、ぜひご協力をよろしくお願いします!!

1359338515920.jpeg

〈街頭募金詳細〉
■日時:3月10日(日)13時〜17時
■場所:東京駅丸の内北口(丸の内1-6)
キッズウィンドウが東日本大震災の募金活動をします。集まった寄付金は、被災地の子ども支援に役立たせていただきます。

■主催者:キッズウィンドウ(NPO法人キッズドア内)
http://kidswindow.net/

■お問い合わせ先:
特定非営利活動法人キッズドア 担当 西山
〒103-0013 東京都中央区日本橋小網町1−5小網町ハイツ304
TEL: 03-5201-3899 FAX:03-5201-3712 
info#kidsdoor.net(♯を@に変えてご連絡ください。)
http://www.kidsdoor.net/
オークション For Kids Smile♪キッズドアが「モバオクで震災復興支援」を開催! [2013年03月06日(Wed)]

☆〜*+:★☆〜*+:★☆〜*+:★☆〜*+:★
〜モバオクで震災復興支援〜
オークション For Kids Smile♪
☆〜*+:★☆〜*+:★☆〜*+:★☆〜*+:★


キッズドアでは、この度、公益財団法人信頼資本財団、株式会社モバオクと共同で、チャリティーオークションプロジェクト「モバオクで震災復興支援」を実施します。
東日本大震災から丸2年を迎えますが、復興にはまだまだ支援が必要です。キッズドアでは今後も継続的に、被災地の子どもへの支援を続けていきます。
「モバオクで震災復興支援」は、東日本大震災の被災地で復興支援に取り組むNPOが出品する商品を入札・落札したり、直接寄付したりすることで支援することが可能な、オークションを通じた新しいチャリティープロジェクトです。
オークションでの落札額の全額がキッズドアへ寄付され、キッズドアで震災復興支援に役立たせていただきます。インターネットオークションを使った、支援先を指定できるチャリティーイベントとしては、日本最大級の取り組みです。
みなさまぜひご参加ください♪

【オークション詳細】
■開催期間:2013年3月4日(月)13時〜3月31日(日)21時
■モバオクURL:スマートフォン・パソコンhttp://www.mbok.jp/_koken_2
         携帯http://mbok.jp/_koken_2

■参加方法:モバオク会員登録を行います。オークション参加にはユーザ情報の登録と有料登録(月額315円/税込)が必要です。3月中は登録料もキッズドアへのご寄付になります。

■主催:特定非営利活動法人キッズドア、公益財団法人信頼資本財団、株式会社モバオク

■お問い合わせ先:
特定非営利活動法人キッズドア  担当:渡辺、松本
TEL:03-6231-1029  FAX:03-6862-6093 Mail:info@kidsdoor.net
〒103-0016東京都中央区日本橋小網町1−5日本橋小網町ハイツ304

キッズドアセット.jpg
尾木ママご著書.jpg
3月4日から始まり、開催直後から大好評いただいております!!
出品物は、キッズドアグッズセットをはじめ、尾木ママでおなじみの教育評論家、尾木直樹先生のサイン入りご著書などをご用意しております。
横浜DeNAベイスターズの協力を得て、球団選手のチャリティーオークションも開催する予定です。
その他、随時続々と出品されていきます。
みなさまのご参加お待ちしております♪

プレスリリース詳細はこちらでご覧いただけます!
モバオクプレスリリース.pdf
| 次へ