CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
KHJ全国ひきこもり家族会連合会:公式ブログ
現在生きづらさを抱える引きこもりの数は、平成22年の内閣府調査によると70万人を超えています。
これは社会的病理の現れであり、当人や家族の危機であると同時に、
大きな社会問題でもあります。
KHJ全国ひきこもり家族会連合会では、引きこもりで苦しんでいる子どもの
一日も早い回復や社会参加のため、様々な活動を行っています。
« 10月31日/11月1日にKHJ全国大会香川大会が開催されます。 | Main | 10月18日に沖縄でひきこもり大学が開催されます »
検索
検索語句
プロフィール

KHJ全国ひきこもり家族会連合会さんの画像
リンク集
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
http://blog.canpan.info/khj-h/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/khj-h/index2_0.xml
10月11日(日)に栃木でひきこもり大学が開催されます[2015年10月07日(Wed)]

ひきこもり大学KHJ全国キャラバン 栃木
ひきこもり当事者の社会参加を支える枠組み作り

キャラバン栃木.png


2010年度の内閣府による調査で「ひきこもり」は全国で推計70万人と発表され、有効な解決策も見いだせないまま長期化や高年齢化が懸念されています。

私たちKHJ家族会は、1999年の結成以来、外出できない当事者に代わり家族がつながることで当事者や家族の孤立を防ぐ努力を重ねてきましたが、ともすれば親としての思いが先に立ってしまい、当事者が望む支援とのズレが生じてしまうこともありました。

一方近年になって、様々な参加者が集まり対話する場「フューチャーセッション」や、ひきこもっていた人がその経験から得られた知恵などを講義する「ひきこもり大学」など、当事者が主体となる新しい動きが各地で生まれています。

この度、関東で対話の場を開いているグループと、関西で当事者主体の活動をしているNPOの協力を得て、ひきこもり大学を全国で開催します。家族が当事者や一般の方との対話をする中で、当事者の側に立った新しい支援を共に考えていきたいと思っています。ぜひご参加ください。


---------------------------------------------------


日時:10月11日(日)14:00〜16:30
(受付開始13:30〜)
会場:とちぎ福祉プラザ2F第2研修室
(宇都宮市若草1-10-6)


定員:60名(申込必要)
資料代:1,000円/当事者500円(ご夫婦は1人分で可)

<内容>

司会進行:池上正樹(フリージャーナリスト)
「全国の当事者たちの居場所や活動状況について」


1限目:心理学部親子間の紛争解決学科

講師:たいち(snowman)

今の世の中に於いて、親子がいかに理解しあい努力をしても、今の若者がひきこもる状況から逃れることは簡単ではない。子どもがひきこもり状態に陥ると、親としてはいろいろ言いたくなることもあるかもしれないが、現代のいろいろな問題が横たわる中で様々な誤解が起こってしまう。ひきこもり当事者の問題、毒親という言葉に代表される親の問題だけではない、親子だけでは解決できない大きな問題がある。自責、親子間相克に走りがちなひきこもり問題の誤解を解き、参加した皆さんが自信をもって自分の現在を語れるようになり、世の中の尺度ではなく自分で物事を考え、会場の皆さんと語り合って、共有できる関係を作れる一助になれればと思います。

講師プロフィール:
物心ついた時から放置状態になり、愛着不安から強い対人不安によるトラウマに苦しむ。10歳で勉強ができなくなり、20歳で大学を休んで(そのまま中退)カウンセリングを受け、22歳からフリースペースに通うようになり、現代にいたる。38歳無職。バイトをかじるも神経が言うことを聞かずに仕事を転々とした末に障害者手帳取得を決意。就労移行支援を受けるも、社会の壁やトラウマの壁にぶち当たり挫折。現在は自称ひきこもり外交官として、ひきこもり関係のイベントをはしご中。



2限目:心理学部親子間の紛争解決学科


講師:かえる

子どもがひきこもると、親は心配し、様々なことを言い、子どもは更に自分自身を責める。お互いに悪循環になりがちである。このような親子間での膠着状態の場合、親は子供のことばかり考えるが、子どもからしたら毒にしかならない。まず親自身が幸せになることが大切である。

講師プロフィール:
学生時代は不登校とひきこもり経験あり。「普通」に憧れ大学まで何とか進む。社会人になり、色々あって引きこもりを何回か繰り返す。ひきこもりの要因の一つとして「親からの支配」があると気がつく。心的・経済的共に、親からの自立を目指している。


3限目:それぞれのグループからの発表と共有


お申し込み方法:
専用サイト http://khj-c.net/info/ からお申し込み、または、KHJ本部 info@khj-h.com までメールでお申し込みください。(お差支えない範囲で、お名前、ご連絡先を記入してください)


主催:NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)
共催:NPO法人KHJとちぎベリー会
協力:ひきこもりフューチャーセッション庵 -IORI-

お問い合わせ
キャラバン専用メールアドレス: info@khj-h.com
または
03-5944-5250(KHJ親の会本部)


※都合により内容などが変更になる場合があります。
---------------------
この記事のURL
http://blog.canpan.info/khj-h/archive/17
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1127697
 
コメントする
コメント