CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
KHJ全国ひきこもり家族会連合会:公式ブログ
現在生きづらさを抱える引きこもりの数は、平成22年の内閣府調査によると70万人を超えています。
これは社会的病理の現れであり、当人や家族の危機であると同時に、
大きな社会問題でもあります。
KHJ全国ひきこもり家族会連合会では、引きこもりで苦しんでいる子どもの
一日も早い回復や社会参加のため、様々な活動を行っています。
« 【10/3】ファシリテーター養成講座を開催いたします | Main | 10月11日(日)に栃木でひきこもり大学が開催されます »
検索
検索語句
プロフィール

KHJ全国ひきこもり家族会連合会さんの画像
リンク集
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
http://blog.canpan.info/khj-h/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/khj-h/index2_0.xml
10月31日/11月1日にKHJ全国大会香川大会が開催されます。[2015年09月11日(Fri)]
第10回 KHJ全国大会 in 香川
〜全国引きこもり家族会連合会・支援者交流大会〜

大会テーマ「未来に希望を持てるひきこもり支援」
〜生活困窮者自立支援においてKHJができること〜

taikai2015-kagawa.png

2015年10月31日(土)11月1日(日)

※申込受付は締切ました

■会場:香川県社会福祉総合センター1階コミュニティーホール
    (高松市番町1丁目10−35/TEL:087-835-3334)


10/31(土)13:30~16:40

基調講演 船越明子(兵庫県立大学看護学部准教授)
     「親の歩みと子どもの変化」

基調報告 境泉洋(徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部准教授)
     「KHJ16年の検証」

行政説明 日野徹(厚生労働省社会・援護局地域福祉課 課長補佐)
        「国におけるひきこもり施策」

シンポジウム 「生活困窮者自立支援においてKHJができること」
       司会:中垣内正和(ながおか心のクリニック院長、精神科医)
       シンポジスト:坂本勲(高知親の会)、宮武将大(当事者団体node代表)
       美馬市社会福祉協議会
       コメンテーター:日野徹(厚生労働省社会・援護局地域福祉課 課長補佐)

11/1(日)9:15〜12:00

分科会・シンポジウム
第1分科会「ひきこもりサポーター養成・派遣事業の取り組み」
第2分科会「当事者支援(居場所と中間的就労支援の取り組み)」
第3分科会「家族会運営のノウハウと地域連携力を学ぶ」
第4分科会「兄弟姉妹の会」

みんなのシンポジウム 14:00〜16:30
「ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン in 中四国」

----
■参加対象者:家族・支援者・行政担当者・支援者・当事者・関心のある方
■定員:200名(要予約)
■申し込み締め切り:10月23日(受付は締め切りました)
■資料代:一般2,000円/ご夫婦2,500円/学生500円/当事者無料

お申込み・お問い合わせ
NPO法人KHJ香川県オリーブの会
TEL&FAX:087-843-9877

さらに詳しい情報はこちらのPDFファイルをご覧ください。
Posted by KHJ本部事務局 at 12:20 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/khj-h/archive/12
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1106824
 
コメントする
コメント