CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
KHJ全国ひきこもり家族会連合会:公式ブログ
現在生きづらさを抱える引きこもりの数は、平成22年の内閣府調査によると70万人を超えています。
これは社会的病理の現れであり、当人や家族の危機であると同時に、
大きな社会問題でもあります。
KHJ全国ひきこもり家族会連合会では、引きこもりで苦しんでいる子どもの
一日も早い回復や社会参加のため、様々な活動を行っています。
« 2015年06月 | Main | 2015年08月 »
検索
検索語句
プロフィール

KHJ全国ひきこもり家族会連合会さんの画像
リンク集
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
http://blog.canpan.info/khj-h/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/khj-h/index2_0.xml
7月26日(日)に神奈川でひきこもり大学が開催されます![2015年07月01日(Wed)]
※こちらのイベントは終了いたしました。

ひきこもり当事者の社会参加を支える枠組み作り


キャラバン神奈川.pngsupport-logo_1.png




2010年度の内閣府による調査で「ひきこもり」は全国で推計70万人と発表され、有効な解決策も見いだせないまま長期化や高年齢化が懸念されています。


私たちKHJ家族会は、1999年の結成以来、外出できない当事者に代わり家族がつながることで当事者や家族の孤立を防ぐ努力を重ねてきましたが、ともすれば親としての思いが先に立ってしまい、当事者が望む支援とのズレが生じてしまうこともありました。


一方近年になって、様々な参加者が集まり対話する場「フューチャーセッション」や、ひきこもっていた人がその経験から得られた知恵などを講義する「ひきこもり大学」など、当事者が主体となる新しい動きが各地で生まれています。


この度、関東で対話の場を開いているグループと、関西で当事者主体の活動をしているNPOの協力を得て、ひきこもり大学を全国で開催します。家族が当事者や一般の方との対話をする中で、当事者の側に立った新しい支援を共に考えていきたいと思っています。ぜひご参加ください。


---------------------------------------------------


日時:7月26日(日)13:30〜16:30

(受付開始13:30〜)

会場:八洲学園大学

(横浜駅東口徒歩10分、高島町駅徒歩1分)



対象:若者の社会参加に関心がある方、ひきこもり当事者・経験者、家族、支援者など

定員:40名(申込不要、当日先着順)

資料代:1,000円(当事者は500円)


司会進行:池上正樹(ジャーナリスト)


テーマ:「ひきこもりQOL」〜ひきこもり生活を楽に!楽しく!〜


1限目:ひきこもり大学生活学部


講義1:「ひきこもりQOL向上へ」

講師:丸山康彦

不登校のため7年かけて高校を卒業。大学卒業後、高校講師、ひきこもりを経て個人事務所を開設し、青少年支援の研修と活動のうち2001年に相談機関「ヒューマン・スタジオ」を設立。業務の一つとして2年目から執筆しているメールマガジンの内容をベースにした相談と家族会などを通じ、不登校・ひきこもり等への多彩な援助を実践している。著書に「不登校・ひきこもりがおわるとき」(ライフサポート社)がある。



講義2:「私のひきこもり体験から」

講師:M・Y(当事者)


2限目

グループセッション「困った!」「できない!」とその解決は?

ファシリテーターの話と進行によるテーマに沿った対話


3限目

グループごとの報告・全体対話・・・今後につなげるためのニーズや解決案の共有


※2限目以降、見学席もご用意します。


主催:NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)

共催:KHJ神奈川県「虹の会」

協力:ひきこもりフューチャーセッション庵 -IORI-


お問い合わせ

KHJ本部

TEL: 03-5944-5250

E-mail: info@khj-h.com


※都合により内容などが変更になる場合があります。
7月18日(土)にひきこもり大学が開催されます![2015年07月01日(Wed)]
※こちらのイベントは終了いたしました。

ひきこもり当事者の社会参加を支える枠組み作り


キャラバン愛媛.pngsupport-logo_1.png



2010年度の内閣府による調査で「ひきこもり」は全国で推計70万人と発表され、有効な解決策も見いだせないまま長期化や高年齢化が懸念されています。


私たちKHJ家族会は、1999年の結成以来、外出できない当事者に代わり家族がつながることで当事者や家族の孤立を防ぐ努力を重ねてきましたが、ともすれば親としての思いが先に立ってしまい、当事者が望む支援とのズレが生じてしまうこともありました。


一方近年になって、様々な参加者が集まり対話する場「フューチャーセッション」や、ひきこもっていた人がその経験から得られた知恵などを講義する「ひきこもり大学」など、当事者が主体となる新しい動きが各地で生まれています。


この度、関東で対話の場を開いているグループと、関西で当事者主体の活動をしているNPOの協力を得て、ひきこもり大学を全国で開催します。家族が当事者や一般の方との対話をする中で、当事者の側に立った新しい支援を共に考えていきたいと思っています。ぜひご参加ください。


