CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
KHJ全国ひきこもり家族会連合会:公式ブログ
現在生きづらさを抱える引きこもりの数は、平成22年の内閣府調査によると70万人を超えています。
これは社会的病理の現れであり、当人や家族の危機であると同時に、
大きな社会問題でもあります。
KHJ全国ひきこもり家族会連合会では、引きこもりで苦しんでいる子どもの
一日も早い回復や社会参加のため、様々な活動を行っています。
« ひきこもり大学 2016年度開催スケジュール | Main | 冊子「ヒッキーボイス〜ひきこもり当事者たちが望む支援のかたち〜」完成いたしました。 »
検索
検索語句
プロフィール

KHJ全国ひきこもり家族会連合会さんの画像
リンク集
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
http://blog.canpan.info/khj-h/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/khj-h/index2_0.xml
ひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI][2016年02月05日(Fri)]
ひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI]をご紹介します。

ひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI]は、北欧ではじまったフューチャーセンタースタイルの対話の場を、ひきこもり支援に役立てようと、有志が集まり始まった会です。

2か月に1回(偶数月第1日曜)、都内において開催されており、毎回100名近い参加があります。参加者にはひきこもりご本人はもちろんのこと、ひきこってはいないが自分もひきこもりそう・・・、家族親類にひきこもりがいてなんとかしたい・・・、不登校ひきこもり支援をしているが広く情報交換がしたい・・・、などなど様々な立場の人たちが集って、テーマに分かれて種々雑多な議論を行っています。

もちろんいつ来て、いつ帰ってもオーケー、おしゃべりに疲れたらゆっくり休めるスペースも用意されていて、常連さんから初めての人まで、来る者は拒まずの精神で行われています。

2015年にKHJでは日本財団様から助成金をいただき事業をすることになり、ひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI]に参加されていた若者のアイデアである「ひきこもり大学」を全国で実施することになりました。その発案母体であるひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI]さんをパートナーとして全国21か所でひきこもり大学を開催し、大盛況のうちに終わらせることができました。

ぜひ皆さんも「ひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI]」に参加してみませんか?
新しい世界がきっと開けますよ!

ひきこもりフューチャーセッション [庵 IORI]facebookページ
Posted by KHJ本部事務局 at 18:35 | リンク | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/khj-h/archive/26
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1158076
 
コメントする
コメント