CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
KHJ全国ひきこもり家族会連合会:公式ブログ
現在生きづらさを抱える引きこもりの数は、平成22年の内閣府調査によると70万人を超えています。
これは社会的病理の現れであり、当人や家族の危機であると同時に、
大きな社会問題でもあります。
KHJ全国ひきこもり家族会連合会では、引きこもりで苦しんでいる子どもの
一日も早い回復や社会参加のため、様々な活動を行っています。
« リーフレット更新しました | Main
検索
検索語句
プロフィール

KHJ全国ひきこもり家族会連合会さんの画像
リンク集
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
http://blog.canpan.info/khj-h/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/khj-h/index2_0.xml
長期高年齢化ひきこもり支援のシンポジウムのお知らせ[2016年10月04日(Tue)]
事業報告
「長期高年齢化したひきこもり支援の現状〜全国調査の結果から」
川北稔 愛知教育大学 准教授
境泉洋 徳島大学大学院総合科学研究部 准教授


[講演]
「ひきこもる子と同居する高齢家族に対する包括的支援〜親の要介護問題の発生にどう対処するか」
春日キスヨ 元・松山大学教授
著書『介護とジェンダー』(山川菊栄賞受賞)、『変わる家族と介護』ほか


[パネルディスカッション]
春日キスヨ
中垣内正和(KHJ全国ひきこもり家族会連合会 理事長)
日野徹(厚生労働省社会・援護局地域福祉課 課長補佐)
司会:川北稔(愛知教育大学 准教授)


[日時]
2017年1月22日(日)13:30〜16:30(受付13:10〜)


[会場]
オフィスパーク名駅プレミアムホール403
(名古屋市中村区名駅4-5-27大一名駅ビル)


シンポジウムのチラシ.jpg


[予約・問い合わせ]
申し込み(なるべくEメールかこくちーずでお願いします)
Eメール:nagoya@orange-net.info
こくちーず:https://ssl.kokucheese.com/
電話:052-459-5116

Posted by KHJ本部事務局 at 13:14 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/khj-h/archive/29
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1219037
 
コメントする
コメント