---------------------------------------------------


日時:7月18日(土)13:30〜16:00

(受付開始13:30〜)

会場:コムズ(松山市男女共同参画推進センター)5階会議室5

(松山市三番町6-4-20)

※駐車場が狭いため、最寄りの交通機関をご利用ください。



対象:若者の社会参加に関心がある方、ひきこもり当事者・経験者、家族、支援者など

定員:50名(連絡は不要、先着順)

参加費:1,000円(当事者経験者無料、家族参加は一人分で可)


内容

1限目:

ひきこもり大学 コミュニケーション学部

テーマ:「ダイアローグ(対話)」

ーひきこもり同士が語り合う意味ー

講師:NPO法人わかもの国際支援協会

   理事:横山泰三さん

プロフィール:15歳で不登校、ひきこもりを経験。インターネット上で知り合ったひきこもり同士で自助グループを立ち上げる。在宅などのテレワークを使った仕事の仕組み作りを確立、現在は農業とインターネットの組み合わせによる新しい生き方を模索している。


進行:NPO法人グローバル・シップスこうべ

   理事 森下徹さん


2限目

参加者グループに分かれての対話(見学席もご用意しています)


3限目

それぞれのグループからの発表と共有


主催:NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)

共催:KHJ愛媛県こまどりの会

協力:NPO法人KHJ香川県オリーブの会

   KHJ徳島県つばめの会

   KHJ高知県親の会「やいろ鳥」の会

   NPO法人グローバル・シップスこうべ


お問い合わせ

TEL: 090-7578-4214(武田)

E-mail: oooyykk1@gmail.com(太田)


※都合により内容などが変更になる場合があります。
7月12日(日)に宮崎でひきこもり大学が開催されます[2015年07月01日(Wed)]
※こちらのイベントは終了いたしました。

ひきこもり当事者の社会参加を支える枠組み作り


ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン2015 in 宮崎

キャラバン宮崎.pngsupport-logo_1.png


2010年度の内閣府による調査で「ひきこもり」は全国で推計70万人と発表され、有効な解決策も見いだせないまま長期化や高年齢化が懸念されています。


私たちKHJ家族会は、1999年の結成以来、外出できない当事者に代わり家族がつながることで当事者や家族の孤立を防ぐ努力を重ねてきましたが、ともすれば親としての思いが先に立ってしまい、当事者が望む支援とのズレが生じてしまうこともありました。


一方近年になって、様々な参加者が集まり対話する場「フューチャーセッション」や、ひきこもっていた人がその経験から得られた知恵などを講義する「ひきこもり大学」など、当事者が主体となる新しい動きが各地で生まれています。


この度、関東で対話の場を開いているグループと、関西で当事者主体の活動をしているNPOの協力を得て、ひきこもり大学を全国で開催します。家族が当事者や一般の方との対話をする中で、当事者の側に立った新しい支援を共に考えていきたいと思っています。ぜひご参加ください。


---------------------------------------------------


日時:7月12日(土)13:30〜16:30

(受付開始13:30〜)

会場:宮崎市民プラザ4F会議室

(宮崎市橘通西1-1-2)



対象:若者の社会参加に関心がある方、ひきこもり当事者・経験者、家族、支援者など

定員:40名(先着順)

参加費:1,000円(当事者経験者500円、支払いが難しい方は要相談)


内容

1限目:

ひきこもり大学 コミュニケーション学部

テーマ:「ダイアローグ(対話)」

ーひきこもり同士が語り合う意味ー

講師:NPO法人わかもの国際支援協会

   理事:横山泰三さん

プロフィール:15歳で不登校、ひきこもりを経験。インターネット上で知り合ったひきこもり同士で自助グループを立ち上げる。在宅などのテレワークを使った仕事の仕組み作りを確立、現在は農業とインターネットの組み合わせによる新しい生き方を模索している。


進行:ひきこもりフューチャーセッション庵 -IORI-


2限目

ひきこもり大学セルフセラピー学部

テーマ:「自分のケアをするということ」

講師:当事者活動人 聞風坊(もんぷうぼう)さん

プロフィール:30歳で生きづらさの限界がきてひきこもる。3年ほど自宅で自分と向き合い、その後ボランティア・当事者グループ活動などを通して徐々に社会に再参画。現在は、心理職の一方、当事者目線での意見表明を主軸に当事者活動を実践中。宮崎県在住。


3限目

参加者グループに分かれての対話(見学席もご用意しています)


4限目

それぞれのグループからの発表と共有


主催:NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)

共催:KHJみやざき「楠の会」

協力:ひきこもりフューチャーセッション庵-IORI-

   NPO法人わかもの国際支援協会

   NPO法人グローバルシップスこうべ


お問い合わせ

TEL: 090-9603-8780(植田・うえだ)


※都合により内容などが変更になる場合があります。