CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«宮城県南三陸町から移転した戸倉小学校の児童の学習支援プロジェクト | Main | 5月21日(土) 児童養護施設の小学生支援ーKids Support Project(KSP)  メンバー募集説明会»
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
キッズドア関連Link
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kidsdoor/index2_0.xml
6月5日(日)被災後の子どもの心のケアに関するシンポジウム [2011年05月14日(Sat)]
====================================
【被災後の子どもの心のケアに関するシンポジウム】
子どもの心を守ろう!
 『医療×福祉×教育 子どもの心の健康のためにすべきこと』のご案内


 日時:6月5日(日)13:00〜16:00 会場:日本財団1階(東京、虎ノ門)
 協力:NPO法人ジャパンハート、 公益財団法人日本財団
 後援:社団法人 東京社会福祉士会
=====================  主催:NPO法人キッズドア  ==



東日本大震災から2ヶ月が過ぎ、未だ復興の道筋が見えないなかで心配される
「子どもの心のケア」に焦点をあて、医療×福祉×教育の専門的アプローチから
具体策を考えるシンポジウムを開催いたします。

子どもたちは、震災後のショックとストレスを抱え、心が悲鳴をあげそうなのに、
忙しくしている大人に負担をかけまいと、気を遣っています。大人たちが暮らし
の立て直しを図るなかで、自分の心を言葉でうまく表せない子どもの心のケアは、
見過ごされがちです。

今回のシンポジウムは、被災した子どもたちの心の健康を取り戻すための医療・
福祉・教育、それぞれの専門的立場からケアやフォローについて考えることを狙
いとしています。学校・保護者・その他関係者が、子どもたちの言動から心の
サインを読み取り、連携しながら、どのように子どもたちの心をケアすべきか、
具体的な知識や情報を共有したいと考えます。

児童青年期精神科医である 杉山登志郎先生 に、学校・保護者・関係機関との
具体的な連携方法も交えた基調講演を頂いた後、パネルディスカッションや会場
との質疑応答を行います。また、被災地や避難所 での活動報告も含め、日常の
子どもとの関わり方に役立つ情報交換にも役立てたいと思います。

子どもと接する立場にある方、子どもの心のケアに関心のある方は、ぜひ、ご参
加ください。
<シンポジウムの概要>
・日 時: 6月5日(日) 13:00〜16:00 (開場:12:30)

・場 所: 日本財団 1階
     東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル (MAP)

・プログラム:
 1.基調講演:「震災のトラウマの理解と軽減のための対応」
   杉山 登志郎氏

   (浜松医科大学児童青年期精神医学講座特任教授 兼
              あいち小児保健医療総合ンター心療科医師)

 2.パネルディスカッション、質疑応答
  (パネラー紹介)
  ・杉山 登志郎氏 (浜松医科大学児童青年期精神医学講座特任教授 兼
                      あいち小児保健医療総合ンター心療科医師)
    ※児童青年精神科医として長年の臨床経験から
   
  ・吉岡 春菜氏 (NPO法人ジャパンハート 小児科医)
    ※被災地で診療を続けている小児科医の立場から
   
  ・竹村 睦子氏 (東京社会福祉士会 理事、 災害対策本部 本部長代理)
    ※学校や避難所等で子どもや保護者の相談に対応している
     現職スクールソーシャルワーカーの立場から
   
  ・渡辺 由美子氏 (NPO法人キッズドア 理事長)
    ※被災地および避難所の子どもの遊びと学び支援の立場から
  
 3.今後の活動予定等のお知らせ

・参加費: 1,500円
  ※頂いたお金は、当シンポジウム関係費用として使用し、
   残金は、震災復興支援・子どもの学習等支援活動に使用します

・定員: 200名

・参加対象者
 −被災した子どもの医療や教育、社会福祉に関わる方々
  (医療関係者、行政・自治体、教職員、社会福祉士、NPO職員)
 −被災した子どもの保護者
 −被災した子どもの支援をしたい方

◎申込方法
 参加ご希望の方は、下記、フォームよりお申し込みください。
   《6月5日 シンポジウム申込みフォーム》
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f839fd42150794

 お問い合わせは、entry@kidsdoor.net までご連絡ください。



・基調講演者 杉山 登志郎先生 のプロフィール
 浜松医科大学児童青年期精神医学講座特任教授 兼 あいち小児保健医療
 総合センター心療科非常勤医師。専門は児童青年期精神医学。医学博士。
 日本小児精神神経学会常務理事、日本トラウマティック・ストレス学会理事、
 日本発達障害学会評議員。

 1976年同久留米大学医学部卒業。久留米大学医学部小児科、名古屋大学医学部
 精神科、静岡県立病院養心荘、愛知県心身障害者コロニー中央病院精神科医長、
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校神経精神医学研究所に留学、名古屋大学
 医学部精神科助手、静岡大学教育学部教授、あいち小児保健医療総合センター
 心療科部長兼保健センター長に至り、現職。

 著書は、『発達障害の子ども達』(講談社現代新書)、『子どもの虐待という
  第四の発達障害』(学習研究社)、『アスペルガー症候群と高機能自閉症』
  (編著、学習研究社)、『発達障害の豊かな世界』(日本評論社)、
  『そだちの臨床』(日本評論社)、『講座 子どもの心療科』(編著、講談社)


[主催]
 NPO法人 キッズドア (http://www.kidsdoor.net/

[協力]
 NPO法人 ジャパンハート (http://www.japanheart.org/
 公益財団法人日本財団 (http://www.nippon-foundation.or.jp/

[後援]
 社団法人 東京社会福祉士会 (http://www.tokyo-csw.org/

■問合せ先
特定非営利活動法人キッズドア 事務局 片貝、岡本
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル 4F
TEL:03-5201-3899 FAX:03-5201-3712
MAIL:entry@kidsdoor.net HP:http://www.kidsdoor.net/